2011年01月11日

こんな寒い日は。

ネチョネチョしたいです。
  
Posted by kazz_mori at 10:59Comments(0)

2010年12月27日

地味に

復活。

いやいや、色々ありましたが…ウソー!なんもねーよ俺みたいなイケメンはよ!それもウソー!

突然ですが最近あったショッキングな出来事を発表しますジャジャン。


キンタマの毛に白髪がありました。それはホンマ。
  
Posted by kazz_mori at 11:18Comments(0)

2008年08月01日

久々の投稿。

はい〜。

突然ですが今うんこを我慢しております。

外回りしてまして、コンビニやらホームセンターやら寄ったんですが、全部塞がっとんねん。

2回ほどピークを迎えとんねん。


せっかくなので限界まで我慢してみます。
  
Posted by kazz_mori at 16:42Comments(3)

2008年06月07日

俺じゃなかったのねん。

どうも、ユパです。

正直、古き言い伝えの者は俺だと思ってましたよ。
それをあの小娘にいい所全部持って行かれてほんましばいたろかって話やで。

あの野郎『姫様姫様』とか言われてますけど、パンツ履いとらへんしYo!

俺のスモールオウムも怒りのあまり真っ赤になっとるやんけ。

俺な、本気出したら巨神兵に勝てるで。あんなフニャチン野郎やとは思わんかったな。

『焼き払えー』

ドーン。

『なぎ払えー』

ドーン。

ズズーン。


えええっ!

もう死んだん?

考えられへんわマジで。
アホかっちゅうねん。

それとほら、どっかの国の娘とノーパン姫様が入れ替わるシーンあるやろ。

あんなもんすぐバレるって。乳のデカさが全然ちゃうやろが。なんでバレへんねん。


ほんま不快やわ。

腐界だけに。
  
Posted by kazz_mori at 12:45Comments(2)

2008年04月24日

しゃあないな。

ライブドアからの催促メールがしつこいので久しぶりに投稿します。

しつこく迫られるのが好きだったりします。
仕事柄墨壺をよく使います。

墨壺とは昔からある大工道具で(大工だけとは限りませんが)線が真っ直ぐ書けるという代物です。

糸の先に針が付いており、木材の始点にその針を刺し終点を指などで押さえ、墨が付いてある糸をはじくと木材に線が付く仕組みになってます。

大工さんは黒か朱色の墨をよく使うので、俺はわざと紫色の墨を使うようにしてます。作業後は指に紫の墨が付いてしまいます。そんな紫色の指を見て、
『ああ、今日も働いたなぁ』
という気持ちになります。

色を変えることにより大工さんの墨とごっちゃにならいようにしてます。それと同時に自分で弾いた墨に責任をもつようにもしてます。


結局俺が言いたいことは、


そのままションベンしたからチンコが紫になったよ。


てこと。
  
Posted by kazz_mori at 19:23Comments(1)

2008年04月07日

裏・入園式。

今日は長男の入園式でした。

担任の先生が2人。そのうちの1人が加配の先生。


どちらも若くて俺好みです。

さっそく長男の奴は先生のひざに座り、乳を押してけられていました。

俺は心の中で、

『パパも!パパもー!』

と叫びましたが、その叫びは届かなかったようですね。ゲヒヒヒ。
目覚めよ息子。

そして父を歓ばせよ。

お迎え楽しみ。
  
Posted by kazz_mori at 14:50Comments(3)

2008年03月04日

パルプンテ。

昨日、仕事でお客の家に行きました。

定期点検です。

洗面台の扉がズレていたので直してやろうと思って開けてみました。

調整ネジの位置まで荷物が入っていたので一旦出しました。

すると、箱が4つ飛び出してきました。


『激うす』


確かに箱にはそう書いてありました。

これはいけないと思い一箱づつ丁寧に元通りに片付けてました。

最後の箱だけやたら軽かったでーす。
  
Posted by kazz_mori at 09:24Comments(5)

2008年02月24日

こんちわ。

朝から次男のオムツが外れてることに気付かずに抱っこしてたら、ブリブリー!

The クソまみれ。

公開スカ〇ロショー。
こんちわ。The KAZzです。

昨夜は20:00頃に長男を寝かせてたらそのまま一緒に寝ちゃいました。

おかげで今日はすこぶる体調が良い。

せっかく体調が良いのに日曜出勤。ガビーン。

朝起きた瞬間ウルルン滞在記を見逃したと思ったら、きょうが日曜日でした。良かったのー。
  
Posted by kazz_mori at 12:35Comments(5)

2008年02月14日

まだ構いませんよ。

チョコは俺が死ぬ日まで受け付けております。
  
Posted by kazz_mori at 20:51Comments(2)

2008年02月11日

人の事言えませんが。

昨日の夜はファミリーでバイキングに行って来ました。

肉やら寿司やら食い放題なんです。

飲み物の後ろのコーナーにキムチ鍋がありました。

良い匂いがするので並んでいると、

前のデブ女が、モタモタモタモタ。どうやらそのデブ女は豆腐が嫌いらしく、豆腐を避けながらよそってました。またその豆腐を避ける動作が非常に遅く、
『あっ、また入ったブヒ。』

とか独り言を言う始末。
すると、俺の後ろに並んでいたヤンキーの男がブチ切れて、

『はよせーやデブー!』

しかしながらそのヤンキーは体が小さく、俺の体で隠れてしまいます。

デブは恐る恐る振り返り、(振り返る動作も遅い。)

俺に、『ブヒー!すいませーん!ブヒヒヒヒー!』

俺が言うたことになっとるやんけ。

それからメス豚はテンパってしまい、穴開きのおたまで汁をすくいながら、

『あれ?あれ?ブッヒー!』

さすがの俺も、

『ちょっとだけ急いで頂けますか?』

『あと一杯だけ!あと一杯だけで終わりますから!』

なぜかメス豚半ギレ。
俺は素早くキムチ鍋をおわんにすくい、席に戻りました。

偶然にもデブの席が俺達ファミリーの斜め前。

デブもファミリーで来ていました。

オトンもオカンも見事なデブ。

メス豚の奴がオトンに告げ口したのだろう。
関取みたいなオトンが俺をジーッと睨んでいるではありませんか。
滅多に外食しないファミリーが久々に外食しただけで、なぜ関取に睨まれなければならいのでしょう?


キムチ鍋が予想以上に旨くて、俺はメス豚が席にいるのを確認した上でもう一回取りに行きました。

すると、なんと言うことでしょう。

汁は空っぽで豆腐だけが山盛り残ってるではありませんか。


あのデブいつの間に取りに行っとんねん。

やれば出来るじゃねーか。


そんな日曜日。
  
Posted by kazz_mori at 12:37Comments(3)