2009年11月07日

東京モーターショー生写真特集vol.12 [ダイハツ バスケット]

無表情くんLINEスタンプ販売開始

無表情くん2LINEスタンプ販売開始

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始

職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

バスケットのフロント今回は、ダイハツの軽規格のコンセプトカーである「バスケット」について紹介します。
※写真はすべてクリックで拡大できます。

フロントは、初代ラパン似の愛嬌のある表情が特徴。
プロジェクター式ヘッドランプの周りを取り囲むポジションランプがユニークです。


ダイハツ バスケットこの車、ルーフの左右が取り外せるTバールーフを採用していて、4人でオープンエアードライビングを楽しむことができるようになっています。


バスケットのサイドビュー全高は1550mmで、立体駐車場にも対応したサイズ。
ホイールベースは既存車種と同じ2490mmですが、165/65R15という大きめのタイヤサイズと、フルタイム4WDにより、悪路走行にも対応しています。


バスケットルーフシステムは、前半分がTバールーフで、後ろ半分は幌になっていますので、多彩なアレンジが可能です。
また、後席は折りたたんで格納することができ、2シーターとして軽トラックのような使い方もできるようになっています。


バスケットのリヤビューこの荷台はまさに軽トラ。
でも本格的な農作業用ではなく、家庭菜園などのスローライフを想定した車です。
こういう車って、ありそうでなかなかないですよね。


バスケットのインパネインテリアもカジュアルでやさしい印象です。
シート生地だけでなく、インパネにまで麻のような質感のプリントを施しているのがユニークです。
オーディオのデザインも、昔のアナログラジオのようで、懐かしい雰囲気が漂います。
田舎道をまったりのんびり走るのがとっても似合う車ですね。


アイデアとしてはおもしろいし、このまま発売してもそれなりに需要はありそうな車ですが、既存パーツが使われていないところを見ると、今のところ市販を前提にした車ではないようです。
ダイハツは、毎回4WDの遊び車をコンセプトカーとして提案していますが、どれも市販には至っていませんので、この車も今回限りで消えていく可能性が大きいです。
どのメーカーも軽SUVのモデルチェンジを先送りしている現状においては、こういった4WD車の登場もおもしろいのではないかと思いますので、ぜひ市販を検討してほしいですね。

マイナス思考【無表情くん】ネガティブ編LINEスタンプ販売開始
職場の会話【OL編・綺麗系お姉さん編】LINEスタンプ

[軽の中古|軽自動車の中古車検索ガイド]

[軽自動車購入ガイド][軽自動車の…]

[スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|ウェアラブル端末ライフ]



kcar at 15:46│東京モーターショー2009の記事一覧を表示 
120*90_abst