2017年05月15日

母の日。

昨日は母の日でしたね。
みなさんはどんな母の日を
過ごしましたか???

よく、自分の誕生日が
ほんとうの母の日だ、
という言葉を耳にしますが、
わたしの場合、実際その日たちが
よく重なります。

昨日の母の日は
なんのご縁か、
たまたま偶然にも
わたしの生まれた病院の近くで
友達と会うことに。

そして、
最近は妹のように思っている友達たちのところに
ちびちゃんが生まれたりその予定だったり。
おととい、臨月のおっきなお腹に
手を当てさせてもらいました。

すごく待ってた赤ちゃんだったんだろうなあ
というのが感じられて
思わず胸が熱くなり
目頭まで熱くなってしまった。笑

わたしは予定日より2週間遅れて生まれてきたそうで、
予定日だったGW前ごろから
父の仕事が多忙を極め、
父いわく、
GWもおちおち気が休まらなかったとか。

GWも明けた1週間後、
まかされていた大きな仕事が終わり、
若かった父に会社の社長さんが
お疲れさま、とばかりに
油だらけの手に
しっかり握手をしてくださったらしい。

そのことが嬉しくて嬉しくて
帰って母にそのことを報告し、
「もういつでも安心して産んでいいよ!」と
伝えた夜…

突然産気づいた!
長い道のり車にゆられ、
病院についたとたん、あっというまに
生まれたとか。笑

昨年の誕生日に父からその話を初めて聞き、
こどもって母親の状態を感じ取り、
ちゃんとタイミングを合わせて
生まれてくるのかもしれないなーと
自分のことながら思ってしまった。

なので、おととい会った
大きなおなかの友達に
赤ちゃんはきっとよほどのことがない限り、
いい〜タイミングで生まれてくるかもねー
楽しみだねー
なんて話していました。

そんな話をしてたからか、
昨日、
自分の誕生日の翌日の母の日に
うまれた病院を仰ぎ見たのは
感慨深いものがありました。

たまたまその場所に縁のある友達と、
そんな日に会うことになったのも
なーんかご縁を感じます。

命とご縁の不思議を
強く感じたこの3日間。

母と。
image

しあわせがにじみ出る
なんだか好きな一枚。


自分には残念ながら母の役割は
まわってこなかったのと
もう同世代の友達たちのこどもたちも
大きくなってしまった。

それにわたしがこども服を作り始めたころは
かわいいこども服が全然なかったけれど
今では既製服も、また、
手作りこども服も
かわいいデザインのものがあふれている。

そういうこともあって
こども服作りにも
正直モチベーションの盛り上がりに
いまいち欠けてたけどさ。笑


最近の妹のような友達たちの出産を機に、
またまた気持ちが上がってきましたよ♪

そして、わたしも作ってて楽しいこども服、というのが
確かにある。

これからも初心どおり、
こどもが着ていて楽しくなる服を
作ろうと思います。
みなさん、
どーぞよろしくお願いいたします!!


おまけ。
誕生日の当日は、
ダーにごちそうしてもらう。
けっこうなお料理だったのに
お腹が空きすぎて、
45分ですべてたいらげるという。
ほど遠く感じる
エレガントということば…(遠い目)笑

image



-----

おしらせ♪

「着ていて楽しくなる
こどもとおとなの服」展
←click!!
5/20〜31
at kokoti cafe

5/23 らくがき刺しゅうワークショップ
5/27 ライブ刺しゅう
もあるからね♪
お楽しみに〜〜(^3^)/~




kecilpohon at 17:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月05日

こんげつのライブ刺しゅうとWS@kokoti cafe

おひさしぶりの投稿です。
ご無沙汰してしまいました。

そして今日はこどもの日。
いい〜天気です。
みなさんGWはいかがお過ごしですか???

なんだか今年は春も短く、
すでに夏!!
ですがサラッとした空気はこの季節ならでは。
みなさんも存分に楽しんでくださいねー♪

で、そんな5月、昨年に引き続き、愛知は東山公園にあります
kokoti cafeさん(←click!!)で、
今年も展示会
「着ていて楽しくなる
こどもとおとなの服 vol.2 」をさせていただくことになりました。

※昨年のおしらせはこちら←click!! から。

それにともないおなじみの、
「ライブ刺しゅう」と
「らくがき刺しゅうワークショップ」を
させていただくことに!

わたしが刺しゅうするほうのライブ刺しゅうと
みなさんに
らくがき刺しゅうを体験していただく
ワークショップの2本立てです♪

取り急ぎ、
こちらのほうのおしらせを先に
させていただきます。

5.23 mon.
「らくがき刺しゅうワークショップ」
〜みんなのらくがき刺しゅうの入った、
 ワンハンドルのリネンプチバッグを作りましょう!〜

image


午前の部 10:00〜
午後の部 14:00〜
(だいたい2時間くらいです)
参加費: 3800円
持ち物: 糸切りばさみ、ボールペン
(インクの出ないものでOK)、
  あまり描き込んでない
4×4僂らいのちいさなシンプルな絵

生徒さんの作品たち
image


+++++


5.27 sat.
「ライブ刺しゅうがやってきた!
at kokoti cafe」
〜みんなの絵がそのままワンポイント刺しゅうに〜
 11:30〜16:30(最終受付15:30)

  ちびっこや、
元ちびっこのみなさんが描いた
  ワンポイントくらいの
ちいさなかわいい絵を
  井上アコが、楽しくおしゃべりしながら
  その場でTシャツやハンカチに
  下描きなしでチクチクと刺しゅうします。

  ※なるべく事前のご予約をおすすめします。
    ご予約を優先させていただきますが、
    空きがある場合は、
   飛び込みも大歓迎です♪
タイムテーブルはこちら↓
1. 11:30〜
2. 12:30〜
3. 13:30〜
4. 14:30〜
5. 15:30〜

参加費: 以下こちらで準備させていただいたものに
刺しゅうさせていただきます。
(以下刺しゅう代込みの税抜価格)

Tシャツ(90cm〜160cm)4200円〜
リネンハンカチ L)3300円 S)2800円
リネンテッシュケース2500円
リネンプチバック3800円 
リネンがま口4500円

image

image

Kちゃん4歳。
上はうさぎちゃん。
下はおばあちゃんちのワンちゃんで、
おばあちゃんにプレゼント。
Kちゃんの描いた
愛犬の絵入りのプレゼントだなんて、
おばあちゃんうれしくなっちゃうね!

image

Aちゃん7歳。
原画は1色だったけど、
いっしょに色を決定!
このがま口ポーチには
お金持ってるから
持ってる10円玉13枚を
入れるんだって☺️
お金持ちでうらやましい…
@コヅツミさん

image

トキオくん4さい。
おうちで描いてきた「はなぶさ」を
刺しゅう。
ママは他の絵がお気に入りだったけど
とっくんの希望をかたちに。
使う刺しゅう糸の色も
いちいちいっしょに決めました😊
@コヅツミさん



+++++

kokoti cafeはフィンランドが大好きな京子ちゃんのお店です。

京子ちゃん……
このカフェのお客さまはちびっこがたくさん。
というのも2階にはトムの庭という
楽しい絵本が揃う絵本屋さんだから。
そのちいさなお客さまは、
親しみを込めて京子さんのことを
こう呼びます。笑

とにかくちびっこが大好きな場所、
そして子育て中のママが、
こどものことも恐縮せずに(笑)
ゆーっくりできる場所。

そんな、おとなもこどもものびのびとできる場所で、
ぜひみなさんと刺しゅうを楽しみたいと思います♪


そして、ご予約・お問い合わせはこちら ←click!! か
このコメント欄に
お願いします♪

kokoti cafe
名古屋市千種区東山通4-8
TEL 052-734-7100
open 11:00-19:00 (Last Order 18:00)
close 木

image


ではではみなさん、
GW後半戦もあと少し、
たのしいGWをー♪

「着ていて楽しくなる
こどもとおとなの服」展のおしらせは
また後日〜〜(^3^)/


kecilpohon at 09:24|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2017年01月13日

刺しゅうもいいけどソーイングもね♪

予報通り、雪が降ってきた
三重県(名古屋寄り)です。
昨日から寒くなってましたね〜

さてさて、先週はライブ刺しゅうの謎に
せまってみました。

一針一針をたいせつに、と
さんざん書きましたが、
ここでハタ、と気づきまして。

わたしはご存じのとおり、
ライブ刺しゅうのほかに
作家としても洋裁のレッスンもしております。

その際、ミシンをかけるときは、
針の落ちるところを見るのではなく、
ゲージの線を見ながら縫うように伝えています。
つまり一針一針ととらえるのではなく、
縫い目を線としてとらえるように
アドバイスしています。
そうすることによって、
縫い目はまっすぐにかけられるわけです。

ライブ刺しゅうのときと
アドバイスが真逆。

わたしの刺しゅうはアナログちっくや
とにかく不器用な感じをたいせつにしてます。
が。
洋裁の場合は、手作りとはいえ、
手作り感を極力出さない、きれいに縫うコツ、
なんてのをお教えしています。

なので針の落ちるところは見ないようにしてね、と。

いろいろ追求していくと、
おもしろいことに気づくもんです。笑


さて、また2月より、
ヴォーグ学園名古屋校での
冬のレッスンが始まります♪
こちらはソーイングのレッスンです。

がしかし。すでにキャンセル待ちの
この事実…。
すみません、
どんなクラスなのかだけでも
チラとご紹介させていただきますね!
詳細はコチラ←click!!

そして今回のお題は…

image

image

↑バックスタイル

みなさんで作るのはこんなの。

前にリンネルさんで連載をさせていただいたときの一品に
ちょっと手を加えたものを作ります。

また「囲み」ですが、
製図からの3回コース。

わたしのクラスは、
「ミシンと友だちになる」ところから始めます。
なので、超初心者のかたでも
ウエルカムなのです。

また4月からの半年コースで
たぶん7月くらいからだと思いますが
させていただく予定なので、
ぜひご参加ください♪

ニュースは名古屋地区の雪情報で持ちきり。

全国でも今日明日と、
ほんと寒そうです。

みなさん風邪やインフルエンザには
気をつけて
楽しい週末をお過ごしくださいね 〜(^O^)/~








2017年01月06日

より原画に忠実に刺しゅうするには。

さて、前回のつづき。

ライブ刺しゅうにおいて、
いかに原画に近づけるにはどうしたらいいか、というお話でした。

image


答えはじつに簡単で、
それは
絵、全体をひとつにとらえるのではなく、
絵を一針一針の積み重ねととらえる、ということです。

わたしは下描きをしないので、
一針刺したら次の一針はどこに刺すか、ということを
集中して刺しゅうしています。
なので、昔取材に来て下さったかたに
「アコさんの目は絵と布のあいだをすごく行き来していますね」と
言われたことがあります。
そのときのわたしの答えが
「絵を何度も見て、絵の残像を生地に移している、というか…」
というようなことを言っていました。


image

著書本「井上アコのらくがき刺しゅう」←click!!では、
生地に下描きをしてそれから刺しましょう、と書いています。

まずは本に沿って基本を押さえてください。

そしてしばらく楽しんでいると、
自分でも実験してみたとおり、←click!!
あれ???なんかちがう!!ということが起こる場合もあります。笑

自分なりにやってみて、さらに
もっと近づけたい!
もっと喜んでもらいたい、びっくりさせたい〜と思ったとき
この、絵を一針一針の積み重ねと思ってやってみてください。

わたしはライブ刺しゅうをするとき、
ひとつの同じ絵でも
わりと素直な直線ならば、大きめの針目で、
しかし、細かいくねくねの線を刺しゅうするときは
かなりちっちゃなミリ単位の針目で刺しています。

この針目を一定にしないというのも
らくがき刺しゅうをリアルに刺すコツです。
アナログな感じがたまりません〜


image

今回の秋野不矩さんの鶏、
脚の爪の角度など、
ちょっとでも違えばまったく違う雰囲気になります。

目の玉の場所もしかり。
(画像をクリックすると大きくできるので
見てみてね!)

わたしは自分のことを「針目フェチ」と言っていますが、
とにかく刺しゅうの針目の一針一針が大好き。
うまく刺しゅうしようとしてない、いや、できないひとの
針目がかわいいと感じてしまいます。

刺しゅうのワークショップでは
とにかくみなさんそれぞれの好きな針目の大きさを知って
それを刺していると、
一針一針刺すたび、「かわい〜〜♡」となって、
いちいちいちいち刺しゅうが楽しくなりますよ!と
超〜〜マニアックなアドバイスをよくしております。

いやあ、そのことと、ライブ刺しゅうの極意(笑)が、
つながってるとは10年以上やってましたが
知りませんでした。笑

一針一針の針の進み具合をたいせつにしているので
結果、どんなタイプの絵もこなせたわけです。

下描きはあくまでもガイド。
そのうえで
原画をよく見ながら刺すとより近づけると思います。

基本は著書本で。
そして、さらに追求したいときは、
ぜひこの方法をやってみてください。

あ、あと、下描きをしないで
刺しゅうしてみるときは!!
「木を見て森を見ず」になりがちなので、
全体を感じながら一針一針。
たまに引いてバランスなど見ることをオススメしまっす!!

がんばってやってみてください〜。

刺しゅうしたのがだれかの絵だったら、
そのひとにサプライズでプレゼントするもよし。
きっときっとびっくりうれしい!に
なるはずです。

と、みなさんに丸投げしたとこで、笑
読んでくださってありがとうございました♪




2017年01月05日

あけましておめでとうございます。

あたらしい年になりました!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の干支は酉、ということで、
鶏の刺しゅうをしてみました。

image



わたしは絵を描けないので、
元ネタとして、秋野不矩さんの日本画に
勝手に色をつけて。笑

image


秋野不矩さん。
ちいさいころ毎月来ていた絵本、「こどものとも」の一冊、
ちいさなたいこ」の挿絵を担当されたかたでした。

おじいさんとおばあさんが
畑でたいせつに育ててるかぼちゃのひとつから、
楽しそうな祭囃子が聞こえて…云々
というお話で、
そのなかにミニチュアサイズのたいこが出てきたり
だんごが出てきたりと、
そのちっちゃいなにかを想像するだけで
胸がわくわくしていました。
何度も何度も母に読み聞かせてもらっていました。

ちっちゃなものが好き。
そのちっちゃいものをちまちま作る。
これはもうママでもないのにこども服を作りはじめた片鱗が
こどものころにもうあったわけです。笑

さて、この不矩さんの鶏の刺しゅう。
わたしはご存じのとおり、
ライブ刺しゅうと称して下描きをしないで
ちびっこをはじめだれかが描いた絵を
刺しゅうで模写してるわけですが、
昨年、念願の夢であった「ライブ刺しゅう」(らくがき刺しゅう)を一冊にまとめるにあたり、
(「井上アコのらくがき刺しゅう」自由国民社)←click!!
みなさんにも楽しんでいただくにはポイントを知らなくては、と
自分で何気なくやっていることを
刺しゅうしながら客観的に観察する、ということをやっておりました。

image

↑ごぞんじ著書本。笑

その後、そのくせがついてしまい、
自分の刺しゅうを自分で観察しながら、
どうしたらその絵をリアルに手刺しゅうで再現できるのかの研究に
最近じつにはまってしまって。笑

ちびっこのらくがきの刺しゅうから、
自分でもこわいもの知らずだなと思うのだけど
プロのかたのイラストまでライブ刺しゅうします。

全然プレッシャーも緊張もしません。

最近、なぜか、に気がつきました。


これを知っていれば、だれでもだれかの描いた絵を
リアルに刺しゅうできます。

ほんっとに簡単なことだと、たどり着きました。笑

だれかの絵を刺しゅうする。
これはあったかい気持ちもやりとりできます。

今年はみなさんにも
刺しゅうと、その気持ちのやりとりを
ぜひ楽しんでいただきたいので
年の初めからご紹介したいと思います。

が。
あまりにも長くなりそうなので、笑
また続きはのちほど〜〜♪

(なんかへんな広告の宣伝みたいな流れだな。笑)

とまあ、あいかわらずマイペースなわたしですが、
みなさんと楽しい時間を過ごせるよう
努力してまいります。
今年もいろいろと活動を通して、
みなさんとお会いできることを楽しみにしています!
今年もおつきあいのほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

みなさんにとって、
この1年が素晴らしい年となりますように♪





2016年12月30日

今年もありがとうございました♪

今年も残すところ、
あと1日となりました。

おとといは今年最後の納品。
名古屋東山のkokoti cafeさんへ。

ひとつはオーナーの京子さんのワンピース。
image


来年の夏のために作ったのですが、
気に入ってもらえて、
お正月にきていただけるそうです。
うふ。うれしい!!

image


リボンの色違いもあり〼。笑
リボンを通す場所も二ヶ所。
二ヶ所にループをつけました。
リボンの場所によっても
雰囲気が変わるからね♪

そしてひとつは
宿題ライブ刺しゅう。
Kちゃん4歳とのコラボ作品。

image


image



上はうさぎちゃん。
下はおばあちゃんちのワンちゃんで、
おばあちゃんにプレゼントだそう。
Kちゃんの描いた
愛犬の絵入りのプレゼントだなんて、
おばあちゃんうれしくなっちゃうね!

ちなみにうさぎちゃんは
わたし的に苦戦いたしましたが、
画伯に喜んでいただけました。
よかったよかった♪


今年は肘の故障があったりと
今までのようにガシガシ仕事ができなかったけれど
2016年も
ワークショップやライブ刺しゅうで
いろいろなところへ行き、
いろんなかたとの出会いあり、
そのすてきな出会いから
長年の夢であった
らくがきの刺しゅうをまとめた本を
出版させていただくことができました。

あ、加えて、
NHKの「すてきにハンドメイド」にも
出させていただきましたね!

みなさんの応援、
ほんとうにうれしかったです。

仕事が進まず、
ご迷惑をおかけしたこともありましたが
暖かい対応をしていただき
ほんとうに感謝感謝であります。

おかげさまで、
充実した一年にすることができました。

来年もどんな年にしたいか
なんとなく思い描き、
できることをしっかりがんばっていきます。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさまもどうぞよいお年を
お迎えくださいね♪

来年もきっと、みんないい年になるね!

2016年12月28日

お母さん、旅はじめました♪

おひさしぶりな更新。
気づけば、
あっというまに年末になっていました。

なにかと忙しい年末ですが、
そんな合間にふっとほっとしていただけるような
おしらせなどひとつ。


「お母さん、旅はじめました」


image



沼津にあるshop、
halのオーナー
後藤由紀子さんの著書に
なんと!
ゲスト出演???笑
させていただきました。

ゆっこちゃんとわたし、
どんな関係かというと
本に書いてあるのだけど、笑
halさんでライブ刺しゅうもさせていただいたり、
そしてそのときのちびっことのコラボ作品は
わたしの著書、
「井上アコのらくがき刺しゅう」にも
掲載されているのですよー。
(Wくんのこいのぼりがそれです。笑)

今回、
地元でもないのに(笑)愛してる岐阜市を、
初夏にしてはあっづい日、
ゆっこちゃんをあちこち
連れ回したようすが描かれております。
勝手に岐阜親善大使と
思い込んでいるわたくし、
ぜひ読みながら
ゆっこちゃんとわたしと
旅してる気分を味わっていただけたらと思います。

いやあ、楽しかった!!
こんなに楽しい旅の機会を作ってくれた
ゆっこちゃん、ありがとう!!
まるで同級生とゆく、
旅のようだったよー

イラストは、これまた勝手に
家族のように思っている
イラストレーターの石坂しづかさん。

彼女もわたしに岐阜を連れ回されてるひとり。笑
そんなあなたが岐阜市の地図を描くご縁、
なんとも感慨深いのです(T_T)

ゆっこちゃんらしい
ありそうでなかった、
今までとは全然違うアプローチな旅本。
お母さんの冒険ゴコロを応援する、
そんな一冊です。

生活もまた旅。
しかしそれとはちがう旅へ
背中を押してくれる本。
いつかのために、
ぜひ、オススメです♪

この旅のコーディネートをさせていただくにあたり、
岐阜にわたしを連れていってくれ、
まっちんを紹介してくれたえみちゃんと、
岐阜でのたくさんのご縁をくれた
まっちんに感謝!!



今年は、後藤由紀子イヤーと言えるほど
大人気のゆっこちゃん。

image


わたしが持ってるのでもこんなに!


わたしは今年、ライフスタイルの変化と
仕事との兼ね合いぐあいを
いろいろやってみる1年でした。

仕事でアップアップしてるとき、
ゆっこちゃんの著書
「毎日続くお母さん仕事」に書いてある、

「おおらかおおまか、
だいたいでやってます」のひとことに
どれだけ救われたか。

これは目からウロコ。

「おおらか」

こう見えて(笑)
なにかと自分をしばりつけてしまいがちなわたしへ
ゆっこちゃんからのエールをいただいた気分でした。

読んでみると、生活全般の「キモ」が網羅されてる!
育児に関してもものごとのとらえかた、考えかたに
ふむふむ、なるほどね〜!と
思わず膝をポンとしてしまいそうな項目も。

こちらもゆっこちゃんならではの
生活のアイデアにあふれて
おもしろいです。
ぜひぜひ読んでみてね!

今年もあとわずか。
こうなったら、ゆっこちゃんちの
年末の大掃除の秘策を教えていただきたい。
なんちって。

kecilpohon at 14:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年10月08日

C&S出版記念ワークショップレポート!

すでに1か月以上経ってしまいましたが、
8月27日に
兵庫の芦屋にある
CHECK&STRIPE fabric&thingsさんにて
「井上アコのらくがき刺しゅう」の出版記念ワークショップを
させていただきましたよ。

いつもC&Sさんでは洋服を作るワークショップなので
おとなのかただけのご参加なのですが、
今回はちびっこといっしょに、
親子で参加なワークショップ!

午前は6組の親子さんが
参加してくださいました。

ちびっこが描いてくれた絵を、
ママがちくちく刺しゅうへ。

みんなでまずは基本ステッチを練習するのだけど、
そんなときは、ちびっこたちもしてみたくてたまらない。

image


だいたいいつも、どんな子でもやりたくなっちゃうみたいです。

わたしは、食わず嫌いで終わらせるのはいやなので、
まずは針をこどもたちにも持たせてみます。
かならず、針の使い方を教えるのも忘れずにね!!

午前の部では3歳から8歳までの子が来てくれていたので、
みんなとりあえず刺しゅうをしてみたあとは
もう遊びたいモード。笑

わたしも出来上がりを待つ間、ちびっこたちに楽しんでもらおうと、
以前お世話になった
フェリシモさんでいただいた
「500色の色えんぴつ」をせっせと持参。
お絵描きの好きな子は楽しんでくれたみたい。

image

どの色でお絵描きしようかな〜♪


2016-08-27-12-55-31

いつもおとなのみなさんが必死にがんばってくださるスペースは
この日に限っては学童のよう。笑

あっというまに
わたしもちびっことなかよくなり、
いろいろ言いに来てくれる。笑

いちばんちいさい3歳のHちゃんは
ちっちゃくてしろくてかわいい〜女の子。
最後のほうになると
おなかがすいちゃったようで
何度も「せんせい、おなかすいた…」と。
あまりにかわいすぎる!!
「おなかすいちゃったよね〜おわったらなにを食べたいか
よし!!考えておいてね!!」と言ったら、
「おうどん…」

なんと言いますか、
うどんに「お」がついてるとことか、
関西のちびっこっぽくて、
かわいすぎる!!
まあ、ようするにかわいかったっちゅうこってす。笑

さあ!できあがり。
楽しみに待っていた、
ママの力作と一緒にぱちり。

2016-08-27-12-39-53


2016-08-27-12-56-52


2016-08-27-13-00-37


2016-08-27-13-16-35


2016-08-27-13-20-50


2016-08-27-13-23-58


みんなうれしそうでよかった!!
ママもうれしそう。

そして。

午後の部は、みんな自分でがんばる派。笑
1年生と2年生のちびっこたち。

さすがに小学生ばかりだったからか、
基礎練習で脱落する子もおらず。
ママもいちおうウォーミングアップはできてましたが
もくもくとちびっこチームががんばるがんばる♪

image


image


はじめはぎこちない手つきで
ちくちくやっていたけど、
こうするときれいにできるよ、と
少し持ち方や持つところや、
ちょっとしたコツを教えるだけで
みんなメキメキと上達。

image


こどもってすごいんですね!!

ほんとうに教えがいがあって、
わたしのほうが感動でした。

さて、できた!

2016-08-27-16-57-04

image



2016-08-27-16-32-15

2016-08-27-16-41-03



2016-08-27-17-00-03

image

途中のSくんも、
あとでしっかり完成させたそうです。
先生はうれしいよ…(T_T)

最後、ちょっとだけ
ミシンでママに手を加えてもらって、
リネンのプチバッグができあがりました。

ママとの共作。
自分でがんばった作品。

どちらもうれしそうで、
わたしはうれしかったです。

「井上アコのらくがき刺しゅう」では、
絵を描いたひとと、刺しゅうするひと両方が
満足のいく作品に仕上げるコツ、なんてものも紹介しています。


10月から始まったNHKの朝ドラ「べっぴんさん」。
これを見始めたら、
このときのことがまざまざと思い出され、
こどもたちの興味のあることを伸ばすことの大切さ、
おもしろさを伝えなければ、と
慌ててレポを書いたしだいです。

参加してくださった親子さん、
出版記念展を開いてくださったC&Sさん、
ほんとうにありがとうございました。


スペースの一角には、
本用に作った作品を展示。
スタッフのKさんが、かわいく展示してくれました。

image


これをご覧になって本を購入して下さったかたも。
ありがとうございました!

ぜひぜひみなさんもらくがき刺しゅう、
楽しんでみていただけたらうれしいです♪


+++++

次回の「井上アコのらくがき刺しゅう」
出版記念イベントのおしらせ♪

(↑click!! )

花と雑貨・Bloom (愛知・刈谷)
10/22 sat. ライブ刺しゅう
10/25 tue. らくがき刺しゅうのワークショップ
「刺しゅう入りの
ワンハンドルリネンプチバッグを
作りましょう!」

絶賛ご予約受付中です!
詳細は上をclick!してね!

image






2016年10月06日

こんげつの「らくがき刺しゅう」イベント。@Bloom(愛知・刈谷)

なんだかんだとバタバタしておりましたら、
もうすっかり風は秋色。

台風の影響で、気温は真夏日を記録しても、
風や空気はやっぱり10月。
秋の気配を感じます。

さて、ブログを書いてない間に、
CHECK&STRIPEさんでの出版記念展、
名古屋ヴォーグ学園での洋裁教室、
kokoti cafeさんでの展示会でのオーダー品納品と
あんなことこんなこと、いろいろありました。
またちょこちょこ書いていきたいと思います。


さてさて、おしらせです!!
10/22(土)と10/25(火)に、
いつもお世話になってる
愛知・刈谷にあります雑貨とお花屋のお店、
Bloomさん(←click!!)にて、
「ライブ刺しゅう」と「らくがき刺しゅうのワークショップ」を
させていただくことになりました!!

「井上アコのらくがき刺しゅう」(自由国民社刊)出版記念イベント
                      @Bloom
  1. ライブ刺しゅうがやってきた!!
  2. らくがき刺しゅうの入った、
  ワンハンドルのリネンバッグを作るワークショップ

   at 花と雑貨 Bloom 愛知県刈谷市神明町7-60 メゾンローズ1F
tel.0566-29-1900


わたしが刺しゅうするほうのライブ刺しゅうと
みなさんにらくがき刺しゅうを体験していただくワークショップの
2本立てです♪

+++++

10/22(土)「ライブ刺しゅうがやってきた!!」
〜みんなの絵がそのままワンポイント刺しゅうに〜
                  11:30〜16:30(最終受付15:30)

#ライブ刺しゅう 2754


#ライブ刺しゅう 2756


image


image


image



  ちびっこや、元ちびっこのみなさんが描いた
  ワンポイントくらいのちいさな絵を
  井上アコが、楽しくおしゃべりしながら
  その場でTシャツやハンカチに
  下描きなしでチクチクと刺しゅうします。

  ※なるべく事前のご予約をおすすめします。
    ご予約を優先させていただきますが、
    空きがある場合は、
   飛び込みも大歓迎です♪


↓タイムテーブルはこちら
1. 11:30〜
2. 12:30〜
3. 13:30〜
4. 14:30〜
5. 15:30〜

参加費: 以下こちらで準備させていただいたものに
刺しゅうさせていただきます。
(刺しゅう代込みの税抜価格)

Tシャツ(90cm〜160cm)4200円〜
リネンハンカチ L)3300円 S)2800円
リネンテッシュケース2500円
リネンプチバック3800円 
リネンがま口4500円


+++++

10/25(火)らくがき刺しゅうワークショップ
「みんなのらくがき刺しゅうの入った、
 ワンハンドルのリネンプチバッグを作りましょう。」

image









11:30〜13:30(だいたい2時間くらいです)
参加費: 3800円
持ち物: 糸切りばさみ、
ボールペン(インクの出ないのでもOK)、
     あまり描き込んでない
4×4僂らいのちいさなシンプルな絵

image


image


image


image




+++++

もう、そうだな、10年以上
公私ともにお世話になってるBloomさん。

わたしの著書本の2冊目「ママとわたしのドレスブック」では
オーナーのかおりさんとお子さんのHちゃんがモデルとして登場してくれたり、
今回の「井上アコのらくがき刺しゅう」でも
Bloomさんでのライブ刺しゅうでの傑作が、
わたしの作品コーナーに2点登場。

なにかといろいろ生まれる場所でもあります♪

かおりさん、いち早く「らくがき刺しゅう」本も
置いてくださってますし。
ほんとありがたいです。

ライブ刺しゅうではその場で描いてくれた絵でもいいし、
指で作ったOKマークくらいの大きさの
描き込んでないちいさなかわいい絵を持ってきてくれてもよいです。

みなさんが刺しゅうするほうのワークショップでも同様で、
ご持参される場合は、シンプルな小さな絵を選んできてくださいね!
そうじゃないと
自分で自分の首をしめちゃいますよ〜ひえ〜。笑

きちんと基本のステッチからお教えするので
初心者のかたでも大歓迎です♪
しばしいろいろ忘れて(笑)
みんなでチクチクいたしましょう!!

お申込、お問い合わせはBloomさん
tel.0566-29-1900
bloomfz@ceres.ocn.ne.jp まで
どうぞよろしくお願いします♪


ちなみにただいまBloomさんでは、
消しゴムはんこで繊細な植物の世界を表現されてる作家さん、
「HUTTE.」さんの作品展を開催しています。

Instagramで大人気のHUTTE.さん、
わたしも作品とご本人にお会いしてきましたが
ほんとうにため息が出てしまう作品。

image

↑わたしが連れて帰ってきた作品♪

繊細かつ、デザイン的にも好き。
お近くのかたは10日(月・祝)まで開催なので、
ぜひぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

その際、刺しゅうのお申込みも忘れずに。笑

きっとかおりさん、
HUTTE.さん展で
たくさんのかたで
てんてこ舞いで
くるくるまわってるかもしれません〜。笑











2016年08月19日

つぐちゃんのワンピース。

夏休みが始まるちょっと前、
あるものを納品に行きました。

それはつぐちゃんのワンピ。

なんとこないだ6歳になったつぐちゃんの弟かなくんが
ママのお腹にいるときの展示会でオーダーしてくれたワンピだから、
6年前から着てくれてるワンピなのです。
(そのときのようすはコチラ!←click!!)

大好きでいてくれるみたいで、
5月に行なった、ゾンネガルテンさんでの展示会を見に来てくれたときも
着て来てくれました。

image


まだ着てくれてるなんて!
と、感慨深い気持ちとは裏腹に、
自分の作った服を着てくれてるのを見る
わたしの目は意外に冷静です。
ゆとりはどうか、
動きにくそうではないか、
丈の感じは???とか。
すんごい見ちゃう。笑

身幅は大丈夫でも、
丈はやっぱり短か過ぎるな、と思い、
丈出しを買ってでました。
6年も着てくれたんですもん!

つぐちゃんの6年と、いっしょに過ごしたワンピ。
作った本人としてはうれしすぎるじゃないですか!!

こんなころも♡

image


image


image


こんなかわいいことをしてくれるつぐちゃん。


裾のタック2本をほどいて+4cm、
裾の縫い代4cmを、バイアス処理して、
計7.5cm出せました。
が、しかし!
裾のタックの影になってた部分が色落ちしてなく、
ビミョーに色が違うことがわかってしまう。
なのでタックがあったところに2本、
ステッチ糸の大きめ針目で
そっちに目がいくように加工。
ちょっと工夫してみました。
(すみません、アップの写真撮るの忘れた〜)

小学生最後の夏休みとなる今年、
きっとこれを着てもらえるのは今年最後かな、なんて
たくさん活躍してもらえそうな夏休みに間に合わせるべく、
また、ゾンネさんでオーダーしてくだった
ママのブラウスの納品とともに
手持ちでピンポーーン!!

いつも外で会ってるアコさんが
なんで???うちに???
と、ちびちゃんたち、ついでにわたしも
大盛り上がり♪

image


丈出ししたワンピを
つぐちゃんにあててもらいました。

image


まあまあ、いけるかな???笑

夏休みもあとわずか。
楽しい夏休みになってたらいいな。

わたしの服はお値段的にはかわいくないお値段です。笑
それでも展示会のとき、
ママとパパが、わたしの服を娘に着せたい、と
プチ家族会議を開いて
オーダーしてくださったこと、
パパとママの気持ちも受け取って
わたしはほんとにうれしかったことを覚えています。

つぐちゃんのワンピ、
楽しい夏休みのお手伝いができたなら、
わたしはほんとにうれしいです♪

あ、ちなみに、
「井上アコのらくがき刺しゅう」の
ライブ刺しゅう作品コーナー掲載、
「スーパーこまち」は、
つぐちゃん・かなくんコンビの
お話なのでした♪

つぐちゃん・かなくん、
パパ・ママ、
いつもほんとうに感謝してます!
ありがとうございます。


kecilpohon at 17:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)