2004年08月

2004年08月30日

8/30(月) 【今日のnews】企業向けBlog構築をビジネスにする面々。

ミツエーリンクス、企業向けブログ構築サービスを開始
「ミツエーリンクスは27日、企業向けを対象としたブログの構築・運用サービス「Blog構築サービス」を開始した。価格は個別見積もり。
 Blog構築サービスは、企業向けにブログサイトをミツエーリンクスが構築するもので、ブログサイトの作成、テンプレートデザイン、コメントやトラックバックの受付設定などの機能を提供する。既存の各種ブログ構築ツールを利用するセミオーダータイプと、ユーザーの要望に応じて独自開発によるブログ構築ツールを利用するフルオーダータイプの2種類のサービスが用意される。
 また、オプションサービスとして、専用サーバやデータベースの構築・運用、投稿されたコメントを担当者が確認した上で公開するコメント承認機能の追加、運用マニュアルの作成などを提供する。」

関連情報URL:サービス概要
http://www.mitsue.co.jp/service/produce/blog.html

日立、Movable Typeを利用したイントラネット構築サービスを開始
「日立製作所は5日、企業内のイントラネットをブログベースで構築するサービス「BOXER イントラブログ」8月9日から提供開始すると発表した。米Six Apartとの提携により、ブログ構築ツール「Movable Type」を利用し、企業内サーバーでのイントラネット構築、コンサルティング、サポートサービスを提供する。価格は個別見積。
 BOXER イントラブログは、事業部門、部署別、プロジェクト、社員個人の単位でブログが開設できる環境を構築するサービスで、トラックバック機能やRSS機能、携帯電話からのアクセスなどに対応。日立製作所では、2004年5月から企業向けにブログサービスをASPにより提供する「BOXER BLOG powered by TypePad」を提供しているが、今回のサービスでは企業内にサーバーを設置してイントラネットとしてブログを活用する形態を想定している。
 日立製作所とSix Apartでは今後、ブログを活用した企業内情報共有ソリューションのコンサルティングや、ブログによる情報共有を進めるために必要なプラグインソフトの共同開発などを検討するとしている。」

関連情報URL:ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2004/08/0805c.html

今後、サイト構築事業者には定番メニュー化していくでしょうね。
法人ユースとしては認証ログイン等、必須事項は、他にも色々とあると思いますが。

しかし、特に日立さん、事業サイズ合ってるのかなあ…?

kazuyuki0329inoue at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2004年08月29日

8/29(日) SNS「GREE」、会員10万人間近。

ソーシャルネットワークサービス最大手の「GREE」が、2月のスタートから半年あまりで会員数10万人に達しそうだ。

4月に行なわれた1万人突破の記念イベント「GREE Night 1.0」に続き、「GREE Night 2.0」が9月12日(日)に開かれる予定。前回は400名が集まったらしいが、今回は一段と盛り上がりそうな気配。

田中良和氏が個人運営する、GREE。この半年のインパクトは想像を超えたものがある。

元々僕は、お付き合いもあったりで先に先輩や友人から招待のあった他社運営のSNS数サイトに登録していたので、GREEもどうせ似たようなものだろうと思い、これ以上管理サイトが増えてもということでGREEへの招待はパスさせていただいていた。
が、どうやら周囲のデファクトがGREEっぽくなってきたので、義理をかなぐり捨てて8月上旬に乗り換え。いざGREEに移ってみると、これまでの他社サービスとGREEでは少なくとも今のところ“出来”がまったく違うことが判明。(^^ 

SNSには、一個人としてどちらかと言えば懐疑的な意見を持っていたが、GREEはその幾つか(全部ではない)を払拭してくれるだけの「よさ」がある。

田中氏にはお逢いしたことはないが、多分、コミュニティを作ることの楽しさ、楽しみ方、参加者がどんなことをしたくなるかをよくご存知で、それを日々「もっとああしたい、こうしたい」と造り込まれているように感じる。

出会い系?ビジネスマッチング?---参加者個々の興味関心、目論見、期待、仕掛けetc.で、これからどんな方向にこの“町”が拡がり、曲がり、分かれたりするのか、次の半年が非常に興味深い。

kazuyuki0329inoue at 13:06|PermalinkComments(70)TrackBack(3)

2004年08月28日

8/28(土) 【今日のnews】米学生、人気就職先企業首位はマイクロソフト。

■米大学生の人気就職先ランク、マイクロソフトが1位
「米国学生の10人に1人以上はビル・ゲイツ氏の下で働きたい――。学生の就職活動を調査するユニバーサム・コミュニケーションズ(本社スウェーデン)は今年6月の卒業生を対象にした就職人気企業ランクをまとめた。4年制大学卒業者に最も人気が高かったのがマイクロソフト。MBA(経営学修士)取得者ではマッキンゼー・アンド・カンパニーが1番人気だった。
 全米88の4年制大学卒業者1万4000人を対象にした調査で、マイクロソフトは前年の2位から1位に上昇した。11.3%の学生が働きたいと回答。2位は独BMWで、昨年1位だった米コカ・コーラは5位に後退した。マイクロソフトがこの数年強化した新卒採用活動が実を結んだ。MBA取得者の場合、マッキンゼーに次いでシティグループ、ゴールドマンサックスが続き、金融・コンサルタント業務に対する人気ぶりをうかがわせた。製造業ではIBMの4位が最高位。希望年間所得は4年制大学卒業者が4万5600ドル(約500万円)、MBA取得者が8万2000ドル(約910万円)と2倍近い差が出た。(シリコンバレー=八田亮一)」 (8/27 日本経済新聞夕刊/NIKKEI NET 11:58)


ブランド志向は、いずこも同じようなもんですね…。

1位:マイクロソフト
2位:BMW
3位:ウォルト・ディズニー
4位:プライスウォーターハウス・クーパース
5位:コカ・コーラ
6位:アーンスト・アンド・ヤング
7位:ボーイング
8位:デロイト・トゥシュ・トーマツ
9位:アマゾン・ドット・コム
10位:バンク・オブ・アメリカ

kazuyuki0329inoue at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2004年08月27日

8/27(金) 【今日のnews】ネット広告6社、検索連動型ADで大幅増益。

■ネット広告6社、4―6月期は5社が営業大幅増益
「インターネット広告主要6社の2004年4―6月期連結業績(オプトは単独)が出そろった。検索キーワードに連動した広告などがけん引役となって市場が拡大。5社が前年同期比で2ケタ以上の営業増益となった。1社のみ営業減益だったまぐクリックはメール広告が主体で、検索連動型に押されシェアを落とした。
 専業代理店最大手のサイバーエージェントは検索連動型や携帯電話向け広告が好調。ネット通販などの電子商取引事業も大きく伸びて、前年同期比で70%増収となった。新規事業や営業向けに大幅な人員増を実施し人件費負担は増したが、増収で補い営業利益は4倍近くに増えた。
 セプテーニも検索連動型が伸びた効果で46%の営業増益。検索連動型に加え自社で運営するネット媒体の広告受注などが好調だった。
 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、ヤフーの広告枠を独占的に扱ってきた体制が崩れたが、市場の成長に伴う業容拡大で吸収した。前年同期の単独ベースとの比較で29%の増収、20%の営業増益となった。」(8/27 日本経済新聞/NIKKEI NET)


オプトインメールあるいは嗜好別メルマガ内ADで“ざっくりと”成立させてきたOne to Oneマーケティングが、よりダイレクトかつ精緻なマッチング表示が可能となった検索連動型広告によって完全に代替されました。

ブログの普及も、検索連動型ADの普及・効果UPに大きな貢献を果たしていると言えます。僕もそうですが、多くのブログでAdSenseが組み込まれるようになってますしね。

改めてovertureAdWordsは優れたサービスであり、ビジネスモデルだなあと思います。
これの発展型、ある事業に使いたいんだよなあ。

●ネット広告主要6社の4-6月期連結業績
(単位百万円、カッコ内は前年同期比増減率、%、▲はマイナス、DACは3-5月期、オプトは単独 日本経済新聞8/27朝刊より)

       売上高    営業利益
サイバー   7,103( 70)  472(290)
CCI      4,614( 29)  124( 20)
DAC      3,604( 49)  160(100)
セプテーニ  3,015( 38)  121( 46)
オプト    2,188(225)  123( 78)
まぐクリック 1,019(▲1)   27(▲53) 

kazuyuki0329inoue at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月26日

8/26(木) 【今日のbible】オトナのための、修身の本?


『Good Luck』
アレックス・ロビラ (著), フェルナンド・トリアス・デ・ペス (著), 田内 志文 (翻訳) ¥1,000 (税込) ポプラ社 ; ISBN: 4591081451 ; (2004/06/22)

遅ればせながら。自己啓発本マーケットでは、手を変え品を変え、プチベストセラーが群発している訳ですが、ちょっと面白い構成でヒットしたのがこれ。

謳い文句にあるように、
これは不思議な本だ。
マーケティングの神様、フィリップ・コトラーは「星の王子さまのようだ!」と絶賛し、ビジネスマンは実践的なノウハウを学ぶために読み、若者はくり返し読んで人生のバイブルにしたいという。
子どもは面白い物語として読み、親はわが子へ大切なことを知ってもらうために読ませたいという。
この本は読む人によって、伝説にも、哲学書にも、ビジネス書にもなる。

ということで、下手すると10分くらいで読みきろうと思えば読めてしまう内容+分量と、色々な捉え方ができる寓話が、ヒットの仕掛け。著者はMBAホルダーのマーケッター、そこを狙ったとすれば目論見通りとほくそえんでいるのでしょう。(^^;

寓話の内容は、
「自ら信念を持って種を蒔き、育む人。その過程で周囲の知恵を頂き、学び、協同できる人。そういった人だけが成功を手に入れることができる。」(要約by井上)

その通り!のメッセージ。
子供から大人まで、節目節目で人間としての原点を確認するための“修身本”、ですね。

kazuyuki0329inoue at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月23日

8/23(月) 【今日のnews】スカイプ・テクノロジーズ社、P2P応用の低価格電話で日本市場進出へ。

■スカイプ、低価格電話で日本企業と提携交渉
「ネット電話のスカイプ・テクノロジーズは、低価格の新電話サービス「スカイプアウト」普及のため日本のプロバイダー(インターネット接続業者)など数社と提携交渉を始めた。来日したニクラス・ゼンストローム最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞社とのインタビューで明らかにした。提携を機に日本の利用者の本格開拓に乗り出す。ネット技術を活用した新サービスとして急拡大を目指す。
 スカイプアウトはインターネット電話の一つ。通信事業者の回線を経由することでパソコン同士だけでなく一般の固定電話・携帯電話にも直接通話できる。英米などの通信事業者4社と提携し全世界で7月末からサービスを開始した。
 パソコン同士の通話はすでに昨年から無料で開始。専用ソフトをダウンロードし、ソフトに相手の電話番号を入力、パソコンにつないだマイクで通話する。音声データはインターネットを通る。【つくば】(8/23日 日経産業新聞/NIKKEI NET ITビジネス&ニュース


既存大手が提供し始めているIP電話は「サーバが通話を管理する中央集権的なネットワーク。利用者が増えると設備の増強が必要で、コスト増の要因になる。P2Pなら利用者が1億人に増えてもコストは変わらない」(ニクラス・ゼンストロームCEO)。
IP電話サービスのシェア争いに、食い込んでくるのか?

P2Pは、ユーザー自身がソフトをダウンロードし設定する必要があることが多く、思っているよりそれが普及の障壁になってきたように感じます。
ストリーミング等のサービスでこのモデルを持っているベンチャー企業を数社存じ上げていますが、どこも今までのところ、苦戦されている。
一方でナップスターのような成功例もありますが。

PC購入時にコンポーネント化されているような普及戦略を取ることになるでしょうね。
使い勝手も含めて、注目してみたいと思います。

kazuyuki0329inoue at 23:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2004年08月22日

8/22(日) 優勝旗、津軽海峡を渡る!駒大苫小牧が北海道勢初V、済美は春夏連覇成らず。

駒大苫小牧(南北海道)が済美(愛媛)を13−10で下し、初優勝!
北海道勢が春夏通じて史上初の甲子園大会制覇。
見せ場の多い、いい試合でした。駒大苫小牧、おめでとう!

・済美が、史上初の春夏連続初出場優勝を達成するのか?
・それとも駒大苫小牧が、初めて深紅の優勝旗を北海道に持ち帰るのか?

両校ともに、大きなテーマをもっての決勝。
ということが、久しぶりに高校野球決勝戦にワクワクする気持ちを持たせてくれました。

個人的には、99年夏、桐生第一が群馬に初の優勝旗を持ち帰った大会以来の盛り上がりだったなあ。(^^

ユーザーを惹き付ける“テーマ”性、大事だよね〜、なんて思いながら高校野球を見ている自分が、ちょっと哀しい…かも?(^^;


スポーツナビ:駒大苫小牧が初優勝 済美は春夏連覇逃す(共同通信社 2004年8月22日 16:45)

kazuyuki0329inoue at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

8/22(日) 【今日のnews】IMB、「どこでもオフィス」セット廉価パッケージ化販売。

■日本IBM、中小向け「どこでもオフィス」システム
「日本IBMはインターネットを活用して自宅や図書館、喫茶店などどこからでも業務ができる「どこでもオフィス」を実現するシステムを低価格で販売する。機器とソフト、導入サービスまでをセットにして、注文から最短2週間で導入できる。中小企業を対象に、年末までに500セットの販売を狙う。
 PCサーバー「eServer xSeries」に共同作業環境構築ソフト「ロータス・ドミノ・コラボレーション・エクスプレス」を組み込んで販売する。価格は利用者50人までの場合で128万6000円(税別)、150人までは257万5000円。150人の場合、通常はソフトだけで286万5000円するため、実質3割程度の値引きになる。」 (8/22 日本経済新聞/NIKKEI NET 07:00)


この“モバイル・ワーク”パッケージは、今後、ひとつのジャンルとしてパッケージが洗練されていくと期待しています。関連業界企業、特にベンチャー企業にはちょっとしたビジネスチャンスですよ。

これまでのERP等企業内業務システムが“大型・メインフレーム型”アプローチのサービスだったとすれば、この「どこでもオフィス」システムは“小型・クライアントサーバ型”アプローチ。

在宅勤務等も含めたモバイルワーク対応、またセキュリティロジックが組まれていれば、昨今多い社内外のスタッフが関わるプロジェクトワーク等での情報共有・業務システムも組めるはずです。

「個人が鞄の中に“自分のオフィス”を持ち運ぶ時代」というのが、今〜今後のビジネススタイルと僕は捉えています。
スタッフがこのスタイルでガンガン働けるサポートシステムを提供できる企業/できない企業、ということでも企業機動力により格差が顕著に出てくるのではないかな?

kazuyuki0329inoue at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月21日

8/21(土) 【今日のnews】米ネット業界、一大産業へ:Google時価総額、ビッグスリー上回る。

■グーグル、時価総額でビッグスリー上回る
「【シリコンバレー=小柳建彦】インターネット検索最大手の米グーグルが19日、米ナスダック市場に上場した。企業価値を示す時価総額は272億ドル(約2兆9700億円)と自動車ビッグスリーのフォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)を上回り、ネットビジネスが米国の一大産業に成長しつつあることを映した。ヤフーなど米「ネット御三家」も着実に利益を稼ぐようになっており、選別淘汰(とうた)の波をくぐり抜けた米ネット企業は成長期を迎えている。
 スタンフォード大大学院生2人が1998年に創業したグーグルは、利用者が探している情報を高い確率で見つけられる検索ソフトウエア技術で早くから注目を集めた。創業から2年足らずでヤフーなど既存のネット検索サービスを抜いて最大手に浮上。35カ国語、40億超のウェブページを対象に検索サービスを提供する。多くの国で「グーグルする」がネットを検索するという意味の動詞に使われるほどのブランドに育った。」 (8/21 NIKKEI NET 07:00 関連記事:日本経済新聞)


19日上場したグーグルが予想通りの時価総額を叩き出しています。1998年にスタンフォードの大学院生2人が創業した会社が、約100年の歴史とおそらく100倍以上の従業員、それ以上の産業ネットワークを持つだろう“先輩”の老舗カンパニーの企業価値を一気に抜き去った恰好となりました。

90年代に確立されたIT業界(インフラ、ソフト)に続き、00年代にネット業界が一大産業として位置づけられたことになります。

日米主要産業の時価総額(8/19終値ベース、日本経済新聞8/21紙面より)は以下の通り。
「検索広告」モデルのヤフー、グーグル。「ネットオークション」モデルのイーベイ。「ネットショップ」モデルのアマゾン・ドット・コム。「予約サイト&ネット通販」モデルのインターアクティブ。
日経記事のキャッチに謳われている通りの“稼ぐ仕組み確立”ですね。

ネット産業の覇権が固まりつつあります。
さて、日本の覇者はいかに---?

■米ネット大手5社と日米主要企業の時価総額

マイクロソフト     2946億ドル
IBM         1422億ドル
オラクル         539億ドル
イーベイ         527億ドル
ウォルト・ディズニー   460億ドル
ホンダ          458億ドル
ヤフー          383億ドル
ソニー          310億ドル
グーグル         272億ドル
フォード・モーター    256億ドル
GM           235億ドル
日立製作所        205億ドル
インターアクティブ    163億ドル
アマゾン・ドット・コム  157億ドル

kazuyuki0329inoue at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2004年08月19日

8/19(木) 卓球・愛ちゃんの“掛け声”で気付く、ディスコミュニケーション。

世界ランク6位のキム・ギョンヒに惜敗し、ベスト8はならなかったものの、卓球女子シングルスの福原愛ちゃんの実力の片鱗を充分に見た気がします。
カットマンのギョンヒは、終始、かわし続けるプレーでの根競べ合戦に出、耐え切れなかった愛ちゃんが1-4で負けた訳ですが、ゲームセットの際にギョンヒのほうがまるで敗者のように思わずがっくり膝を落としたのが、強烈に印象に残った試合でした。それだけ物凄い集中と消耗を強いたゲームだったのでしょう。

で、ここではなにかと話題に上っている愛ちゃんの試合中の「掛け声」の話。

僕はなにも疑わずに、「(やっ)たー!」「(よっ)しゃー!」だと思っていた(いる)のですが、どこかの番組中でその話になり、「なんて言ってるんでしょうねー」「“さー”でしょ?」「えっ、“たー”じゃないの?」「“あー”だよ!」という会話をしていて、結局その場のコメンテーター数名での意見の一致はないまま次の話題にいってしまいました。

えーっ、おいおい、「(やっ)たー!」「(よっ)しゃー!」じゃないの?違うの?じゃあ、なんて言ってるんだよ??!!
の?マークがいまだに渦巻いています。(@@;

だって、叫ぶのは必ず相手がミスをしたときだけだし(自分の得点シーンでは叫びません)、あっ、でも、もしかしたら「(き)たー!」という可能性もあるかな?とか、一人であれこれ考えてしまい…ううっ、気になる…。

意外とこの手の、「(当然)そうでしょ」とそれぞれが個々に思っていて、実は違うものを見ていることって、よくあることではあるんですよね。

赤いりんごの赤さは十人十色、に潜むディスコミュニケーションの落とし穴、気をつけたいものです。
(この話自体は、そんな大げさなもんじゃ、ないけどさ。)

誰か、この「愛ちゃんの掛け声」の正解、知っていたら教えてー!


goo 2004 アテネ五輪特集:夏の宿題、4年後の北京へ 15歳福原のアテネ終わる(共同通信) 19日 15:03

kazuyuki0329inoue at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月17日

8/17(火) 【今日の名言】NHK刈屋アナ said

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」
 - NHK・刈屋富士雄アナウンサー

文句なし、歴史に残るアテネ五輪感動のフレーズ。
何度このシーンを見ても、全身が感動で打ち震える!
日本体操、28年ぶり復活の金メダルおめでとう!!


kazuyuki0329inoue at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2004年08月16日

8/16(月) 【今日のbible】ライブドア堀江社長、2冊目の著書に見え隠れする本音。


『稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方』
堀江 貴文 (著) ¥1,260 (税込) 光文社 ; ISBN: 4334974600 ; (2004/08/07)

『100億稼ぐ仕事術』に続く、2冊目。
前著以上にストレートに、彼の世界観の中にある“原則”を語っている。

一見、過激に見える発言も、その言わんとしていることは実は非常に保守的かつ古典的。だからこそ、これまでの急成長を成し遂げえたのだと思う。

一方で、社内社外の人心掌握を図りながら清濁併せ呑んでいく、という世の中の現実からは、いままでのところ遠い道を歩んできているのではないかと思わせられるものの言い方が随所に散見され、今後、ライブドアが更なるステージアップを成し遂げるのか、それとも急成長の落とし穴に嵌っていくのか、の分岐点は、その彼のコミュニケーションスタイルにあると、見た。

kazuyuki0329inoue at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2004年08月15日

8/15(日) 【今日の格言】孔子 said

「義を見てせざるは、勇なきなり」
 - 孔子

kazuyuki0329inoue at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月14日

8/14(土) 【今日のnews】日本オラクル、全社員に在宅勤務制。

■日本オラクル、全社員に在宅勤務制
「日本オラクルは来春をメドに、全社員1448人を対象にした在宅勤務制度を導入する。最低週一回程度の出勤を義務づけるが、それ以外は自宅やホテル、海外などどこでも自由に仕事をできるようにする。出社の手間を省いて業務効率の向上を図るとともに、大規模災害などでオフィスが閉鎖された場合でも業務を継続しやすい体制を確保する。
 大手企業の間で特定の職種や職場で在宅勤務制度を導入する動きは広がっているが、全社員に適用するのはまだ珍しい。9月1日から顧客サポート担当部門の約300人を対象に導入、経理、総務など他の部署に順次広げていく。早ければ来年3月までに全部署に導入する。これまでは育児や介護などの事情で通勤が負担になる社員だけに限定して在宅勤務を認めていた。新制度導入に備えて、9月中に東京・千代田のオフィスにある電話をすべてIP(インターネットプロトコル)電話に切り替え、通信コストの抑制を図る。特定のソフトを組み込んだ社員のパソコンで、内線電話と同じ電話番号を使ってどこからでも通話できるようにする。」 (8/14 日本経済新聞夕刊/NIKKEI NET 16:00)


ITバブル期の90年代末〜2000年頃、IT化テーマのひとつとしてにわかに話題にのぼり、制度導入も一時期ブームになった「在宅勤務制」。

その後のインフラ拡充(ブロードバンド、携帯端末、広域LAN環境、IP電話等)と、過去からのラーニング(KM/ナレッジマネジメントが散々語られつつも、結局はコンサルティングファームの稼ぎネタだったのかという惨憺たる導入後の実稼動状況に終わった、痛い経験)が、今回、オラクルさんの仕組みにどう活かされるのか、注目したいです。

また、昨今重要なイシューとなっている、個人情報・秘密情報の情報セキュリティ・保護管理について具体的にどのレベルのリスクまでをどの具体的方法・システムで対応するのか。

“モバイル・ワーク”パッケージが本当に確立されれば、「企業側のオフィス固定費削減、人材の流動費化等のニーズ、雇用者側のフレキシブルな働き方、QOL向上等のニーズに応える」という錦の御旗で、ちょっとした時代性のあるマーケットが創れますから、同社の運用後の効果には期待ですね。

kazuyuki0329inoue at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月13日

8/13(金) 【今日の格言】諸葛孔明 said

「龍は深い淵の底に潜み
ひとたび雲を得て昇竜となるや
天空を駆け巡る」
 - 諸葛孔明

kazuyuki0329inoue at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月12日

8/12(木) 【今日のbible】経営の本質=経営者、社員が当たり前のことをちゃんとやること。


『イノベーションの本質』
野中 郁次郎 (著), 勝見 明 (著) ¥1,890 (税込) 日経BP社 ; ISBN: 4822244067 ; (2004/05/13)


『日本の優秀企業研究―企業経営の原点 6つの条件』
新原 浩朗 (著) ¥1,890 (税込) 日本経済新聞社 ; ISBN: 4532310865 ; (2003/09)

結局は、企業はその構成員で成り立っており、事業はその構成員が何をどう成し遂げるかがすべてである、という、しごく当たり前のことを最近改めて思います。

あまりにこねくり回しすぎた経営戦略論、フレームワークの反省、反動からか、「経営の本質」を語る各種のテキストが、人と組織に帰結させた論を説くものが増えています。その中から、2冊。

経営者や従業員が、どう創造性を発揮し、有機的に開発・製造・デリバリーを行ない、どうやって市場からのFBを得、それを元に更なる改善・改革を図り続けられるか。

両書の章立てを見ていただくだけでも、そのあまりの“当たり前さ”に逆にびっくりされると思います。(^^

『イノベーションの本質』---
第一章 製品の「コンセプト」にとことんこだわる
第二章 組織の「知」を徹底的に活用する
第三章 「個」のコミットメントを限りなく高める
第四章 人の「才」を存分に発揮させる
第五章 日々の「生活」や「実践」を根底から大切にする
まとめ 自分は何をやりたいのか--脱・傍観者の経営をめざして

『日本の優秀企業研究―企業経営の原点 6つの条件』---
第1の条件 分からないことは分けること
第2の条件 自分の頭で考えて考えて考え抜くこと
第3の条件 客観的に眺め不合理な点を見つけられること
第4の条件 危機をもって企業のチャンスに転化すること
第5の条件 身の丈に合った成長を図り、事業リスクを直視すること
第6の条件 世のため、人のためという自発性の企業文化を埋め込んでいること

2冊に共通するのはそのよって立つ軸の当たり前さと、そこに盛り込まれるケースの面白さ。

『日本の優秀企業研究』著者の新原氏、曰く
「最後にたどりついた優秀企業の企業像とはいかなるものか、筆者なりの結論をひと言で言えばこうなる。
“自分たちが分かる事業を、やたら広げずに、愚直に、真面目に自分たちの頭できちんと考え抜き、情熱をもって取り組んでいる企業”」

馬鹿らしいほど当たり前のことであると同時に、実は本当にこの通りやれる企業を創ることこそが一番難しい。ですねぇ。

kazuyuki0329inoue at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月11日

8/11(水) スラムダンク全面広告、補足。

昨朝の投稿についてですが、その後いただいたトラバやコメント、公開されたサイトを見たら、結局6紙に掲載してたんですね。

2004年8月10日に、新聞各紙で掲載された広告を見る。

桜木花道 (読売新聞)
流川 楓 (朝日新聞)
赤木剛憲 (日本経済新聞)
三井 寿 (毎日新聞)
宮城リョータ (産経新聞)
木暮公延 (東京新聞)

知らない方には、「誰、これ?」なんだと思いますが、愛読者にはたまらない…ですね。
人物と媒体との組み合わせも、なんとなくそれ風に思えるから、不思議なもんです。

kazuyuki0329inoue at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月10日

8/10(火) スラムダンク、全国紙全面広告!

200408101324000.jpgひさびさ朝から、凄いインパクトを受けたぞー。

朝日=流川、日経=赤木“ゴリ”。
見ていないが、これ、読売や毎日にも出してるのかな?
(この2紙に桜木がいないんだから、他に出てるんだろうね、当然。)

「1億冊の感謝をこめて。」
というキャッチと、URL
http://www.itplanning.co.jp/slamdunk/

1億冊!JUMP COMICSが1冊390円。完全版は980円。仮に1冊ave.400円として、400億!!
ならば井上氏の印税は、推定40億。(^^

全国紙4〜5紙に全国全面広告出広してるとすると、推定出広費は1億円程度。真面目に、「1億冊の感謝」に1億円、使ってそうだなー。400億稼いでいれば、なんの問題もないか。(^^;

意図を読みきれていないが、たまりません!これは。
もし続編スタートのティーザーADであったら、こんなに幸せなことはないのだけど!!!

kazuyuki0329inoue at 06:39|PermalinkComments(1)TrackBack(2)

2004年08月09日

8/9(月) 【今日の格言】司馬徽 said

「良禽は、木を選んで棲む」
 - 司馬徽(水鏡塾)

kazuyuki0329inoue at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月08日

8/8(日) 【今日の名言】井上雄彦 said

「縁とは実に味なものだ。
人との縁、小説や漫画との縁。
1本の映画や1曲の歌との縁。
自分が本当に心から求めたとき、
それらはまるで計ったように、そこにあったりする。
そういうものに、助けられている。」
 - 井上雄彦

kazuyuki0329inoue at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

▲ページトップへ