2005年10月28日

東京モーターショー生写真特集vol.4 [スズキ LC]

無表情くんLINEスタンプ販売開始

無表情くん2LINEスタンプ販売開始

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始

職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

LCのフロントサイド今回は、市販予定車ではありませんが、今すぐにでも市販化してほしいほどのかわいい軽自動車「LC」を、たくさんの生写真でどこよりも詳しく紹介します。
この車、若い人には斬新なデザインに見えるかもしれませんが、40代以上の人にとっては懐かしいデザインに思えるでしょう。
実は、1967年にデビューした「フロンテ360 LC10」をモチーフに、現代版にアレンジしたデザインなのです。
「LC」という車名も、そこから名づけられているに違いありません。
メッキリング付きの丸型ヘッドライトだけでなく、フロントグリルの形、ボンネットのプレスライン、ボディサイドのプレスラインなど、細かい部分まで忠実に再現しているのが印象的です。


サイドこの車は、今では珍しい存在の2ドアクーペになっています。
定員も2名ですが、その代わりに余裕の室内空間や軽自動車とは思えない伸びやかなスタイルを実現しています。
ボディサイズは3200×1475×1390となっていて、あえて軽自動車枠よりも20cmほど短い全長と低い全高のコンパクトなボディとしています。
今ではほとんど見かけることのないフェンダーミラーやホワイトリボンタイヤなどもしっかり再現しています。


リヤサイドリヤ周りもとてもまとまりの良いデザインになっていて、やはり「LC10」を見事に再現したデザインになっています。
ブレーキランプやウィンカーなどのレイアウトはほとんどそのままですし、バックランプのあったところには、代わりにバンパー埋め込みのマフラーを設けるなど、非常に上手くアレンジされています。
リヤフェンダー上についているエアダクトらしきものは、リヤエンジンだった「LC10」に付いていたエアダクトを再現したものです。
ちなみにこの車はFFです。


ドアハンドル他小さなメッキのドアハンドルはとってもおしゃれです。
先端部分を押し込んで開けるようになっているようで、操作性は良くはありませんが、この車ならOKって感じですね。
ちょっと、ユーノスロードスターのドアハンドルを思い出してしまいます。
ウィンドウの縁にはメッキモールが付いていて、これもレトロな感じですね。
ステアリングホイールも「LC10」の2本スポークデザインを再現していますが、内側のメッキの円はなんとパドルシフトのレバーになっていて、最新の装備とレトロなデザインをうまく融合させているところに感心します。


インパネインパネは、センターコンソールを持たない薄めのデザインで、これも昔の軽自動車のイメージです。
ところどころにオーディオやエアコンなどの切り替えスイッチらしきものがりますが、仮に市販することになれば、さすがにこのままでは何も操作できないので、インテリアのデザインは大幅に変更されることになるでしょう。
メーターはステアリングコラムを取り囲むように設置されていて、これもなかなか斬新です。
メーターの文字は、虹色のグラデーションになっていて、これも斬新。
写真では見えにくいですが、アクセルとブレーキのペダルは靴底のような形になっていておもしろいです。


正面から正面から見ると、かわいいだけでなく、迫力もなかなかありますね。
最近は、軽自動車でも左右のシート間をなるべく広げて窮屈さを感じさせないようにするのが一般的ですが、この車はあえてシート間の距離を縮めて、隣に座っている人との心の距離も縮めようというコンセプトなのだとか・・・。
確かに、シートがほとんどくっついてますね。
エンジンは3気筒DOHCで、ミッションは4ATとなっています。


余裕のスペース二人乗りとしたことで、トランクを持つデザインでも余裕の居住空間を実現しています。
シートもかなり大きめで、ロングスライドも可能らしいので、小さなボディでも意外に快適な空間になっているようです。
一般的に軽自動車はロードノイズなどが室内に侵入しやすいのですが、この車はデザイン的にボンネット内やトランク内にノイズが逃げやすいので、静粛性の高さも期待できます。


今のところ発売の予定は無いようですが、もし発売されることになれば、スバルR1の強力なライバルになることは必至で、スポーティなバージョンもあればダイハツコペンのライバルともなり得るかもしれません。
2人乗りというのが気にかかるところではありますが、スズキは過去に2人乗りスポーツカーのカプチーノを発売していますし、最近まで販売していたツインも2人乗りでした。
コペンだって2人乗りでもコンスタントに売れているわけですから、モーターショーでの反響が大きければ、この「LC」の市販化も夢ではないと、私個人ではそう感じました。

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始
職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

[軽の中古|軽自動車の中古車検索ガイド]

[軽自動車購入ガイド][軽自動車の…]

[スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|ウェアラブル端末ライフ]



kcar at 11:16│Comments(6)TrackBack(1)東京モーターショー2005の記事一覧を表示 | 軽自動車の記事一覧を表示

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. スズキLC  [ 気分は迎撃戦闘機(笑) ]   2005年10月28日 18:02
今回の東京モーターショーの出展車両の中で、気に入った1台が、このスズキのLC 玩具の世界に出てきそうな可愛らしさ レトロチックで遊び心がありながら、直ぐに商品化できそうなところも良いと思いました。 チョットしたお使い車や遊び車として楽しそうな1台だと...

この記事へのコメント

1. Posted by どんみみ   2005年10月28日 18:04
初めまして

当方のブログへの虎張り有難う御座いました。

このスズキ「LC」
可愛くて良いですネ

直ぐに市場投入出来そうな完成度も魅力です。
ナカナカの出来だと思っています。

市場投入してくれると楽しいですネ
2. Posted by Oh!Kei   2005年10月29日 00:09
コメントありがとうございます。
LCは会場でも人気を集めていましたね。
こういうデザイン優先の車は私も大好きなので、ぜひ発売してほしいです。
3. Posted by 湯   2005年10月30日 13:17
LC良いですね。
R1e(R1のショーモデル)のように、デザインを変えたり、
背が高くならなければ買いたいです。

スポーツ仕様のワークスにも期待しています。
4. Posted by Oh!Kei   2005年10月31日 01:27
インテリアはこのままでは無理でしょうけど、エクステリアはこのままいけそうな感じがしますよね。
私もスポーツ仕様があればかなり売れると思います。
5. Posted by ツインエー   2005年12月21日 16:45
ツインを転倒で壊してしまい、現在中古ビートなんですが、ツインの経済性、取り回しの良さが忘れられません。
ツインの車高を低くした車が理想なので、それに近いLCがMTで販売されたら嬉しいです。
6. Posted by Oh!Kei   2005年12月21日 18:12
ツインエーさんコメントありがとうございます。
いつもNさんのサイトさんでお見かけしてます。

LCは本当に市販してほしいですよね。
走行性能も期待できますし、2ドアクーペのスタイリングも大好きです。
レースのベース車としてもいいですよね。
ワンメークレースなんか似合いそうです。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
120*90_abst