鉄道模型

鉄道模型 趣味

鉄道模型の趣味について。鉄道模型趣味には、お金、時間、手間がかかるため、余裕のある知的な男性の趣味というイメージがあります。世界中に鉄道模型趣味を持つ人がいますが、日本でも、加山雄三、タモリ、石坂浩二、関口宏、原田芳雄、江崎玲於奈、半田健人、石原良純、秋本治、中川家礼二など、たくさんの有名人が鉄道模型趣味を持っているのです。

鉄道模型趣味は鉄道車両やレイアウトパーツを買うためのお金、とてもかさばる鉄道模型を保存する場所、鉄道模型を組み立てる手間と時間が必要になります。リアリティのある鉄道模型を作るためには、それなりの知識と経験と技術が必須です。

「鉄道模型趣味」というタイトルの雑誌が、1947年に創刊していることからも、鉄道模型趣味の歴史の古さと人気の高さがわかるでしょう。実際の鉄道に関する趣味雑誌「鉄道ピクトリアル」よりも早く創刊されているのです。鉄道模型趣味に関する雑誌には、他にも、「とれいん」、「RM MODELS(アールエムモデルズ)」などがあります。

この雑誌不況の時代に、いずれも月刊誌なのです。最近では、自分が作った模型をウェブ上に公開している鉄道模型趣味人もいますし、鉄道模型シミュレーターソフトを使ってバーチャルで楽しむ人も増えていて、鉄道模型趣味もデジタル化しつつあります。でも、デジタル化したとしても、お金と時間と手間がかかることには変わりないので、余裕がなければ鉄道模型趣味を持つことはできないかもしれません。

Permalink

鉄道模型 ジオラマ

鉄道模型のジオラマについて。鉄道模型ジオラマとは、本来、列車が走行しない鉄道模型のことですが、列車が走行する鉄道模型であるレイアウトと混同して使われることも多い言葉です。鉄道模型ジオラマは、列車を走行させない分、レールを途中で途切れさせることができます。そのため、駅だけの情景といった小さな規模でも作れるのが魅力です。

鉄道模型レイアウトの場合、列車が走行できる分、規模が大きくなってしまいがちなので、収納を考えないと製作途中で挫折することになりかねません。どうしても自作の情景の中で列車の模型を走らせたいのでなければ、鉄道模型ジオラマの方が作りやすいと思います。

鉄道模型ジオラマをいくつか作って、製作に慣れてきたら、分割式レイアウトなどを作ってみるのもいいのではないでしょうか。鉄道模型ジオラマ作りには、いろいろとノウハウがあるので、ガイドブックを参考にしたり、鉄道模型店などが行っている鉄道模型ジオラマ製作教室などに行ってみると勉強になります。鉄道模型メーカーから発売されている完成品の模型やプラモデルの風景ジオラマなどを組み込んでも、面白い作品が作れるかもしれません。

鉄道模型ジオラマ製作のポイントは、実物そのままに作ろうとしないことです。ある程度のデフォルメを加えた方が、鉄道模型ジオラマはリアルにみえるので、上手な人が製作した鉄道模型ジオラマを見るなどして、真似てみてください。鉄道模型ジオラマが完成したら、ブログを作って写真を載せると、きっと励みになるでしょう。

Permalink

鉄道模型 通販

鉄道模型の通販について。鉄道模型通販なら、自分のほしい鉄道模型を安く手軽に購入することができます。鉄道模型ファンは多いので、たくさんの通販ショップがありますが、届いてから動かないと面倒なので、動作確認を行っているところで買う方がいいでしょう。

鉄道模型を丁寧に梱包してくれる良心的な通販ショップで買わないと、届いた時には破損していたなんてことも起こりがちです。配送業者によって荷物の扱い方も違うので、配送方法もよく確認する必要があります。また、鉄道模型通販サイトの中には、在庫状況の更新が遅いところも多く、注文したのに在庫切れでがっかりということもあるのです。客寄せのためにありもしない人気鉄道模型の在庫があるようにサイトに表示しておいて、注文すると在庫切れと答えているところもあるので、引っかからないようにしてください。

ポイントがつく通販ショップもありますから、あちこちの通販ショップを使うよりは、同じところで買う方がいいかもしれません。でも、鉄道模型の通販ショップは珍しいものがあるけど、新しい鉄道模型の入荷が遅かったり、取り扱っている鉄道模型が限定されていたり、それぞれ偏りがあるので、なかなか一つの通販ショップだけで満足するのは難しそうです。鉄道模型通販ショップの中には、検品をしない代わりに値引きしているお店もあります。運なども多少はあると思いますが、対応の悪い通販ショップもあるので、口コミなどを調べてから利用するのも一つの方法です。

Permalink

中古鉄道模型

中古鉄道模型について。中古鉄道模型は、その名の通り、中古の鉄道模型ですが、ものによっては新品の鉄道模型よりも高値で取引されています。鉄道模型の中には、たった一度、短い期間しか発売されなかったものなど、現在では入手困難なモデルも多いためです。もちろん、新品より安い鉄道模型もたくさんあります。

中古鉄道模型のニーズはとても高く、中古鉄道模型販売店では、中古鉄道模型の買取や委託販売なども行っているのです。ネットオークションなどでも、中古鉄道模型が盛んに取引されています。最近では、ネットの普及により、通信販売での中古鉄道模型販売も増えていますから、より中古鉄道模型を手に入れやすくなったかもしれません。

中古の鉄道模型の方が新しい鉄道模型よりも自分の納得のいく仕様にするまでに時間と手間がかかることもありますが、それがむしろ楽しいという鉄道模型ファンもいます。鉄道模型初心者のうちは、安い中古鉄道模型を探して、製作経験を積むのもいいでしょう。最初から高価な鉄道模型を買って、失敗してしまったら大変ですから。中古鉄道模型を買う時には、レプリカや盗品に注意しましょう。信頼できる中古鉄道模型専門店で買えば、そんな心配もないと思います。でも、中古鉄道模型を取り扱って日が浅いショップや個人売買などではよく注意してください。いざという時は、返品可能なところで買うと安心です。メンテナンス技術があるのなら、最悪、動かないリスクを覚悟の上で、あえて激安ショップにトライするのもいいですが、初心者のうちは動作保証されている鉄道模型をおすすめします。

Permalink

鉄道模型 レイアウト

鉄道模型のレイアウトについて。鉄道模型レイアウトとは、模型の列車を走らせるための情景の模型のことです。情景の模型の呼び方としては、ジオラマの方が一般的だと思いますが、鉄道模型では、車輌の走行が可能なものをレイアウト、車輌も情景の一部となっていて動かないものをジオラマ(シーナリーセクション)と呼んで区別しています。

鉄道模型レイアウトには、屋内に作られるものと屋外に作られるものがあり、屋外鉄道模型レイアウトの中には、周囲の風景をそのまま情景として使う場合も多いのです。常設の屋外鉄道模型レイアウトは、庭園鉄道とも呼ばれています。鉄道模型レイアウトに使われるレールは、道床がないフレキシブルレールと道床付のレールの二種類です。道床がないフレキシブルレールは、自由に曲線が作れるので、大型の鉄道模型や集合式の鉄道模型によく使われます。

主にNゲージ鉄道模型で使用される道床付のレールは、ラインナップが豊富で入手しやすいのが特徴ですが、カーブレールの半径が小さいので、スケールに近いカーブの実現は難しいようです。鉄道模型レイアウトは、愛好家がコツコツと自作するのが普通でしたが、最近では、KATOやDDF、TOMIX(トミックス)などから、完成品の鉄道模型レイアウトが発売されているので、初心者でも簡単に鉄道模型レイアウトを楽しむことができます。

鉄道模型レイアウトは、世界中に愛好家の多い趣味です。鉄道模型レイアウトの愛好家の中には、デジカメやインターネットなどを活用して、さらにリアルな鉄道模型レイアウトを製作している人もいます。

Permalink

鉄道模型 Nゲージ

鉄道模型Nゲージについて。鉄道模型Nゲージとは、線路の幅が9ミリで、縮尺148分の1から160分の1の鉄道模型規格の総称をいいます。海外では、HOゲージが主流となっていますが、日本で一番普及している鉄道模型規格はNゲージです。アメリカなどでは、鉄道模型NゲージのことをNスケールと呼ぶこともあります。

鉄道模型Nゲージは、国によって縮尺の標準が異なっており、日本では新幹線車輌のみ縮尺160分の1で、他の車輌は縮尺150分の1が標準となっていますが、ヨーロッパ大陸の国とアメリカは縮尺160分の1、イギリスでは縮尺148分の1が標準です。鉄道模型Nゲージのほとんどは、直流2線式と呼ばれる電動模型になっています。

日本の鉄道模型Nゲージメーカーは、全てこの直流2線式を採用しているので、どのメーカーのNゲージ鉄道模型を買っても、同一のNゲージ線路の上で走らせることができるのです。鉄道模型Nゲージは小型なので、スペースが狭くても鉄道模型を楽しめます。鉄道模型Nゲージは、その小ささから最もレイアウト製作に適した鉄道模型と考えられていて、車輌模型だけでなく、模型材料やガイドブックなど、たくさんの関連商品が発売されているのも特徴です。

日本では、KATOとTOMIX(トミックス)が二大鉄道模型Nゲージメーカーとして有名ですが、この二社の他にも、ワールド工芸やマイクロエース、グリーンマックスなどの鉄道模型メーカーが車輌模型を中心としたNゲージ鉄道模型を製作しています。

Permalink