2013年02月11日

ひらりマント

彼は「ひらりマントの術」を上手に使う。
それは言うならば「受け流す」という事。

たとえば。
もし誰かが自分の入ってほしくない領域に入ってきて、
「それはチョット」という事があっても。
そんな時は笑って「そうかもしれませんね」なんて、ひらりマント。
さらりと受け流してしまう。

たとえば。
人をふと小馬鹿にするようなコミュニケーションを取ってしまう人がいても。
「あはは、そうなんですよ、僕。だから期待しない方がいいっすよ」なんて風に、ひらりマント。

イヤなことがあっても、望まない事態になっても、
ひらりマントの術を使える人は強いなぁと思う。

それは逃げているわけでも、弱い訳でもなく、
誰にどう踏み入られても揺るがない自信があるから。
大変だった時期を乗り越えた、積み重ねた経験があるから。

30代になった今だからわかる、その凄さ。
かっこいいな、ひらりマント。








kazuyoxxx at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Relation 

2009年02月18日

【myself】書初め2009

6226fc3f.jpg気がついたら2月下旬です。はやい・・・。
既に2月下旬では、新年の空気はないですが(笑)
今年も書初めに参加させていただきました。

2009年の書初め
「自然を友とする」


意味は大きく分けて2つ。

.ーガニックな自然のものを大事にする。
ひいては、地球と人間に優しい暮らしをする。


最近マクロビオテックや食育に関心があって色々勉強していて。
知れば知るほど、やはり有機的に本来の力を生かされた食べもの(=生き物)というのは、カラダにもココロにもいい影響を及ぼすし、地球とも優しい関係を築けるんだなぁ・・・って、想う事ばかり。
今年はこういった「本当にしたかった暮らし方」をしたいなぁって思います。

⊆分自身も、自然体で暮らしていくこと。

なんだかんだココ数年はお仕事でもかなり力を入れて走ってきたり、修行だと想って頑張っていたけど。
そろそろ自然体で、ゆとりをもって、「このことに貢献していきたい」とココロから自然に思えることを大事にする。そういった活動をしていこうと思います。


遅ればせながら、今年の初心でありました。

今年もステキな年になるよう祈りつつ、行動します☆

参加させてくれたMちゃん、いつもありがとう!




kazuyoxxx at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)myself 

2009年01月22日

【Relation】伝えるのは「命」

51eeed89.jpg
年が明けて少し経って。
実家で12年間一緒だった菜々(ワンコ)が、天国に旅立ちました。

3連休に、おじいちゃんが具合が良くないので、一度帰省して。
帰ってみたら、おじいちゃんは少し復活して元気で。
思いがけず菜々が弱っていて、もう厳しい状態・・・と。

12年前、私と弟が進学のため上京してしまった、その年に我が家に来た。子どもたちがいなくなった実家で、3人目の子どものような立場で来た天使。

今まで実家では、私が生まれる前からずっと動物を飼っていて。
いつも、犬も猫も、時には魚や鳥やヒヨコやウサギなんかもいて、動物に囲まれてた。

だから動物と一緒に暮らすことに慣れた我が家だったけれど。
丁度来たタイミングと、独特の可愛らしさがSo Greatで。
家族全員から、そして訪れる皆から、本当に愛され大事にされた菜々。

帰省の間、皆で「なんとかできないか」って泣いたり、ずっと介護をしたり。
菜々をリビングの片隅に寝かして、皆で一緒に生活を共にしてた。
時折、庭に出て蜜柑をもいだりする家族を、菜々はリビングからじっと見てくれてた。

そして3連休が終わって帰らなくてはいけなくなったその翌日、天国に旅立ってしまいました・・・。

看護をしながらすごく覚悟はしていたけど、報せを聞いて泣いて泣いて、思い出してしまってばかりで、やっぱりしばらく呆然としてしまった。

でも、家族みんなで、本当に思い切り愛して大事にして過ごせたと思う。
そういう気持ちがあったから、「菜々に逢えて一緒に過ごせて良かった。今までありがとう」っていう気持ちになれた。

そんな時に、ふと読んだ旭山動物園の文章の一節。

        *     *     *
「伝えるのは「命」」


“いのち”という言葉は教えることができます。でも、子どもから「命って何ですか」と訊かれて答えることができる人が,果たしているでしょうか。
だいいち,命は見えないし、さわれないし、絵にも描けません。
ですから,「命を大切にしましょう」と言われても子どもたちにはその意味がよく分からないのではないでしょうか。

(中略)

命の大切さを心に刻むには、身近な生きものの死を体験しなければならないのだと思います。愛しているものの死に臨んだ時の心の苦しさが、“かけがえのない命だからこそ、大切にしなければならない”ことを認識する大切で唯一の瞬間なのです。

 愛するものの死を通してしか、生きていることのすばらしさは伝わりません。

 そして,その命が地球上に存在するためには,命の入れ物が必要なのです。その入れ物がヒトであり,オランウータンであり,オジロワシなのです。

 私たちが生命の奇跡に気付いてはじめて,すべての生命がかけがえのないものであると認識できると思います。

そういう人々は決して動物たちを苦しめません。

そういう人々が多くなれば,この地球上から多くの野生動物たちが絶滅してしまうような事態は絶対に回避できると信じています。

        *     *     *

そうだなぁ・・・ってとても身に染みました・・・。

気持ちをかみ締めながら、でもまた身近な大事な人をちゃんと大事にしていこうと心に決めたのでした。





kazuyoxxx at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Relation 

2009年01月02日

【Diary】迎春2009

61596ec5.gif

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

昨年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

振り返ると、2008年は本当に幸せな一年だったなぁと思えます。
周りの大事な人たちに、とてもとても感謝です。

今まですごく力が入っていたものが、スッと自然に戻ってこれたような、そんな感覚です。
本当に安心できる人と環境に囲まれて、おのずと、そうなれた事。

2008年の書初め。
「陽だまりの中 息吹く新芽」
本当にそんな1年だったなぁって思います。

今そばにいる大事なパートナー、今までの家族・新しい家族、大好きな友人たち、与えられている環境のおかげだなぁ・・・って。

2009年は、温かい気持ちから生まれた芽を大事に育んで。
ちゃんと大事な人を大事にして、そこからHappyの輪がまたもっと広がるような。
そんな1年にしていきたいなぁって思ってます。


今年もどうぞよろしくおねがいします。





kazuyoxxx at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2008年12月26日

【Diary】もろもろメンテナンス

最近ブログをご無沙汰してしまっていたので、近況報告を兼ねて。

去年の11月くらいに仕事の状況が落ち着いて、年末までやっていたことのテーマ・・・それは「体のメンテナンス」。
年が明けたら結婚式の準備が始まるし、その前にやっておきたかったこと。

毎年、健康診断は受けていて大きな問題はないけど、もうずっと忙しい会社勤めが続いていて、なんとなく不調な部分もチラホラ。
そして会社の健康診断では見えない部分があるかも・・・という不安もあったし、今余裕があるこの期間にちゃんとチェックしておこう!と。

↓というわけで、受けたもの一覧

      *     *     *

※人間ドック
→タイミングよく、会社から来たもの(30代に乗ったから〜^^;)
聖路加病院を選んで、1日掛けてじっくり検査しました。
最後にカフェで軽食を出してくれるのがステキ。

※婦人科検診
→ 子宮・乳系の検査。
社内で一番病気になる人が多いのが婦人科のもの。
女性はストレスが子宮に影響が出やすいらしいです。
20代でも2〜3年に1回は受けた方がいいみたい。

※歯医者
→これはもう虫歯とか親知らず対策。
着色のクリーニング含めて。

※皮膚科
→肌荒れが気になる部分にピーリング(肌の新陳代謝促進)とビタミン補給。

※眼科
→これが一番びっくりされますが、近視矯正。レーシック。
年末に受けて、裸眼が0.05→2.0に変わりました。
コンタクトしなくても良い生活はスッゴク楽ちんです。
今のところ経過は良好☆ 眼病もナシ。

      *     *     *

というわけで、一気に検査・治療してしまったのでした。すっきり。

特に重大な病気はなくて一安心。
ただ、やっぱり虫歯があったり、ちょっと胃腸が弱っていたり。
気をつけないといけない所や、早めに対策して治すところがあったりで、やっぱり今のうちに受けておいてよかった・・・と。

私は病院のような人工的なものがキライで、普段の生活をちゃんとしてればいい、って思いがちなんだけど・・・。
でもやっぱり一定期間で検査をして始めてわかることもあるし、時々はこうやってメンテナンスの機会を持った方がいいなぁと思ったり。

健康の基本は、一番は「予防」。そして早期発見・早期治療。

こうやって調べた後は、定期健診以外で病院行かなくてもいいように、ちゃんとカラダにいい生活をしようと、心を新たにしたのでした。

(こうして健康オタクに拍車がかかるのであった)


kazuyoxxx at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2008年11月18日

【Relation】人を元気にするもの

100ad36c.jpg11月になって少し状況が落ち着いてきました。
そんな中、少しインプットの時間を増やそうと。
こどもの教育の本を読んでいるのだけど、いい文章に出逢いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【Q:こんなときどうしますか。】
サッカーのような集団競技をしている子供が、誤って自殺点を入れてしまい、試合に負けてしまいました。あなたは親としてどんな言葉をかけますか。

【A:選択肢】
〆2鵑六椎阿世辰拭あきらめよう。
⊃匹せ廚い鬚靴討い襪箸いΔ海箸蓮△前が人間として成長している証拠なんだ。
仕方ない。こういうこともあるよ。運がわるかったね。
の習不足の結果だね。
イ海譴發いし亳海世茵
Δよくよするな、次がある。
У磴だけ泣きなさい。
┐気 △澆鵑覆里箸海蹐慳瓩蹐Αみんな待ってるぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大事なのは△里茲Δ文斥佞世修Δ任后
,呂修鵑覆亡蔽韻膨められるわけがない。
は運のせいにして他責にしている。
きキΝГ蓮△海海蹐こもっているのを感じられない。
┐漏Гそうしてくれればいいが、そうと限らない場合もある。

これはその本の解釈ではあるから、もちろんケースバイケースだけど。

私が「なるほどなぁ」って思ったのは、どの言葉もうっかり発してしまう可能性があるものだということ。

そして人を元気にしたり、ちゃんと相手に届いたりするものって、自分で思ってるより難しいのかもしれない。

相手のことを、相手を取り巻く状況やこころまで汲まないと出てこない言葉や行動ってある。

特に落ち込んでいたり、元気がない相手に対してかける言葉や態度は、時には相手を癒すだろうし、時にはすごく傷つけてしまうリスクもあるんだと思う。
だから、こころをとても動かして感じる、丁寧なコミュニケーションが必要になる・・・。

こどもに対する教育の本だったけど。
大人同士でも大事なこと。

結局、教育=教え育てる、っていうのは、人と人がよりよいコミュニケーションをどう紡いでいくかってことなんだなぁ。





kazuyoxxx at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Relation 

2008年09月28日

【Work】バランスのとり方を模索

8673f76b.jpg
夏からずっと仕事が忙しくて、ちょっと数日ダウンしてました。(今は復活)

まぁよく考えたら、今年は前の部署でも業務が掛け持ちのものが多く忙しく、いきなり春に部署を異動となって環境が変わり、結婚が決まり両家ご挨拶や新居の準備で土日が忙しく、そして引越しし新しい生活がはじまり入籍し、そしてまた仕事が急激に・・・。
という流れで、さすがにだいぶ疲れていた模様・・・。

結果、上司(マネージャー)と少し時間を取ってもらい、業務状況を相談してみることに。
思い切って言ってみたものの、こういうの言うのって勇気がいりますね。
特に会社の社風で「できないと言う前に、できる状況を考える」「逆境でも自分で切り開いていく」っていう雰囲気も漂っているので、なんとなく個人的にも言いにくいし。

でも今回話してみて意外なことに、マネージャーが理解を示してくれて、話を丁寧に聴いてくれて、きちんと現状の業務改善を具体的な策として促してくれて、直属の上司(編集長)ともコミュニケーションをとって円滑にしてくれて、休ませてくれました。

ああ、これが「マネージャーの仕事」なんだな・・・ってすごく実感。
そして言って逆に伝わったことで、それが信頼になったりしました。
出社したら、周りの部署や違う部署の人から励ましだったり「サポートするからねー」って言ってもらえたり・・・。

相談してみるってこと自体、信頼してないとできないことなので。
新しい部署でまだ周囲の気持ちが見えない状況の中で、今回のことは大きいかも。

こういう風に上司に自分から改善を求めるっていうのも、初めての経験で。
普段の業務スキルをあげるのも大事だけど、会社で生きていくためのコミュニケーション方法、こういうのってすごく大事なんだなって思ったり。

この状況に関して「やらされてる」って思って不満を持ってしまっても、同じ状況を繰り返しちゃうだけで、誰も幸せになれないもの。

自分で、求めている状況にになるよう働きかけてくっていうのは、
ちゃんと身を守るっていうのにも繋がるし、結果、働く人・雇用する人、双方が幸せであるためにも大事なんだなぁって。

まぁ、そんないろんな事を感じた一件でした。
勉強になったし、ありがたかったです。


今回そもそも「勇気出して言おう」って思ったのは。
やっぱり結婚して家庭があるからっていうのも大きかったかも。
体壊して、取り返しのつかないことになったら困るし。
やっぱり、家庭の幸せっていうもの、守っていきたかったし。

そして、最近よく思うのは、会社と家庭のバランスのとり方。
入社して2〜3年は「ビジネスの土台をしっかり築きたい」って気持ちがあったから、忙しくてもやってこれたけど、この期間が過ぎて、結婚すると今度はバランス取りたいって思うようになったり・・・。

自分のペースで仕事しながら、家庭のことを大事に・・・ってバランスの取り方ができるといいなぁ。

いろいろ周囲や先輩方にお話お伺いしてみたいなぁと思う今日この頃です。





kazuyoxxx at 13:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Work | Diary

2008年09月11日

【Diary】ネコキャバ

56417d88.jpgネコが好きです。
小さい頃から、ずっと。

あの柔らかいフォルム。
キュートな目線。
いたずらな行動。
全部好き。

そんなわたしがつい見てしまうサイト。
「ネコキャバではない」

周りは一面、ネコだらけ。
か、かわいい…。さわりたいーーー。


しかし、私はいけない。
何故なら、わたし、猫アレルギー持ち。
すっかり遠くから眺める、叶わぬ恋です。

はぁ〜、かわいいよー。

猫アレルギーが治る薬、出ないかなぁ…。





kazuyoxxx at 21:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Diary 

2008年08月25日

【Work】自分なりに

b1f36522.jpg
お盆があけて夏休みがあけて。
いきなり、仕事が、忙しい・・・。
たれパンダ状態から、突然短距離走してる感じ・・・。

新しい企画をどんどん詰めて。
それ自体は有意義だけど・・・。
一瞬はぁ〜・・・って思うときに出会った、
ちょっと感動したサイト。

「卒業アルバム」

卒業していく高校生たち。
その瞬間に出された写真と言葉たち。

「想い出の一枚」
パラパラと写真をめくっていたら、泣きそうになる。

・好きな人に会うために必死で自転車こいだ、桜道。
・卒業したくねぇーよ。みんな大好き。
・一緒に塾にいってた河原。「何かあったらまたこようね」って約束しました。

なんだろう。泣くねー。
これ。泣いちゃうー。

高校を卒業して行くとき。
未来がどんどん広がって行くようで。
でも、出て行ってしまいたくない気持ちもあって。
不安と期待を持って、一歩を踏み出していく。


人生の、大事な瞬間。

こういう大事な瞬間に関わっているという事を。

やっぱり忘れちゃいかん。

って思う。

別に仕事に全霊をかけるとか、そういうのではなく。

生活のバランスも大事だし、一緒に暮らす家族が大事だし。

でもどんな仕事をするのでも、そこに思想があるのか、気持ちがあるのかっていうのは、すごく大事。


   *    *    *

最近、仕事関係で逢った先生が伝えてくれた、感動した言葉。


人々の幸せとは何か、喜びとは何か。
自分なりに考え、今の時点での解を出してください。

満足のいく解でなくて構いません。
ただ満足のいく解を探求し続けてください。

少しの誇りと傷つきやすい心を持った人を、繊細な心を、理解してください。
いいかげんで矛盾だらけの人を受け入れてください。
人を愛してください。

その上で、人の持つ強さ弱さ、やさしさ残酷さ、正義と悪魔に向き合ってください。
人が何に感動し、何に涙するのか、人の笑い・涙・怒りの源は・・・。
これらに興味を持っていただきたいのです。

人々が抱える矛盾は何か、何が人々の乾きなのか、社会に何が不足しているのか・・・。
このような課題を自ら探し、自ら解を探求してください。

人々がいかに幸せに生きるかに、強く貢献したいと思う心を持ってください。
そして、会社が何をすべきか何ができるのか、社会的役割を考えてください。
自分が何をすべきか何ができるのか、役割を考えてください。

人のため、自分のため、フィロソフィーを創りあげてほしいのです。

40代以降は、自分の信念に従ってください。

   *    *    *

自分なりの哲学・思想を創る事。守る事。実行して行くこと。

こういった大事なメッセージを受け取りながら、真摯に頑張ろうと思う今日この頃です。



kazuyoxxx at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Work 

2008年07月28日

【Movie】ぽにょ

5b36d323.jpgぽにょ、観てきました。

アニメーションが手書きなのも、懐かしくてほっこりしたし。

キャラクター自体も動きがかわいくて、癒されました。

が、話の流れは・・・?????

映画が終わって明るくなった瞬間、「えっ!!??」って空気に・・・。

とりあえず、「お話もぽにょっとしてたってことだね」と話しながら、帰りました。

まぁ、いっか・・・。
なんか可愛かったし・・・。



kazuyoxxx at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Movie 

2008年07月12日

【Place】九十九里浜

2c149637.jpgすっかり陽射しが強くなって、夏!!って感じの週末。

九十九里浜に行ってきました。

焼きハマグリ食べて、刺身食べて、焼きおにぎり食べて・・・。
ビーチで、マンゴーカキ氷食べて・・・。
食い倒れ。。。

夏!!満喫!!って感じ。

今年の夏は、夏らしいこと沢山したいなぁ〜と思います。


kazuyoxxx at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Place 

2008年07月02日

【Feeling】大事なこと

178f2123.jpg2008年も早いもので半分が経過。
思えば、変化が大きい年に。
これから2008年後半は、また今までと違う環境や生活で暮らしていく。

そういう境目に、これから何を大事にしていきたいのかな〜とふと振り返る。

今までの20代は「こうしたい」って想いを、叶えるために一生懸命努力してきた。
それは大事な事ではあるけれど、これからの30代は「いかに受け入れられるか」が大切なKeyになる気がする。

変わらないのは、温かい関係を創っていきたい広げて生きたいっていう気持ちで。
そう想ったら、今までのやり方を守るだけじゃなくて。
柔軟に、ゆっくり受けれいれていくことが大事なんだって想ったり。

ながーい人生、いいこともあれば望まないことだってあるはず。
そんな時に、それも受け入れて笑えること。
「一緒にやっていこう」って思えること。

うんうん、大丈夫。

ゆっくりゆっくり、少しずつ。




kazuyoxxx at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)feeling 

2008年05月10日

【myself】30代

ab16e40c.jpg気がついたら、30代に突入してからもう3ヶ月が経った。

いろんなことがあった20代を越えて。

20代は将来に対する悩みや迷いも多くて。
これからどうなっていくんだろう?って想い。
何を大事にしたいんだろう?と悩み。
わけもわからず壁にぶつかって、もがいたりもした。
でもそれが、私なりの一生懸命だった。


でも30代になって、今。

あの頃、悩み迷って、それでも「こうしたいんだ」って想った。
そんな夢のかけらが、すぐ側にあることに気がつく。

「ほんとは、もっとこうしたい」
「こんな将来を創って生きたい」

そう想った夢のひとつひとつが、「あ、叶いそう」で。

手に届く実感がわいてきた。


あの頃、諦めてしまわなくて良かった。
あの頃、逃げ出さなくて良かった。

そう、今は思えることが、これから30代を生きる糧になっている。

ちょうど聴いた歌のフレーズにこんな歌詞があった。

//////////////////////////////////////////

君が流した涙が いつか花を育て咲かせて
君の目の前に 広がるはずだから

君が乗り越えた壁は いつか君を守る盾となって
君をそばで いつまでも支えるだろう

ライフイズビューティフル (byケツメイシ)

//////////////////////////////////////////


これから、30代を進んでいくけれど。

年を重ねるって、素晴らしいことだ。






kazuyoxxx at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)myself 

2008年04月26日

【Diary】ひさしぶりの・・・

a71df9ce.jpgブログ更新です。
気がついたら1ヶ月半もw
変化が多くてバタバタしていたら、あっという間でした・・・。

この3月→4月で大きな変化がひとつ。

仕事が変わります。

同じ会社の中で、部署が変わります。

今までは結婚するカップルがより良い結婚式が迎えられるお手伝いを。

これからは、大学・専門学校など進路選びをする高校生のお手伝いをします。

ずっとコドモの教育に関わることがしたいなぁ・・・と想いつつ。
会社の中でも、上司にも特別話してなかったけれど。
こういうタイミングで、こういう形で、現場に近くなれるというのは。
やっぱり長期的にいいことなのかな・・・と想いながら。
でも今まで思い入れがある部署を離れる寂しさもありつつ。

複雑な気持ちで、この1ヶ月は突然の異動にバタバタと引継ぎが忙しい日を送っていました。

まだどうなるかわからないけれど、
与えられた環境に感謝しつつ、
進んでいきたいと想います。

高校生にとって「やりたいこと」って何だろう?
高校生にとって「進路を選ぶ」って何だろう?
ひいては「いい未来」って何だろう?

とっても大きなテーマだけど、とても大事なこと。

またがんばります☆


*写真は、今までの部署での4月下旬のリニュアル案件でお祝いで頂いたケーキ。
ケーキの表面が、リニュアルした案件の写真になってます。。。すごい☆




kazuyoxxx at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2008年03月13日

【Child】宙(sora)

37761212.jpg自然の中にいるのが好きで、よく植物がある所をお散歩する。そのたびに、木々の形や感触や匂いが一つずつ違う事に感動して。まだまだ見知らぬものは多いなあと思ったりもして。
とめどなくイマジネーションを刺激する。



友人が想いを込めて創りあげたプロダクトを見て、そんなことを思い出した。



自然の美を宿した、積み木。

ぜひご紹介させてください。

■宙(sora)

このキラキラしたキューブから。
どんな感性が広がるのか。

とても愉しみです。




kazuyoxxx at 12:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Design | Child