ハーレー カスタム

ハーレーのカスタムについて。ハーレーといえばカスタムする楽しさがありますが、人気のあるのはハンドル交換です。

ハンドルには、ドラッグバーやチョッパーハンドルなど、様々なデザインがあり、ハンドル交換するだけでハーレーの印象が大きく変化しますが、ハンドルポジションを変化させても楽しいでしょう。

ハンドルポジションを調整するには、ハンドルを支えているハンドルポスト「ライザー」を交換すると良いでしょう。
ライザーにも様々な種類があり、交換して位置を変えることで、ハンドル高さや位置を変化させることができます。ライザーのデザインによっては、見た目にも大きな変化をつけることができますよ。

ハンドルをカスタムする場合は、「乗心地」ついてもしっかりチェックしておきましょう。
ハンドルと乗心地、関係のないように感じますが、実際に運転してみるとハンドルをカスタムしたことで、お尻が痛くなってしまう場合もあるのです。

バイクを運転する時、ライダーの体重はシートとステップ、そしてハンドルの3点で支えられています。
ハンドルの形状、また位置によっては、ハンドルにうまく体重をかけることができず、シートにかかる体重が増えて、ロングツーリングを行うとお尻が痛くなってしまうことがあります。

見た目の良さで選択するのも良いのですが、乗心地についても必ず確認しておきましょう。
ですが、ハンドルの場合、しばらく走行してからでないと判断しにくいことが多くあります。
乗心地に問題なし、と思った場合でも、純正ハンドルはなるべく保管しておくと安心です。

ハーレーダビッドソン