今、頭を悩ませているのが、「管理費の滞納」。
どこのマンションもそうかと思うのですが、不況の影響が如実に現れるのが、これです。

当マンションでは、危険水域の1割を越えて、今、2割に近づいている、悪い状況です。督促状を作る私の仕事も増加して、負担になっています。昨日書いたのなんか、40通ですから。

ところで、親戚の新婚3年目の夫婦の住むマンションに、この前、遊びに行ってきました。
初めてのマンションに行くと、職業柄どうしても、あれこれ見てしまいますが、特に掲示物をじっくりみます。

驚いたのは、毎月1回発行されているらしい「管理組合ニュース」という1枚の掲示物。そこには、「管理費滞納者リスト」という項目がありました。そして、「今月はゼロ」という文字も。
すんでいる親戚に聞いたところ、新築で入居したときから、「管理組合ニュース」は発行されており、「滞納者リスト」も最初からあったそうです。やはり、リーマンショックの際に、数名の滞納者が発生したそうですが、名前がはっきり公開されるため、滞納者の最高数も、3名どまり。今年に入ってからは、4月に1名出たそうですが、それ以降、ずっとゼロだそうです。その1名にしても、「世帯主が病死していなくなったのに、遺族が、管理費振り替え口座の変更手続きを忘れていたから
」という、「事務上のボーンヘッド」であり、意識的な滞納ではなかったそうです。
「滞納で名前を出されたら、恥ずかしくて住んでられないからね」と、親戚も言ってました。

私もいつも思っていますが、バンバン公開すべきです。私の子供の頃も、貧乏で給食費が払えない子供が名前をさらされていましたが、そういう恥ずかしいことをさせないよう、親が必死になって働いて払ったものです。

今の、当マンションの滞納者なんて、「管理費と駐車場代を滞納している」くせに、「車を買い替えたから、車庫証明発行してくれるかな」なんていう、ふざけた住民がいっぱいいます。「お金がないから払えない」ではなく、「他で遊ぶ金に使うから、管理費は払わない。ペナルティもないし」といった滞納者が多いんです。

組合は毅然とした態度で、滞納者対策をとるべきです。



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト