2018年02月

2018年02月26日

Mon,February 26:課題、課題、課題!!!!

ビジネスアイデアというと、「何か、世に存在していないもの・こと」を探すことだと思いがちだ。
0→1(ゼロ・イチ)ともよく言う。無から有を生み出すというニュアンスがぷんぷんする。実際に99%の人はそう思っている。面倒くさいので、僕も普段の会話ではそれで合わせている部分もある。

しかし、事業開発、新規事業のプランとは「世にある課題の発見、発掘、掘り下げ」のことこそを言い、そのアプローチでこそ、今〜将来に人々から求められる事業が創出されるのだ。

「社会的課題」「不(不満、不便、不利、不足etc.)」「社会的穴ぼこ」、これらを自分ごととして、社会ごととして発見すること、表出させること。考え続けるべきことは、「課題、課題、課題」はなんだ、止むに止まれず解決したい課題はなんだ、不便はなんだ、不満はなんだ、ということだ。

自分がコミットしている領域における、社会的課題はなんだ、自分ごとの課題・不満・不便は、なんだ?!

(そもそも、「自分がコミットしている領域」が特定・限定されているか?! それこそが、結構多くある、事業開発したいテーマの不在問題だ。)

kazuyuki0329inoue at 21:21|PermalinkComments(0)

2018年02月25日

Sun,February 25:「プランを練る」ことと「考え続ける」こと。

事業開発というものに20代後半から今に到るまで、折折取り組んできて思うことは、「構想に想いを馳せる」ということも当然(そのとっかかり、初動においては)大事なのだが、実際のところはその段階にあるときに「事業が実際に開発される」ということはまず100%起こり得ないということだ。

「事業開発好き」なタイプに往往にして多いのが、「構想」のペーパーを一生懸命(綺麗に)創ることが好きな人。こういう人が実ビジネスを立ち上げ、マネタイズしたのを見たことがない。

実際問題、事業とはリアルなもので各論だ。
ひたすら計画(プラン)を練り、トライアルを実施し、ダメな部分をどう直せば良いのか、じくじくと考え続けることを100回、200回繰り返し続けることが、現実の事業開発というものだ。

夢や構想は外部の第三者に語ってあげるものであって、実プロジェクト内にある者の間では、瑣末な目の前の事実(良いことも、欠陥部分も、未完成なパーツについても)についてああでもない、こうでもないとこねくり回すことこそが、事業開発というものの醍醐味でもあり、しんどいながらに面白いところであって、ここを楽しめるか、ここにどっぷり浸かり続けられるかが、そのメンバーが真の事業開発者になれるか否かの最初の分かれ目だ。


kazuyuki0329inoue at 21:51|PermalinkComments(0)

2018年02月24日

Sat,February 24:第10期に向かう「計画・事業開発の1年」を開始。

本日の経営者JP社設立記念日をもって、設立9年目に入った。4月からいよいよ第9期スタートだ。

2019年には第10期を迎える。そこからが第2フェーズで、次の事業展開へと繰り広げ、そこからの10年計画の実行に入る。第9期まででの事業・組織足場の出来具合が、第2フェーズへの入り具合を左右するため、ここからの1年は非常に重要であると認識している。

一昨年度、昨年度、本年度と試行錯誤を繰り返してきている部分が幾つかあり、それについての集成と突破口となる仕掛けを2、3スタートさせる必要がある。

第10期を前にした、本日からの1年についてを「計画・事業開発の1年」と位置付け、日々関連ワークを積んでいくことにした。

事業開発関連のことや新展開に関連する計画のことについては、正直なかなかオープンな場では各論を記すことは当社事業戦略上、憚られるところも多いのだが、まあ、競合云々、業界云々ということを気にしていても仕方ないので、関連マーケットの進化、発展に貢献していくことも当社の役割だという大義を持って、よしなしの経過や仮説、トライアルの状況などもご紹介していこうかと思う。



kazuyuki0329inoue at 18:27|PermalinkComments(0)

2018年02月04日

Sun,February 4:立春、本日が本当の2018年スタート!

先月末に会食で伺った和食店の大将に、朱墨で「立春大吉」と書かれた短冊を頂きました。
二十四節気の最初の節気である立春に、玄関などに貼る厄除け札だそうで、禅宗のお寺の風習から来ているそうです。

今年は本日、2/4(日)が立春で(〜2/19頃の「雨水」の前日まで)、ここが二十四節気的には一年のスタートとなるとのこと。

そもそもは元旦に2018年の目標や誓いを設定していつつも、あっという間に1月も終わり、バタバタと日常に埋没すると、ともすれば早くもそれを忘れてしまいがちですよね。ですので、これはなかなかいい、最初のリマインドタイミングだなと^^

皆さんもよろしければ、ぜひ、1ヵ月経過のこのタイミングで、再度の2018年スタート、いかがですか?

「節分」はこの「立春」(スタート)前日に鬼を払うという風習なのですね。
2/3(土)に豆まきで鬼を家から追い出し、2/4(日)に「立春大吉」札で封印、厄除けをして新年をスタートするということなんですね。
ということで、今年はこれを忠実に実践してみました。鬼は外、福は内!さあ、改めて、2018年のスタートです!

kazuyuki0329inoue at 19:04|PermalinkComments(0)

▲ページトップへ