カレンダーをゴミとして捨てる。これは年末年始に多くなります。そして、管理人は頭が痛いです。

というのも、普通の人は「カレンダー=紙=古紙資源回収」という構図で、古紙の日にゴミとして出すのですが、カレンダーというのは、紙だけで構成さえているわけではないので、そのままでは本当は出せません。綴じ部分の金属やプラスティックを取り除かないといけないのです。でも、そんなことをする住民は皆無で、みなさん、そのまま放り投げて捨てますから、われわれが、丁寧に金属やプラスティック部分を取り除きます。これは非常に手間のかかる作業なので、時間も神経も使います。

最悪なのは、去年全然使わなかった新品そのままのカレンダー、ビニール袋に入ったままのものを、そのまま、「古紙」として出す場合。これは、1本1本、まず、ビニールを取り除いて、それは「プラスティックゴミ」にして、丸まったものを平たくしてから、今度は金属部品を取り除きます。
ここ数年は「あまったカレンダー」というのが減少してきたので、幾分楽ですが、5年前くらいかな、100本以上の新品カレンダーを処理したことがありましたが、あのときは疲れました。

住民は「私一人くらいがルール違反してもたいして影響はない」と思って、ルールを破りますが、それが「200世帯」もいると、たった一人で対応する管理人は死にます。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト