2016年08月

2016年08月23日

Tue,August 23:運・不運のバランス??

たまたまなのだけれど、この数年、夏場のゲリラ豪雨に、数分の差で見舞われずに済む、ということがいつも起きる、続くという「ラッキー」さでやり過ごしてきた。ある意味、それが当たり前、という意識で考えずに動いていたところもある。

そのツケが一気に来たように?、先週(土)、昨日(月)と、ドンピシャのタイミングで最も激しい降りの最中に移動するという「不運」に見舞われた(苦笑)。

昨日は午後、まさに台風9号の目の中にいるところでオフィスを出て移動。雨は少し小降りになっていたが、「あっ」という間もなくビニール傘を煽られ、全面の半分の肢が見事に瞬殺で折れた。

今日はオフィスのセミナースペースで主催のワークショップがあったのだけれども、快晴の午前中から一転、豪雨という予報が出ていて参加ご予定頂いていた複数社様からリスケのご連絡。
他の参加ご予定企業様にも急遽ご連絡を入れて開催を延期したところ、なんと、予報は大外れで、豪雨処か、一切降らず…。

こういう数日もあるよね〜、と笑いつつの1日だった。

自分は圧倒的にいつもツイてる、と思っている類の人間なので、今回みたいな数日を、それだけで「不運」とも思えないところがある。

「たまにはこれくらいのことがないと、あまりにバランス悪いよな〜」と、本気で思っているから、自分でもタチが悪いなとも思う^^;

運・不運のバランスはある程度あるとも思うけど、根本的には、どちらかに傾斜してるような感覚しかない。ツイてる人と、ツイてない人。極論、どちらと「思い込んでいる」かじゃないかなぁ、と。

でも、この思い込み、かなり重要。ツイてる「と思い込んでいる」人は、やはりツイてるし、物事は良い方へ良い方へと転がっていく。逆に、自分はツイてない「と思い込んでいる」人には、なぜか不運が付いて回るものだ。

ポジティブシンキングというのとはちょっと違うのだけれども、自分はツイてると信じ込んいるということは、自分をツカせるために、かなり重要なメンタリティであることは、間違いないんです。この仕事、事業を長年やってきた身としても、個人的な経験上も。うん。



☆現場の人・組織問題を解決する月間顧問サービス
 「経営者ワークアウト」 ただいま、2016.10月-2017.3月期受付中!!
 次回、9/13(火)・9/16(金)15:00-17:00、特別無料体験セッション開催
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

★2016/8/26(金)19:00-21:30@恵比寿
 「成功する経営者は、ここが違う!10の共通項」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160826/
 講師:上阪徹氏(ブックライター)

★2016/9/2(金)13:30-17:30@恵比寿
 「ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方講座」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160902/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)

★2016/9/15(木)18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第5回:トップが知っておくべきマネジメント
 https://www.keieisha.jp/seminar/160915/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)

★2016/9/21(火) 19:00-21:30@恵比寿
 「実行の4つの規律」 エグゼクティブ限定ワークセッション
 https://www.keieisha.jp/seminar/160921/
 講師:竹村富士徳 氏 (フランクリン・コヴィー・ジャパン 取締役副社長)

◎2016/10/15(土)開講、全12回!
 経営の父・ドラッカーに学ぶ「経営者のための、トップマネジメント塾」
 https://www.keieisha.jp/seminar/161015/


kazuyuki0329inoue at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月22日

Mon,August 22:自信がもたらすパワー。

リオオリンピックが終わった。
日本は、金12、銀、8、銅21、メダル計41個と、過去最高のメダル獲得数で終わり、4年後の東京に大きな弾みをつけることとなった。
連日の熱戦、無念のメダルもあったが、大会初や何十年ぶりのメダルも多い大会で、過去最も連日感動をもらった大会だったように思う。

何を一番にとは言い難い、競泳、柔道、テニス、レスリング、卓球、バドミントン、陸上男子400mリレーなどなどだったが、ひとつ、当ブログ的な話として、男子卓球を挙げてみたい。

Facebookでも投稿したが、水谷選手の個人の銅、そして男子団体の銀は本当に心震えるものがあった。

もちろん、もともと底力のある、過去大会にも出場し惜しいところまでいっていた選手ではあるが、「世界トップクラスの仲間入りした」その始まりは個人の準決勝からだったのではないかと思う。

世界王者・馬龍との4ゲーム、5ゲームは凄かった。一時は、あの馬龍が真っ青になりメンタルに来ているのがテレビを見ていてもありありと分かった。
最終的には、1〜3ゲームを落としてしまったのが大きく、無念の敗戦だったが、そこで恐らくは得た勢いで、翌日の3位決定戦で、ウラジーミル・サムソノフを破り、日本男子史上初メダルとなる銅メダルを獲得した。

ドラマはそれで終わらない。

女子の雪辱を晴らすがごとく、団体準決勝であのドイツを破り、決勝戦では、世界最高峰に君臨する対・中国で、水谷は元世界1位の許キンを3−2で撃破する。

チームとしては残念ながら、1−3で敗れたが、水谷の1勝は大金星と言えるだろう。

帰国後のTV番組出演で、チームメイトに「ダブルスで勝って2−2で俺に回せば、絶対に勝つ」と言っていたそうだ。あながちという勢いが水谷にはあったと思う。

あの連日の流れは、間違いなく、彼自身にもたらされた「自信」のなせる技だったと思う。

「いける」「勝てる」、その確信が、集中力と思い切りの良さを水谷に与えてたのは間違いない。
スポーツはつくずく、メンタルの戦いでもあると痛感する。

ビジネスも一緒。「できる」「勝てる」「上手くやれる」という自信を持っているメンバーと、何をやっても疑心暗鬼、不安そうなメンバーとでは、はやり業績は天と地だ。

経験を積み、成功体験を積み重ね、そこから成功法則を見出し、その再現でまた成功する。

その繰り返しで、彼彼女に「自信」が醸成されていく。

勝てる法則を使いまわせる力量が、自身に「自信」「確信」を身につけさせる。

これを身につけた人が、実は一般的に言われる「ツイている人」なのだ。
「ツイている人」に見える、見られるその理由は、実はここにこそある。


★経営者JPが提供する月間顧問サービス!
 「経営者ワークアウト」
 ただいま、2016.8月-2017.3月期受付中
 次回、8/23(火)15:00-17:00、特別無料体験セッション開催!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

★2016/8/18(木)18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第4回:新規事業のつくり方と任せ方
 https://www.keieisha.jp/seminar/160818/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)

★2016/8/26(金)19:00-21:30@恵比寿
 「成功する経営者は、ここが違う!10の共通項」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160826/
 講師:上阪徹氏(ブックライター)

★2016/9/2(金)13:30-17:30@恵比寿
 「ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方講座」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160902/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)




kazuyuki0329inoue at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月17日

Wed,August 17:目標設定が成長と成果を導く。

開催直前まで、「今年のリオは…」と冷めた反応で言っていたのが嘘のように、この2週間、連日の熱戦、日本人選手達の頑張りに熱くなる毎日!
体操、競泳、柔道、卓球、バドミントン、、残念な試合ももちろんあるが、それでもここまでの奮闘には勇気と元気を貰うばかりで感謝感謝。

さて、五輪を見ていて、選手達のコメントを聞いていて、今更ながら、当たり前すぎることだけど、目標のありがたみと大事さを感じる。

どの選手だって、「次のオリンピック」という目標があるからこそ、過酷な練習に耐え、予選に臨み、調整を繰り返し、この大会を迎えているんだ。それがなかったら、どの選手もここまでの力を養い発揮することはなかったかもしれないのだ。

4年という「中期目標」は、肉体との戦いであるアスリートには、ときに過酷なスパンであるのも事実だけれども(勝負を終えた選手達が、衒いなく「次の東京オリンピックでは」と言い切れる世代と、「まずは休んでしっかり今後を考えたいです」とコメントする世代があるのは、やはり事実。競技にもよるけど、20代前半なら次の東京五輪を迷いなく目標とできるけれども、20代後半となると、自分のアスリート寿命とどうしたって相談せざるをえない)、絶妙に素晴らしい時間軸であるのもまた、事実だと思う。

1〜2年は近すぎる。5年は遠い。
十分な鍛錬とその結果としての成長の手ごたえ・実感を獲得するだけの充分な時間があり、しかし長すぎない期間、4年というサイクル。

企業では3カ年が中期計画の一般的なスパンだが、これは非常に具合のよい期間だ。

オリンピックとビジネスは、もちろん異なるけれども、企業も「適切な中期目標」を持てるか持てないかで、その成長力には彼我の差が生まれる。

経営者に問われるのは、「適切な中期目標を設定できるか、できているか」の目標設定力。

社員の皆が、情熱を燃やして、「よし、そこまででそれをなんとしても達成しよう」と思え、そのために日々、努力と工夫をこらし続けることができるか。その到達点は、現状の延長線上を超えた、チャレングで成し遂げたときのインパクトや達成感がとてつもないものか。

リオの期間中、僕も改めて、自社の中期計画・目標について、詰め直してみようと日々取り組み中。
東京五輪に負けない大いなる目標が、いま掲げている中期計画で問題ないのか否か。勝負だ!



★経営者JPが提供する月間顧問サービス!
 「経営者ワークアウト」
 ただいま、2016.8月-2017.3月期受付中
 次回、8/23(火)15:00-17:00、特別無料体験セッション開催!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

★2016/8/18(木)18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第4回:新規事業のつくり方と任せ方
 https://www.keieisha.jp/seminar/160818/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)

★2016/8/26(金)19:00-21:30@恵比寿
 「成功する経営者は、ここが違う!10の共通項」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160826/
 講師:上阪徹氏(ブックライター)

★2016/9/2(金)13:30-17:30@恵比寿
 「ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方講座」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160902/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)



kazuyuki0329inoue at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

Tue,August 16:「行動力」より「考動力」。

すぐやる、必ずやる、出来るまでやる。

日本電産・永守さんの名言であり著書のタイトル。

スピード、大事。量、非常に大事。しかし、最も大事なことは、質。

徹底的にやれ、というと、闇雲に、馬鹿の一つ覚えのようなアクションだけ繰り返す。
それで十分な結果、成果が出ることは、ほぼないだろう。

頭を使わないと。

「行動力」より「考動力」。

デキる人材の共通項は、「徹底的に考え尽くす、考え続ける」力と「徹底的に実行し続ける」力の両方を必ず持ち合わせている。

そう言えば最近、「創意工夫」という言葉を、あまり聞かなくなった気がするなぁ。



★経営者JPが提供する月間顧問サービス!
 「経営者ワークアウト」
 ただいま、2016.8月-2017.3月期受付中
 次回、8/23(火)15:00-17:00、特別無料体験セッション開催!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

★2016/8/18(木)18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第4回:新規事業のつくり方と任せ方
 https://www.keieisha.jp/seminar/160818/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)

★2016/8/26(金)19:00-21:30@恵比寿
 「成功する経営者は、ここが違う!10の共通項」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160826/
 講師:上阪徹氏(ブックライター)

★2016/9/2(金)13:30-17:30@恵比寿
 「ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方講座」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160902/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)




kazuyuki0329inoue at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月15日

Mon,August 15:経営は経験の科学である。

誰が言ったか、とても腑に落ち、好きな言葉だ。

何よりも実践。試行錯誤し、仕組み化を試み、理論化しつつ、更に実践。時間経過とともに環境が変化することへの対応。終わることのないPDCAサイクルの繰り返し。

そして、「経営は経験の科学である」ということは、「経営者は経験を科学できる人である」とも言えると思う。
経営者になると経験を科学できるようになる訳ではない。経験を科学できる人が、経営者になるだけだ。

案外、この主従関係が判ってない人は、多い。



★経営者JPが提供する月間顧問サービス!
 「経営者ワークアウト」
 ただいま、2016.8月-2017.3月期受付中
 次回、8/23(火)15:00-17:00、特別無料体験セッション開催!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

★2016/8/18(木)18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第4回:新規事業のつくり方と任せ方
 https://www.keieisha.jp/seminar/160818/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)

★2016/8/26(金)19:00-21:30@恵比寿
 「成功する経営者は、ここが違う!10の共通項」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160826/
 講師:上阪徹氏(ブックライター)

★2016/9/2(金)13:30-17:30@恵比寿
 「ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方講座」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160902/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)



kazuyuki0329inoue at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月01日

Mon,August 1:感動や共感には「知識」が必要不可欠。

リーダーとして、様々な事象に感動したり共鳴共感する力というのは必須のものだ。

感動や共感、というと、感受性・情緒性の高い人、優しい人、情に厚い人、ということを思い浮かべるが、実は本当に感動したり共鳴・共感したりできる人とできない人との差は、「知識」(あるいは知識に昇華される素材としての「体験」)の多寡による。

意味が理解できない人には、そのことの価値がわからないから、「凄い」とも「それほどでもない」とも判断がつきようがない。体験の薄い人には、その事象がどんなドラマを孕んでいるのか、裏にどのような努力があったのかなどを理解できないから、起きたことに「心打ち震え」ようがない。

こうしたことは、誰もが知っているビッグスポーツ(例えば高校野球やサッカー代表戦など)や音楽などではたいした差がつかない(だれもが概ね、その「知識」「体験」「情報」を持っているから)が、落差が如実に現れるのは、「日々のちょっとしたこと」や「一般人の生活や仕事の中で起こること、出逢うこと」においてなのだ。

職務に関連するちょっとした専門知識がないので、意味や重大さが理解できない。
関係者間で起こっていることが、体験が薄いので感性が働かず、コミュニケーションで不具合を起こす。

勉強不足は、日常の中に於いてこそ、実は赤裸々にその人のポテンシャルを表わす。

そして最大の問題は、本人が知識不足のため、そのことに気がつかないということだ。

社会人の「知識不足」(勉強不足)は、毎年毎年、積年で累積逓増し続け、物凄いレバレッジを効かせる。30代、40代で、急速に社会人としての落差が開くのは、このことによる。

気がついたときには、挽回は可能だが、それには他の人の3倍、5倍の集中学習努力を要する。
大概の人は、中堅・シニアになってこれに気がついても、「他の人と同じ以下」の努力しかしないから、結局、いったん差をつけられてしまった人が、中盤以降の人生で挽回を図るケースは極稀となる。

事実認識の元、手遅れにならないようにという危機感と相応の日々の「学習」だけが、自らを助ける。


★経営者JPが提供する月間顧問サービス!
 「経営者ワークアウト」
 ただいま、2016.8月-2017.3月期受付中
 次回、8/23(火)15:00-17:00、特別無料体験セッション開催!
 https://www.keieisha.jp/service/consulting/workout.php

★20168/18(木)18:30-21:30@恵比寿
 「ドラッカーに学ぶ、成果をあげるマネジメント講座 第2期」
 第4回:新規事業のつくり方と任せ方
 https://www.keieisha.jp/seminar/160818/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)

★2016/8/26(金)19:00-21:30@恵比寿
 「成功する経営者は、ここが違う!10の共通項」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160826/
 講師:上阪徹氏(ブックライター)

★2016/9/2(金)13:30-17:30@恵比寿
 「ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方講座」
 https://www.keieisha.jp/seminar/160902/
 講師:山下淳一郎氏(トップマネジメント 代表取締役)




kazuyuki0329inoue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

▲ページトップへ