April 2009

静岡ホビーショー直前情報 Part.1

静岡ホビーショー直前情報 Part.1

〜飛行機編〜

 早いもので静岡ホビーショー開幕まで1ヶ月を切りました。せっかくご来場していただくわけですから、お客様が失望しないよう魅力あふれるアイテムを展示すべく東西に奔走中です。そんななか一足早く会場で展示予定のアイテムを紹介していきましょう。

海軍機ファン待望のファントム登場!

 まずは飛行機関連からということで、発売以来好評をいただいておりますホーガン「Mシリーズ」から新製品をご案内です。
 今回の目玉は、ネイビーフリーク感涙の艦載機2種です。ひとつはおなじみF-4ファントム兇任后K棆肇▲瓮螢軍からは全機引退をしていますが、日本の航空自衛隊をはじめまだまだバリバリの現役です。無限に近いバリエーションのあるなかから、ホーガンでは定番中の定番ともいえるVF-84とVF-111をチョイスしてきました。

 6474-1

 




F-4B VF-84 ジョリーロジャーズ #6436 3,990円(税込み) 

6719-1







F-4B VF-111 サンダウナーズ #6443 3,990円(税込み)

 スタイリングはこのスケールでは珠玉の出来と自信を持って言えるクオリティです。胴体後半の絞込み、主翼形状やその角度など丹念なリサーチが実を結んでいます。カラーリングも繊細で、主翼上面のNO STEPマークや細かな塗り分けもバッチリ決まっています。
 アーマメントはAIM-9サイドワインダーにAIM-7スパローが満載の空対空仕様を再現。ミサイルの帯も細かく印刷されており、迫力満点となっています。ちなみにパッケージにはF-4 Phantom NAVAL VERSION と印刷されているので、AIR FORCEタイプも期待大です。

6719-2
 

 

旭日? いいえ、大洋に沈む太陽なんです。

6474-2






スカル&クロスボーンで有名なジョリーロジャーズです。


オールダイキャストで可変翼を再現!

 さて、もう一方の新製品は、待ってましたの声が聞こえるF-14トムキャットです。アメリカ海軍ではすべてリタイア、イラン空軍も飛べないため、先輩のファントムよりも早い完全引退となってしまいました。まあ、本来の任務が旧ソ連の戦略爆撃機迎撃用でもあったため、当然といえば当然ですが・・・。

 6580-1

 

 


F-14A VF-111 サンダウナーズ #6252 3,990円(税込み)


 そんなトムキャット、最大の特長である可変翼はもちろん可動。さらに主翼はダイキャスト製なので質感は◎です。まず登場するのは旭日マークで有名なVF-111サンダウナーズとなります。ノーズアートも入れられカラフルなものとなっています。


VF-111-3VF-111-2VF-111-1

 




ダイキャスト製の主翼は左右連動でスムースに動きます。

武装はサイドワインダー、スパロー、そしてフェニックス搭載の艦隊防空空対空仕様です。増槽タンクにもシャークティースが印刷され精悍さをかもし出しています。ファントムに負けず劣らずカラーバリエーションのあるトムキャットです。サンダウナーズの後も続々と登場することが確定しております。以前、このコーナーでも試作品を紹介しておりましたが、今回は市販品とほぼ同じクオリティとなっています。もちろん、ホビーショー会場でも展示いたしますので、ぜひご来場いただき直接ご覧ください。画面からでは得られない情報がゲットできると思われます。

F-14-2 


 





空対空ミサイルが満載です。


ブラックバード開発中です!

 さて、最後にホーガン社より飛び込んできたBIGなニュースをお届けします。今のところ開発中のCAD画面となりますが、話題を呼ぶこと必至な機種の開発がスタートしています。詳細はまだまだ未定です。ホビーショー会場ではある程度開示できるかとは思われますので、御質問等ございましたら、お気軽のお声をお掛けください。


20090430191401403_000120090430191401403_0002




ただいま基本設計進行中です!

雑誌掲載のお知らせです

4月30日発売『Racing on(レーシング オン) 6月号』にて、弊社オリジナルの『KBモデル 耐久シリーズ』が紹介されています。

モデルごとの細かな『ウンチク』も記事として掲載されていますので、ご一読ください。

IDEAIDEA 広告

話題のコンセプトカー

2008年パリモーターショーで発表となったコンセプトスポーツカー『GT by シトロエン』ソニーのプレイステーションの人気ソフト、『グランツーリスモ』とデザインを共同開発。 シトロエンが考える21世紀のスポーツカー像だそうです。

 

シトロエン社のデザイナー山本卓身氏がグランツーリスモのプロデューサー、山内一典氏と親交があることから始まったプロジェクト」、というのは有名なお話。

 

このクルマ、先日発表された『ルイ・ヴィトン・クラシック』にてプロトタイプモデルを対象とした『コンセプト・アウォード』を受賞。 独自のデザインが評価されたものと思われます。 ちなみに、シトロエンは2007年にも『Cメティス』にて同賞を受賞しています。

シトロエンデザイン、ステキです。

 


シトロエンと強力なコネクションを持つ『ノレブ』がこのコンセプトカーをどこよりも早くモデル化、リリースします。

主にコンセプトカーをレジンにてモデル化しているブランド『プロバンス ムラージュ』 からの発売となりますので、そのシャープなデザインの再現はなかなかなものです。

先日の『ニュルンベルク トイショー』にてすでに展示されていましたが、近日、日本でのリリースが決定し、そのサンプルが入手できましたのでご紹介いたします。

ジックリご覧ください。

 

P3185782

 

 

 

 

 

 

 

 

P3185803

 

 

 

 

 

 

 

 

P3185797

 

 

 

 

 

 

 

 

P3185796

 

 

 

 

 

 

 

 

P3185799

 

 

 

 

 

 

 

 

P3185794

 

 

 

 

 

 

 

 

近日入荷、¥7,800(税抜き)にて発売予定です。


※ご注意 : 今回紹介致しましたモデルは『サンプル品』のため、発売される商品とは仕様、価格が異なる場合がありますことをご了承ください。

蟾餾殍念廛曄璽爛據璽
記事検索
  • ライブドアブログ