illu08

エレベーターが新調され、皆さんから概ね好評なのですが、逆に困ったこともあります。

きれいな新品になったため、今まではそんなに気にしなかった、「小さな傷」とか「汚れ」に関して、以前よりも目立つようになり、みんなが敏感になり、すぐに文句がでるようになった。

通販が増え、台車を使って荷物を運ぶ運送業者が増えて、どうしたって、台車をぶつけた、こすった、というのが発生します。
これは生活必需機械として当然のことなんですが、「せっかくきれいになったのに、すぐに汚れては意味が無いじゃないか、なんとかしろ!」と文句を言う住民が出てきます。

そんなわけで、新品になったことで、清掃の仕事が増えました。「きれいになる」ってことは、管理会社にとっては、「面倒だなあ。困るんだよ」っていう場合もあるのです。

ぶつかりやすい場所に、「クッションゴム」みたいなのを貼り付けてもみたのですが、これが、「みっともない」って怒る住民もいて、また、すぐに剥がしました。

(最初から、台車の高さに合わせて、ぶつかりやすい部分には、純正部品で、そういうクッション材を取り付ければいいのに、なんで、メーカーはそういう配慮ができないのかなあ? 寡占状態の会社はアホだなあ)

さて、それとは別の話で、この前、東棟のエレベーターの操作盤の「1階」のボタンが調子悪くなる症状が発生しました。新品なのに、いきなり、不調とは困ったもんです。ものづくりニッポンの技術力が落ちているのかもしれません。阿部寛さん演じる、佃社長が怒りそうな事態です。(まあ、実際は、ああいう部品は中国で作ってるから、中国側の問題かもしれないけど)


さて、このように、「ボタンが調子悪い」というと、以前書いた、これをまず読んで下さい。
http://blog.livedoor.jp/kazutoyo11/archives/52089841.html

この記事で書いたように、当マンションの旧エレベーターは、「全部の階のボタンを押すと、いたずらだと認識して、いったんキャンセルされる」という機能があったのですが、新エレベーターでは、この機能はなくなり、その代わりに、「ボタンを長押しすると解除」「素早く、PCのマウスのダブルクリックみたいに連続でカチャカチャ押すと解除」という機能に変わっていました。

この「機能」を、更新工事完了時にエレベーター会社がちゃんと説明してくれれば良かったのですが、聞いてなかったもんで、この年末年始に、ちょっとした困ったことが起きました。

不具合が生じた操作ボタンは、普通に、ボタンの中心部を押せば、問題なく機能するのですが、中心を少し外れた、端っことかを押すと、認識しないという故障が発生していました。ちょっとした押し加減で、「認識する」「認識しない」という差が出てしまうので、押す人の「クセ」によるものが多く、私が巡回時にエレベーターに乗ってボタンを押しても、なんら問題はありませんでしたが、「端っこを押す癖がある」という住民の場合、「オレの時はいつも調子悪い」みたいになってしまうのです。
新しいエレベーターは、バリアフリーの意味合いもあるのか、古いエレベーターと比較して、ボタンの大きさも数倍に大きくなっているため、「中心部を押す」と「端っこを押す」ではスイッチのセンサーの機構上、差が生じやすいのかもしれません。

さて、「端っこ」を押して、ボタンのランプが点灯せず、エレベーターも動かないとなると、人間の心理として、そのボタンを「何度も連打する」ということをしてしまいます。でも、「素早く連打する」ことが、イコール、「キャンセルする」という仕組みになっているため、連打すると、意味が無いのです。
また、連打しない人は、じっくりと、ゆっくり、深く、長押しする場合もあります。これも逆効果で「長押し」が「キャンセル」になる仕組みですから、両者とも、「いくらやっても、1階に降りることができない」ということになり。

そういうわけで、年末年始で私が休んでいる間、「なんなんだ、このエレベーター? 壊れてるぞ!」と困った住民や来訪者がけっこういたようです。
私が勤務していれば、私の所に苦情を言って、それですぐにエレベーター会社に連絡して修理させますが、私はいませんし、カゴの中に連絡先もちゃんと書いてあるから、住民の独自判断で、自分でエレベーター会社に電話して、修理させればいいのに、そういうことをする人もいないし・・・・  (ほんと、ここの住民は、なんでもかんでも管理会社に押し付けてばかりで、自分たちでやろうとする意識がない)

そんなこんなで、数日間、一部の人にとっては「エレベーターが故障している」という事態で、年始に出勤した際には、早速、その住民から苦情を受けました。
その後、エレベーター会社が修理をしにきて、故障の症状や、この「キャンセル機能」の詳細も聞いて、なんで、そういう苦情が来たのかわかった次第です。

管理人業、バカじゃできないね。ほんと。





にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ