ジオラマ 写真

ジオラマの写真の撮り方について。ジオラマ写真を撮影するのには、デジカメが適していると思います。何枚でも撮れますし、簡単に撮影した画像をパソコンに取り込んで加工したり、ウェブサイトで公開したりできるので便利です。

ジオラマ写真を撮る時には、なるべく自然光を利用すると、自然な写真が撮れます。晴れの日の昼間、窓際にジオラマを置いて撮影するのがオススメです。暗すぎる場合は、アルミホイルで光を反射させたり、電気スタンドなどを使って明るさを調整するといいでしょう。

明るすぎる時には、レースのカーテンなどで光を遮断するといいかもしれません。フラッシュは極力使わないようにして、アングルや露出などを変えて何枚も撮影します。ピントを合わせる位置を変えると、また違うジオラマ写真になるでしょう。

手ブレしてしまう時には、三脚とセルフタイマーを使って撮影すると綺麗に撮れるはずです。背景になる写真をネットなどで探して紙に印刷して、ジオラマの後ろに貼り付けると、余計なものが写り込まないと思います。

単色の紙や布を貼っておいて、パソコンで背景を合成するのも一つの方法です。鏡を使って奥行きを出したり、画面一杯にジオラマが写るようなアングルにするなど、ジオラマ写真を撮る手法もいろいろあります。逆に、実際の風景を撮影した写真をジオラマ風に加工するパソコンソフトなどもあるので、ジオラマを作れない人でもジオラマ風の写真を愉しむことはできるようです。

ジオラマ