K猫のDENファン日記

NFLデンバーブロンコスのブログ NFLやアメフトに興味のある方よろしくい願いします! リンクの別ブログもよろしくお願いします!!

16年シーズン ポジション別振り返り WR編



WR振り返り

デメアリアス・トーマス
16試合(16先発)、90キャッチ1083ヤード5TD、2ファンブル(2ロスト)

エマニュエル・サンダース
16試合(16先発)、79キャッチ1032ヤード5TD、1ファンブル(0ロスト)

ジョーダン・ノーウッド
14試合(6先発)、21キャッチ232ヤード1TD、5ファンブル(3ロスト)

ジョーダン・テイラー
16試合、16キャッチ209ヤード2TD、1ファンブル(1ロスト)

ベニー・ファウラー
13試合、11キャッチ145ヤード2TD

コーディー・ラティマー
12試合(1先発)、8キャッチ76ヤード

カリフ・レイモンド
4試合、スタッツなし


総評
   ジュリアス・トーマスを失い、ウェルカーが衰えた14年シーズンから早3年。補強しなかったツケを払う羽目になりました。FAでサンダース獲得(昨オフの契約延長も)が無ければ今頃リーグ最底辺レベルのユニットになるところでした。横這いどころか低下してますからね…
   デメアリアスは落球がー…と言われたシーズンでしたが、結果的に90キャッチ。これで5年連続の90キャッチ1000ヤード超え。ただし、TDは毎年減少していています。それでも厳しいところで頼れるエースでした。
   サンダースはさすがですね。キャッチ数はデメアリアスに軍配が上がりますが、クラッチキャッチ(特に3rdダウン)で活躍。困った時の戦術サンダースが多かったです。契約延長も活躍を考えれば安いですし(3年33M)、これからもよろしくお願いします
   ノーウッドは…彼をスロットのトップにした首脳陣のミス。単発で活躍するので何とも言えないです…
   暗雲漂うWRの中において唯一の光明はテイラーの台頭でした。マニングのお墨付きをもらって主にスロットで出場。波に乗り切れなかったものの、落球しないのは大きいです。今年に期待
   ファウラーとラティマーはSTで活躍しました。ラティマーはそんなポジションにいるべきではないんですけどね…ロスター残れたのも奇跡ですから今年でおさらばでしょう。
   レイモンドは同タイプのマッケンジー取ったのでロスター落ちですかね…


17年展望
    ついにドラフトでWRを補強。スロットとして、また飛び道具での活躍が期待されます(マッケンジー先発もありえます)。同時に彼らはKR、PRでも期待されていますので、ST専門はいなくなると思います。ラティマーはほぼ確実にロスター落ち。ファウラーも危ないかもしれません。オフェンスでも活躍できる選手が残ると思います。

16年シーズン ポジション別振り返り RB編


・2年目DTアダム・ゴトシスが急成長を遂げているようです。彼が開幕先発に名を連ねて実力を発揮するのが楽しみです


RB振り返り

C.J.アンダーソン
7試合(7先発)、110回437ヤード4TD、16キャッチ128ヤード1TD

ディバンテ・ブッカー
16試合(6先発)、174回612ヤード4TD、31キャッチ265ヤード1TD、4ファンブル(3ロスト)

カプリ・ビッブス
12試合(0先発)、29回129ヤード、2キャッチ75ヤード1TD

ジャスティン・フォーセット
4試合(3先発)、43回155ヤード1TD、7キャッチ34ヤード、2ファンブル(1ロスト)

アンディー・ジャノビッチ
11試合、4回33ヤード1TD、5キャッチ44ヤード

ジュワン・トンプソン
8試合、8回26ヤード1TD


  開幕先発はエースのCJが務めたものの、シーズン中盤に膝の半月板損傷で離脱。それ以降ランの獲得ヤードは低迷し、オフェンスが停滞する一因となってしまいました。
   CJはいつもの如く粘り強い馬力のある走りを見せ、オフェンスのリズムを作ることに貢献。途中で無念の負傷となったものの、今年のキャンプはしっかり体を作って参加するなどエースの風格が増して来ました。
   ブッカーは先発になってから振るわず。原因としては、視野が狭く、カットが苦手なことが挙げられます。簡単に言うとゾーンRBとしての適性が低かったわけです…だからホールのセレクトミスが見られました。しかし、ホールがしっかり開けば抜けるスピードは持っていますし、狭い空間でもしっかりステップを踏んで抜ける技術の高さが光りました。タックルされても必ず前に倒れるタフさはお気に入りです。アサイメントのランも増える今年は去年より活躍が見込まれます。
   ビッブスはトレードでSFへ放出されました。OAK戦で見せたRBスクリーンは良かったです。新天地でも頑張ってください。
   ジャノビッチは久々のFBでしたが、素晴らしい活躍。ラン、パス、ブロックに大活躍でオフェンスの幅を広げました。怪我でシーズン半ばで終えたのが残念です。線が細いので、もう少しバルクアップ出来るとより良いと思います。
   フォーセットは終盤にゾーンRBとして活躍。今年をもって引退しました。お疲れ様でした。
   トンプソンは主にSTでの活躍となりました。


   今年はドラフトでアンダーソン、FAでチャールズというスピードタイプのRBを補強。今のロスターを補完する形になりました。後はローテしつつ負担を軽減してランを出していきたいです。試合をランでコントロール出来れば完璧。

16年シーズン ポジション別振り返り QB編


・ルーキーミニキャンプがありました。ボーカルリーダーはドラ1のボールズだったそうです。インタビューでも意識の高い発言が多く、かなり期待できそうです。

・NFL Top100でCBクリス・ハリスが63位でした。昨年は52位です。今年はAll Proにも選出されたリーグ屈指のCBなのに63位…彼の評価が高くなる時は来るのでしょうか…悔しいですね



それでは振り返り

トレバー・シーミアン
14試合(14先発)、289/486(59.5%)、3401yds、18TD10INT、31被サック、Rate84,6、4ファンブル(2ロスト)
ラン28回57yds

パクストン・リンチ
3試合(2先発)、49/83(59%)、497yds、2TD1INT、9被サック、Rate79.2、2ファンブル(0ロスト)
ラン11回25yds

   第3QBだったオースティン・デイビスはいただけなので割愛。
   マーク・サンチェスとの先発争いに勝利したシーミアンが先発。最初7試合は開幕4連勝に始まり6勝1敗という成績だったが、後半7試合は2勝5敗と失速。結果的に2010年以来プレイオフを逃しました。失速した原因にCJ離脱によるラン攻撃の低下、OLの不振などシーミアンにとって良くない状況が多かったです。試合をコントロールしたいのに、逆に対戦相手にやられる場面が多かったです。
   リンチはわずか3試合だったものの、パスだけで得点ドライブを指揮するなど非凡な才能の片鱗を見せました。しかし、パス精度を見ればわかる通りまだまだ発展の余地はあります。被サックが多いのはほとんどサンブレロがビーズリーにやられたものです。ポケットワークは総じて良かったです。
   今年は先発争いが起きてますが、球離れの良さ、ポケットワーク、肩の強さ、ポテンシャルなどを考えるとリンチ有利だと思います。どちらがなるにしろドライブ継続力、3rdダウンでのパス精度、サイドライン際へのパス精度が重要になると思います。QBが成長すれば去年の成績を上回り、プレイオフが見えて来ると思います
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

K猫のTwitter
シーズン終了。PO傍観NFLファンブログやってます! K猫のDENファン日記、k猫のアメフト入門書管理人 ブログもよろしくお願いします(*`・ω・)ゞ
QRコード
QRコード