「×AI」の時代を考えるにあたって、OS固めに必要な2分野の知識・素養。ベンチャー大型調達ブームの潮目に感じる、「実需が存在する事業」vs「見えない(存在しない?)事業」の境目。

2020年01月27日

クレイトン・クリステン セン教授、逝去に想う。

1/23、米ハーバード大経営大学院教授のクレイトン・クリステンセンさんが逝去されました。
イノベーションのジレンマやジョブ理論で、学会のみならず経営の現場に強く影響を及ぼした方で、世界中にファンの多い方だったと思います(僕もその一人です)。

経営理論の著書に勝るとも劣らない、キャリア論本とも言える
『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』
https://amzn.to/2O41xFb
は、いまでも折に触れ読み返しては心震える名著です。

長らく数々の病魔と闘っていらっしゃったと伺っていますが、その間も様々なメッセージを世界に与えてくださったクリステンセン教授のご冥福を心からお祈りいたします。


kazuyuki0329inoue at 08:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「×AI」の時代を考えるにあたって、OS固めに必要な2分野の知識・素養。ベンチャー大型調達ブームの潮目に感じる、「実需が存在する事業」vs「見えない(存在しない?)事業」の境目。

▲ページトップへ