ミリタリー ジオラマ

ミリタリーのジオラマについて。ジオラマのミリタリーというジャンルは、少年の心を忘れない男性に人気です。戦車に塗装をしたり、銃を持った兵士などの人物模型を置いたり、芝生マットや樹木を配置して、戦場の一場面を表現します。子供の頃の戦争ごっこの延長のような感覚の人もいれば、ミリタリーのジオラマを通して戦争の悲惨さを伝えたいという人もいるようですが、どちらにしても、よりリアルにみせるために、とても時間と手間をかけているのです。

未塗装の戦車やジオラマに使う材料などは模型店で売られており、有名な模型メーカーの田宮模型や模型ショップの喜屋ホビーが、タミヤモデラーズコンテストや喜屋ホビー戦車模型コンテスト(キヤコン)などのコンテストを開催しています。

本格的にミリタリーのジオラマ模型を制作する人達は、ジオラマをよりリアルにするために、表現しようとする戦場の一場面の資料本を買って勉強したり、ウエザリングと呼ばれる塗装技術を使って、わざと模型を汚したりするのです。

ミリタリーのジオラマ模型は、かなり製作者の好みや人柄が出ます。ミリタリージオラマは、「西暦1941年、季節は夏で、ナチスドイツ軍がロシアに侵攻したところ」など、細かな設定を考えて製作する人もいれば、戦車やジープのような乗り物がメインで、それほど時代設定にこだわらずに制作する人もいるようです。上手な人が作るミリタリージオラマは本当にリアルで、心に訴えかけてくるものがあります。

ジオラマ