2011年05月30日

コメントやメール、ありがとうございます。

すべて大切に読ませていただいております。

メールフォームからコンタクトをくださった際に、「紺野けい子本人のみ閲覧可に
なるように」、とご指示いただくことがあります。
愛猫の闘病日記で漫画家ブログらしさが流れてしまっており、
ご心配すごく理解できます・・・。
大丈夫です!
紺野の個人pcのメールアドレスに直接届くようになっておりますので、
私独り占めで読ませていただいております。
長文はもちろん、短いコメントでも、とても気を使って書いてもらっていると思います。
お時間を使ってもらいアクションを起こしていただけることをとても光栄に思っております。
ありがとうございます。
お返事書けず申し訳ございません。
よろしくお願い致します。                      紺野けい子

ke_i_ko_ko_n_no at 19:34コメント(5)トラックバック(0) 

2011年03月16日

メールをいただきました。

このたびの東北関東大震災に際しまして、ご心配くださった方にメールをいただきました。
気にかけてくださり、ありがとうございます。
私は関東在住ですが、被災地域からは外れており、無事です。

被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
微力ですが目についたところに少しずつ寄付をいたしております。
一日も早い日本の復活を祈っています。
                                        紺野けい子

ke_i_ko_ko_n_no at 20:14コメント(11)トラックバック(0) 

2011年01月02日

2011年

あけましておめでとうございます。
昨年中はご訪問くださったり温かい言葉をかけていただいたり、
どうもありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて新年早々に嬉しいお知らせです。
齋藤ヤスカさんが写真展を開催なさるそうです。
ポスターが素敵です。
詳しくは齋藤ヤスカさんのアメブロにて

ke_i_ko_ko_n_no at 08:31コメント(12)トラックバック(0) 

2010年07月21日

宣伝ではないですが

久々の記事にコメントいただきありがとうございました。
しばらくは誰も見に来てくれなくて放置されるかと思っていたので、とてもうれしいです。
最近嬉しかった事があり、ご報告がてら書いてみます。

「君の名はスター☆」フロンティアワークス刊 Dariaコミックス

この作品は漫画休筆直前に書いていた作品で、売上?刷り部数?的には
正直あまり大きくはないのですが、実は私は一番好きな作品です。
画やネームなどの技術的な事が追いついて来て、自分でも安心して見られる数少ない過去作品でもあります…

前置きはさておき、先日雑誌の「anan」でこちらの作品を紹介していただけたみたいなんです。
うっかりしていて当該雑誌を見そびれてしまったのですが、
ヘアメイクアーティストの山本浩未さんがご紹介くださったのだとか。
私は化粧品が好きなので、山本さんがご指導なさっているメイクとか普通に参考にしています。
7〜8年前かな?に描いていた古い作品ですのに、そんな風に紹介してもらえた事というか、
そもそも自分が好きな著名人のかたに知っていただいていたことがすごく嬉しかったんですよぅ〜
7月7日売りのananで合ってたかな?
何か手違いか私の勘違いで実は載ってない、という事態も十分考えられますが、
もしお手持ちのかたがいらっしゃいましたら、私の代わりに見てみてください☆


追記、
昨日のごんちゃん紹介の際に「供血してくれた」ときれいな書き方をしてしまいましたが、
正しくは「捕まえて供血させた」です……一応訂正

ke_i_ko_ko_n_no at 16:16コメント(34)トラックバック(0) 

2010年07月20日

紹介させてください

キクの最期の1週間の輸血を供血してくれた、野良猫のごんたくんを、
我が家の猫として保護しました。
当時の写真がこれ↓
e877e1bb.jpg








ごんちゃんこんなにきれいになりました。↓
100228_0704















現在友人預かってもらっていた猫が帰ってきており、二匹が暮らしています。


ke_i_ko_ko_n_no at 21:30コメント(6)トラックバック(0)ねこ 

ご無沙汰しています。

せっかく検索してたどり着いてもらっているブログですのに、ずっと放置にしており申し訳ありません。
「最近見つけました」というコメントも時々いただき、名前を覚えていただいており検索してもらえる事を、とても幸せに思っております。

遅くなりましたが、映画の試写会で声をかけていただいたりもし、そのお礼が言いたくて更新いたします。

映像のほうは役者さんのファンのかたが大部分お見えになられていると思っていたのですが、紺野作品として愛してくださっている方に声をかけていただいたり、「ブログ見てます」と心配してくださったり、全く作品を発表していないにもかかわらず「作品が好きです、待ってます」と言っていただいたり、本当に嬉しかったです。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

休筆する前は、正直なところ「作家層の厚いジャンルだし、描かなければ1〜2年で忘れられる」と思っており、それでフェイドアウトという道も視野に入れておりました。
当時身も心も疲れ果てておりやめたい一心でした。
ここまで作品を発表できないと、「待ってください」とはうかつには言えないのですが、描きたいな、と思う事が最近増えてきました。
一時は漫画そのものを見ることに拒否反応があり、その間に発表された作品は数年単位で知りません。
でも私はたぶん、表現の仕事が好きなんだと思います。
…と最近ようやくわかってきました。

コンスタントに仕事をしていた当時から、「紺野作品でBLにはまりました」と言っていただけることはあったのですが、最近のコメントでもそういった内容をたびたびいただき、そう言ってもらえる光栄さに今更ながら気がついて恐縮しております。
どうもありがとうございます。


やっとの更新なのに新しい情報はありません。
申し訳ありません。
本当に勢いだけで今の気持ちを書いてしまうだけです。
文章も若干支離滅裂かと思いますが、間を空けてしまうと勢いでしか更新できないのね…と読み流していただけると助かります。

映像のほう、前作とはまた違った雰囲気で素敵な作品に仕上がっておりました。
主演の植野掘さんの陽のオーラに周りが巻き込まれてる?というか、前作同様、陽性な気配が漂う作品で、私は大好きです。
前作でネアカオーラ?を底上げしてくれていた齋藤さんもご出演くださってます。
監督をはじめ、関係者の皆様に再度のご縁を頂戴できましたこと、とても嬉しく思っております。
よろしければ、観てみてください。

ke_i_ko_ko_n_no at 12:10コメント(7)トラックバック(0) 

2009年06月25日

お詫びとご報告

ご無沙汰しております。紺野けい子です。
こちらのブログも長らく更新せずにおり、
ご心配をおかけし申し訳ございませんでした。

昨年、日記にて闘病の様子と日々の画像をアップしていた愛猫キクですが、
2年半の闘病の末、08年9月14日、am11:48に他界いたしました。
気にかけてくださっていた皆様には、ご報告が遅れ、大変申し訳ございませんでした。
遺伝性多発性のう胞腎による腎不全でした。
自宅で、わたし一人で看取りました。


作品をご愛読くださった皆様と、手が遅く迷惑をかけてばかりなのに見捨てず使い続けてくださった出版者様のおかげで、最後まで医療を受けることができ、
特に8カ月にわたってセレニアという吐き気止めの高額なお薬を続けてあげられた
のは、キクにとっても私にとってもとても大きな救いでした。
明細書によると、当時で1錠4000円するものを毎日1/2〜1錠ずつ飲んでいたのですが、値段が値段なため医師も最初処方をためらっていたその薬を飲み始めるまでは、毎日、日に2〜7回の嘔吐をしていたので、キクはずいぶん楽になったと思います。
また、キクの闘病に際してもう一頭の猫を、1年の長期にわたって友人に預かっていただておりました。
良い時を過ごさせてくださった皆様に、心より感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。



キクが亡くなった後、
恥ずかしながらほとんど電話に出ずメールも見ずに過ごしており、(pcが壊れて放置してしまっておりました)
生活が回せない状態で人としての見境がないような環境にいたのですが、そんな中で
ずっと気にかけてメールをくれていた友人が、今年5月に突然亡くなりました。
亡くなった、と連絡を受けてから亡くなる4日前にくれていたメールに気がついて
私は返信せずにいてしまい、
キクの命日から1年経ったら不精を謝ってお礼を言おうと思っていたのに、
なにも伝えられなくなってしまいました。

また、昨年「キクを励みに頑張る」とおっしゃってくださっていたかたが気がかりで
キクの安否をご報告差し上げたくなかったという理由もあったのですが、
上記友人の件がありブログを再スタートする決心をいたしました。



紺野けい子名義の作品として発表できる機会はまだ先になってしまいますが、
社会復帰を目指して、編集さんに協力していただきながら
少しずつ生活を戻す努力をしております。
こちらのブログも以前のように日記がてら更新していきたいな、と思っております。
作品発表のめどが立ちましたら、こちらにも載せてまいりますので、
どうか見捨てずにいていただけますよう、心よりお願い申し上げます。

いただいていながら失礼にも反映しておりませんでしたコメントを、
この度公開にさせていただきました。
タイミング的にキクの他界後に応援をいただいたりもしていますが、
私は温かいお心づかいと嬉しく受け取っておりましたので、
お気になさらないでくださいませ。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



ke_i_ko_ko_n_no at 10:29コメント(55)トラックバック(0) 

2008年09月11日

すみませんでした。

ご心配をおかけしていたと思います。すみませんでした。
キクはまだ生きています。
ついに痙攣発作を起こしてしまい、日曜に最後の治療、医師にはやめた方がいいと言われていた輸血を行いました。10日以上何も食べられず便も出せず、わたしにいじり回されて部屋の中で居場所がなくなっていたような状態で、風呂場のスミで痙攣を起こし、このまま逝かせるのは可哀想すぎる、との訴えに医師が大きくうなづいてくれました。日曜発作後の病院で「何もしないで帰したら恐らく今日です」と言われていました。
結果としてわたしはやって良かったと思っています。輸血をするのは最早キクの為の治療ではなく、わたしの為の数日の延命にしかならないとのことでしたが、今キクはずっと好きだった場所で落ち着いて眠っており、火曜から少しゴロゴロも言っています。
「食欲は輸血してもたぶん×」という医師の読み通りやはり食べられませんが、無理な給餌はせず投薬も一切せず、ゆっくりさせています。
ごんたくんに血をもらいました。
彼もあちこち悪いのでお礼も兼ねて入院加療してもらっています。今日迎えに行きます。ここ一週間キクから目を離すのが怖い状況で、睡眠もほとんどとれず風呂も入れず輸液剤は病院からバイク便で送ってもらうという荒業に出てました。経口で栄養を採れないので輸液に入れてもらっている気休めのビタミン剤が2日くらいしかもたないんです。しかしごんたくんは迎えに行かないと。


ke_i_ko_ko_n_no at 14:17コメント(35)トラックバック(0) 
Recent Comments
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ