BONGBROS RECORDS blog

Kyoto/Shiga based hiphop posse "BBR"

2021.9.10(fri)DIALOGUE RADIO SPver@南堀江ISANDLA

第二金曜日の恒例企画となった
南堀江ISANDLAにて公開収録する
DIALOGUE RADIO
DJ GAJIROHによるRADIO MIX
今回は夏の終わりに
西海岸HIPHOP二時間特別編
をお届けする予定です。

下記リンクは過去のプレイがチェックできます。
また当日20:00頃から
オンタイムで楽しめます!!


http://isandla.jp/radio.html


dialogueradio































































































DJ GAJIROH
”DIALOGUE vol.7”
2021年上半期
ベストセレクション
こちらから

↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 


2021.9.24(fri)PROPS KYOTO@OCTAVE
B-COSMO GAJIROH 

2021.8.27(fri)PROPS 10th ANNIVERSARY@SOCORE FACTORY

前回は特別に
神戸で開催されたPROPS。
大きな反響でしたね。
今回は大阪に戻り
SOCORE FACTORYにて
10周年記念としてMonjuより
16FLIPとSlowcurv
のお二人を招いて
開催されます。
BBRよりGAJIROHが参加します。



IMG_2228IMG_2229


























































































DJ GAJIROH
”DIALOGUE vol.7”
2021年上半期
ベストセレクション
こちらから

↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 



2021.8.21(sat)MAD SONIC2021超夏休み@TRIANGLE OSAKA

土曜日はアメ村三角公園前の
TRIANGLE OSAKAにて
MAD SONIC2021超夏休み
が開催されます。
ご覧の通り圧巻の一言です。
18:00より入場できます!
BBRよりGAJIROH MUKECCHOが
参加します!





IMG_2226IMG_2273


























































































DJ GAJIROH
”DIALOGUE vol.7”
2021年上半期
ベストセレクション
こちらから

↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 


2021.8.27(fri)PROPS@SOCORE FACTORY
GAJIROH


2021.8.13(fri)DIALOGUE RADIO@南堀江ISANDLA

そろそろ恒例企画となった
南堀江ISANDLAにて公開収録する
DIALOGUE RADIO
DJ GAJIROHによるRADIO MIX
下記リンクは過去のプレイがチェックできます。
また当日20:00頃から
オンタイムで楽しめます!!


http://isandla.jp/radio.html


dialogueradio































































































DJ GAJIROH
”DIALOGUE vol.7”
2021年上半期
ベストセレクション
こちらから

↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 



2021.8.21(sat)@TRIANGLE
GAJIROH MUKECCHO

2020.8.10(tue)DJ GAJIROH ”DIALOGUE vol.7”CD盤発売開始!!

旬を詰め込んだ季刊盤
DIALOGUEの七作目が
CD盤で発売を開始しました!!

20210715_dialogue_vol7































https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 



2021.8.21(sat)@TRIANGLE
GAJIROH MUKECCHO

2021.7.31(sat)BLUEPRINT vol.2@chambers SKO BAR SIDE

今週土曜日は
BLUEPRINT vol.2
が開催されます。
木屋町にあるchambers内部の
SKO BAR SIDEにて行われます。
BBRよりMUKECCHOが出演します!


Image





























































































DJ GAJIROH
”DIALOGUE vol.7”
2021年上半期
ベストセレクション
こちらから

↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 


2021.8.21(sat)@TRIANGLE
GAJIROH MUKECCHO

2021.7.24(sat)VANDALISM vol.5@十三峠展望台

土曜日は八尾と平群を結ぶ
道路の峠にある展望台で
VANDALISMが開催されます。
標高は400Mほどあるので
少し羽織れるものがあると
良いかもしれません。

またM.AのLIVE開始時刻は
普段より早い0時過ぎになります。
雨天の場合は中止になります。

image0






























































































DJ GAJIROH
”DIALOGUE vol.7”
2021年上半期
ベストセレクション
こちらから

↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 


2021.7.31(sat)BLUEPRINT vol.2@SKO BAR
MUKECCHO

2021.8.6(fri)@大阪
STINKY SCIZA  

2021.8.7(sat)@West Harlem
MUKECCHO

2021.8.21(sat)@TRIANGLE
GAJIROH MUKECCHO

2021.8.28(sat)BORN FREE@METRO
BBR

 

2021.7.23(fri)PROPS KOBE@THE CASTLE

大阪でハイスキルDJ'sによって
毎度開催される
PROPS
今回は特別編で神戸で
行われます。
LIVE BEATBOX BEATLIVE DANCE
盛りだくさんな内容です!




IMG_1917IMG_1918
































































































DJ GAJIROH
”DIALOGUE vol.7”
2021年上半期
ベストセレクション
こちらから

↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 

2021.7.24(sat)VANDALISM vol.5@十三峠(八尾ー平群)
MOTOACCE

2021.7.31(sat)BLUEPRINT vol.2@SKO BAR
MUKECCHO

2021.8.6(fri)@大阪
STINKY SCIZA  

2021.8.7(sat)@West Harlem
MUKECCHO

2021.8.21(sat)@TRIANGLE
GAJIROH MUKECCHO

2021.8.28(sat)BORN FREE@METRO
BBR

 

2021.7.19(mon)DIALOGUE vol.7配信開始!!

本日より
DJ GAJIROHによる
新譜MIXの最新作
”DIALOGUE vol.7”
配信リリースします。
本年上半期のBESTセレクションな
仕上がりになっています。
先ずはこちらから
↓↓↓↓↓

https://vestyet.thebase.in/items/48703481



20210715_dialogue_vol7











































































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 

2021.7.24(sat)VANDALISM vol.5@十三峠(八尾ー平群)
MOTOACCE

2021.7.31(sat)BLUEPRINT vol.2@SKO BAR
MUKECCHO

2021.8.6(fri)@大阪
STINKY SCIZA  

2021.8.7(sat)@West Harlem
MUKECCHO

2021.8.21(sat)@TRIANGLE
GAJIROH MUKECCHO

2021.8.28(sat)BORN FREE@METRO
BBR

 

2021.7.17(sat)FLYWHEELS@TRIANGLE OSAKA

大阪ではアメ村トライアングルにて

ALIVE INDUSTRY
×
TARALEBA
presents
”TALIVE JAM”

のアフターパーティーとして
開催されます。
BBRよりGAJIROHが出演します。



image0


















































































Jazzy Sport Kyotoの3周年を記念してローンチされたJSKミックス・シリーズの第二弾がリリース! 

今作は、京都/滋賀の同世代のメンバーを中心として構成され活動している Hip Hopクルー兼レーベル、 BONG BROS RECORDSのメンバーであり、 数々のMix CDを世に送り出している京都の最重要DJ、DJ IIDAのスロージャム・ミックス! マスタリングはgrooveman Spot! Guy、Babyface、Johnny Gill、Bobby Brown、、、と聞いただけでもオトナには堪らない ラインナップですが、更には問答無用のスロージャム・クラシック、Keith Sweat「Make It Last Forever」、2Pacの「Keep Ya Head Up」ネタでもお馴染みZapp「Be Alright」使いの H-Town「Knockin' Da Boots 」、 Kendrick Lamar 「 Poetic Justice」でVo.がまんま使われた事も記憶に新しいJanet Jackson 「Any Time, Any Place "R.Kelly Remix”」などなど、 80年代後半〜90年代初頭にかけてブレイクしたR&B、ブラコン・クラシックス&隠れた名曲に焦点を絞ったスムース且つウェットなスロージャムをじわじわとIIDA流に見事に構築。IIDAの長年培った造詣が深いナレッジとミックスさばきが光る、正に「2021年夏のスロージャム決定版」!

〈コメント〉 
Jazzy Sport Kyoto 3周年おめでとうございます! まだまだ気の許せない状況が続いてますが、とてもチル出来るMIXCDだと思うので是非GETしてくださいね!
- grooveman Spot

〈DJ IIDA プロフィール〉 
京都/滋賀 出身の同年代のメンバーを中心に構成されたHIPHOP POSSE 兼レーベルBONGBROS RECORDS 所属。 HIPHOP界のレジェンドEl Da Sensei(Artifacts)やAli Shaheed Muhammad(A.T.C.Q.), illa J , Jeru The Damajaなどを迎えたMIX CDシリーズ「BLUE MADNESS」を始め数々のMIX CDを自身らで運営する"BONGBROS RECORDS"からリリースしている。 そのプレイスタイルはHIPHOPを軸にR&B,SOUL,FUNK,DISCOからDOWN BEATや四つ打ちに至るまで新旧問わず様々なジャンルを取り入れる。 最近では"BORN FREE"、"music kitchen"へのレギュラー参加を中心に、選曲の振り幅の広さから規模や場所を問わず様々なパーティーへ活動の場を広げている。

Artist:DJ IIDA
Title:Up To U 
Cat No.: JSKMIX-002
Format: MIX CD

Total 73min 


d8c88033041060a4d5ed9e99cf2c3897
























































































































































































































2019年6月26日
ICIN/M.A
発売開始!


M.V
STEEL WHEEL feat Kodai The Monk /M.A 





M.V
hate to love




M.V
SMOKING GUNN




M.V
STONE WAY






1DIGITRAY1pocket2ori[kampu]_omote































 レコードディギングとビートメイキングのその先に、、、

探し当てたサンプルソースのコラージュアート。

アナログサウンドに魅せられた男は、使命を帯びて個を貫く!

"ICIN"  Produce & Composed by M.A 


<プロフィール>

京都を拠点に活動するクルーBONG BROSMC/BEAT MAKER

MC= MOTOACCEとしてクルーやユニット(STINKY SCIZA/S.K.S./FIRE STONE)、ソロでの活動を展開。

そしてBEAT MAKER=M.AとしてBONG BROSサウンドの核となり、RAWMATな独自の音像を作り上げ、BONG BROS,STINKY SCIZAの作品の他、2枚のフルプロデュースアルバムをリリース。

アナログサウンドを追求した孤高のスタイラー。



S/SPECS(フルプロデュース)

2019 M.A/ICIN 



<アルバム紹介>

今作品は、初めて自身の名義"M.A"としてコンポーザー/プロデューサーを務めたもので、ラップアルバムであり、インスト曲も重要な役割を担う内容となっている。客演陣はクルーのメンバーを含め、京都での深い繋がりのある人選であり、言わばM.Aが監督した映画のサウンドトラックの様なアルバムと言えるだろう。


彼の音楽を聴く上で、知っておくとより深く楽しめる要素を3点ほど紹介したい。


 ,泙困蓮掘り師(Digger)としてレコードディギングをライフワークとし、HIP HOPの礎となってきたブラックミュージックをベースに、今作品にも和モノ含むアジア・中近東・ラテンなどの素材が使用され、より<Discography>

2010  BONG BROS/Virginal Discharge

2011  Yuksta-Ill/"Questionable Thought"/Questionable Thought Album収録

2012  BONG BROS/The Pains Of Childverse

2013  grow/the door(フルプロデュース)

2014  STINKY SCIZA/TRUTH & ABSTRACT EP

2017 HYBRID BROTHERワールドワイドな音楽性を内包している点。

 ⊆,棒什酳法だが、これはBONG BROS1stアルバムから継続している手法であり、M.Aの音の質感を決定付けるものである。2台の80'sビンテージサンプラー(AKAI MPC 3000 & E-MU SP 1200)を愛機として、アナログサンプリングによってのみ構築する製作スタイルである。

その時代のトレンドにアプローチする事よりも、自分が好きな音を追求し、普遍的な良い音楽を作りたいという姿勢は彼の職人気質であり、今作でも濃厚なアナログサウンドを楽しんで頂きたい。

 そして最後に、ミキシング・マスタリングまでを自らで行ったという点。つまりは素材探し(DIG)から作曲・作詞→レコーディング→ミックス・マスタリングまでの殆どの行程を監督している事になる。

最初から最後まで自らが携わる事によって、個性を薄めずにクオリティーコントロール(品質管理)され、丹精込めた細やかな音作りが彼の真骨頂なのである。


過去の音楽遺産を掘り当て、数々のレアグルーヴに刺激されながら作り上げたサウンドは、どうしようもなくHIP HOPでありながら、いわゆるブーンバップ的なものとも少し違う。

そしてプログラミングの音楽なのだが、一音ずつが演奏しているかの様に有機的に絡み合い、聴き入る程に脳を楽しませてくれるBEATが揃ったアルバムとなっている。

多様なトラック群の上にラッパー・シンガー・演奏者が個性を発揮し完成した"ICIN"は、M.Aの音楽を更に高みへ推しあげるもので、世界中のHIP HOPリスナー・ビートジャンキーにとどまらず、ジャンルの垣根を越えたあらゆる人達に贈る2019年の最進化形HIP HOPである。

P.E(BONG BROS)






< BONG BROS RECORDS next act… > 

2021.7.24(sat)VANDALISM vol.5@十三峠(八尾ー平群)
MOTOACCE

2021.7.31(sat)BLUEPRINT vol.2@SKO BAR
MUKECCHO

2021.8.6(fri)@大阪
STINKY SCIZA  

2021.8.7(sat)@West Harlem
MUKECCHO

2021.8.21(sat)@TRIANGLE
GAJIROH MUKECCHO

2021.8.28(sat)BORN FREE@METRO
BBR

 
月別アーカイブ
記事検索
BONGBROS RECORDS
BONGBROS RECORDS公式Twitter
プロフィール

BONG BROS

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ