2016年06月

2016年06月15日

Wed,June 15:「オーナー×ベンチャー・成長企業」の流儀。

当社では事業柄、経営者側からの幹部のあり方についてのご相談と、逆に幹部側からの経営者との付き合い方についての、両面のご相談を常に受け続けている。

お互いの、「経営者として」「幹部として」の処し方というのは色々とあるのだが、いい大人同士であっても、なかなか巧くいかないのが、この「経営者ー幹部間」のコミュニケーション問題だ。

特にそれがオーナー企業となると、事が顕著に現れる(基本的に、良くない方面に)。

特に良くある「ズレ」が、オーナーから見たときの「幹部の動きの悪さ」であり、一方の幹部側からすると「オーナーが聞き入れない(、横暴?!)」というストレス。

僕自身もオーナー立ち位置なので、ちょっとそちら寄りで見がちな気もするけど(苦笑)、これについては、コミュニケーションの考え方の掛け違いが大きく存在していると思う。

特に今回、テーマとして絞り込んだ「×ベンチャー・成長企業」について述べれば、(事業拡大がステイしていたり、成熟業界内での何代目かのオーナー企業は、またちょっと違う側面があるので、別の機会に述べてみたい)、以下のようなことが概ねのズレの理由だと感じている。

まず、オーナー経営者からすれば、「幹部にモノ申すなな」どとは基本的にまったく思っていない。逆に、「どうしてあいつは、自分で考えて事業を推進しないんだ」と思っていることがほとんどだ。

幹部からすると、「何か言うと否定される」と良く言うが、客観的に見ていて幹部側があまりよく考えてない、視野が狭くある一部分しか考えていない、などが多く、それが経営者からすると、「おいおい」と思っていることが多い。

あと、幹部側が事業提案する際に、「これについて、こういう理由から、これこれで考えているんですが、どうでしょうか?」「何か、そもそもの不足事項や考え違いなどありませんでしょうか」というような、プロセス時点でのすり合わせを行っていないことも非常に多い。

転職面談などで、ご相談者が抱えている「経営者が分かっていない」問題について、「その件、社長に話したんですか?」と聞くと、驚くくらい多くの方々が、「いえ、まだ話してません」とおっしゃる。それでは、社長も解決しようがない、、、。

案外、「非常に大切なことを、ちゃんと話しする」ことは、出来ている幹部のほうが少ないんじゃないかな。

ということで、本件の多くの問題には、

・経営者が求めている程、幹部が主体的に事業・部門を最終責任者として背負い、
 自身でリードしようとしていない(とトップからは見える。)

・経営者への幹部からの「こうしたいが、どうでしょう?」という提案&相談が
 少ない(orまったくない)

ことが原因となっているのだ。

あなたがもし、ベンチャー・成長企業に所属し幹部を務めていて、トップがオーナーだったとしたら、「結局は社長がやりたいようにやるのだから、自分は敢えてモノを言わない」というようなスタンスや考え、行動をしているとしたならば、今日からやめよう。それはまったく逆の行為なのだから。

どんどん社長に、提案・相談を持ちかける。OKを貰ったら、自らどんどん「勝手に」やる。そんな幹部が、多くのベンチャー・成長系オーナー企業では遇される。

まあ、中には一から十まですべて自分の意のままに動かないと嫌だ、という経営者もいるとは思うけど、そのタイプだと、企業成長は難しいので、あまり大きくはならないと思う。
(別に、小さく好き勝手にやる、で自社が続けば、それはそれでありだけれども…。)




★2016.7よりスタート!!
 経営者JPが提供する月間顧問サービス
 「経営者ワークアウト」
 ただいま、2016.7月-12月期受付中!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

★2016/7/20(水)19:00〜@恵比寿
 「40代を制する者が人生を制する!
 40代を後悔しない、働き方・生き方・時間の使い方セミナー」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160720/

★2016/7/21(木) 18:30〜@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第3回:トップが知っておくべきマーケティング
 https://www.keieisha.jp/seminar/160721/

◎経営者JPオフィシャルメールマガジン
「エグゼクティブの条件〜今日から使える実践スキル〜」
 https://www.keieisha.jp/mailmagazine/


kazuyuki0329inoue at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月13日

Mon,June 13:一転突破、全面展開。

ここのところでクライアントやお付き合い先経営者各位と打ち合わせや会食などで色々と話をしていて、特にいま、メディアでも多々取り上げられている方々ともお話しすることが多く、業種業態を超えての共通項を確認した。

それは、「勝負処についてのフォーカスの度合いが、並みでない」ということ。

これぞという勝負の部分(新製品・新サービスであったり、新規事業であったり、あるいは体制取り組みであったり)について、定めた特化ポイントについては徹底的に、おしみなく時間・金・人という資源を投下して勝負に出ている。

結果、他とは比べものにならない尖がった部分(いつも僕は「エッジ」と言っているが)が出来上がり、それが顧客を惹きつけている、ということになる。

中途半端ならやらないほうがよい。
やるなら徹底的にやる。
その分、他はすべて捨てるくらいの覚悟も必要。

改めて思う、いま勝ち組にいる企業は、企業ステージ・業界業種・業態を超えて、

「一転突破、全面展開」型企業

であると。



★2016/6/16(木) 18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第2回:ドラッカー5つの質問/「成果」「計画」編
 https://www.keieisha.jp/seminar/160616/

★経営者JPが提供する月間顧問サービス
 「経営者ワークアウト」、2016.7よりスタート!!
 ただいま、2016.7月-12月期受付中!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

◎経営者JPオフィシャルメールマガジン
「エグゼクティブの条件〜今日から使える実践スキル〜」
 https://www.keieisha.jp/mailmagazine/


kazuyuki0329inoue at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月02日

Thu,June 2:「2つの誤解」を解消する。

「経営者にとっての人・組織問題」に重点テーマを置いて投稿していきます、と昨日記したことの補足を。

いま、当社お付き合い先の経営者・人事責任者等各位に、幾つかのヒアリングを実施しているのだけれども、そこで分かったことがある。


1)当社を「(幹部層対象の)人材紹介会社とだけ」思っている。

2)人材紹介会社としての我々は「求人と転職者のマッチングだけ」やっていると思われている。


この2つの「大いなる誤解」が分かった。


1)については、当社自身のこの2〜3年の、エグゼクティブサーチ(ES)事業への傾斜も大きく影響しているのが事実なので、特にES事業だけでお付き合い頂いている経営者、企業各位には、確かにそう見えるのだろうなと痛感せざるを得ない。

当社は大元は、「経営・事業×人材・組織」の人材コンサルティングファームであり、ES事業はあくまでもその中でのソリューションのひとつに過ぎない。
出発点とノウハウは、「経営者にとっての人・組織問題」をいかに解決していくかという部分にこそあり、実際にその対処や解決策提示を個別のコンサルティングや経営セミナーなどでのグループワークを通じて提供してきている。改めてここをしっかり強調していくことと、実際の活動についてもコンサルティング事業・セミナー事業・会員事業についてのアクティビティを上げていくことが肝要だ。

2)については、1)とも連関し、我々は経営や事業そのものを「経営陣・幹部陣の適材適所」で解決している(に過ぎない)し、「経営陣・幹部陣の最適配置とその執行を通じて、経営・事業へのインパクトを出している」ので、何も求人・求職者マッチングをしているつもりはないのだ。


経営幹部人材紹介だけの会社ではないこと。
経営幹部人材紹介において、マッチングだけやっているのではないこと。


この「2つの誤解」をすみやかに解消し、改めて我々、特に僕自身が、“人材紹介屋さん”ではなく、経営・事業側面における人材コンサルティングを日々行っているという事実を、一般の方々にも、しっかり伝えていくことから、まずは次の事業ステージに入っていこうと思っている。



★2016/6/16(木) 18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第2回:ドラッカー5つの質問/「成果」「計画」編
 https://www.keieisha.jp/seminar/160616/

★経営者JPが提供する月間顧問サービス
 「経営者ワークアウト」、2016.7よりスタート!!
 ただいま、2016.7月-12月期受付中!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

◎経営者JPオフィシャルメールマガジン
「エグゼクティブの条件〜今日から使える実践スキル〜」
 https://www.keieisha.jp/mailmagazine/


kazuyuki0329inoue at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月01日

Wed,June 1:「大元」と「外界」を観れる人・観れない人。

さて、何から始めようかと思うのだけれども。

当社においては幾つかの新サービスをローンチしにいく6月ということで、当ブログも原点回帰し、改めて「経営者にとっての人・組織問題」に重点テーマを置いて、これから投稿していこうと思う。

経営者の皆さんが悩み深いことのひとつに、「言った通りのことを社員がやってくれない」問題がある。これ、経営者の3大「ヒト」問題のひとつだ。(あと2つは何か? 後日のお楽しみに。)

「見えてないんだよなぁ〜」と、あなたも多分、おっしゃっていると思う。

芯を捉えていない取り組みをされたり、目的違いのことをされたときに、内心で、(「ちっ」)と舌打ちながら、この定番フレーズを呟いていることだろう。(おそらく、9割5分の経営者のみなさんが 笑。)

何がいったい、「見えてない」のだろう?
それは、おおよそ、次の2つに帰結される。

「ことの大元を見ていない、理解していない」

「ことの外界を見ていない、理解していない」

表面的な目的だけ捉えていて(指示されたことを額面通りにだけ捉えて)、「なぜ」を理解しないまま取り組んでいるときに起こる「ことの大元が見えていない」事件と、そのこと(=部分)だけを捉えていて、全体観を逸しているときに起きる「ことの外界が見えていない」事件。

いずれも表面理解だけで思考せずに動くことで発生するが、思考の向きが少し違う部分でタイプが分かれる。

「大元」が苦手で「外界」は比較的得意な社員は、関係動機型(人間関係の方に気が向くタイプ)に多く、「大元」は比較的得意で「外界」が苦手な社員は、課題動機型(仕事のタスク、テーマに気が向くタイプ)に多い。

いずれにしても、「ちゃんと考えろ!」と叱ることになるのだけれども、この意識・思考の向きを踏まえて指導していかなないと、なかなか伝わらないのが事実。

頭に血が上ってただ叱っていることも少なくないのではないかと思うけど、ここでしっかり場合分け、仕分けして社員に物申さないと、何度も繰り返し「何やってんだ」事象が発生し、健康に悪いので気をつけましょう。

要は、僕ら自身にもそれ相応の思考力が日々、問われている、ということでもあるのだ(汗)。



★2016/6/16(木) 18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第2回:ドラッカー5つの質問/「成果」「計画」編
 https://www.keieisha.jp/seminar/160616/

★経営者JPが提供する月間顧問サービス
 「経営者ワークアウト」、2016.7よりスタート!!
 ただいま、2016.7月-12月期受付中!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

◎経営者JPオフィシャルメールマガジン
「エグゼクティブの条件〜今日から使える実践スキル〜」
 https://www.keieisha.jp/mailmagazine/


kazuyuki0329inoue at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

▲ページトップへ