仮面ライダーBlack(ブラック)

仮面ライダーBlack(ブラック)について。仮面ライダースーパー1の連続テレビ放送が終了した後、仮面ライダーシリーズとしての連続番組はしばらく行われていませんでした。そして暫くぶりに連続物として復活したのが仮面ライダーBlack(ブラック)になります。仮面ライダーBlackはシンプルな出で立ちになります。頭部はバッタを模った形にし、ボディ部分を限りなくシンプルに仕上げ、仮面ライダーのシンボルでもある変身ベルトが腰に輝いて着いています。仮面ライダーのもう一つのシンボルでもあった赤いマフラーは着けてないけれども、仮面ライダーBlackは仮面ライダーの王道ともいえるスタイルで登場したのです。

主人公は南光太郎と言う男で、今までの仮面ライダー同様、改造人間とされてしまいます。そしてその悲しみと苦悩を胸に秘密結社ゴルゴムを倒していくのです。仮面ライダーBlack(ブラック)からは製作スタッフが変わった事もあり、描写も多少変わったので、昔の仮面ライダーを知っている人からは違和感が有ると思ったかもしれません。でも仮面ライダーとしての表現は充分にされて来たようにも感じます。

仮面ライダーBlackを演じたのは倉田てつをさんという俳優です。演技が上手いと言う訳ではけっしてありませんが、不器用で素直で優しい南光太郎という役は見事に演じて、見ている人達を魅了した仮面ライダーでした。そんな魅力が充分に詰まっているのが仮面ライダーBlackです。

仮面ライダー