日曜日の17:00より
木屋町四条のWORLDにて
"A Tribute to Nujabes"
が開催されます。
BBRより
IIDAが出演します。


2/26(SUN)DAY EVENT
●京都:
公演:A Tribute to Nujabes
日程:2023年2月26日(日)
会場:WORLD KYOTO(https://www.world-kyoto.com
時間:OPEN/START 17:00 CLOSE 23:00
料金:前売 3500円(枚数限定)当日 4000円
チケット取扱い:2/2発売開始
ticket PIA         (P-code:236-715) https://t.pia.jp
LAWSON ticket (L-code:51314) https://l-tike.com

出演:
<MAIN FLOOR>
Fat Jon
DJ Ryow a.k.a. Smooth Current
Phennel Koliander
IIDA
YUKARI BB
SHUNPURI
SHUN145

Nujabes 追悼イベントが全国4都市で開催
2010年2月26日に36歳の若さで天国へ旅立った稀代の天才プロデューサー、Nujabes(ヌジャベス)を追悼するイベントが、2月23日(木・祝)@東京CE LA VI TOKYO、2月24日(金)@福岡WITH THE STYLE、2月25日(土)@大阪CIRCUS OSAKA、2月26日(日)@京都WORLD KYOTOで開催される。

本イベント/ツアーには、渡辺信一郎監督によるアニメ『サムライチャンプルー』のサントラをNujabesと共に手がけたFat Jonが来日出演するほか、Nujabesのレーベル〈Hydeout Productions〉の黄金期を支えたDJ Ryow a.k.a. Smooth Currentら国内アーティストたちが集結して、Nujabesに捧げる楽曲をプレイする。

現代の音楽業界の流れとは裏腹に一切の宣伝活動を行わず、純粋に音=作品のリリースのみで世界中のリスナーから絶大な支持を得たNujabes。世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyでは「海外で最も再生された日本人アーティスト」のトップ5にランクインするなど、国境も世代もジャンルも超えて、今なお賛辞の声が止まない彼の叙情的で美しい音の調べをぜひ会場で体感してください。
Pray For Nujabes

How Nujabes Influenced Lo-Fi Hip-Hop | Genius News
6EBD5CAA-E4D1-4D21-9871-EFCCA78690D9






















































































DJ GAJIROH NEW MIX CD
Litchee
 
<INFO>
DJ GAJIROHの新作は個人名義では初となるR&B MIX。
SLOWTEMPO HIGHの流れを汲むトラッピーなR&Bを随所に散りばめつつ
更にMELLOWにフォーカスし、HIATUS KAIYOTEの様なバンド物から
ALEX ISLEYといった本格派シンガーまでセンス良くMIXされた58分。
"Litchee"をテーマに描き下ろされたAuraによるArt Workも必見。
(text by inga)


image1































2022.8.17
SECOND LINE/M.A
発売開始!!!!



映画"イージー・ライダー"の二人組が目指したのもニューオーリンズのマルディグラだった!

RIGHT PLACE , WRONG TIME 宵待ちの木屋町 宵山の謝肉祭!  "SECOND LINE / M.A" 


Duo from the movie “Easy Rider” were also heading to Mardi Gras in New Orleans!!


RIGHT PLACE, WRONG TIME, dusk awaiting Kiyamachi, carnival of Yoiyama!         "SECOND LINE / M.A" 


〈TRACK LIST〉

1  C RE SCENT

2  オフダガフル

3  BASIN SWAMP

4  NOZARASHI

5  FROM A WHISPER TO A SCREAM

6  SAVAGE!  feat.小鉄&ターキー

7  GOOD TIMES ROLL

8  GRIS GRIS 〜オレンジの悪魔〜

9  DOWN BY LAW  feat.HYBRID BROTHERS

10  NO WE CAN'  Part

11  The Devil Gives...  feat.STINKY SCIZA

12  BLUES  feat.BONG BROS


Produced by M.A(BONG BROS)

Keyboard by KUGE-SUN(A SEH ONE TONES ,powerman)[TRACK 1,2,4,7,9]

尺八 by NUMABARA[TRACK 2,5,7,8,9]

篳篥 by DJ DAN(BONG BROS)[TRACK 11]

Artwork by KONE

Design by TAKUJI(月攻)



BB-059  2022  BONG BROS RECORDS  





SECOND LINE / M.A

\\\\2,500 税込   

プロデューサーM.A/ラッパーMOTO ACCE(モトアクセ)によるセカンドアルバム"SECOND LINE"の発表。

前作"ICIN"に引き続き今回もM.Aの代名詞とも言えるレコードサンプリングを基調とした音作りは、常にクールで綿密に編み込まれていて、温かい音像の中に以前より艶感や響きの豊潤さが増しているように感じた。それは機材の変化や仕上げ(ミックス・マスタリング)の違いによる所が影響している様に思うが、尺八:NUMABARA、鍵盤:KUGE-SUNの生楽器も随所に使用されていて、至極ミニマルなトラックもあれば、和楽器が入って現行の和JAZZ HIP HOPてな感じに聴こえるものもあり、今作でもアップデートされたM.Aの世界観が楽しめる。

そして取り上げるべき要素として重要なのはアルバムの構成で、インスト曲とラップ曲が交互にやって来る。情景が湧き上がって来る様なシブいインストから、ブルージーなソロ曲やBONG BROSの面々が登場して来る感じは、M.Aが監督する京都の街のサントラを聴いてるような感覚で、そういう仕掛けもM.Aというラッパー/プロデューサーの人柄が表現されていて面白かった。

それからタイトルの"SECOND LINE"にはソロ2作目だとかいくつか意味が掛かってる気がするが、音楽の世界でのセカンドラインとはアメリカ南部ルイジアナ州ニューオーリンズ(NEW ORLEANS)で産まれた、ブラスバンドを伴う演奏スタイルで、シンコペーションしたグルーヴが最高なんですが、("GRIS GRIS〜オレンジの悪魔〜"はもろにセカンドラインのブラスバンドを使用したダンストラック!)どうやらこのニューオーリンズが裏のテーマになっていて、リリックやサンプルネタに散りばめられている。何を隠そう僕はニューオーリンズのFUNK辺りからドハマりしてアラントゥーサンやDr.ジョンやらミーターズ...etc...色んなニューオーリンズのレコードをM.Aと聴かせあってきた経緯があるから正直めちゃくちゃ嬉しかった。でもなぜ南部のニューオーリンズに焦点を当てたのかを考察してみると、JAZZ発祥の街であったり、ほっこりとした音の質感にも通じるものが有るが、1番ピンと来た点はやはりシンコペーションしたビートのノリではないだろうか?ニューオーリンズのリズムには独特のシンコペーションがあって、5060年代にアメリカ南部のラジオがメキシコ湾からカリブ諸国までかろうじて届いていて、劣化した音をなんとか聞き取って我流に解釈され進化していったのがジャマイカのSKAROCK STEADYになっていったと言う逸話もある。少し脱線してしまったが、M.Aも緻密なシーケンスとシンコペーションさせたビートを用いて、プログラミング(打ち込み)なのに極めて生っぽいビートを編み出している。要するにニューオーリンズの音楽とM.Aのビートには親和性があったと言う事だと思っている。そんな遊び心とリアリズムが混在し、色んな国の音楽を煮込んで作るM.Aのガンボを是非ご賞味頂きたい。

:P.E(BONG BROS)



<Catch copy>


Duo from the movie “Easy Rider” were also heading to Mardi Gras in New Orleans!!


RIGHT PLACE, WRONG TIME, dusk awaiting Kiyamachi, carnival of Yoiyama!




<Liner Notes>


Text:P.E(BONG BROS)

Translation: TM


Producer M.A/ Rapper MOTO ACCE Second album “SECOND LINE” has been announced.

Following the last project “ICIN”, sound making based on record sampling symbolic to M.A remains. Which, has always been cool and precisely woven, feels as if the gloss and richness of vibe inside the warm sound scape has increased. That I think could be due to the change of equipment and difference in the finishing(mix/mastering), but live instruments Shakuhachi: NUMABARA, Keybord: KUGE-SUN are also deliberately used. Having bare minimal tracks as well as ones sounding more of a current JAPANESE JAZZ HIPHOP feel with inclusion of Japanese traditional instruments, once again bringing M.A’s updated world view with this project for enjoyment.


And the important element of the album to be noted is the structure, with instrumentals and rap songs coming one after another. Scenery inducing Shibui(subtle tastefulness, without being flashy) instrumentals to bluesy solo songs, and appearance of members from BONG BROS gives out the feel of a soundtrack for Kyoto City directed by M.A. Such maneuvers were also interesting, expressing the character of the Rapper/Producer M.A.


Also, the title “SECOND LINE” probably has meanings like the 2nd solo project and many other. But, in music, second line is a playing style born in NEW ORLEANS, LUISIANA of Southern USA with a brass band where the syncopated grooves are amazing(”GRIS GRIS ~Devil in Orange~” is a dance track with straight second line brass band!). Seems to be that this New Orleans is the hidden theme with references appearing in lyrics and sample sources throughout. To be honest, I got into it from FUNK and likes of New Orleans such as Allen Toussaint, Dr. John, The Meters, etc, showing New Orleans’ records to each other with M.A. So, I was definitely excited. Still, thinking of the reason as to why the South that is New Orleans is being the focus; it being the city of origin for JAZZ, it’s comfy sound qualities also has connections, but what struck me the most is probably the groove of syncopated beats. Rhythm of New Orleans has its original syncopations. There is a theory stating 50’s ~ 60’s American Southern radios could barely reach the Mexican gulf and the Caribbeans. So, the attempts to figure out the deteriorated sounds, interpreting it in their own style evolved into the Jamaican SKA and ROCK STEADY. Got bit sidetracked, but M.A also weaves an extremely live feeling beat despite it being a programming by use of precise sequence and syncopated beats. All in all, I believe there was a connection between New Orleans music and M.A’s beats. Such playfulness and realism co-existing, made by broiling music from various countries, would highly recommend tasting the gumbo by M.A.



image2 (1)

































































< BONG BROS RECORDS next act… >