Wed,November 13:クリエイティブワーク、オペレーションワーク、フィジカルワークとAI。Sun,November 1:特徴ある事業を展開する企業の共通項。

2019年11月18日

Mon,November 18:「心理的安全性」で散見される誤用。

『ワーク・ルールズ! 』やGoogle re:Workでとりあげられて以来、「心理的安全性」がバズワードとなって久しい。かくいう僕も、講演などで触れることも多い。
で、この「心理的安全性」、正しく理解し紹介、活用している組織や企業ももちろん多いと思うが、どうもそここで安直に「心理的安全性」「心理的安全性」と言っていて、勘違いしている人(特に、自称・コンサルタントのような人たち)がかなり多いなと感じる。

正しい定義はGoogle re:Workに掲載されているので参照すれば良い。
http://bit.ly/2rWKSv5
-----------------------------------
心理的安全性: 心理的安全性とは、対人関係においてリスクある行動を取ったときの結果に対する個人の認知の仕方、つまり、「無知、無能、ネガティブ、邪魔だと思われる可能性のある行動をしても、このチームなら大丈夫だ」と信じられるかどうかを意味します。心理的安全性の高いチームのメンバーは、他のメンバーに対してリスクを取ることに不安を感じていません。自分の過ちを認めたり、質問をしたり、新しいアイデアを披露したりしても、誰も自分を馬鹿にしたり罰したりしないと信じられる余地があります。
-----------------------------------

要するに「思い切りチャレンジできる場」を指しており、そうした状況のセットアップが効果的なチームを作るということを明らかにしているのだ。

ところが勘違いさんたちはこれを、「心配せずに働ける場」「(雇用や立場が)守られた場」というような意味合いで使っている。概ねはブラック企業、ブラックな働かされ方への対立フレーズとして多用している。
もちろん安心して働ける、雇用が守られていることはとても大事なことだ。しかし、馴れ合い、甘え、安住、保身というような組織、また上司や周囲が部下や同僚に反対意見や間違っていることを指摘できないような組織は、いずれ崩壊するダメ組織だ。

いま、最も危ない組織は、「心理学的安全性」連呼でぬるま湯・仲良しこよし組織を維持しようとしている一派が主流を極めている組織だと思う。

kazuyuki0329inoue at 08:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Wed,November 13:クリエイティブワーク、オペレーションワーク、フィジカルワークとAI。Sun,November 1:特徴ある事業を展開する企業の共通項。

▲ページトップへ