2009年11月03日

東京モーターショー生写真特集vol.7 [ダイハツ イース]

無表情くんLINEスタンプ販売開始

無表情くん2LINEスタンプ販売開始

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始

職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

イース今回は、市販化が濃厚なダイハツのコンセプトカー「イース」について紹介します。
※写真はすべてクリックで拡大できます。

イースは、ハイブリッドシステムなどに頼らず、既存技術による工夫だけでリッター30km/Lという超低燃費を実現した軽規格のコンセプトカーです。
全高や全幅はミラと同じですが、大胆なフロントマスクで存在感があります。


イースのフロントサイドこのまますぐに発売してもよいくらいのまとまりのあるデザインです。
車両重量はなんと700kgと超軽量。
フェンダーなどボディの一部を樹脂製とするなど、徹底して軽量化を図っています。


イースのサイドビュー全長は、他の軽自動車よりも30cmも短い3100mm。
ホイールベースも、2175mmしかありません。
このコンパクトボディと様々な軽量化の努力が、燃費性能の向上につながっています。
単にコンパクトなだけでなく、ホワイトルーフの採用などによってスタイリッシュな外観になっているため、他人とは違う車に乗りたいという人にもおすすめです。
最小回転半径は4.0mで、軽乗用車の中では最小レベルなので、小回りも利きます。


イースのリヤサイド最近では珍しい3ドアハッチバックのボディ。
しかも、リヤはガラスハッチになっていて、デザインもユニークです。


イースのリヤビューこの車のエンジンは、ダイハツの新世代エンジンKF型を第二世代へと進化させたもので、アイドリングストップシステム採用のCVTと組み合わせることにより、超高効率なシステムを実現しています。
さらに、近い将来に直噴2気筒で燃費を3割以上向上させた次世代エンジンも登場する予定で、軽自動車の環境性能は今後飛躍的に向上することが期待されます。


ヘッドランプヘッドライトは、ディスチャージヘッドランプと色の映りこみを軽減したウインカーランプ、そしてLEDポジションランプと、かなり先進的です。
このまま市販されるかは微妙ですが、軽自動車のヘッドライトもこういったものが主流になっていくでしょう。


リヤコンビランプリヤコンビランプにもLEDが使われています。
軽ではeKワゴンがすでにLEDを採用しているため、このまま市販される可能性もありますね。


タイヤタイヤサイズは、165/55R15のようです。
エコカーというと細いタイヤを使っているケースも多いですが、この車はタントなどと同じ立派なサイズになっているので、見た目もかっこいいですね。
タイヤも、転がり抵抗の少ないタイヤを採用していて、燃費の向上に役立っています。


イースのインパネインパネはシンプルなデザインで、限られた居住空間を少しでも有効に使うため、膝周りを凹ませたデザインになっています。
オーディオパネルには既存車種と共通のパーツが使われているため、この車が市販を前提としたコンセプトカーであることがわかります。
しかし、エアコンパネルは既存車種にはないデザインなので、デザインが変更されるか、あるいはこのデザインが今後のダイハツ車に採用される新しいデザインなのか、いずれかでしょう。
メーターには、様々な情報をグラフィカルに表示する液晶ディスプレイを装備。


イースのフロントシート短い全長で4人乗車を可能とするために、フロントシートは極限まで薄く設計されています。
薄くてもしっかりしたクッション性を持たせるために採用されたのが、ネットシート。
フレームにネットを張った状態のシートは軽量化にも役立ち、これだけで5kgも軽量化できたのだとか。
市販車にそのまま採用されるかは微妙ですね。


イースのドアトリムドアトリムもこのまま市販できる状態に仕上がっています。
2ドアでドアが大きいため、ドアアームレストも大きめ。
インテリアはシンプルですが、キーフリーシステムなどの便利機能はしっかり装備されていますので、このまま発売されても不満はなさそうです。


イースは、ハイブリッドカーと違い、既存技術の応用で作られた車であるため、販売価格の安さも期待できます。
エコカーとしての魅力だけでなく、コンパクトでスタイリッシュなボディは、使い勝手やデザインにこだわるユーザーからも支持を受けそうですし、R1の後継車種としてスバルにOEM供給されてもおもしろいと思います。

ぜひとも市販してほしい車ですね。

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始
職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

[軽の中古|軽自動車の中古車検索ガイド]

[軽自動車購入ガイド][軽自動車の…]

[スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|ウェアラブル端末ライフ]



kcar at 17:10│東京モーターショー2009の記事一覧を表示 
120*90_abst