June 27, 2010

151 2010年6月19日

Convocation 2010b2010年6月19日ついに卒業式の日を迎えた。2年間苦楽を共にし、切磋琢磨しあったクラスメイト同士「おめでとう」と握手を交わしながら嬉しさをかみ締める。この日の為にわざわざ日本から遠路はるばる足を運んでくれた母から、残念ながら海外出張が重なり式に出席できなかった父から、2年前に暖かく送り出してくれた多くの友人からと多くの方から祝福のお言葉を頂戴し、嬉しさを改めて実感した。2008年7月から始まったKellogg School of Management在学中の約2年の間、人生20年分位に相当するのではないかと思うくらい新しい発見・経験・学び・気付きがあった。またこの2年間それなりに苦労も努力も多くあったし、仕事をしながら受験を進めていた頃からも含めると足掛け4年に渡って続いたMBA修了までの長い長い道のりを無事歩み終えた達成感は非常に大きいものである。

その長い道のりで得たもの=前述のい新しい発見・経験・学び・気付きとは一体何ぞやというと、書いても書いても終わりが見えない程あると思うが、何十年経っても自分の血となり肉となって生きてくると思われるものを挙げてみたい。


conv0002“想の転換(思考の柔軟性):グループワークが多く課せられるKelloggのカリキュラムが非常に強く影響している点である。これは自分で学んだというより、様々なバックグラウンド(職業・国・将来のキャリア志向等々)をもったクラスメイトとケーススタディの設問に対する問いを議論したり、イベントの企画運営をしたりして、自然に身についたものと考えている。自分が全く考えもしなかったアイデアをクラスメイトが出し、「あ〜そういう考え方もあるんだ、なるほどね」とひざをポンとたたく、目から鱗が出るなんてことはしばしば。逆に自分が普通だなつまらないなぁと思っている内容でも言ってみると、相手側が同じように感じたり。。。。これからビジネス界に戻って難しい課題に直面したとしても「こうできないかな」「こんなのはどうかな」と色々な方面からアイデアを出す姿勢が身についたのではないだろうか。


conv0001引き出し:1年目の授業で一時期がっかりしていたのが、MBAでは高度な勉強をしているんだろうなと思っていたがその予想に反し、習う内容はビジネスのイロハ。会計なら貸方・借方からはじめるし、マーケティングやストラテジーなら4P 3C 5 Forces、ファイナンスならNPV IRR FCF を学ぶ訳で、「そんなの大学生レベルじゃん」と一時期ふてくされていたこともあった。(だからといって、成績が全てAだったという訳ではないので偉そうな言えないが、、、、、汗)しかし2年目になって選択授業で様々なケーススタディに取り組んでいると、その「イロハ」をいかに使ってシンプルに考え、多くの人に納得してもらえるシンプルな解決策を早く打ち出せることが求められ、「イロハ」の重要性を実感した。難しい課題に直面したときに、「そういえば、あの時ならったあの基本コンセプトを使えないかな」「あれとこれを組み合わせたらどうかな?」と、答えのきっかけになる引き出しが多く頭の中に蓄積されたと感じている。


20090323_070807_EOS 40D_01ネットワーク:どんなに柔軟な思考ができて、多くの引き出しがあっても所詮は1人の人間が考え行動できる範囲は限られている訳で、その限界を打ち破れることは非常に重要である。答えに詰まったときにヒントをもらったり助言をしてくれる仲間は、その限界を打ち破ってくれる原動力であり、そういった仲間が世界に色々な業界に飛躍的に増えた。また自分が誰かの為に知恵を出したり、アドバイスをできる場面が今後出てくることは非常にワクワクする。この2年間、さらにいうと受験期間も含めた4年間で新たに知り合った仲間とはこれからも切磋琢磨しあうことになるだろう。これは間違えなくMBA修了への道のりでえた一番の財産である。


conv00108月からは新しいキャリアのスタートを切ることになるが、Convocation Speakerとしてスピーチをしてくださったクラフトフーズの最高経営責任者Irene Rosenfeld氏のアドバイスをいつも頭においてこれからも努力を続けて生きたい。「常にチャレンジを忘れず、自分の夢を常に追い続けること!仲間を大切に!そして迷ったときは自分で答えを出すこと!」


卒業の喜びをかみ締めると同時に言葉では言い表しきれない感謝の気持ちで今は一杯でる。これまで31年間いつも暖かく見守ってくれ、この長い道のりを歩み終える支援をして両親に、そして苦しい時にいつも応援してくれたり愚痴を聞いてくれた多くの友人に対し心から感謝の気持ちを伝えたい。



kazzz747 at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 26, 2010

150 欧州旅行記21 ウィーンその2 (12/31)

20091231_171223_EOS Kiss X220091231_172437_EOS Kiss X2大晦日であるこの日は、欧州旅行も最終日。この日はウィーンで過ごす大晦日ならではの過ごし方をできた。なんとあの超有名なニューイヤーコンサートが開催される楽友協会内のコンサートホールで弦楽合奏を聞く機会をえたのである。残念ながら同コンサートが開催されるメインホールではなく、収容人数200名程度の小ホールでの演奏であったが、綺麗な花が所狭しと飾ってある美しいコンサートホールの雰囲気はそのままであった。またコンサートにおしゃれをして訪れている人々がインターミッション中に談笑している雰囲気は、シカゴでシカゴ交響団のコンサートには内もので、今まで経験がしたことのない「ハイソ」(?)な雰囲気であった。

20091231_190816_EX-S12夜はオーストリア版の酒場「ホイリゲ」に出かける。ガイドブックによると夜7時以降は郷土音楽が生演奏され、ほろ酔いの客が歌って踊る楽しい雰囲気とのことだったが、この日はカウントダウンパーティに常連客が集まるらしく夕食時は店内が閑散としていて残念だった。メインの酒となるのはオーストリア版ボージョレヌーボーのような新ワインで冷やした軽い白ワインがすっきりしていて美味しかった。つまみは肉・肉・肉。塩味が利いていてワインが大分進んでしまった。


20091231_210759_EX-S12ウィーンの締めくくりはアメリカでは絶対お目にかかることの出来ない、甘さ控えめで上品な味わいで見た目にも美しいケーキ。(こちらもアメリカではなかなかお目にかかれない)濃い目にいれたコーヒーとともにゆっくりと頂く。心地よい甘さをかみ締めながら2009年を振り返っていると年が明けるまでもう15分を切っていた。カウントダウンは夜店も出ていてにぎわっている市庁舎前に。Happy New Year!!の掛け声と共に人々が思い思いに持ち寄った打ち上げ花火やロケット花火がいっせいに着火され、賑やかに2010年を迎えた。



kazzz747 at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)欧州旅行記 

June 15, 2010

149 欧州旅行記21 ウィーンその1 (12/30)

20091230_125425_EOS Kiss X220091230_125622_EOS Kiss X2大晦日が迫った30日はこの旅の最終目的地ウィーンを満喫。まずは恒例となりつつある(?)世界遺産めぐりから。市の中心部から電車で15分程にあるシェーンブル宮殿を訪れた。ハプスブルク王朝が歴代離宮として使っていたといわれるこの建物には1400部屋もあるとか(うち40部屋が見学可能)部屋の豪華さではベルサイユ宮殿に勝るとも劣らないレベルで数世紀前の貴族・王族の権力の強さを改めて感じたように思う。個人的にはベルサイユ宮殿よりも内装の保存状態が良く、よくメンテナンスされているシェーンブルン宮殿のほうがお気に入り。(中が写真撮影禁止なのが残念)

20091230_140418_EOS Kiss X220091230_145021_EX-S12宮殿訪問後は市の中心部に戻りシュテファン大聖堂近くにある、シュニッツェル(子牛のカツレツ)で有名なフィグルミュラーで遅めのランチ。地元民、観光客共に強く支持されている店とは聞いていたが、14時を回っていたので入れるだろうと行って見たものの、甘い甘い。30メートルほど列が出きていて待ち時間は1時間近くと店から通告を受ける。ウィーンを訪れた友人全員が薦める店ということもあり、空腹と寒さに耐えなが1時間弱待ち、ついにシュニッツェルにありつけた。高校時代によく家族で通ったイタリアンレストランで気に入っていたカツレツミラネーゼを思い出させる味が懐かしく、サクサク・アツアツのカツを一口食べたら、この行列に納得感が一気に出た。しかもサラダ、シュニッツェル、グラスワインで30ユーロもいかないリーズナブルさにビックリ。フィグルミュラーを訪れるだけのためにまたウィーンに行きたいと思う程美味しかった。ブルドックソースの中濃またはウスターを置いてくれてたらさらに評価は倍増(笑)

20091230_175349_EOS Kiss X220091230_185840_EOS Kiss X220091230_210622_EOS Kiss X2ランチ後は年末セールをウィンドーショッピングしながら夕方まで過ごし、夜はウィーン国立歌劇場でバレーを鑑賞。写真にあるボックス席の最後列のドア横のスペースに長いすをちょこんと置いた「特別席」の格安チケットを予約しておいたのだが、これが大正解。ステージの1/3が見えなくなってしまうが、オペラ座の内部の雰囲気を味わうことを主目的とするとたったの10ユーロで入れてしまうので非常にお得。この日の演目はクリスマスシーズン恒例のくるみ割り人形。2008年にサンフランシスコで観たくるみ割り人形と比較すると、サンフランシスコのほうがダンスに切れがあるが、ウィーンのほうがステージの演出や衣装に華やかさがあるような印象を受けた。

20091230_181208_EX-S1220091230_220616_EOS Kiss X2バレー鑑賞後は、オーストリアを訪れた必ず食べなければならない、ザッハトルテをはじめとしたチョコレートケーキを堪能。アメリカでは絶対お目にかかれない繊細な色使い、絶妙な甘さ、上品さを兼ね揃えたケーキに舌鼓を打つ。クリスマスシーズンのイルミネーションが豪華なショッピング街をとおりホテルに戻る。

kazzz747 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)欧州旅行記