現在の連載記事、今後の予定。2020年代に活躍するリーダーの条件、「ロジカルいい人」。

2020年02月27日

相場観、世の中標準の把握力。

社内研修でコンサルタントたちによる外部向け発信記事コラムの作成課題演習をおこなっている。
その発表&相互レビューワークショップを本日行ったが、改めて個々人が外部向けにコラムを書くと、色々と面白いことが分かるなぁと感じた。

ひとつ思ったのは、「世間一般の情報レベルをどう見るか(どれくらいの人が、どのことを知っている・知らない、と捉えるか)」「物事についての世の中の標準値をどう見るか(例えば昇進昇格世代感や、どれくらいの年齢のときにどのレベルの業務を経験している人が多いと捉えるか)」などについて、案外ばらけているのと、これについて芯をとらえていないと、おそらく読者の共感を得ることは難しいということ。

僕が決して優れているともすべて分かっているとも思ってはいないが、これまで様々なものを書いたり話したりしてきた中で、この部分については常にかなり情報アンテナを張っていて、それ相応に「おそらくは外していないだろう」ということを暗黙知的な大前提にした上で、内容を話したり書いたりしていることに、改めて気が付いた。

誰に教えてもらったものでもないのだけれど、こういう部分が発信者側にポジショニングされるか、受信者側にいるかを決めているような気がする。



kazuyuki0329inoue at 22:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
現在の連載記事、今後の予定。2020年代に活躍するリーダーの条件、「ロジカルいい人」。

▲ページトップへ