2008年03月

2008年03月28日

Wed,March 28:「Road to CEO」日本マクドナルド原田社長の講演レポート(続き)。

ちなみに、先ごろ原田社長が出された新刊の中で
本講演のことをご紹介いただきました。
「第4章 自分を高める仕事術」の冒頭です。
以下、引用させていただきます。

---------------------------------------------------
 以前、私は「プロフェッショナル経営者への道」というセミナーにゲストスピーカーとして参加したことがあります。参加者は、30代から40代のビジネスパーソンで、将来経営者を目指す60名の集まりでした。多くの人がメモを取り、積極的に質問をしていました。
 このような場でいろいろな考え方を学ぼうとする参加者の姿勢を尊敬すると同時に、私の若い頃にはこのような機会がなかったので、今は大変恵まれている時代だと思います。

---------------------------------------------------

原田さんにそのように言っていただけるのは
本当に心強く、この企画を2年間続けてきてよかった!
と思えた瞬間でした。

この春からも引き続き、月1回程度で継続していきます。
4月中に3名ほどの予定を公開すべく準備を進めていますので
お楽しみに!!

『日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉』


kazuyuki0329inoue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月26日

Wed,March 26:「Road to CEO」日本マクドナルド原田社長の講演レポート、連載スタート!

弊社主催の日経ビジネスオンライン連動企画トークセッション
「Road to CEO - プロフェッショナル経営者への道 - 」
http://www.recruit-ex.co.jp/businessleader/seminar/roadtoceo/
第21回で登場いただいた日本マクドナルド・原田社長の講演レポートの連載をスタートしました。

===========================================================
「Road to CEO - プロフェッショナル経営者への道 - 」

ゲスト:日本マクドナルド株式会社 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO
    原田 泳幸(はらだ・えいこう)氏 (2007/8/17開催)

■URL
http://www.recruit-ex.co.jp/businessleader/seminar/roadtoceo/00022/
===========================================================

連載の本編は日経ビジネスオンラインにリンクしています。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080319/150658/

今回は下記スケジュールでお送りします。

3/25(火)part1
3/27(木)part2
4/1(火)part3 
4/3(木)part4
4/8(火)part5

私が司会を務めさせていただきましたが、原田社長の本質的かつ愚直なまでの基本に忠実な経営力こそが浮き彫りになったライブセッションでした。

マクドナルドの強さと原田流経営論の全貌に迫る貴重なレポートをお届けします!
ぜひ、お手すきの際にご一読ください!!

kazuyuki0329inoue at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月23日

Sun,March 23: 「5つのタフシチュエーション(“修羅場”)研修」開催。

ジュリアーニ・コンプライアンス・ジャパン(GCJ)社との共同開催にて、
経営トップ候補者のための「5つのタフシチュエーション(“修羅場”)研修」パイロット第2回を開催。

今回、受講生に直面していただいた修羅場は以下の5つ。

1 新社長になる。
2 新会社の経営理念の作成と発表をする。
3 重要政策を表明する。
4 営業決起集会で社員を鼓舞する。
5 記者会見に臨む。

ちなみに本研修は、元NY市長で、大規模テロ事件の際に、果敢にリーダーとしての職務を果たした、ルドルフジュリアーニ氏の「リーダーシップ6つの原則」にのっとって作成されている。

6つの原則とは、
1  ぶれない軸を持つ(Integrity)
2  明るい未来を描く(Optimism)
3  周到に準備する(Preparedness)
4  勇気を持つ(Courage)
5  よくコミュニケーションする(Communication)
6  評価・測定する(Accountability)

2回のパイロットを通じて、やはりこのテーマ設定は
我々が経営者予備軍各位に提供したいものとして秀逸であることを実感。

一方、それゆえに、皆さん、容赦ない修羅場疑似体験と
そのFBを求めているので、講義内容以上に
そのファシリテーションの非常に高度なクオリティが求められることが
改めて明らかになった。

僕の言葉で言うと、「研修」を求めているのではなく、
「実践者やそのサポートを行うコンサルタント等の塾」
が求められている。

今後に向けて、非常にクリアになった2日間だった。

弊社も4月から次年度に入るタイミングで、
僕自身はもうひとつ、方針・方向性についての共有のあり方について
密かにいち生徒として色々思案させていただいた週末でもありました(^^

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月22日

Sat,March 22:最高要求。

良心にそむくとき、強そうで弱い。最高要求で動くとき、弱そうで強い。

- 後藤静香『権威』

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月21日

Fri,March 21:アーサー・C・クラーク氏、死去。

Science Fiction Writer Arthur C. Clarke Dies

British science fiction writer and the author of "2001: A Space
Odyssey," Sir Arthur C Clarke, died on Wednesday in his adopted
home of Sri Lanka at the age of 90.
-------------------------------------------------------------
(【毎日1分!英字新聞 #2,027】adopted home 2008_03_21)

残念…充分によいお年なので、天寿をまっとうされたと言えると思いますが、
ちょっと感慨深いものがありますね。。。

宇宙へのイマジネーションを拡げてくれた名作の数々は、
僕のOSの重要な部分を創る上で欠かせなかった栄養素のひとつだったと思う。

こういうことで揺り動かされるのも何だけれど、
『2001年〜』や『幼少期の終わり』を無性に読み返したくなりました。

クラーク氏のご冥福を、心からお祈りいたします。

kazuyuki0329inoue at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月18日

Tue,March 18:同期(とその前後(笑))会&スペシャルゲストに「平成・進化論。」鮒谷さん!

定例で開催していた、リクルートH1入社の人事部門同期4人の会がにわかに発展、盛り上がりを見せ(^^

周辺世代を巻き込みつつ、また、僕と定例メンバーの北野くんとの共通の接点から、発行部数30万部を誇るまぐまぐ発行部数No.1メルマガ「平成・進化論。」発行者の鮒谷周史さんをスペシャルゲストにお迎えしての会を開催!

(同メルマガ 平成20年3月19日版<1650号>
http://www.mag2.com/m/0000114948.html
にてその会の模様を恐れ多くもご紹介いただきました(汗)。
鮒谷さん、恐縮です!)

我々もそれなりの大人になり(笑)、気がつけば各所でそれなり以上の責任を負うようになっていた。
本当に久し振りの再会だった同志も多かったのだが、概ね一部を除き外見・風貌は変わらず(?)、しかし、多方面で活躍していることを思うと、あの頃、新人や二年目で同じ部門で働いていたことが、とても不思議に思えてならない。

それがまたこうやって集まり、場合によっては、事業上の付き合いをしたりするようになるのが、ある意味、責任世代に突入した喜びなのかもしれない。

そして、鮒谷さんのような方をお迎えして、情報交換させていただきつつ、またこれからのビジネスを考えることができるのは、本当に幸せなことだ!

みんな、ありがとう。
でも、次回の幹事は、誰か頼むよ(^^;

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月16日

Sun,March 16:本田健さんと望月俊孝さんの特別対談&懇親パーティー。

知遇をいただいている望月俊孝さんにお誘いいただき、3週間前に急遽決まった本田健さんと望月俊孝さんの特別対談&懇親パーティーに参加させていただいた。

本田健さんには小冊子『幸せな小金持ちへの8つのステップ』〜『ユダヤ人大富豪の教え』以来、著書を愛読させていただき、一度お会いしてみたい!と願っていたので、昨日はあっという間の時間だった。

お2人共通のテーマである「夢をかなえる」について、ご自身のヒストリーを中心にお話いただき、非常に得るものの多い会だった。

・展開型と目標型。好奇心→直感→目標FIXでスイッチオン→展開をつなぐ
・ステージを上げる初動では下りエスカレーターを駆け上がるようなことが必要、エンジンの付け替え
・忍者ゲーム方式〜欧米人は助け合いで成功するのが得意/日本人は下手
・成功している友人が多ければ多いほど、自分が沈みにくくなる
・「うまく行きそうかどうか」で考えているのは本当の目的ではないから。「やりたいか、やりたくないか」が自分の本当の目的
・ベストセラー作家の条件→そのテーマに対する想いの強さ!

などなど。

しかし、望月さんと本田健さんが15年来の親友でいらっしゃり、本田さんの原点ともいえる小冊子の第1読者が望月さんだったとは!!
知りませんでしたよ、望月さん。

素晴らしい機会をいただき、感謝に耐えません。
夢をかなえる宝地図、僕も作って、夢の実現を加速させていきたいと思います!(^^

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月13日

Thu,March 13:福島正伸氏「超人気コンサルタント養成講座」に参加。

知人経営者の方からのお薦めで、
福島正伸氏講師による「超人気コンサルタント養成講座」
に参加した。

夜の2時間セッションだったが、
素晴らしい凝縮度合いで感動の講座だった。

なにより福島さんの熱が素晴らしい。
正直、噂以上で驚いた。

経営者やコンサルタントがリーダーシップを発揮する要諦について、
が根底のテーマ。

リーダーを「管理者(コントローラー)」型と
「メンター」型の2つのタイプで対比させつつ、
依存型の温床にしかならない「コントローラー」型ではなく
自立型人材を育てる「メンター」型リーダーであるには、
の非常に分かりやすい、実践例もふんだんに交えた講座だった。

・人は、手取り足取り教えられれば教えられるほど、助けられれば助けられるほどに、悪口を言うようになり不平不満を持つようになる!

・「この会社、どうなるんだろう」という思考は不平・不満の人を生み、「この会社、どんな会社にしてやろう」という思考が期待・出番を待ち構える人材を生む

・人を育てるマネジメントには、「人が育った状態」を定義すること

・「率先垂範」し(見本)、「受け入れ」(信頼)、「やる気にさせる」(支援)の順序

・いかに教えないか、キッカケだけを与えるか。本人が自分で見つけたら、一緒に喜んであげること


などなど。いちいち深くうなずけ、納得し、わが身を振り返るお話だった。

経営者向けにぜひお話いただきたい!と思いながら、ご挨拶させていただき、幸せな気持ちで帰宅した夜だった(^^

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月12日

Tue,March 12:六本木ヒルズクラブLuncheon Seminarにて、「ALWAYS3丁目の夕日」プロデューサー阿部氏の講演。

六本木ヒルズクラブ主催のLuncheon Seminarに参加。
「ALWAYS3丁目の夕日」プロデューサー阿部氏の講演を伺った。

阿部氏はTV・映画制作、CM制作プロダクションの大手
株式会社ロボットの創業者でもあり、岩井俊二さんや
いま公開中の「ガチボーイ」小泉監督など、話題の監督を生み出している方だ。

うちで主催している経営者の会のゲストにとても相応しい方なので
面識を作りたい色気一杯に伺った(目的達成〜笑)が、
「踊る大走査線 the Movie」や「ALWAYS」の制作エピソードなどから
色々と刺激を受けた約1時間だった。

・ハリウッド映画の制作費100億円vs日本映画の制作費5〜6億円。でも観賞料は同じく1800円。20倍もの投資差のあるコンテンツ勝負である。
・“エイジング”〜ALWAYSは昭和33年が舞台。長屋の家屋や自動車はあんなに古びているはずは、実はない。今(平成)から見た昭和33年を見せることで、逆に感じるリアリティが増すという手法。

などなど。
はっ、とさせられるエピソードがあった。

これからの制作予定のお話も、期待させられる。
取り急ぎ、この年末公開予定の「怪人二十面相」は必見のようですよ(^^

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月10日

Mon,March 10:GCJセミナーにて冨山さん、片山さんのお話。夜は旧知の仲間集まる。

ビジネスパートナーのジュリアーニ・コンプライアンス・ジャパン社が開催した「コンプライアンスは組織の総力戦」セミナーに陪席させていただいた。
(トラブル対応があり、前半の冨山さんの講演の途中に会場に滑り込み)

IGPI(経営共創基盤)代表取締役CEOの冨山和彦さんの演題は「会社は頭から腐る」。まさに、古典落語の域に達した冨山節が炸裂。

GCJ(ジュリアーニ・コンプライアンス・ジャパン)代表取締役会長兼社長CEOの片山龍太郎さんの演題は「コンプライアンスは組織の総力戦」。
お話の中で、不正を防ぐ仕組みとして
‐霾鶻示の徹底
開示情報を正しく理解する力
I埓気発生した際にそれを罰し、正す仕組み・ルールの設置
の3点セットを上げていらっしゃったのが、とても腑に落ちた。

夜は前職で役員をやっていた会社の主要OB同窓会もどきで集まる(きっかけはIくんに二世が誕生したのを祝うことから)。
久し振りに会えた面々もあり、嬉しい機会だった。起業している者も多く、皆それぞれに活躍しているのが頼もしい。
同じく役員だった某社社長のKくんと2次会3次会へ流れる。面白いビジネス一緒にできるとよいね(^^

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月07日

Fri,March 7:Bill Gates、世界長者番付1位の座をついに譲る!

Investor Buffett Becomes World's Richest Man

Celebrated US investor Warren Buffett replaced Microsoft's founder
Bill Gates as the richest man in the world, according to the Forbes
magazine's rich-list for 2008.


(【毎日1分!英字新聞 #2,018】rich-list 2008_03_07)

ついに、ビル・ゲイツが13年間守った米経済誌 『フォーブス』発表の
世界長者番付1位の座を、ウォーレン・バフェットに譲った。

昨年2位だったバフェットは、保有資産を前年より100億ドル増やして
保有資産時価総額620億ドルで首位に躍り出た。

ゲイツも前年より20億資産を増やしている。
保有資産時価総額は580億ドル。

資産総額が10億ドルを超える“長者”は世界中で初めて1000人を超え、
1125人。

国別では米国が469人と依然ダントツトップだが、
2位には昨年のドイツ(59人)を抜いてロシア(87人)が躍り出た。
さすが景気絶好調で、いま、ベンツ輸入台数がダントツ1位のロシア。

日本人の長者は24人で、国別では10位。
ううむ、、、

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月04日

Tue,March 4:数字に騙されない、数字に振り回されない力。

『食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉』
の続編である下巻をようやく読了。

上巻の「使いこなし方」に対して、下巻は「騙されない見かた」について。

計画信仰の罠、効率化の落とし穴、には考えさせられるとことが多い。

ビジネスは二者択一ではない。会計は世界の1/2しか語れない。なんて、
会計士の語り口としてはなかなかいえないものだと思うが、そこが山田さんの切れ味のよさと実用性へのアプローチの強さだろう。

「妙手」を探すことをあきらめない。

確かに確かに!


なぜ、「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い、なのかは、ぜひ一読あれ。

『「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 』


kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月03日

Mon,March 3:paraphrase Buddha's saying

"Use what works for you and let go of the rest!"

-Marshall Goldsmith(Forword for『EXECUTIVE COACHING for RESULTS』)

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月02日

Sun,March 2:改めてダイレクトレスポンスマーケティングを考える。

昨日は【アヴァンティ】山口俊晴さんの
「ザ・マーケティング・シークレットセミナー」
に参加させていただいた。

みっちりとダイレクトレスポンスマーケティングについて
改めて上流から下流までを整理し
実用ポイントを明らかにしていただいた感じ。

“儲け続ける仕組み”としての
・見込み客獲得
・バックエンド商品の設計による単価UPとLTV拡大
の方法論について再整理できた。

これまで着手できていない部分、更に磨き上げたい部分について
早速実践あるのみ!

山口さんのおっしゃる「起業家の6つの資質」

 1.24時間仕事をしても楽しいと思える
 2.誰よりも高い基準を持っている
 3.終わりなき創意工夫
 4.不安とプレッシャーを楽しめる
 5.スピードジャンキー
 6.失敗を経験に変えることができる

は、しごくごもっとも!!

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月01日

Sat,March 1:3月!

早っ!

2008年も、1/6を消化してしまった。。。

時間密度を上げることには、誰にも負けない自信があるが、
しかししかし、自分自身の消化日程に行動が追いついていないことが
あまりに多い…(汗)。

もう一度、今年のテーマの「クリーンアップ(cleanup)!」を遵守し、
身の回りのコト、モノを整理し、仕分け、捨てるべきものを捨て、
すっきりとした環境を保持した上で、ことに当たっていきたい。

kazuyuki0329inoue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

▲ページトップへ