{暴風竜巻夫婦 その2}

22218417_1484066051707716_5168207228979721194_o
ゴジラやガメラの樹脂製の爪や牙と違い、ウルトラ怪獣で多いのが、手足の爪や歯が白いペンキで塗られているの。
これもある意味魅力と(?)シーモンス、シーゴラスにも再現して白いペンキを剥がしていってます。以前作ったガボラも同じ手法です。
22256811_1484066375041017_4390643106157856963_o

22196174_1484066538374334_6571856105958865930_n
ただし、浅川さんの初代マンシリーズは爪がラテックスならそこまで再現されてますが、新マンのシリーズは爪も綺麗に作られていてそのまま再現という訳にもいきませんので落としどころを探ります。

22181364_1480799668701021_2307201503330340997_o
歯はムルチと同じ全部つながってる系、間に歯茎無しでいきます、ムルチも歯と歯の間に歯茎はありません。まさに新マン怪獣らしさ満点の特徴があちらこちらに見えます、こういった特徴は初代ウルトラマンやセブンでは見られない手法ですね〜〜!
電飾を組み込んで塗装していきます。
22221683_1480799758701012_865926356726216325_n
001
009
そしてラストスパート、ココからが一番楽しい時間です!!







{暴風竜巻夫婦 その1}

011
シーモンス、シーゴラスの目を再現する。

帰ってきたウルトラマンの怪獣でよくある表現なんで他の新マン怪獣にも応用できます。一度アーストロンでもやってるので同じ事を書くことを書くことになりますが、アーストロンは劇中、最初の怪獣で気合が入りすぎたのか黒目が3重なのでこれより塗るのが大変でした(苦笑)。

007
電飾で光らせる為にクリアーのメタルプライマーを使用、光を裏から当ててもダマにならないようにラッカーの白を薄めて薄めて吹きます。エナメルで描く黒目を何回失敗しても良い様にクリアーで厚めにコートしておきます。

黒目は光らせると小さくなるので黒目のモールドの外枠を一回り大きく描きます。

008
黒目の真ん中の黒目(白抜き)は位置を間違えるとロンパリになるので顔にテープ等で取り付けて位置を確認して美男美女に描く。

009
映像を観ると、黒目の虹彩が三角になっている、つまり白い虹彩(光ってるところ)は真っ直ぐなテープ等でマスキングしたのが判ります、真ん中の黒目の枠が無くならないぐらい細く切ったマスキングテープで再現していきます。重ねていって真ん中の枠が隠れてしまったら失敗です、更に細く切ったマスキングテープで再挑戦です。

010
白目をマスキングして黒を吹き、乾いたら全てのマスキングを剥がして再度白目をマスキングしてクリアーブラウンを吹いたら黒目は完成です。

白目は映像の様にクリアーの赤やオレンジ等で色を着けたら完成です。

{ティガの製作 その5}

003
仕事が鬼のように忙しくてなかなかキットを作ってる時間が無かった。。。。。本日仕上げます、撮影したらHPにアップします、よろしく〜〜

22195249_1478084458972542_1239467746154829318_n

22046666_1478084552305866_7543663356141632291_n

22089626_1478084482305873_4053108183060550863_n

{ティガの製作 その4}

001
同じく岡さんのキリエロイドと並べる、うん、すげぇカッコいい!!

早く仕上げて対決させたい!!

{ティガの製作 その3}

057
電飾用のベースを準備しました。

腕は接着だけでなく、裏からビスでガッチガチに補強、足はビルや学校等の剥がれた壁の落下防止用の業務用ステンレスアンカーピンを使用、接着剤やマジックスムースが絡むともう抜けません。
050

051

052

{ティガの製作 その2}

044
抜きのライン等、下地処理を済ませた状態です。

045
煮て中に残ってる溶剤を飛ばし、変形や歪みがあった場合、元に戻す作業です、鍋から流しにあけたところです。

布で拭き取ってやると、キットが熱くなってますからすぐに乾きます、乾いたら薬剤に付けて剥離剤を浮かせます。キツイ洗剤なのでゴム手袋は必須です。数時間漬けた後にクレンザーと中性洗剤を混ぜたものでお湯で洗浄します。
046

{ティガの製作 その1}

033
ハイライトの岡さんから『製作記事はどんどん公開して!!』と言ってもらえましたのでどんどん公開します(笑)
今までに無いポーズのティガの造型でありながら、見てたファンにはおなじみのファイティングポーズ、先日販売されたキリエロイドとも並べられます!!そしてキリエロイドと同じサイズなのでかなりデカい!!なかなかの迫力です!!

まずは電飾できるパーツ割に構造になってますので電飾します。目とカラータイマーだけなら本体のみに電飾キットと電源とスイッチを収めることも可能ですが、カラータイマーの赤点滅も再現したいのでベースを付けてそちらに電源やスイッチ等、いつものように取り付けますので、コードを通す為に足の裏までドリルで開口しました。
037

039

038

041

043
ハイ、このように線が中を通ります。

{キトラ・ゴメス その4}

016
転倒防止用のベースに固定して全体的に色調整、艶調整したら完成です。

雰囲気は伝わると思います、近日HPにアップいたします〜〜〜、よろしく!!

{キトラ・ゴメス その3}

21077443_1443226082458380_5052194228869948679_n
ゴメスの目はクリアーカバーの二重構造なんでクリアーカバーを作ってみる。

まずは2液型の粘土タイプのシリコン型で目の型を取る。
20994261_1443226089125046_3663912316757305300_n

20953799_1443226092458379_8392496573940769573_n

21034684_1443226085791713_4597991540229845664_n

取った型でエポキシパテで目を抜く。

21032519_1443226135791708_1020859128904252163_n
この程度の形状なら本格的なバキュームフォーム設備が無くても、ベニヤとコンロでなんちゃってバキュームフォームが可能です。

最後にバキュームフォームで抜いたクリアーカバーにエポキシパテの目をハメて、形に添ってデザインナイフで切り出したら完成です。

015
取り付けたらこんな感じです、いかがっしょ?

{キトラ・ゴメス その2}

173

001

ゴメスは総天然色ウルトラQの解析作業で判明した(モノクロフィルムには正確さは判らないまでも、その物が赤や青や緑といった色のデータは残されているそうな)後頭部の2本のツノがツノではなく腕にあるトゲと同じ表現だったり、ウロコの部位とゴジラの体表の部位が同色で塗られていたり、毛が黒系といったその時に判った知識を全て盛り込んで塗りましたが、今回はヤマダマサミさんのお持ちの資料と知識で更に頭の角と乱杭牙と手のカギヅメの新造部位がFRP樹脂そのままで着色されて無いらしいのと元々のゴジラの部位の歯と足の爪の違いも表現出来そうです。
こういった貴重なお話や、資料を製作に生かしていくのは本当に楽しいです!!
21034456_507671626236856_6863226452253929397_n

20992898_508246749512677_91738679117193841_n



来やがったやつら




Profile
Categories
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ