念願のフェラーリ移籍を成し遂げ、その緒戦で優勝を飾る。 「アロンソ、やはり只者ではない!」と、誰もがそう思った2010年シーズンの開幕戦でした。

今シーズンのレッドブル、マクラーレン等には性能の劣るマシンで、その後もチャンスがあれば勝ちに行く熱い走りを披露し、多くのファンは歓喜。 シーズン後半に入ると、マシンの性能も向上し、成績も徐々に上向き、チャンピオン争いを面白くしているドライバーの一人ですね。

今週末開催の鈴鹿を含めたのこり4戦が楽しみです。

 



そんなアロンソの乗るフェラーリF10がハイクオリティブランドのBBRより登場します。

 

PA067120


フェラーリF10は、マルチディフューザーに特化したコンセプトを持ち、その効果向上のためにエンジンを前傾させて搭載するという徹底したデザインが特色。 シーズン前のテストから安定したペースで長距離の走りこみに成功。 信頼性の確保が十分に出来ていたため、開幕戦1-2フィニッシュ(フェラーリにとっては2年ぶりだそうです)を成し遂げました。

 

『バーレーンGP仕様』はバーコード模様も鮮やかなカラーリングが魅力。 ミラー位置は規制以前のため、サイドポンツーン側面に設置、ホイールカバーの装着が禁止されたことへの対応策として前後ホイールには空力効果を狙ったディスクが装着されたり、バージボードがちょっと前方に設置されていたり、細かなところまで忠実に再現されています。

 

 

PA067106

 

PA067105

 

PA067116


PA067108

中国GPより登場したFダクトは、トルコGPでは操作方法を改善。 左手の甲で開閉を操作していた仕組みをマクラーレン同様に足で操作するようシステムを変更。 ステアリングから手を離さなければならなかった問題を解決してきた。 このモデルでもコックピット内のパイプまで再現できていればすごかったけど、それはちょっと欲張りすぎですね。

しかしながら、リアウイングへとつながるドーサルフィンに内蔵されたパイプの形状や、大きなトピックスでもあるF1出場800戦を記念したスペシャルカラーリングを美しく再現。 成績はいまひとつでしたが、モデルとしては見所満載です。

 

PA067107

 


PA067100

 

PA067095

 

 

PA067118


これらのサンプルは、来週開催の全日本模型ホビーショーにて展示予定です。

発売まではもうしばらくお待ちいただくことになりますが、ご予約の前にジックリと出来栄えをチェックしていただくチャンスです。

皆様のご来場お待ちしております。