2007年07月24日

おひさです〜(笑)

テラノ君は結局継続車検を受ける事に…

ブレーキキャリパのオーバーホールもついでにやったのですが、右フロントキャリパのピストンがサビサビで×

ピストン交換しました(笑)

詳細は後日にでも〜

2007年02月18日

暫く放置してました。(^-^;

(何か写真取っとけばよかったなぁ・・・)

ブログも放置でしたがテラノ君も放置でした。(^-^;
あまりの燃費の悪さと、通勤渋滞で左足筋肉痛と言う状況で
足車を購入。仕事の忙しさもありますが、最近殆ど通勤にしか
車を使っていなかったのでテラノ君はおのずと放置(;・∀・)

今日は雨の予報でしたが夕方晴れてきたので久しぶりにテラノで
ドライブしてきました。
峠&チョット林道で久しぶりに楽しかったです。

最近テラノを手放す事を考えていました。
手間かかるし、面倒だし、言う事聞かないし・・・
お金もそれなりにかかってくるし、そろそろいい歳だしなぁ。
(自分も車も)と思っていました。

久しぶりにテラノに乗ってやっぱりテラノ好きなんだなぁ。と再認識。
まだオイル臭いし、キックバック凄いし、チョットの事でへそ曲げるし。

でも一緒にドライブするとカーステなんか要らないし、
凄く楽しい。エンジンの音と会話してるみたいで。


もう少しこのわがままっ子と付き合ってみようと思います。
人は文句言えるけど。車は言えない。
テラノ君はもう少し走りたいって言ってる様に思えます。

テラノ君へ
お金は掛けられないけど、自分でできる事をコツコツやっていこうかと。
もう暫く相手してあげてください(^-^;

・・・苦労症なのかなぁ<俺(^-^;

2007年01月03日

あけましたおめでとうございます。

その後のオイル喰い状態といえば・・・まぁ、チョットは良くなったかなぁという感じ。エンジンの雑音についてはものすごく少なくなりました。オイルキャッチに今まで以上にオイルがたまっているので燃やしてしまっている分は減っている様子です。

2006年12月30日

こんなん使ってました(^-^;

NC-202
NUTECのNC−202というもので、エンジン内部をコーティングして圧縮比を最適化させるというもの。旧車のオイル喰いにも効果があるということで試しに購入。1気筒(500cc)当り10ccずつプラグを外して直接燃焼室内に入れるという形で、大丈夫なのかなぁ・・・と思いつつ注入。プラグ抜いたまま少しクランキングしてからいざ始動・・・煙すげぇ!(;゚Д゚)大丈夫ですか?15分位で煙無くなるって書いてあるけど全然消えないんですけど。レーシングするともっと増えるんですけど。その後出かける用事があったのでそのまま90キロ位移動。その間も何か煙が出てるような・・・。ダメかなぁと思いつつ暫くほっといたのですが、段々煙も無くなり、エンジンの音もなんか静かに。いい感じです。エンジン掛け始めに盛大に出てた水蒸気も少なくなり、排圧自体上がっているようです。完全にオイル喰いが治ったような感じではありませんが、始めはびっくりしたけどこれはお勧めかもしれません。次のオイル交換時にどれだけオイルが減ってるか要確認です。

2006年11月13日

匂いの原因

シフトブーツ交換前シフトブーツ交換後












ミッションオイルが温まってくると何ともいえない匂いが充満していたこの車。根元のブーツが裂けて二つに分裂してます。いい加減臭いので交換です。交換後匂いはどうなったかというと・・・よく判らん。(^-^;

2006年10月30日

クーラント漏れ(;゚Д゚)

これではエアは抜けません(^-^;












朝何気にエンジンルームを覗くとクーラントのエア抜きバルブからクーラントが漏れ出していて、「緩んだかな?」と思って締めたら「ポキ」って折れてクーラントが「ぴゅー!」(;゚Д゚)マジッすか!適当に液体ガスケットとネジで塞いで事無きを得ましたが、エンジンオイル見るとゲージにオイルが付かない・・500位足してもまだ付かない〜。エンジンオイル抜いてみると2ℓ位しか出てこないし。その上真っ黒。
ついでなのでミッションオイルも換えて快調です(^-^;

2006年10月23日

ウインカーリレー

随分前から左右のウインカーつけてもつきっ放しになってしまう症状が出ていたのですが、リレー蹴飛ばすとかすれば直っていたので放置してたらとうとうつきっ放しのままになってしまい手動で点滅させてみたり(爆)してたのですがやっと重い腰を上げて交換。リレーの音も普通になり普通に快適です。(^-^;

2006年10月11日

風邪っぴき(;´∀`)

更新全然してないっすね(^-^;
ネタはあるんですが実行する時間がないっす。
もう少しお待ちを・・・

三毛猫カラーになってしまった車体を全塗装するのもめんどくさいのでいっそのことフルカラープリントで「痛車」(注:イタリアの車ではない)にしてみようかとアホな事を考えてみたりするけど、キャラ何にすんだよって言う根本的な問題で挫折中(笑)まぁ、そんな勇気無いから多分しないでしょうけど。そんな事よりフロント足回りのあらゆるブーツからグリスが漏れてるし。何とかしないと。

前に書いていた息継ぎについてはコーパレーション(燃料ホース内でガソリンが気化して供給できなくなる状態:合ってます?)の可能性が大。クソ暑い日になると症状が出るのでもしかしてと思ってたのですが・・・。涼しくなったら絶好調です。(^-^;

ブログにも何度か写真を載せたお手製電圧計はオルタ修理後3端子レギュレータが飛んだらしく焦げ臭い匂いと共にご臨終。現在電圧不明。(滝汗)

ナビについては設置場所は大体決まったんですが、実行するやる気無し。その前にスピードメータのイルミが切れて80キロ位まで夜になると見えない方を直すのが懸命。

LEDテールランプは実験段階でエライ数のLEDが必要な事に気が付いて中断。安物のLEDでは話にならん。それなりのをそれなりの数(笑)集めないとそれなりの物にしかならない事が判明。そりゃそうなんですが・・・。

ま、こんな感じです。

2006年09月17日

オルタネータ顛末記−結末−

ブラシコミュテータ













左の写真。よく見ると判るのですが、奥側のブラシの方が微妙に長い、そして2本とも削れ方が偏っている。右の写真。コミュテータのアタリ面がズレている。そしてブラシにグリスがべったり(;゚Д゚)接点グリスには見えないんですが・・・
今回は取り合えず電装屋さんへオルタネータを送ってチェックしてもらう事にしました。部品取車からオルタネータ剥奪して交換。まぁ、取り合えず発電してるのでオッケーとしました。後日電装屋から連絡があったらしく、症状出ないけど、取り合えずブラシのアタリの調整とレギュレータを交換したとの事。っていうかその前にブラシにパーツクリーナぶっかけてしまったので症状治ったんじゃないの?という悲しいオチかも。

2006年09月07日

オルタネータ顛末記−序章−

ごみ












部品取車を処分するため外した部品たち・・・って殆どゴミのよう(^-^;
BLOGPET
クリックして〜
査定付いたよ(;゚Д゚)