2011年04月

2011年04月28日

Thu,April 28:「リーダーシップ3.0」。

今日は「リーダーシップ3.0」セミナー・第2回を開催。
ひと月前、3.11震災直後に非常時決行した第1回と比べて、今日は何と平常モードでお集まり頂けたことか。
まだまだ震災の爪痕、また原発不安は払拭されないが、皆さんの「立ち上がろう!」という機運の兆し
のようなものを体感することができ、主催者・講師としても非常に有意義な1日だった。

既に現れている様々な予兆、先行事象が収斂されて、新たな、統合された姿を現し始めている。
それこそが、「リーダーシップ3.0」だと感じている。

その兆しを己のものとしてご活躍されるリーダーの方々が、ひとりでも多く出現され、増殖くださることを
強く願っている。

来月からのワークショップのカットオーバーが、とても楽しみだ!

一歩二歩、踏み出されようという経営者・エグゼクティブの方々が手を挙げてくださっている。

われこそも!という方は、ぜひご一緒に、「リーダーシップ3.0」の旅に出ませんか!!

■<5月19日(木)開講、全4回>
解なき時代、本質を求められる今に立ち向かうリーダーシップ!

リーダーとしての選択の「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を引き出すための発想とあり方。
実践編!「リーダーシップ3.0(TM)」ワークショップ 第1期
http://www.keieisha.jp/seminar110519.html



◎<5月21日(土)>
生涯役立つ成功の原理・原則を1日で学ぶ!

「7つの習慣(R)」1Day特別公開セミナー
http://bit.ly/eq8Rq5


■<5月14日(土)開講、全6回>
待ったなしの経営力強化。6社を短期間で再生させた経営手法と
経営・マーケティング・リーダーの原理原則を手に入れ、使いこなす!

経営者のための「実践・経営者ブートキャンプ」講座・第3期
http://www.keieisha.jp/seminar110514.html


■<5月18日(水)開講、全6回>
吉田松陰、西郷隆盛、聖徳太子、松下幸之助、孔子等に、今こそ学ぶ!

経営者のための「人間力養成塾」本講座・第2期
http://www.keieisha.jp/seminar110518.html

kazuyuki0329inoue at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月27日

Wed,April 27:結局は「縁」「運」。だが。

出逢い、再会、そして思わぬところでのあちらとこちらのつながり発覚。

仕事柄も大いにあるが、本当に面白い物だなぁ、と日々思う。

エグゼクティブサーチにおいても、キャリア開発支援においても、
結局はその方々が、しかるべきタイミングにおいて、

“出逢うべくして、出逢うべきものに出逢っている”

だけという感じがする。

結局は「縁」「運」。

だが。

それを運んでくるものは、一体何なのか、ということが最も重要なポイントだと思う。

それは、自分の中にある「軸」「芯」と呼べるもの。
プラス、「行動」。

アンテナがなければ、出逢うべきものは目の前を素通りしていくし、
腰を上げて動かなければ、何にも誰とも新たに出逢うことはない。

「縁」「運」は、大いなる主体的行為の結果であり、自己責任的な行動結果の現れなのだ。

kazuyuki0329inoue at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月26日

Tue,April 26:日本のリーダーは圧倒的にインプット不足である!

本日は「経営者の条件」第9回として、ライフネット生命の出口社長にご出演頂いた。

常にハッと目が覚めるようなポイント突いたお話をお聞かせくださるが、
今日もまた、本当に素晴らしい視点を次から次へとご提示いただいた。
今日の参加者の皆様は、いつも以上にお得だったと思う!

出口社長の素晴らしさは

・シンプルかつ本質を突いた視点
・具体的なアクションプランの提示

にある。「出口脳」を僕もいずれ実装できるようにと願っている!

お話の詳細は、東洋経済オンライン、ITmediaエグゼクティブでレポートされるので
そちらが公開されたらぜひお読み頂きたいが、ひとつだけご紹介。

日本の経営者、リーダーは圧倒的にインプット不足。
それはご指摘の通りと、つくずく思う。
グローバルリーダーと比べて、残念がら深みがないことが多い。

必要なインプットは、「縦」と「横」。

縦=歴史=本(古典)から学ぶ!

横=地理=旅から学ぶ!

なんてシンプルだが本質的なことか!!

小手先脱出のために、「縦」「横」思考を大切に日々インプットに努めよう!

kazuyuki0329inoue at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月25日

Mon,April 25:お題目よ、サヨウナラ!

震災後、復興に立ち向かおうというコミュニケーションが
ここへきて一層増えている。

感じているのは、2極に別れるなぁ、ということ。

ひとつは、
「実際にこんなこと、あんなことをやろう」
「こんな取り組みは被災地の救援にもなるし、
自分達のビジネスも守ってくれるのではないか」
などといった具体的各論の話。

もうひとつは、
「いまこそ立ち上がるべきだ!」
「このままでは日本は沈没する!」
「強いリーダーシップが求められている!」
という掛け声の話。

前者は実業に身を置く経営者やリーダーの方々。

後者はほとんどがコンサルタント業、学者・研究者の方々、
もしくは事業会社に身を置きながらの社内批評家・評論家タイプ。

酒の席でも、後者のような話を聞かされ続けると
正直、個人的にはちょっとしんどい。。

「で?」、と先日、某著名な先生に言ってしまった、、^^;

お題目を唱えて世を憂いていればよかったような立場の人達が
日本もずいぶんと多かったのだなぁ…と思う。

今回のターニングポイントのひとつとして、
そういった評論家は、もう必要ないよ、ということもあるのではないかな。

お題目よ、サヨウナラ!!

実際にどうするのか、主体的に動く立場に身を置こうではないか。

評論して飯を食べているような人は、それらのリーダーのサポーターに
しっかりと回って、実際の社会の役に立って欲しい。

kazuyuki0329inoue at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月22日

Fri,April 22:松下幸之助氏、曰く。「不況克服の心得十ヵ条」。

昭和のオイルショック時に松下幸之助氏が語り下ろした
不況への経営者の心構え。

危機・停滞・閉塞感の時代に、ぐさりと刺さる名メッセージだ。


-------------------------------------------------------------------------------------------
■不況克服の心得十ヵ条


第一条 「不況またよし」と考える

不況に直面して、ただ困った困ったと右往左往していないか。
不況こそ改善、発展へのチャンスであると考える前向きの発想から、新たな道もひらけてくる。

第二条 原点に返って、志を堅持する

ともすれば厳しさに流されて判断を誤りやすい不況時にこそ、
改めて原点に返り、基本の方針に照らして進むべき道を見定めよう。
そこから正しい判断も生まれ断固とした不況克服の勇気と力が湧いてくる。

第三条 再点検して、自らの力を正しくつかむ

ふだんより冷静で念入りな自己評価を行い、自分の実力、会社の経営力を正しくつかみたい。
誤った評価が破綻を招くのである。

第四条 不退転の覚悟で取り組む

なんとしてもこの困難を突破するのだという強い執念と勇気が、思いがけない大きな力を生み出す。
不況を発展に変える原動力は烈々たる気迫である。

第五条 旧来の習慣、慣行、常識を打ち破る

非常時ともいえる不況期は、過去の経験則だけでものを考え行動してもうまくはいかない。
これまで当然のこととしてきた習慣や商売の仕方を、徹底的に見直したい。

第六条 時には一服して待つ

あせってはならない。無理や無茶をすれば、深みにはまるばかりである。
無理をせず、力を養おうと考えて、ちょっと一服しよう。
そう腹を据えれば、痛手も少なくなる。終わらない不況はないのである。

第七条 人材育成に力を注ぐ

「苦労は買ってでもせよ」というが、不況とはその貴重な苦労が買わずとも目の前にあるときである。
好況のときにはできない人材育成の絶好の機会としたい。

第八条 「責任は我にあり」の自覚を

業績低下を不況のせいにしてはいないか。
どんな場合でも、やり方いかんで発展の道はある。
うまくいかないのは、自らのやり方に当を得ないところがあるからである。

第九条 打てば響く組織づくりを進める

外部環境の変化に対する敏感な対応は、よい情報も悪い情報も社員からどんどん上がってくる、
お互いの意思が縦横に通いあう風通しのよい組織であってこそ可能となる。

第十条 日頃からなすべきをなしておく

不況時は特に、品質、価格、サービスが吟味される。
その吟味に耐えられるように、日ごろからなすべきことをなしていくことが必要である。

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月21日

Thu,April 21:ダイアログ・イン・ザ・ダークが2つの東日本大震災チャリティ企画を緊急開催。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク代表の金井さんから
以下のご連絡を頂いた。

主旨賛同される方は、ぜひご参加ください。


----------------------------------------------------------------------------------------

3・11以降、すべての企業環境は劇的に変化し、
同時に人の気持ちにも大きな変化があります。
そしていまだ続くこの未曾有の災害の経験をどう受け止め、
そして新しい社会を作っていく力にできるかどうかで日本の将来
は大きく変化していくと私たちは考えています。

この時、ダイアログで出来ることを考え、
六本木「森アカデミーヒルズ」にて
以下の2つの企画を緊急開催致します。

これは、非常時にも平時にもすぐに役立ちます。
いろんな人に体験してもらえること期待しています。
この人ぞと思う方にリリースください。

どうかよろしくお願いします!

http://www.j-wave.co.jp/topics/1104_did.htm



まず、脳科学者の茂木健一郎氏をお招きし、
季世恵さんと「いま、必要な脳と心について考える」トークイベントを開催する
ことになりました。
暗闇という環境に置かれたとき、人の心はどのように変化をしていくのでしょ
うか?五感のなかで視覚が閉ざされたとき、人は何を考え、思うのでしょうか?
障害の有無に関わらず、すべての人が認め合い助け合うことで、豊かでユニバー
サルな社会を構築するきっかけとなることを願っています。


■緊急対談 脳科学者・茂木健一郎氏×バースセラピスト志村季世恵
いま、この時、必要な脳と心
====================================
 開催日時:5月12日(水)開催場所:六本木アカデミーヒルズ49
【詳細・お申し込み】 http://bit.ly/fji8bZ

 既刊「まっくらな中での対話」茂木健一郎 講談社文庫
 http://amzn.to/goXVnY

またもうひとつは、3日寝ないで季世恵さんが考え生まれた
災害時にも教育にも役に立つ

■緊急ワークショップ開催
暗闇の中でのダイアログ「エマージェンシーワークシヨップ」です!



====================================
 開催日時:5月10日(火)〜20日(金)3時間
 開催場所 六本木アカデミーヒルズ40
【詳細&お申込み】 http://bit.ly/hQNCso

◆人は一人では生きていけない。
◆助け合っていくと何でもできることが体でわかりました
◆常識や固定観念、既成概念に縛られている自分がわかった
◆これは、非常時だけではなく日常に活かせますね。
◆自分が何をしているかを相手に明確に伝え、他の人が何をしているかを把握する力
◆物事を冷静に判断し、方向性を決めることが大切ですね
◆客観的に人を思いやることの大切さを知りました
◆コミュニケーションにおいて傾聴することの大切さを知った
◆日常、視覚に頼っているかを思い知らされました。五感を澄ますとわかるのですね
◆リーダーにとって、よきフォロワーが必要だと知りました
◆意外と自分がリーダシップがあることがわかった
(プレスデモ参加者感想より)

※この売上から運営諸経費を除いた全額を東日本大震災の被災地に
 寄付させて頂きます。

kazuyuki0329inoue at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月20日

Wed,April 20:「人間力養成塾」1日講話・第2期 第2講開催。

本日は林英臣先生による
「人間力養成塾」1日講話・第2期 第2講を開催。
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

テーマは
「昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方」。

戦後の復興とその後の高度経済成長を担った政財界トップを指南した
安岡正篤氏は、何を教え、伝えたのか。3時間の熱い講話を頂いた。

帝王学とは人間学であり歴史学である。
全体観を養い、「立志」により自ずと人が集まり、事が成される。

まさに、いま、震災を受け、歴史的復興から新しい時代に向かう
リーダー達が学び、体現すべき事柄だ。

常在有事。時代が、もう一度、私たちに学び直し動けと呼びかけている
ように思えてならない。

以下、林先生のメルマガより転載させていただく。

---------------------------------------------------------------------------------------------
■今は常在有事、日常と「いざというとき」を分けないこと


4月20日(水)、「人間力養成塾」第2期「一日講話」で講義。
昭和の宰相指南役であった安岡正篤について話す。会場は東京・品川。
若手経営指南役や青年経営者など30名が参加。

同塾の参加者も、3・11大震災で「いざというとき」の心得を
考えさせられたという。

会社が被災したら、社員が会社に出てきてくれるだろうか。
家族を守ることと、会社を守ることのどちらを優先したらいいのか。
相次ぐ仕事のキャンセルに、どう対応したらいいのか、などと。

ケースバイケースにはなるだろうが、日常と「いざというとき」を分けないのが
一番の心得になると思う。平常において、以下のことが出来ているかどうかを
己に問い掛けよう。

理念型の経営によって、普段から理念型の社員を育成しているかどうか。
顧客はもとより、仕入先や協力会社との感謝互恵関係を構築しているかどうか。
家族や身内を守ることと、天職に励むことを日常的に両立させているかどうか。
仕事上のリスク分散を戦略的に図っているかどうか(有力顧客を数社に分散、
市場を数地域に分散、工場を数地域に分散、原材料や部品の仕入先を
数社に分散など)。

有事に遭遇しても、売り上げ減を数割程度に抑えられたなら短期間に持ち直す
ことも出来るだろうが、キャンセル等で予約ゼロとなったら、完全に気が
滅入ってしまう。経営者自身の心が潰れて、そのまま倒産へ一直線だ。

大木が倒れるのは、木の内部が腐ったところへ大風が吹いたときである。
常在有事の思いで「いざというとき」に備え、ピンチをチャンスに変える経営を
目指そう!
---------------------------------------------------------------------------------------------

5月からはいよいよ本講座・第2期がスタートする。

昨年にも増して、この6ヵ月が語りかけるメッセージと場の持つ力は大きな
ものとなるだろう。

■吉田松陰、西郷隆盛、聖徳太子、松下幸之助、孔子等に、今こそ学ぶ!
<5月18日(水)開講、全6回>
経営者のための「人間力養成塾」本講座・第2期
http://www.keieisha.jp/seminar110518.html


一人でも多くのリーダー各位に参集いただきたいと願っている。

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月19日

Tue,April 19:<少数隠れ家的学びの場「経営者&リーダーズサロン」第7回>は、2代目、3代目若手経営者の悩みにズバリお答えします!

【開催間近!】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■大和魂、ジャパン・スピリットを目覚めさせる!
経営者のための「人間力養成塾」1日講話
第2講 4/20(水)夜:昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

■各回満員御礼、残席僅少!4月21日(木)、22日(金)
山田修氏無料特別講座
経営者・幹部のための、「儲かる、成功する経営戦略の作り方」講座
http://www.keieisha.jp/seminar110412.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




日頃、当社スタッフや関係者とのご縁を頂いております経営者やリーダーの皆様
を対象に開催させていただくシークレット講座

「経営者&リーダーズサロン」

第7回の開催が決定いたしました!


今回は、(株)ブリヂストンタイヤからマッキンゼーのパートナーとしてご活躍され、
現在、食品など消費財企業、流通・飲食会社等を中心にオーナー経営者、
後継経営者や後継予定の2世、3世リーダーの経営アドバイス、顧問等で
絶大なる信頼を得ていらっしゃるアロボ・インターナショナル社の大洞代表に
ご登場いただきます。


「2代目、3代目若手経営者の悩みにズバリお答えします!」


と題して、後継者となられる予定のリーダー、あるいは着任された経営者の
皆様が、現実に直面するよしなしごとに対する処方箋を伝授いただきます。


通例、なかなか知ることの出来ない生の経営現場、ファミリー企業ならではの
実際を知るまたとない機会です!!

この機会をお逃しなく。


************************************************************

■経営者JP主催「経営者&リーダーズサロン」第7回■

「2代目、3代目若手経営者の悩みにズバリお答えします!」

講師:大洞達夫(おおぼら・たつお)さん
アロボ・インターナショナル株式会社 代表取締役
http://www.keieisha.jp/company.html#obora

5/24(火)19:00〜20:30@経営者JPオフィス(終了後、同スペースにて軽食懇親会〜22:00〆)
定員:8名 会費(受講費+懇親会費):3,500円

************************************************************


【講座内容】

・ファミリービジネスであるがゆえの特性、問題とは?
・2代目以降の後継者が置かれる現実的環境
・父親時代と自分の時代の世代ギャップ
・お番頭さんと、どう会話していく?
・経営計画、この立て方で正しいのか?
・経営会議の正しいやり方
・気をつけたい、リスク管理
・同族会社だからこそ、最重要な人材戦略
など


<大洞達夫講師よりのメッセージ>

私は以前はマッキンゼー社で大企業を相手にした事業戦略作りに従事していましたが、
今はファミリー企業を中心にアドバイザーを勤めています。

日本企業の大半は中小を含むファミリー企業です。
経営を継承することはチャレンジングで素晴らしいことです。

が一方で様々なトレードオフを抱えます。
それは「先代の何を継承し、何を変えるのか」といった経営方針の問題から、
親子親戚関係など個人の領域にも及びます。

いつも正解がある訳ではありませんが、決断も必要です。

経営者の成長とともに発展するのがファミリー企業です。
発展の過程で生じる様々な課題を考える”視点”についてお話しできればと思います。

大洞達夫



◎参加ご希望の皆様は、以下のフォームにご記入の上、
info@keieisha.jp (経営者JPセミナー事務局)までご返信ください。

受付後、事務局より受講ご案内をお送りいたします。

先着順にて受け付け、定員に達し次第締め切らせて頂きます。
なにとぞご了承ください。

(返信フォーム)―――――――――――――――

■経営者JP主催「経営者&リーダーズサロン」参加応募フォーム■
ご希望講座:5/24(火)19:00-20:30+懇親会20:30-22:00

「2代目、3代目若手経営者の悩みにズバリお答えします!」

講師:大洞達夫(おおぼら・たつお)さん
http://www.keieisha.jp/company.html#obora

お名前:
御社名:
部署名:
お役職名:
メールアドレス:
ご連絡先TEL:
ご年齢:
参加動機:
下記のいずれか該当するものにチェックをお願いします:
( )現在、ファミリー企業の経営者である
( )いずれ、後継者として社業を継ぐ予定である
( )ファミリー企業ではないが、自身が創業した立場である
( )ファミリー企業の幹部、参謀の立場である
( )ファミリー企業の経営幹部としてのキャリアを考えている

―――――――――――――――――(ここまで)

kazuyuki0329inoue at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月18日

Mon,April 18:「らしさ」の確認。

本日配信のメルマガ、「エグゼクティブの条件 VOL.66 「らしさ」の確認。」です。




VOL.066 2011/4/18(月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■   エグゼクティブの条件
■■■  〜今日から使える実践スキル〜
■■■            http://www.keieisha.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経営者JPの井上和幸です。


先週ご紹介した、友人の会社が取り扱っている、コスト削減に高い効果
を出すSEO対策サーバの件、お問い合わせを幾つか頂きましたので、
先方におつなぎいたしました。

月間のWEB広告・マーケティングご予算を50万円以上お使いの企業であれ
ば確実に予算削減効果が出て、年間予算6000万円程の削減実績も出てい
るとのことで、一定以上の広告投下をおこなっていらっしゃる企業には
この確実なお話は捨て置けないメリットですね、確かに。

システム的に1業種1社限定でのパフォーマンス効果を出せる仕組みだそ
うで、既に導入済の企業と同業種の会社様は残念ながら利用できないそ
うですが、ご興味ありましたらおつなぎいたしますので、
当社 info@keieisha.jp までお問い合わせください。


       *       *       *


今週は、4/20(水)18:30〜21:30にて

■政治家育成の林英臣先生による、経営者のための「人間力養成塾」1日講話
第2講:昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

を。

4/21(木)16:00-18:00、19:00-21:00、22(金)19:00-21:00にて

■6社を再建させた山田修氏による無料特別講座
経営者・幹部のための「儲かる、成功する経営戦略の作り方」講座
http://www.keieisha.jp/seminar110412.html

が開催されます!

それぞれ、この状況下ならではのお話を講師各位からメッセージ頂く特
別編。多くの皆様に参加ご予定頂いており、事務局ながらに当日が待ち遠
しくてなりません!ご参加頂く皆様、会場にてお会いしましょう。

残席僅少、満席の回も出ております。今からお申込み頂く方には、当社
HP上にてご確認の上、お早めにエントリーください!


       *       *       *


震災復興支援で各界での活動が活発になっています。
芸能人やアスリートの皆さんの被災地での活動も続いており、日々のニュ
ースでも大きく取り上げられています。

石原軍団は男飯の振る舞いで炊き出しを行い、コロッケさん等は避難所で
お笑いライブ。小林幸子さんはコンサートツアートラックに支援品を満載
して乗り付け、三浦知良さんは子供達とのサッカー交流。

中でも圧巻だったのは、長淵剛さんの松島基地での1500人の自衛隊員を前
にしての“慰問ライブ”。TVの前で鳥肌が立ち、涙が流れた男子は少なく
ないのではないかと思います。(僕は完璧にノックアウトされました!)

金額の多寡だけでない、ひとつひとつの有形無形の行為が貴いものですが、
しかし、なんといいますか、上記のような、「らしさ」の絡んだ支援行為
というものの持つメッセージ性の強さには、本当に心打たれます。

石川遼くんの今期賞金全額を義援金にも凄いし、孫さんの今後引退までの
年俸全額を寄付も凄すぎる。
もちろん遼くんには賞金以外にCM収入等が充分過ぎるくらいある、とか、
孫さんの年間収入の大半を占めるのは配当である、とか、そういうことで
うがった見方をするのは簡単ですが、ちゃんとそういった「自分自身の
担保」はあった上で、こうした筋の行為を打ち出し実行できるというのは
やはり凄いと思うのです。

こんなメディア人のような大きなことでなくとも、僕らも、義援金や支援
活動のアクションについて、「らしさ」を考えてみることは、とても大事
ではないかと思います。

「らしさ」の筋が通った行為は、周囲から見ても納得性が高く、共感共鳴
度も圧倒的に高い。

逆に「らしさ」のない行為は、どうも胡散臭く、何かしっくりこないもの
を感じてしまうものです。

自分の行為も、このフィルターを掛けてみるとよいですし、ここのところ、
皆さんにも色々と義援金や支援寄付に関するお誘い、依頼が色々とあるの
ではないかと思いますが、その依頼がその団体・組織・個人の平時の活動
や考えなどと照らし合わせて「らしく」思えるものかどうか、フィルター
を掛けてみると、まがい物や詐欺的行為の罠から逃れることができるので
はないか、と思うこの頃です。


       *       *       *


■大和魂、ジャパン・スピリットを目覚めさせる! <4/20(水)夜>
経営者のための「人間力養成塾」1日講話
第2講:昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

■各回満員御礼、残席僅少!<4月21日(木)、22日(金)>
山田修氏無料特別講座
経営者・幹部のための、「儲かる、成功する経営戦略の作り方」講座
http://www.keieisha.jp/seminar110412.html

■これから10年の経営者のあり方、条件を解き明かす!
トークライブ「経営者の条件」第9回 <4/26(火)夜>
ゲスト:ライフネット生命・出口治明社長
日本初のベンチャー生保を生んだ出口氏の思考法と
キャリア・起業ストーリーに学ぶ!
http://www.keieisha.jp/seminar110329.html

■追加開催決定! 危機的状況にまったなしで立ち向かうために。
リーダーシップの「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を150%、200%引き出す!
「リーダーシップ3.0(TM)」セミナー <4/28(木)夜>
http://www.keieisha.jp/seminar110323.html

■待ったなしの経営力強化。6社を短期間で再生させた
経営手法を手に入れ、使いこなす!
<5月14日(土)開講、全6回>
経営者のための「実践・経営者ブートキャンプ」講座・第3期
http://www.keieisha.jp/seminar110514.html

■吉田松陰、西郷隆盛、聖徳太子、松下幸之助、孔子等に、今こそ学ぶ!
<5月18日(水)開講、全6回>
経営者のための「人間力養成塾」本講座・第2期
http://www.keieisha.jp/seminar110518.html

■解なき時代、本質を求められる今に立ち向かうリーダーシップ!
<5月19日(木)開講、全4回>
リーダーとしての選択の「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を引き出すための発想とあり方。
実践編!「リーダーシップ3.0(TM)」ワークショップ 第1期
http://www.keieisha.jp/seminar110519.html




<<経営者JP 事業内容>>

■エグゼクティブサーチ事業
経営幹部層(社長・取締役、CEO・COO・CFO等の経営執行責任者、事業部門責任者、
部長職位者、課長職位者)の人材紹介(エグゼクティブサーチ、ヘッドハンティング)
http://www.keieisha.jp/es.html

■コンサルティング事業
エグゼクティブコーチング、組織開発支援、経営コンサルティング、社外取締役・顧問等の派遣、講師派遣
http://www.keieisha.jp/consulting.html

■セミナー事業
経営者・リーダー向けセミナー、講座の主催・運営
http://www.keieisha.jp/seminar.html

■会員事業
経営者・リーダー対象の会員組織の主催・運営、会員向けコンテンツ販売
http://www.keieisha.jp/features/
http://www.kjpclub.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:株式会社 経営者JP
KEIEISHA JP Corporation
http://www.keieisha.jp/
mailto:info@keieisha.jp

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2 K&S恵比寿ビル2 6F

※転送フリーです。
転送の際は、当メールマガジンであることを明記ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c)2011 KEIEISHA JP Corporation All Rights Reserved.


kazuyuki0329inoue at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月15日

Fri,April 15:東日本大震災チャリティイベント『RISE UP』。

パートナーの池本克之さんにお声掛け頂き、
東日本大震災チャリティイベント『RISE UP』に参加
ご協力させていただくことにした。

このチャリティイベントの目的は、

1.ひとつは被災地の方の支援をする事。
これは義援金や寄付を送る方法がある。

2.そして、もう一つ大切なのは、
我々自身が、この苦境から、立ち上がるという事。
つまり、いつも以上に仕事に精を出して、
経済活動を続けていかなければいけない。


この2つの目的を同時に達成するために
チャリティイベント『RISE UP』を開催。

詳細を以下よりご覧の上、賛同される方は
ぜひご参加ください。

https://www.riseupjapan.net/




kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月14日

Thu,April 14:エグゼクティブのための「えいごのつぼ」。

アル・ゴア米元副大統領やノーベル平和賞受賞ダライ・ラマ14 世
など一流講演家の同時通訳者としてご活躍中の関谷英里子さんに
経営者JP企画協力・ITmedia エグゼクティブ連載
「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術!」にご寄稿いただいた。

VOL.66「英語を学び直す人も押さえるべきは本質」
http://bit.ly/gt42SU

-------------------------------------------
英語は単なるツールです。自転車や車と同じようなものだ、と割り切って付き合うのでよいかと思います。自分の世界を「日本」と「日本語」だけに限定せずに、英語を多少でも使えるようになれば世界は広がります。英語に「乗る」つもりでむやみに英語教材を買ったり、英会話学校に何十万円も振り込んだりする前に、英語学習の本質に立ち返ってみましょう。仕事と同じで「つぼ」をしっかり押さえたい、というビジネスパーソンに英語の取り組みについて話したいと思います。

英語でのコミュニケーションの3つのポイント

・英語コミュニケーションのつぼ

(1)力強い握手、

(2)丸暗記自己紹介は大きな声ではっきりと、

(3)そしてあいづちは「アーハ」

英語に限らず、ビジネスでは第一印象が大切です。海外の取引先が会社に来たり、こちらから海外を訪問したりしたときに特に気を付けたいのがこの3つのポイントです。
-------------------------------------------

いまさらとは言えない英語力習得。

しかし、大人だからこその学び方と語感の抑え方があることを
関谷さんは明快に伝授してくれます。

ぜひコラムをご一読の上、
新刊『えいごのつぼ』を手にとってみてください!



えいごのつぼ (まなびのつぼ)
えいごのつぼ (まなびのつぼ)
クチコミを見る


kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月13日

Wed,April 13:リズムに乗る。

震災関連での影響は、当社においても少なからず大きい。
3月は一連の重要なプロセスやご入社関連のスケジュールが
大幅に変更や延期を余儀なくされ、対応に追われてきた。

しかし悪いことばかりでもなく、3月末頃から各事業の流れや
噛み合わせがとても良くなり、よい商談が多く進んでいて、
一足飛びに決定に至ったものも出ている。

リズムのようなものは、やはり確実にあり、
2期目に入ったという節目感もあるし、スタッフの動きも
かなりレベルアップしている。
僕自身の意識と動かし方の変化もあるだろう。

しっくりと噛みあう歯車を得たら、その回転に弾みをつける
ことがなにより重要だ。

大変な時期だからこそ、このよいムード、オーラを大切にして
皆で盛り上がって走っていくぞ!




■大和魂、ジャパン・スピリットを目覚めさせる!
経営者のための「人間力養成塾」1日講話
第2講 4/20(水)夜:昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

■各回満員御礼、残席僅少!4月21日(木)、22日(金)
山田修氏無料特別講座
経営者・幹部のための、「儲かる、成功する経営戦略の作り方」講座
http://www.keieisha.jp/seminar110412.html


kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月12日

Tue,April 12:またしてもの日本のメディアの癖か??

原発はついにレベル7へと引き上げられた。

一号機の水蒸気爆発が発生したタイミングで
関西方面にこぞって退避した人たちがいたが、
その後、概ね東京に戻ってこられている。

客観的に見れば、その当時よりもいまのほうが
状況はシリアスだ。

メディアも連日の特番報道から脱し、通常通りの
バラエティ番組ラッシュになった。

別に、改めて特番ラッシュにする必要はないが、
ことの取り上げ方の比重に、違和感は感じる。

放射線量データを見れば、原発近隣のシリアスさは
政府の言っていることとは矛盾しているし、
それ以外の地域の状況は海外メディアが騒ぐような
ことはまったくない。

飽きてもいけないし、過剰な反応もいけない。

メディアを見ていると、飽きているし、
ときおり揺れ戻す論評は過剰反応ばかり。

寄って立つところは

「ファクト」&「ナンバー」&「ロジック」

だ。

迷ったら、常にこのフィルターをかければよい。


kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月11日

Mon,April 11:AMはメールを捌く!

ものの本では

「朝はもっとも脳が活性化されている時間帯なので、
メール処理などせずに、創造的なことに時間を割きなさい」

と訴えるビジネス書がほとんどのようだ。
「朝一でメールを見るな」みたいなタイトルの本もあったように思う。

しかし、これには個人的に異論を唱えたい。

「朝〜AM中こそ、メール処理に時間を割きなさい!」

もちろん、DMメールや仕事との関連が薄いメールの処理に時間を費やしては、
一日の大切なスタートを逸することになる。

それらのジャンクメールは弾き出して、業務上の重要なメール、諸般連絡・指示、
あるいは企画や進行の相談やり取り等、業務に関するメールを
朝一からAM中に集中して処理するのが、もっとも生産性が上がる。

・まさに一番頭の回転のよいこの時間帯に、諸般業務事項について
判断し、決断を下し、あるいは検討を進めてしまうのが生産的

・処理を終えることで、「今日の宿題」をその後抱えずに済み、
他のクリエイティブな時間のかかる業務や、対外的な打ち合わせ
等にすっきりと気持ちよく取りかかることができる

からだ。

ある程度まとまった時間を有する企画業務や考えごとなどは
昼以降にまとまって確保できる時間で対応するのが、精神衛生的にも、
結果、クリエイティビティ面でもよいと感じる。

これが僕なりの仕事術だが、いかがだろうか?




■「経営人材ニーズに関する実態調査2011」
https://www.keieisha.jp/2011_q.php
調査期間:〜2011年4月15日(金)



■当社主催セミナーの収録音源も満載
経営者・リーダーための会員専用情報提供サイト
「経営者JP CLUB」
http://www.kjpclub.jp/

■大和魂、ジャパン・スピリットを目覚めさせる!
経営者のための「人間力養成塾」1日講話
第2講 4/20(水)夜:昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

■これから10年の経営者のあり方、条件を解き明かす!
トークライブ「経営者の条件」第9回 4/26(火)夜
ゲスト:ライフネット生命・出口治明社長
日本初のベンチャー生保を生んだ出口氏の思考法と
キャリア・起業ストーリーに学ぶ!
http://www.keieisha.jp/seminar110329.html

■追加開催決定! 危機的状況にまったなしで立ち向かうために。
リーダーシップの「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を150%、200%引き出す!
「リーダーシップ3.0(TM)」セミナー 4/28(木)夜
http://www.keieisha.jp/seminar110323.html

■待ったなしの経営力強化。6社を短期間で再生させた
経営手法を手に入れ、使いこなす!

5月14日(土)開講、全6回
経営者のための「実践・経営者ブートキャンプ」講座・第3期
http://www.keieisha.jp/seminar110514.html

■吉田松陰、西郷隆盛、聖徳太子、松下幸之助、孔子等に、今こそ学ぶ!
5月18日(水)開講、全6回
経営者のための「人間力養成塾」本講座・第2期
http://www.keieisha.jp/seminar110518.html

■解なき時代、本質を求められる今に立ち向かうリーダーシップ!
5月19日(木)開講、全4回
リーダーとしての選択の「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を引き出すための発想とあり方。
実践編!「リーダーシップ3.0(TM)」ワークショップ 第1期
http://www.keieisha.jp/seminar110519.html

kazuyuki0329inoue at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月08日

Fri,April 8:打ち上げ花火で消えていく人、企業の共通項。

立場柄、様々な人、企業が注目を集め消えていく姿を見る。

にぎやかしく話題を集め、本人も人が変わっていく。
ところが、それが1年、よくて2年持った試しがない。

共通項は以下の2点。

1)単発的な打ち上げで、それが繰り返し再現されたり、
  拡がっていく構造を持っていない。

2)本業と連結されていない。

キーワード的なフックを掛けてメディアの注目を集めることが
あるが、結局、こういう行為はあだ花にしかなっていないことが
様々なケースを追ってみると分かる。

また、案外難しいのが、ある特定の手法・ノウハウで
打って出たケース。
どんなに素晴らしい手法・ノウハウでも、それが3年以上
注目されることはまれだ。

本業外のことでブームになってしまった人や企業の末路は哀れ。

これをしっかりと念頭に置き、一見魅力的なオファーであっても
ふるいにかけて排除していくことが、急がば回れの事業成長の
基本である。


・構造的な取り組み、設計となっているか
・中核事業にすべて連結され、そのサービス・事業を強化、拡大するものか

このフィルターを常に掛けて、全てのアクションを取捨選択する。

アライアンス型で事業を行っている当社の場合、よりこのフィルター
が大事になっている。




■「経営人材ニーズに関する実態調査2011」
https://www.keieisha.jp/2011_q.php
調査期間:〜2011年4月15日(金)

■当社主催セミナーの収録音源も満載
経営者・リーダーための会員専用情報提供サイト
「経営者JP CLUB」
http://www.kjpclub.jp/

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月07日

Thu,April 7:40代は20代、30代の延長にはない。

リクルートの先輩でもある、
『40代を後悔しない50のリスト』著者の大塚寿さんに
経営者JP企画協力・ITmedia エグゼクティブ連載
「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術!」にご寄稿いただいた。

VOL.65「1万人の諸先輩が語る40代の後悔」
http://bit.ly/eUsgqY

-------------------------------------------
40代というのは、30代の延長ではありません。
もちろん時系列的には20代、30代とつながっているのですが、
そこには大きな「断絶」があるのです。
まるでマラソンの折り返し地点で、
走る方向が180度変わってしまうような人生の転換点を迎えますので、
30代の延長のまま過ごしてしまうと失敗してしまいます。

30代と40代の決定的な違いは、
後者は「まわりに振りまわされることが加速度的に増える」
という点です、会社においても、家庭においても。
-------------------------------------------

人生の転換点をうまく乗り越え、後悔しない40代を過ごすために。
ご一読ください。

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月06日

Wed,April 6:約6割の企業で部長・課長人材が不足している。

4/4(月)発売号の『週刊東洋経済』巻頭特集
「危機を乗り切るリーダーシップ」 にて、
「経営人材ニーズに関する実態調査2011」の速報値データと
井上のコメントが掲載されている。

http://bit.ly/gAfIAN

編集部からのご要望で暫定集計を行いデータご提供したものが
掲載されているので、ご興味ある方は同誌を参照頂きたい。


本来、本調査は3月中旬に調査回答を〆切り、
4月上旬中にて分析レポートを発表する予定であったが
震災のこともあり、回答受付を来週4/15(金)まで
延長することになった。

調査分析レポートについては、GW前後にて完成、
お届けする予定なので、ご回答頂いた各社様には
もうしばらくお待ちください。

調査レポートをご希望の方々には、
調査ご協力を頂いた各社に謹呈いたしますので
以下より調査ご回答いただければ幸いです。


■「経営人材ニーズに関する実態調査2011」
https://www.keieisha.jp/2011_q.php
調査期間:〜2011年4月15日(金)




■当社主催セミナーの収録音源も満載
経営者・リーダーための会員専用情報提供サイト
「経営者JP CLUB」
http://www.kjpclub.jp/

■大和魂、ジャパン・スピリットを目覚めさせる!
経営者のための「人間力養成塾」1日講話
第2講 4/20(水)夜:昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

■これから10年の経営者のあり方、条件を解き明かす!
トークライブ「経営者の条件」第9回 4/26(火)夜
ゲスト:ライフネット生命・出口治明社長
日本初のベンチャー生保を生んだ出口氏の思考法と
キャリア・起業ストーリーに学ぶ!
http://www.keieisha.jp/seminar110329.html

■追加開催決定! 危機的状況にまったなしで立ち向かうために。
リーダーシップの「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を150%、200%引き出す!
「リーダーシップ3.0(TM)」セミナー 4/28(木)夜
http://www.keieisha.jp/seminar110323.html

■待ったなしの経営力強化。6社を短期間で再生させた
経営手法を手に入れ、使いこなす!

5月14日(土)開講、全6回
経営者のための「実践・経営者ブートキャンプ」講座・第3期
http://www.keieisha.jp/seminar110514.html

■吉田松陰、西郷隆盛、聖徳太子、松下幸之助、孔子等に、今こそ学ぶ!
5月18日(水)開講、全6回
経営者のための「人間力養成塾」本講座・第2期
http://www.keieisha.jp/seminar110518.html

■解なき時代、本質を求められる今に立ち向かうリーダーシップ!
5月19日(木)開講、全4回
リーダーとしての選択の「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を引き出すための発想とあり方。
実践編!「リーダーシップ3.0(TM)」ワークショップ 第1期
http://www.keieisha.jp/seminar110519.html

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月05日

Tue,April 5:当社経営セミナー事業の軸。

週に数社ずつ、当社の経営セミナーにて
講師やタイアップをさせてもらえないかという
お問い合わせを頂く。

名のある研修会社様やコンサルティング企業も多く、
大変光栄なことだと感謝している。


当社の経営セミナー事業は

経営者およびその予備軍としてのリーダー各位の

1)個人としてのキャリア開発支援につながる経営スキル、人間力養成等
2)現任執行に当たっての、人(特に幹部)・組織問題に対する解決サポート、コンサルティング
3)上記2つの観点いずれにおいても、単なる座学、知識にとどまらず、
経営現場で使っていただける内容

に該当し、他のセミナー会社や教育研修会社が提供していないもの
にこだわっての企画・開催を行っている。


この観点において合致し、ご一緒頂けるお話については
前向きに検討していく旨を、各社様にはお伝えしている。

新たな、有益な機会をご提供できるならば、
僕自身もやりがいがあるし、とても嬉しい。




■当社主催セミナーの収録音源も満載
経営者・リーダーための会員専用情報提供サイト
「経営者JP CLUB」
http://www.kjpclub.jp/

kazuyuki0329inoue at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月04日

Mon,April 4:持てる時間を可能な限り全て、重要なお客様に注ぐ。

本日4/4(月)発売号の『週刊東洋経済』巻頭特集
「危機を乗り切るリーダーシップ」 にて、
「経営人材ニーズに関する実態調査2011」の速報値データと
井上のコメントが掲載された。

調査の本レポートは4月末にリリース予定だが、
編集部からのご依頼で一部を暫定集計したものをご活用頂いた。
ご興味ある方は本誌をご参照頂ければと思う。



さて、基盤を構築し、様々な可能性を探った第1期。
そこで得たものを、この第2期でどう花開かせるか。

当たり前の結論に至る。
それは、

「持てる時間を可能な限り全て、重要なお客様に注ぐ」

ということ。

「誰のお役に立つのか。誰のご期待に150%、200%応えるのか」

当たり前のシンプルな問いに、
しっかりと応え続けていくことが、本年度の最重要事項。

一昨年昨年と、「多少関係はなくても」「それもご縁だから」
といった活動も少なくなかったが、物理的な限界にも来ているし、
深耕すべきもの・ことも明確になったので、今年は、それは基本的に禁止。

持てる力を、すべて、ご期待に応えるべき方々に注ぎ、
投資時間もすべて、「志高き経営者・リーダーの育成と輩出」に
関わるもののみに修練させる。

濃い、エッジの効いた事業活動へと、更なる進化を目指して。

すべては、志高き経営者・リーダーの皆様および
そのご活躍の舞台である企業各社のために。
引いては、それを通じて、豊かで強い日本社会のために。

日々是精進!





■大和魂、ジャパン・スピリットを目覚めさせる!
経営者のための「人間力養成塾」1日講話
第2講 4/20(水)夜:昭和の宰相指南役、安岡正篤に学ぶ人物の養い方
http://www.keieisha.jp/seminar110316.html

■これから10年の経営者のあり方、条件を解き明かす!
トークライブ「経営者の条件」第9回 4/26(火)夜
ゲスト:ライフネット生命・出口治明社長
日本初のベンチャー生保を生んだ出口氏の思考法と
キャリア・起業ストーリーに学ぶ!
http://www.keieisha.jp/seminar110329.html

■追加開催決定! 危機的状況にまったなしで立ち向かうために。
リーダーシップの「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を150%、200%引き出す!
「リーダーシップ3.0(TM)」セミナー 4/28(木)夜
http://www.keieisha.jp/seminar110323.html

■待ったなしの経営力強化。6社を短期間で再生させた
経営手法を手に入れ、使いこなす!

5月14日(土)開講、全6回
経営者のための「実践・経営者ブートキャンプ」講座・第3期
http://www.keieisha.jp/seminar110514.html

■吉田松陰、西郷隆盛、聖徳太子、松下幸之助、孔子等に、今こそ学ぶ!
5月18日(水)開講、全6回
経営者のための「人間力養成塾」本講座・第2期
http://www.keieisha.jp/seminar110518.html

■解なき時代、本質を求められる今に立ち向かうリーダーシップ!
5月19日(木)開講、全4回
リーダーとしての選択の「質」「スピード」を劇的に高め、
組織・“場”の力を引き出すための発想とあり方。
実践編!「リーダーシップ3.0(TM)」ワークショップ 第1期
-- Coming Soon --


kazuyuki0329inoue at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月01日

Fri,April 1:第2期スタート!

新年度。

経営者JPも、お陰様で本日より
第2期がスタートした!

初年度での基盤構築を終え、
いよいよ各事業を伸長させていく船出となる。

気合充分!

更に幾つか、今月から取りかかる
次のステージへの大きなプロジェクトもあり、
今年は大いなる勝負の一年となることは
間違いなさそうだ。

スタッフも各自役割を踏まえて
活動のレベルを上げてくれている。とても心強い!

とにかく、メンバー、パートナー
お客様や関係者の皆様と共に
徹底的に日々楽しみながら、

「志高き経営者・リーダーの育成と輩出」

に邁進する次第だ。

本年度も、どうぞよろしくお願い申し上げます!

kazuyuki0329inoue at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

▲ページトップへ