サイン会

私は、 株式会社アートデザインセンターの代表取締役を務めています。
25歳で会社を立ち上げ、一心に、 我武者羅に無我夢中で走ってきましたが、 気づけばもう還暦。 私はこれを節目に、 人生を賭けて戦ってきた会社経営と成果にこだわり続けた提案活動を一冊の本にまとめようと考えました。
そして 出版が決まり、いざ 筆を取る段になって、 なぜ今の自分が存在するのか。 なぜ、 私が二つの会社を経営するに至ったのか。
私はこれまでの人生を事細かく振り返りながら、 何がターニングポイントだったのかを探っていきました。そして、 導き出した結論。 それは間違いなく「出会い」でした。
 人は人と出会うことで、 学び、 刺激を受け、 触発されながら成長していくのです。
出会った時にはそのことに気づかなくとも、 長い間に熟成され、 いつしか礎となっています。
計算でもない、 計画でもない「出会い」が、 人の運命、 企業の運命をも変えてゆくのです。
「人は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」とは、 哲学者であり教育者でもある森信三氏の言葉です。人との出会い、 物事との出会いは、 偶然のように思えてもすべてが必然。たとえそれが、 我が身に降りかかる困難であったとしても、 後になれば必然だったと思えるというのです。したがって、 もし自分で解決できないことに遭遇した時も、 人の力を借りれば、 それがまた貴重な出会いへと発展していくのです。
この本は、 私自身の出会いの記録という視点から書き上げています。 なぜならこれらが何か一つ欠けただけでも、 一瞬早すぎても、 一瞬遅すぎても、 今日の私はなかったからです。
私はすべての出会いに感謝し、 出会った頃に想いを馳せながら執筆していきました。

Amazonでも購入できます。
https://www.amazon.co.jp/一心-横山-和之/dp/4344911741/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493016577&sr=8-1&keywords=一心

書店
三宮のジュンク堂三宮店、さんちか店、三宮駅前店、紀伊国屋神戸店