1968年末に活動を休止して以来沈黙を守っていたホンダのレース活動は、まず79年に2輪のワールドグランプリへ復帰。 つづく80年にはヨーロッパF2へ2リッターV6エンジンを引っさげ登場し、翌年にはシリーズチャンピオンを獲得。 そしてついに83年7月のイギリスグランプリ、ホンダは再びフォーミュラ1の戦いの中へ舞い戻った。
 しかし、その戦いは決して楽なものではなく、壊れるエンジンとパワーに対応できないシャシーのトラブルシュートに追われながらの初年度であった。
 
 第2期と呼ばれるホンダのF1活動の中で、その始まりに位置しているのが、『スピリット HONDA  201C』。 F2ベースのシャシーに強力なパワーを誇る新エンジンを搭載した車体は、見れば見るほど機械としての魅力が満点。むき出しのターボチャージーやウエストゲート、インタークーラーとそれに繋がる配管などが複雑に絡み合いレイアウトされた車体後部は、ミニチュアモデルとしても迫力があり、ホンダのターボエンジンに対する荒削りな取り組みが垣間見えます。

 レーヴコレクションにてモデル化するホンダF1第2期、その始まりに位置する『スピリット HONDA 201C』、1:43スケール、¥7,665(税込)にて近日発売です。

3

フォワードウイングを外した姿は、メカがむき出し
910ac73b.jpg


いかにもドラッグの大きそうなサイドポンツーンとリアウイングがこの時代のトレンド
d09406c6.jpg


メカ部分の再現性もレーヴコレクションのこだわり
6b6abacb.jpg