3

カテゴリ:
 今年から「昭和の日」と名前が替わった祝日、
4月29日。
 この日は先週80試合連続フル出場のJFL
新記録を達成した栃木SC・堀田利明選手の
32歳の誕生日です。
 SCは足利市でJFL注目の大勝負に挑みます。

 足利市といえば、パスが渡るだけでスタンドが
快足突破の期待で沸く永井健太選手の出身地。
 「去年も一昨年も足利の試合は出たんですけど
点を取っていない。今年は点を取りたいです!」
 ご当地試合を前に練習に力が入ります。
 強豪相手で攻撃ばかりに集中できず、守備にも
時間を割くとは思いますが、ぜひゴールシーンが
見たいものです。

 5勝2分、勝点17で3位につけるSC。
 6勝1分、勝点19。再び首位に立ったFC岐阜。
 SCは北陸(引き分け)→岐阜→横河武蔵野と、
無敗のチームと3連戦。前半の正念場なのです。

 両チームに共通するのは、アローズ戦でともに
退場者を出しながら引き分けでクリアできたこと。

 岐阜はその次の試合・流経大戦でDFラインを
中心に5人を入れ替えた。そして相手が格下とは
いえ3-0の快勝。栃木戦では警告累積や体調
不良で温存した主力が戻ってくることが
考えられる。

 しかし何といっても警戒すべきは決定力が高く
上手さが光る前線。
 左サイドのMF小島(山下とは東福岡高時代に
2トップを組む)やFW片桐が起点となって、
ジョルジーニョまたは和多田(どちらが先発で出る
かも注目)が決める。
 ジョルジーニョは先月正式契約を結んだ新戦力で
(よってJFLパンフレットには載っていません)、
名古屋・広島・徳島でプレー。広島のウェズレイ
(外国人初のJ100得点)の弟。
 この小島−ジョルジーニョの左サイドをどう
止めるかが重要になるでしょう。
 
<岐阜私の予想スタメン(4-4-2)>
GK:日野
DF:平岡または松田、深津(出場停止明け)
   小峯、中尾(警告3枚で前節温存)
MF:ボランチ=佐藤または斉藤、山田
   左に小島、右に北村
FW:ジョルジーニョ(途中から和多田)、片桐