「管理人は超つらいよ」本家HPはこちらです。マンション管理に役立つ情報がいっぱい掲載されています。


index




群馬県の「警察官による少女誘拐未遂事件」。昨夜と今朝、いろいろな番組で報道され、私も昨日のエントリーで書いたが、その、「交番の警察官が作成する”巡回連絡カード”」に関して、国民の間で問題になっている。

20101122225555087

以下 毎日新聞ニュース

女児誘拐未遂容疑:逮捕の巡査「巡回連絡カード」悪用か
【容疑者、女児の父親の知り合いを装い…】
【被害女児の両親「警察官でしたか。がっかりです」】

 勤務する交番の管轄エリアで小学4年の女児(10)を誘拐しようとしたとして、群馬県警は18日、県警渋川署地域課巡査、秋山暢大(のぶひろ)容疑者(24)を未成年者誘拐未遂容疑で逮捕した。秋山容疑者は女児の自宅前に乗用車を止め、女児が帰ってきたところを、車から降り声をかけた。私服で、警察官であることは明かさず、女児や父親の名前を口にして父親の知り合いを装っていた。

          ◇

 秋山容疑者が女児や父親の名前を事前に知っていたことについて、群馬県警は、職務上知り得た情報を利用した疑いがあるとしている。地域をパトロールする巡査は通常「巡回連絡カード」を使って個人情報を収集しているとみられ、今回もこれを悪用した可能性が考えられる。

 巡回連絡カードは、警察庁が「住民の安全で平穏な生活の確保に役立てる」として地域警察官に住民の情報を収集させている制度。事件・事故が発生したり、迷子を保護したりした緊急時に家族への連絡に役立てると説明し、家族全員の氏名、生年月日、勤務先、学校名などの記入を求めている。

 女児や両親と秋山容疑者に元々面識はなく、女児と友達(7)は昨年12月、パトロール中の秋山容疑者を5、6回見かけたと話しているという。この時の秋山容疑者の挙動について県警は「地域の見守り活動をしているような様子だった」と説明しているが、「かわいい女の子をつけ回していたのでは」と疑う声も住民の間から出ている。隣町の主婦(29)は「そもそも何のために書かされるカードなのかと思っていた。今回もし警察官に悪用されたなら、巡回連絡カード自体、廃止してもらいたい」と憤る。

 渋川署によると、秋山容疑者が勤務していた吉岡町交番は原則2人体制。監視・管理体制が弱く、個人情報を比較的容易に入手できた可能性もある。過去には長野県警や愛知県警で、交番の連絡票のコピーを悪用したり、駐在所の情報照会用端末を不正操作したりした手口もあった。


以下 TBSニュース

群馬県警の24歳の巡査が10歳の女子児童を連れ去ろうとした疑いで逮捕された事件で、警察は、巡査が巡回連絡カードなどで女子児童の個人情報を調べるなどして、計画的に犯行に及んでいたとみて調べています。

 未成年者誘拐未遂の疑いで逮捕された群馬県警・渋川警察署の地域課の巡査・秋山暢大容疑者(24)は、先月15日、小学4年生の10歳の女子児童を連れ出そうとした疑いがもたれています。

 秋山容疑者は児童に対して、「パパが交通事故にあった。すぐに来てくれないか」と、父親の知人を装って声をかけていましたが、その際に児童と父親の名前を使っていたことがわかりました。このため警察は、秋山容疑者が住民の協力をもとに作成した巡回連絡カードなどから、児童の個人情報を事前に調べていたとみています。

 また、児童は秋山容疑者が自宅近くをパトロールしている姿を、去年12月だけで5回ほど目撃していたということで、警察は秋山容疑者が計画的に犯行に及んだとみています。取り調べに対して秋山容疑者は、「かわいかったので仲良くなりたかった」と容疑を認めていて、19日午後に検察庁に身柄を送られる予定です。



この「巡回連絡」という制度は、ウィキでも解説されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A1%E5%9B%9E%E9%80%A3%E7%B5%A1

過去には、巡回連絡制度を悪用し、これを装って、 1978年(昭和53年)1月10日:経堂駅前派出所勤務の巡査が、パトロール中に見かけた清泉女子大学の当時22歳だったキリスト教文科学科4年学生を、巡回連絡を装って自宅に侵入し強姦、騒がれたため殺害(制服警官女子大生殺人事件)。という事件も起きている。

私もこれは衝撃的でよく覚えている。この時以来、「警察官は強姦殺人鬼」だと思うようになった。

さて、この「巡回連絡カード」のことが、マスコミでいろいろと説明された結果。今日は朝から3件ほど、居住者から管理室へ連絡があった。

実は、当マンションは、愛読者の皆さんは、「老朽化した、年寄りだけの高齢化マンション」というふうに思われているかもしれないが、実際には、時のめぐり合わせというものだろうか、中古物件として新しく入ってきた家庭を中心に、意外と、「小さな子どもたち」が多い。
「幼稚園~小学校低学年の女の子」が10人くらいいる。(おかげで、けっこう、この子たちの遊ぶ声とかがうるさく、他住民から苦情も多い。世田谷区長の保坂さんになんとかして欲しいと思う)

だから、今回の「誘拐事件」は、当マンションとしても他人ごとではないのである。

また、この町内は、民度が低く、かつ、「変質者」も何人かいて町内で問題になっている。
小さな女子に向かって、「四文字淫語」を吐いたり、「クソガキ、殺すぞ!」とどなる変質者もいる。
これに関しても、この「言葉を吐く」行為はマンション外で行われているにも関わらず、「管理人さん、警察に。”もっとちゃんと取り締まれ”って相談に行ってよ」と、なぜか、私が頼まれる。「管理人さんは、日頃から、役所とか警察に行くこと多いんでしょ。だから、行ってよ」とおっしゃる。
「自分の子供のことなんだから、親であるあなたが行くべきでしょ」と反論したが、「だって、今の警察って、なにか文句を言いに行くと、国家に逆らうテロリストってことにされて、公安からひどいことされるんでしょ? 沖縄の様子なんか見てると、ほんと怖くて。海上保安庁の人が老人にまで暴力をふるってるじゃない。ヤクザと変わらないわよ」と、逆に言い含められてしまった。
まあ、たしかにそうなんで、管理人が人身御供にならないといけないわけである。

その話をしている時に、たまたま、マンション外の近所の家の「幼児を持つ母親」も、その場にいて、その人は元気があって、「ここの警察って、交番の前を、たばこを吸いながら歩く中学生がいても、何も注意しないし、夜、スマホをいじりながら無灯火で信号無視して走る自転車も放置するし、本当にひどい警察だと思う。そういうのもあるから、私もいっしょに苦情を言いに行きますから、同行して下さい」と言う。

でもって、いっしょに警察に行ったことがあるのだが、応対した警官は、「何か暴力を振るってケガをさせたわけでもないんでしょ。言葉だけじゃ、捕まえられませんよ。お引き取り下さい」とのたまった。
我々は、「子供に向かって、殺すぞ! って言うのは言葉の暴力じゃないんですか? 脅迫とも言えるでしょ」と食い下がったが、何を言っても、「今、忙しいんですよ。いちおう、パトロールを強化しますから」とかでかわされ、追い返されてしまった。

本当は、こういうことは、町内会長とかを巻き込んでやれば、警察も丁重に対応するのだろうが、私は、ここの町内会は嫌いなので、そういうつてもなく、こうなってしまった。一市民の声はこうやって無視されるのである。

この前の、和歌山の幼児殺害事件にしても、あの犯人は、地元ではもともと「要注意」だったのに、警察が何もしなかったため、ああいう悲劇が起きた。佐世保の同級生バラバラ殺人事件でも同じで、警察は、「防犯」「犯罪抑止・予防」ということを何もしてくれないのである。人が刺されてから、ようやく動き始める。(しかし、お金になる、交通違反の摘発だけは嬉々として熱心にやっている。私が思うに、交通の流れに乗って普通に走ってるる車は、何の迷惑もかけていないのに、違反で捕まえるが、子供に向かって「殺すぞ!」と言う変質者を放置する理屈が理解できない)


そういう経緯を知っている母親住民から、今朝、「ねえ、管理人さん、うちも、仕方なく、あの巡回カードにいろいろと個人情報を書かされたんだけど、今回みたいな事件が起きると怖くて怖くて。あのカードを消去することとかできないの? 警察って個人情報の管理がものすごく杜撰ってことでしょ? 流用している警官もきっとたくさんいるわよ。 ねえ、管理人さん、なんとかしてよ」と言われた。

まったく管理人業務には関係のないことで、「それは私の仕事じゃないですよ」と断ったのだが、「でも、管理人さんが、警察官をマンション内に入れたから、ああいうカードを書かされたのよ。管理人さんにも責任があるでしょ?」と言われてしまった。う〜ん。困ったなあ。

もう、ほんと、頼むから、警察、しっかりしてくれよ。警察の不祥事のおかげで、管理人が大変なんだからさあ。

(過去に、警察の巡回カード記入の1週間後に、マンション分譲会社から「そろそろお子さんも中学生ですから、もう少し広いところに移ったらどうですか?」という営業電話が来たという部屋があったりして。私も、あの個人情報は、警官がどこかに横流ししているのではないか? と邪推している。
また、一方で、正しい使い方がちゃんとされているのだろうか? という疑問もある。うちのマンションでは、過去に何度か「孤独死」が発生し、この場合の警察の検死が必要なので警察官が来るのだが、巡回カードの情報を使った「親戚への連絡」というのを警察がしてくれたことはない。いずれも、「困ったなあ。どうしよう?」と管理組合はあたふたし、結局は、市役所の福祉担当者からの手配で連絡をつけてもらうという流れだった。
それに、4年前の大震災の時だって、この地域でも相当の被害があったのに、警察は何もしてくれなかったし。まあ、津波被害が起きたところでは、多少なりとも役だったようだから、全否定はしないけどね)


*****
こんなことを書くと、また、誰かが「大げさなウソをついてるんだろう」とコメントを書きそうですが。
ネット検索をすると、「巡回カードの記入を拒否した場合どうなるか?」という質問に対して、元警察官という人が、こう答えていました。

毅然と拒否することはできます。しかし,不審者扱いを受けることも覚悟しなければなりません。公安刑事が拒否者を基礎調査することもあります。

要するに、ブラックリストに乗って監視されるってことですね。
まあ、大都会ならともかく、うちのように「地方都市」の場合、なかなか、毅然と拒否することはできないのが現実かもしれません。
住民でもない、私のことも詳しく聞かれて、細かいことをあれこれと書かされましたしね。


参考:こんなことをブログに書いている人もいました。 http://blog.livedoor.jp/u_26/archives/1532057.html



2017/5追記
「警察の管理っていい加減だな」って、ずっと思ってましたが、なんと、こんなことまで起きました。

<読売新聞>

広島県警は9日、広島市中区の広島中央署で、金庫に保管していた事件の証拠品の現金8572万円が盗まれたと発表した。

 県警は警察官らによる内部犯行の可能性もあるとみており、窃盗事件を調べる県警捜査3課が9日朝以降、同署員から事情を聞いている。

 県警によると、同署会計課員が8日午後8時頃、1階の同課内にある金庫を点検した際、現金が盗まれているのに気付いた。同署が捜査している多額詐欺事件で押収した証拠品だった。

 金庫の鍵は会計課長が保管することになっているが、当時施錠されていたかや鍵の保管状況について、県警は「捜査に支障がある」として明らかにしていない。証拠品は本来、捜査を担当する各課で保管しており、会計課の金庫は通常、遺失物などを入れるのに使われているという。


現金ですらちゃんと管理してないんだから、巡回連絡カードがどのように悪用されているか? 想像しただけでも怖くなります。


2017/10 再追記

枚挙の暇がないほど、頻繁に起きている、警察官による性犯罪。

>>>
静岡県北区細江町中川の路上で、所持品検査という名目で女性の体を執拗に触ったとして、静岡県警は9月4日、準強制わいせつと特別公務員暴行陵虐の疑いで20代の警察官を逮捕しました。

準強制わいせつと特別公務員暴行陵虐の疑いで逮捕されたのは、浜松市北区細江町小野に住む細江署地域課の巡査・柴田恭佑容疑者(24)です。

発表によりますと柴田恭佑容疑者は8月16日午後4時ころ、北区細江町中川の路上で、20代の女性が運転する車を停車させ、所持品検査という名目で衣服の上から執拗に体を触った疑いが持たれています。

柴田恭佑容疑者は女性の車を一時不停止で停車させ、所持品検査を行った模様。
>>>

こうなってくると、「猥褻目的のために、交通取り締まりをしていた」ってことになります。
罰金はぼったくるわ、女性を暴行するわ、なんちゅうひどい連中なのでしょうか?

さらにこんなこともありました。


>>>
交番相談員、女性の個人情報不正入手し241人に誕生日メール「メル友になりたかった」

 長野県警は24日、女性と知り合う目的で不正に個人情報を入手し、不特定多数に「お誕生日おめでとうございます」などとメールを送ったとして、元警察官で交番相談員の男性(61)を減給10分の1(8日)の処分にした。県警によると、男性は同日付で依願退職。「女性とメル友になりたかった」と話している。

 男性は昨年4〜9月ごろ、勤務する交番で、巡回連絡カードや県警の遺失物管理システムなどで、1120人分の住所や氏名、生年月日、携帯番号を照会。うち241人の誕生日の前後に「○○さんにとって、すてきな1日となることを祈っています」などのメールを自分の携帯電話から送った。相手は大半が女性だった。
>>>>

警察官って、60過ぎても、性犯罪まっしぐらなんですね。
この件でも、「巡回連絡カード」が悪用されています。
これじゃあ、本当に、「巡回連絡カードは超危険」です。

ほんと、警察官ってひどい奴ばっかりですね。


注:警察官の中には、0.1%くらいの率でまともな人もいます。全員が性犯罪とは言っておりません。








にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト