国立音楽大学ブラスオルケスター公式ブログ

国立音楽大学ブラスオルケスターの近況などをご報告いたします!!

*ブログをご覧のみなさまへ*
国立音楽大学ブラスオルケスターの情報をメディア担当が綴っていきます。
私たちの活動を少しでも知っていただければ幸いです。

©2011-2012 Kunitachi College of Music Blasorchester 当ブログ内の写真などの無断転載等を固く禁じます。

国立音楽大学ブラスオルケスター第53回定期演奏会

久々の更新申し訳ありません。
本日、国立音楽大学ブラスオルケスター第53回定期演奏会が無事終了致しました。多数のご来場誠に有り難うございます。
今年も指揮は、本演奏会で4回目のご登場となるパリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団首席指揮者フランソワ・ブーランジェ先生。ブーランジェ先生のダイナミックなタクトは今年もバンドから最高の音楽を引きだし、素晴らしい演奏をつくりあげてくださいました。先生と共に音楽を作り上げることが出来たのは、これ以上ないような幸福です。また、今年の演奏会ではソリストとして国立音楽大学ジャズ科教授のジャズピアニスト小曽根真先生をお迎えし、ラプソディ・イン・ブルーを共演しました。小曽根先生の音楽を肌で感じながら共演することが出来たのは学生たちにとって大きな刺激であり幸福です。本日は学生皆がこれらなどの幸福をかみしめながら、楽しい時間を過ごしました。
このような演奏会を行うことが出来たミラクルが聴きに来てくださった皆様に伝わり、演奏会が幸福で楽しい時間として過ごして頂けたのでしたら幸いです。

帰国後レポートvol.8 「最後に・・・」

なんとか年内にミッドウエストクリニック演奏旅行のレポートを終えることができました。
これまでお読みいただいたみなさま本当にありがとうございました。言葉たらずなことも多く、読みにくいことも多々あったと思いますが、少しでも僕たちの活動の様子を知っていただけたら幸いです。

そして今回の演奏旅行に際してご協力いただいた関係者のみなさま本当にありがとうございました。
1年前から計画を練り、様々なことを実現してくれた三浦先生をはじめ、多くの先生方、大学職員の方、スタッフの学生、そしていろいろとサポートしてくれた同級生や後輩たち、保護者の方々、他にも多くの方々のおかげをもって演奏旅行を無事に終えることができました。この場をお借りして感謝申し上げます。

当初は演奏旅行に関して学生間でも意見がぶつかりあったり、どうすればみんなが気持ちよく演奏旅行に行くことができるか多くの悩みや様々な問題がありました。音楽の世界はご存じのようにとても厳しく、メンバーを選抜する際にも学年関係なくオーディションに合格しなけらばならなかったり、セクションごとにいろいろな小さな問題もあったり、挙げればきりがありません。けれども先生方や職員の方はどの方法が最善か、常に学生のことを考えてくれて無事今回の演奏旅行を迎えることができました。このような機会を学生に与えて下さり本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回、演奏旅行に参加できた学生はこのことを必ずいろんな人や後輩たちに語り継いでいってほしいと思います。そしてよりよいバンドを目指して、モチベーションをあげてこれからもがんばっていければと思います。


今年度中の吹奏楽の授業としての活動はありませんが、サークル活動などでまだまだ学生の演奏会は多く開催されます。多くの方々に足を運んでいただき、学生の演奏活動を応援していただければと思います。そして来年度の国立音楽大学ブラスオルケスターの演奏会にもぜひお越しください。


ひとまずメディア担当としての仕事は終わりとなります。来年度は新しいメディア担当が引き継いでくれると思いますので、ホームページ、ブログ、ツイッターとも、これからもどうぞよろしくお願い致します。

今までありがとうございました!!みなさまよいお年を。

メディア担当
ユーフォニアム4年 弘中優大



帰国後レポートvol.7 「ファイナルコンサート」

12月17日はいよいよファイナルコンサート当日。朝早めに朝食をとり、しっかり体調を整えて会場入りしました。音だしをしてリハーサルの後、写真撮影をしました。
DSC01276
みんなとっても良い表情をしています。会場はとても響きにくいところですが、なんとかリハーサルも無事に終えることができました。

こちらは今回のコンサートの指揮者である三浦先生、ハンズバーガー先生、ブーランジェ先生、そしてソリストの武田先生。豪華な顔ぶれです。
DSC01278

そしてリハーサルが終わった15分後には開演しました。両国国歌で幕を開け邦人作品、委嘱作品、ウインドアンサンブルのオリジナル作品、オーケストラのアレンジ作品。様々なジャンルに取り組んでいる国立音楽大学ブラスオルケスターの活動を多くの人に知って頂けたことと思います!
DSC01295

DSC01298

 終演後はスタンディングオベーション、そして鳴りやまない拍手、歓声。思わず鳥肌が立ちました。こんなに素晴らしい貴重な経験ができ、本当に一生の宝物です!

DSC01299

終演後は本当に多くの方々から声をかけていただいたり、一緒に写真をとってくださいと言われたり、本当に幸せなひとときでした。

その後片づけを済ませ、レセプションでは久しぶりの日本料理をおいしくいただきました。
DSC01304

翌日はまた朝早くにホテルを出発し、シカゴオヘア空港から日本へ帰国しました。
これにて演奏旅行の日程をすべて終えました。

アメリカ演奏旅行
無事帰国しました!
帰国後レポートはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
第51回定期演奏会より
  • ライブドアブログ