2005年11月24日

東京モーターショー生写真特集vol.31 [ダイハツ HVS]

無表情くんLINEスタンプ販売開始

無表情くん2LINEスタンプ販売開始

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始

職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

HVSのフロント今回は、モーターショーに参考出品されたダイハツのハイブリッドオープンスポーツカーであるHVSについて、生写真とともに詳しく紹介します。
この車は、コンパクトカーを得意とするダイハツが開発したまったく新しいコンセプトカーです。
HVSは、(Hybrid Vehicle Sports)の頭文字をとったもので、コンパクトなボディとハイブリッドシステムの採用による、高い動力性能と環境性能の両立を目指しているのが最大の特徴。

ボディサイズは、3715×1695×1235となっていて、ホイールベースは2235mmとなっています。
これは、マツダの初代ロードスターを24cmほど短くしたようなサイズ。
全長は数値上ではかなり短いのですが、2シーターオープンで全高も低いため、そんなに短い車には見えず、存在感はなかなかです。

ダイハツはすでに軽オープンスポーツカーのコペンを販売しているだけに、このHVSの仕上がりもなかなかのレベルです。
ボンネットが低くスポーツカーらしいスタイルで、デザインはこのまま市販できそうなくらい現実的なものですが、ヘッドライトはもうちょっとかっこいいデザインにしてほしかったですね。

リヤリヤビューは、ヘッドライトと同じ形状のリヤコンビランプとバンパー埋め込みのセンター2本出しマフラーが特徴。
これらはコペンでも採用されている手法で、コペンの成功からアイデアを発展させたコンセプトカーであることをうかがわせます。

搭載されるエンジンは、1.5Lの4気筒DOHC(109馬力/14.4kgm)となっていて、これでも十分楽しい走りが期待できるのですが、この車はこれに前後計3つのモーターを組み合わせたハイブリッドカーとなっています。
モーターの出力など詳しいことはわかりませんが、2.0L並みの動力性能ということなので、おそらくモーターアシスト時には150馬力/20.0kgmくらいの性能を体感できるはず。
おそらく1tを切るであろうこのコンパクトボディに、これだけの動力性能を持っていれば、スポーツカーとして存分に走りを楽しめるはずです。

ミッションはCVTを採用しているらしいですが、マニュアルモードによる自由な変速も可能なようです。
駆動方式は、基本はFF(エンジン+2モーター)で、加速時や旋回時などはリヤのモーターが駆動して4WDになるというシステム。
リヤのモーターは左右の駆動力を制御可能なため、コーナリング時もより安定したトレースが可能となっています。

この優れた駆動システムによって、205/40R17のスポーティなタイヤとハイパワー+4WDという不利な条件でありながらも、35km/L(10・15モード)という優れた燃費を実現しています。

インパネインテリアは、低く角度の立ったフロントウインドウや斜めに傾斜させたダッシュボードなどによって開放感が得られるように工夫されているのが特徴。
また、センターコンソールの幅を細くすることで、コンパクトなボディでありながら居住性も保たれているという点もうれしいですね。

メーターはフードの無い2眼タイプで、中央にはモーターの状態などを表示するディスプレイも装備されています。
ナビのモニターはリトラクタブルタイプになっていて、不要時はすっきり収納されるなど、細部にまでこだわりを感じるインテリアです。

ドアにはしっかりとしたアシストグリップが装備され、本革で厚みのあるシートはホールドを重視した形状。
ステアリングコラムにはパドルシフトのレバーもあり、スポーツ走行をしっかり考えたインテリアとなっています。

使い勝手の面では、ドアトリムに可動式のドアポケットを装備しているほか、ステアリングスイッチなども装備。
また、コペンと同じく電動オープンのメタルルーフが収納されていると思われるトランクルームはかなりの長さがあり、後輪用モーターを積んでいるとはいえコペンよりは実用的なサイズとなっていると思われます。

まだ参考出品の段階であり、具体的な市販の予定はないようですが、コペンが初めてモーターショーに出品されたときよりは現実味のある車だと思います。
既存パーツの流用などが見られないため、このまま市販されることはないと思いますが、次のモーターショーで細部が変更されて出品されるようなことがあれば、市販化は間違いないでしょう。
ただ、ダイハツは今後単独の小型車を販売しない方針のようなので、トヨタにOEM車を売る気があるかどうかも市販化の検討に影響を与えるでしょう。

ロードスターが2.0Lの3ナンバーとなり、MR−Sも生産終了が決まっているという中で、このHVSはコンパクトオープンスポーツカーのファンにとっては期待の大きい車です。
ハイブリッドでなくても十分魅力的ですが、1.5Lで35km/Lの燃費なら維持費も相当に安くなるため、コペンからの買い替え需要も見込めます。
ぜひ市販を真剣に考えて欲しい一台ですね。

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始
職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

[軽の中古|軽自動車の中古車検索ガイド]

[軽自動車購入ガイド][軽自動車の…]

[スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|ウェアラブル端末ライフ]



kcar at 21:58│Comments(0)TrackBack(2)東京モーターショー2005の記事一覧を表示 | スポーツカーの記事一覧を表示

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ■ダイハツ『HVS』■  [   ]   2005年11月24日 22:21
フロントに1500そそのエンジンとモーター2個 リアにもモーター2個 そう、ダイハツオリジナルのハイブリット どんなシステムなのかが興味あるのですが 25km/リットルの好燃費と0-400m加速17秒の走り コレは楽しいですよ! こういうの待ってたんです??!
2. 東京モーターショー・ダイハツ編  [ 気分は迎撃戦闘機(笑) ]   2005年11月25日 05:25
05101919東京モーターショー(ダイハツ編) を、フォトギャラリーに追加しました。 写真は、超低燃費コンセプトカー「UFE??3」です。 どうもデザイン的に、どこかで見た様な気がしてなりません(笑) 展示車両の中では、「HVS」が面白いと思いました。 ア...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
120*90_abst