BMW ミニクーパー

BMWのミニクーパーについて。BMWのミニクーパーは車にあまり興味がない人でも、つい注目してしまうような印象的なデザインです。「ルパン三世」や「シティハンター」にも登場しましたし、「ミニミニ大作戦」という映画も製作されていますから、ミニクーパーという車名は知らなくても実際にみたら、「ああ、この車!」と思う人も多いでしょう。

ミニクーパーはイギリスが生んだ大衆車で、40年以上に渡り生産販売されていました。現在では、ローバーがドイツのBMWの傘下に入ってしまったため、100%新しい設計のミニクーパーが生産販売されています。

BMWが開発したミニクーパーは「MINI」と大文字で表記され、それ以前のミニクーパーは「Mini」と小文字で表記される他、「クラシックミニ」などと呼ばれて区別されているのです。

新しく設計されたミニクーパーは、外見は以前のままのレトロでかわいらしいデザインを踏襲していて、中身はドイツ車のよさを最大限に発揮している魅力的な車になっています。その乗り心地のよさは、うっかり試乗すると買わずにはいられなくなるという評判です。クラシックミニは生産を終了してしまいましたが、クラシックミニでなければミニではないというファンも多く、クラシックなMiniやミニクーパーを専門に扱うショップやクラシックミニオーナーの会、イベントなどもあります。

人気車種