2018年02月19日

春の刺しゅうまつり♪ その1

まるでヤマザキ春のパン祭りのような出だしですが、笑
そう!春は刺しゅうにぴったりの季節なのですよー

まるで冬眠から覚めた熊のように
2月終わりからもそもそ動き出すわたし。笑

いろいろおしらせありますので、
みなさん、ご興味あるイベントありましたら
ぜひぜひチェックお願いしますね〜〜


ご存じのとおり、わたしのイベントには
わたしがみなさんのらくがきを刺しゅうするほうの
「ライブ刺しゅう」と
みなさんがおこさんなどが描いたらくがきを刺しゅうする
「らくがき刺しゅうのワークショップ」の
ふたとおりのスタイルがあります。

ではではまずはみなさんに
刺しゅうを楽しんでいただくほうの
2月のワークショップのおしらせです♪

———

BOOKフェス vol.2
「刺しゅうで栞つくり」
2018.2.24. sat. 16:00〜17:30  
at  名古屋YWCA  

参加費 : 1500yen (材料費込)

IMG_8659


IMG_8661


IMG_8660



世界中から学生さんが集まる
日本語学校の受付嬢として
お世話になっていた、
名古屋YWCAのイベントにて。

本のイベントということで
刺しゅう入りブックマーク(しおり)
を作ります。
わたしはいつもしおりをなくすので
こんなかたちにしましたよ。
布のブックカバーは気恥ずかしい派なので、
これなら本のちょっとしたポイントにもなるし!
モチーフは決められたものになります。
お値段もとてもかわいくなっておりますので
チャレンジするにはもってこい!です。
基本のステッチからお教えするので
初心者さんでも大丈夫♪



ご予約はこちら↓
名古屋YWCA 052-961-7707 
shimokata@nagoya-YWCA.or.jp

——-

そしてお次はらくがき刺しゅうのWS!


お子さんやご自分のかわいいらくがきを

入園入学準備にちょうどよい、

巾着袋に刺しゅうします。

かっこいいグリーンとインテリアグッズのお店

garageさん ←click !! にて。

(名古屋グローバルゲート内)


日にち:2018.2.27(火)

時間:10時〜13時

参加費:3800円(材料費込み)

お申込み:ガレージ名古屋店


店頭または052-485-7241まで

※毎月第3木曜定休日


IMG_8861


ちびっこ描いたこんなかわいいねこちゃんが…


FullSizeRender


巾着に刺しゅうされちゃうのです♪

自分だけのマークとしても

役立つし、

なによりうれしくなっちゃうね!

※巾着はコップが入るくらいの小さめサイズ、
14×14cmくらいです。



火曜日の昼間に開催しますので

お子さんが幼稚園や学校へ

行っている時間に挑戦できますよー


昨秋できたばかりの

グローバルゲート内にあるガレージ名古屋店、

くまなく隅々まで見ても

ほんとに飽きません😍 

ちょっと行くのも、楽しみです♪



また両方お席ありますので、
ぜひぜひみなさんでチクチクできたらうれしいです♪

これを機にぜひ刺しゅうを始めてみませんか???


2018年01月25日

ルルちゃんの治療。

さて昨日は 
ハワイのモロカイ島のたまちゃんから
おくりものとお手紙が
なぜ届いたか???なお話を書きました。 

で、そのつづき。 
で、習ったウォルドルフのお人形と
構造が違う、 
たまちゃんがたいせつにしているルルちゃんを 
いったいどう治していったのか??? 

IMG_6316
日本に着いたばかりのルルちゃん 


IMG_1770
ルルちゃんのおでこの傷 

IMG_7343
足の先の症状 


まず、昨日ご紹介した 
ウォルドルフ人形づくりのワークショップを 
各地で開催してる紀子先生に見てもらい、
治療指導を受けました。

どんな方法がいちばんか。 
紀子先生が方法を提案し、 
いわばわたしは実働員。 

ウォルドルフ人形というのは 
とにかくこどもたちの愛着が沸き起こりやすく、 
いつもいっしょにいたくなるようで、
たぶん痛みかたもハンパないように思われます。 

ルルちゃんも表面の痛みが激しく 
あたらしい一枚で覆うことになりました。 

各地をウォルドルフ人形の先生として飛び回り、 
かつ、愛知のおもちゃのお店も切り盛りする 
忙しい紀子先生の1日をいただいて、 
紀子さんの作ってるお人形と 
まったく様子のちがう
ルルちゃんの髪の毛の治しかたを 
実際のルルちゃんをもとに 
いっしょに研究しました。 
いわば手術をしながらの研究、
といった感じです。 

紀子さんの知りうる 
お人形の髪の毛づくりの技術から 
ルルちゃんのヘアスタイルをもとに 
植毛のしかたを提案してもらい、 
あとはわたしが作業するだけです。 

基本ビビりなわたしは 
「ルルのマナ(ハワイ語で魂といった意味)のまま
きれいにしてほしい」という 
たまちゃんのご希望がガンと肩にのしかかり、 
忙しいのをいいことに
こわくてなかなか手が出せません。 

お人形づくりにまったく慣れてない 
わたしが手を出して、 
まったく違うものができたらどーしよう💦と。 

ルルちゃんが日本についてから早や4ヶ月。 
ときどきたまちゃんからの 
「ルルはまだかしら…」という 
悲痛なメッセージが届きます。 
きっときっとたまちゃん、 
寂しくてしょうがないはず!! 
だってちいさいときから
ずっといっしょだったんだものね。 

うーーでもでもできるかな… 

覆う生地も色や素材を吟味。 
似た色や伸びに耐えうる丈夫なニット地を 
探して。 

IMG_8675
ルルちゃんから腕と脚パターンを取り、 
上からかぶせました。 


IMG_7995
左: お顔用  右: からだ用 


IMG_1252
じっさいかぶせて 
からだのおなか部分もつまんで調整。 



たまちゃんのママは、
山崎美弥子さん(でんちゃん)というアーティスト。 
その作品はモロカイ島の空と海の境界線や 
自然な色を 
そのままキャンバスに映しこんでいるよう。 

 白い壁に、でんちゃんの絵を飾ると、 
まるでそこに窓があり、 
まるでモロカイの空と海が
見えているような気分になる。 
モロカイに行ったことないわたしでさえも 
そんな気になる。
いや、作品は 
でんちゃんの目を通してみる世界。 
モロカイとはまた別の世界かもしれないね。 

そんなたまちゃんのママ、
でんちゃんの作品展が 
昨年秋に東京でありました。
 
このときがタイムリミットだと決め、 
こわがってても終わらない、 
ライブ刺しゅうのときも下描きしないから 
ちびっこたちの描いた原画と 
ちょっとくらいちがっちゃうことはあっても 
こどもたちは大喜びしてくれるじゃないか! 
ちょっとくらいちがっても、 
こどもたちのスピリットは込めてる自信はある! 
というのを思い出し、 
腹をくくった!! 

こうなるとかなりの集中力を 
発揮するわたし。 
髪の毛を1本1本縫って治し、 
からだの部分部分を縫いつけて 
お顔を刺しゅうして。 


IMG_0507
治療まえのルルちゃんの後ろ頭の画像。
画像をこのように明るく加工して
髪の毛の流れをチェックしながら…


IMG_3851
一本一本縫いつけていきます。 


IMG_2631
お顔を刺しゅう。 
ライブ刺しゅうで
そっくりに刺しゅうするのは 
慣れてます。笑 


IMG_1555
できた!! 


髪の毛の治療中、 
ぶっといお人形用の針が折れるという
アクシデントもあり 
できたのがたまちゃんのママが 
ハワイに帰る前日!! 

そして、きっとたまちゃん、 
ルルちゃんとママがいないモロカイで 
どれほどさみしい思いをしてたか。 
ビビりのわたしの都合に 
つきあわせてしまった申し訳ないきもちと 
待ってくれた感謝の気持ちを込めて 
カンタンなお洋服を作りました。 


IMG_4018


お洋服を着せて… 


IMG_3546

生まれ変わったルルちゃん。 

さあー!!!ママのいる東京へ送りますよー 

仕事柄、
海外便のスケジュールをよく知る旦那に 
ハワイへのフライト時間を聞けば 
みんな夜出発とのこと。 

よっしゃ、午前中必着で! 

無事、送り出しました… 


ちなみに、今回、
ほんっとに力を貸してくださった 
ウォルドルフ人形の先生、 
藤田紀子さんいわく、 
こどもにとってお人形は友達、 
なるべく作ってる途中の画像などは 
載せないほうがいいとのアドバイスを受け
この物語を書くにあたり、 
かなり吟味して画像を選びました。 

紀子先生がおっしゃるとおり、 
お人形はこどもたちのかけがえのない友達、 
ルルちゃんを治療しながら
わたしの手を通して 
「ああ、この子はほんとうに 
たまちゃんに可愛がられてるんだな」 
というのがふしぎと伝わってきました。 

ママとルルちゃんが 
いっしょに自分のもとに帰ってきたら 
きっとたまちゃんうれしいだろーなと思い、 
がんばりました。^ ^

で、今回のおくりもの。 
いっしょうけんめい書いてくれた 
はじめてのにほんごのお手紙には 
「あこちゃん, 
るるがかえってきてから 
うれしくなりました。」と。 

よかったよー 
あこちゃん、涙ちょちょぎれたよ! 

「らぶ  たまら と るる」 と、
たまちゃんとルルちゃんからのお手紙。

 日本はいま、絶賛極寒中ですが、 
わたしの心はハワイのように 
あったかくなりました。 

ALOHA なきもちをみなさんにも ♡♡♡

長々と読んでくださって
ありがとうございました! 

たまちゃん、 
紀子先生、 
でんちゃん、
ありがとう!!!らぶ♡


kecilpohon at 17:51|この記事のURLComments(2)

モロカイ島からのおくりもの。

今朝のうちのまわりは雪景色。
日本中、極寒です。
雪に慣れないところも雪国な今、
どうぞみなさん気をつけてお過ごしください。

と、日本はザ・冬!な昨日。
常夏の島、ハワイからすてきなおくりものが届きました。

IMG_8681


IMG_8685


おくりものの差出主はハワイのモロカイ島に住むたまちゃん♪

たまちゃんがはじめて日本語で書いた、というお手紙と
2冊のお人形関連の本、
それからかわいいお花の刺しゅうの入ったハンカチが
送られてきた包みのなかに入っていました。

一生懸命書いてくれたと
容易に想像できる
にほんごのお手紙にわたしはじーん。
ほんとにいっしょうけんめいに
ていねいに書いてくれたのが伝わる(T_T)。

なんでたまちゃんがこんなプレゼントを
わたしに送ってくれたのか???

昨年わたしは何種類かの挑戦をしてみたのですが、
その中のひとつが、
この差出主であるたまちゃんの大切なお人形ルルちゃんを治すこと!
(あえて治す、と書きます。^^)

わたしはたまちゃんのママと友達です。
友達といっても15年ほど前に1度、それも少しだけの時間でしか
会ったことがありません。

それなのに、なぜか、
わたしの人生におおきな関わりを持つひとで、
また、今でもふしぎなかたちでつながることが多いひとです。

さて、今回のたまちゃんのたいせつなお人形の治療に関して、
とてもお世話になったひとがいます。

こどものよき相棒になってくれるお人形、
ウォルドルフ人形の作家さん、兼、
ウォルドルフ人形作りの先生の
藤田紀子さん。
愛知県刈谷市で、ご主人といっしょに
カルテット」という木のおもちゃや絵本を扱うお店をしてらっしゃいます。

ある日、紀子さんがfacebookでお友達リクエストをくださり、
お友達になった次の日、(次の日ですよ!!!笑)
なんとたまちゃんのママからわたしに
「どなたかうちの子がかわいがってる
ウォルドルフ人形を直してくれるかたはいないか」
というメッセージが届いたのです。

「さっすがでんちゃん(←たまちゃんのママ)、持ってる〜〜〜!!笑」と
紀子さんとたまちゃんのママをつなごうと思っていたら、
紀子さんはリペアはしていないとのこと、
(ウォルドルフ人形の治療はママがするのが基本です^^)
しかしたまちゃんのママはこういうことが大の苦手、
どうしたもんじゃろのうーーーー(T_T) とどなたか治してくれるひとを、と
お人形なんて作ったことないし、できるはずがないと思っていたので
ハナから自分では治すつもりはさらさらなかったわたし。

それにね、
「ルルのマナ(ハワイ語で魂といった意味)のまま、
きれいにしてほしい」
というたまちゃんの希望があったしね。むりむり、と。笑

なのになのに。
あまりにも治してくれるひとがいない!!!
しかしなあ、この件の流れからいって、
もしかしてこれはわたしがやれということなのか……
と、なにかでっかい流れのようなものを感じて
わたしがやろうと心に決めた去年の2月ごろ。笑

しかし邪魔をするのはいちおうモノ作りを生業としてる身として
ちゃんとしたものを作りたいという
へんなところでまじめな性分。
ちゃんと治して
たまちゃんにはより長くかわいがってもらいたいしね。

すぐに紀子先生に連絡して
まずは構造を知らねば、と
ウォルドルフ人形作りを体験させていただきました。

もーーーたいへん!!!
力仕事!!!
しかしこういうふうにたいへんながらも
かたちにできたときの達成感がいとおしさになる。
わたしはこどもを産んだことはないけど、
なんか疑似体験させてもらった気になりました。
思わず抱きしめちゃうもんね。

IMG_0601
↑難産のすえ生まれました!

わたしの作るこども服も
おとなのかたへのオーダー服も、
ライブ刺しゅうもそうだけど、
だれかを思って、そのために作ったものって、
けっこう伝わってしまうものです。

そういうきもちがちびっこたちにもお人形をとおして
伝わるからこそ、
ウォルドルフ人形がちびっこたちに愛される所以なんでしょうね。

たまちゃんのママに自分で治すことを伝え、
ルルちゃんを送ってもらうことに。

そして届いたルルちゃん。

IMG_6316

↑長旅の疲れをしばしいやすルルちゃん。


…あれ?わたしが習ったお人形の構造とちがうぞ。
でもまあ、ウォルドルフ人形の先生がついてるから
だいじょぶだいじょぶ♪
なーんて思っていました。

さて、実際のりこ先生に見ていただいたところ、
なーーんといろんな部分の構造がちがうことが判明!!!!

がーーん!どうしよう…

さてこのルルちゃんの治療は
はたしてどうなるのか。

このお話はまた次回、おつきあいのほどー♪

そして、みなさま遅くなりましたが
2018年もどうぞよろしくお願いいたします!!!






kecilpohon at 11:57|この記事のURLComments(0)

2017年08月03日

おやこで楽しむ刺しゅうとアップリケのWS二本立て♪

なんだかんだと8月。
暑くはあるけど、
なぜだかさわやかな風が
兼仕事場でもある
うちの中を駆け巡っており、
朝方などは窓を開けて寝ていると
ブルッと寒いくらいで
びっくりな8月です。

さてさて、
いよいよあさってと来週、
夏休み企画の二本立てがあります♪

あさって5日の土曜日は
名古屋は本山「健康の種」さんでの
夏休み企画。


「フェルトのオリジナルワッペンを作ろう!」

image


この企画、
小5のひまりちゃんが、
このようなアップリケを自分で
作り出したことがきっかけ。
image


すっごい楽しかったようで、
だったらみんなでチクチクしよっか!と
いうことで、
夏休み企画とあいなりました。

まだ若干お席があるようなので、
せっかくなこの機会、
手を動かすのがなんか好きなのよね〜
という女子たち!
ぜひぜひみんなでチクチクいたしましょう♪

どうしよ。
ちびっこ女子トークについていけるかな…
↑いらぬ心配。笑

そしてもうひとつは、
いつもソーイングのワークショップを
させていただいている
兵庫は芦屋にあります
CHECK&STRIPE fabric&thingsさんにて。

夏休み企画
「らくがき刺しゅう
親子ワークショップ」

image


お子さまが描いた
ワンポイントくらいのシンプルな絵を、
親子で楽しくおしゃべりしながら
リネンのハンカチに
チクチクと
刺しゅうをしてみましょう。

きちんと基本のステッチから
お教えしますので
初めてでも大歓迎です!

夏休みの思い出作りに、
ぜひご参加ください。

2017.8.8 火曜日
10:30〜13:00 ←満席です
14:00〜16:30

午前の会はおかげさまで
満席となりましたが、
午後からの会
(14:00〜16:30)は
まだお席があるようです!

今年はハンカチに
刺しゅうしますよ!

ちびっこたちがチクチクしても
ママがしても、
どちらでもオッケーな
WSです。


ちびっこにもママにも
わたしが基本ステッチから
お教えするので
安心してご参加ください♪

この企画も、
去年刺しゅうにチャレンジしてみたちびっこが
ほんとに楽しかったので
またやりたい!という声にお応えしての
企画。

去年のようすはコチラ ←click!!

ちびっこたちの眠ってるチカラはすごくて、
揺さぶってみると、
あらびっくり!
コチラ ←click!! の記事もぜひ!

ということで、
8/5 sat. 13:00〜15:00
健康の種さんWSのお問合せご予約は
コチラ!!←click

8/8 tue. 14:00〜16:30
CHECK&STRIPEさんWSの詳細ご予約は
コチラ!!←click

またいろんなドラマがあるんだろうなあ!
みなさんにお会いできるのを
楽しみにしています♪
わくわくわくわく!

kecilpohon at 17:18|この記事のURLComments(0)

2017年07月01日

7月のワークショップのおしらせ♪

今日なんかは
まさに梅雨!!という天気です。
蒸し蒸しです。
日本の梅雨時です。笑

さて、今日から7月。

今月は恒例でさせていただいている
CHECK&STRIPE
fabric&thingsさん(兵庫芦屋)をはじめ、
C&S吉祥寺店、
そしてヴォーグ学園名古屋校にて
ソーイングのワークショップを
させていただきます。

毎週水曜日、飛び回りますよー♪

7/12 (水)、
今回の芦屋のCHECK&STRIPEさんでの
ワークショップの
お題はコチラ!

image


image


image


ちょっとハリがあるけど
肌触りのよい大好きな生地、
C&S力織機で織ったコットンで、
開きのところにちいさなボタンが
ちょこんちょこんとついた、
ツートーンの台形スカートを作ります。

image
すみれグレー×ネイビー、

image
シナモン×ネイビー

の2色から選べますよ!

ネイビーがちょっと入ってるだけで
しまって見えるところがポイント。

夏にサンダルと合わせても、
そして、
生地が柔らかいのだけど
しっかりしてるので
秋にもぴったり♪

3シーズン楽しんでいただける
スカートです。

前開きの部分は
スナップボタンでかんたんに。

今ではちと懐かしい(笑)、
スナップボタンのつけかたも
お教えします^ ^

初心者のかたも大歓迎!!
みなさんのそれぞれのペースにそって
お教えしてますので
どうぞご安心を♪

まだお席がありますので、
この機会にぜひご参加ください。

7/12 wed. 10:00〜13:00
※ お茶の時間も含みます。

詳細はコチラ!←click!!


そしてそして。

吉祥寺店でのワークショップは

7/19 wed.
午前 10:15〜13:15
午後 14:00〜17:00

お題はコチラ↓
image


今日7/1 10:00〜受付開始でしたが
どんな状況でしょうか!

夏に重宝してくれるであろう、
ゆったりワンピです。


とりあえず、いちばんはじめは
7/5 wed. のヴォーグ学園名古屋校の
3ヶ月コースです。

こちらはおなじみ、
わたしの課題のなかでも人気の高い、
ピンタックのブラウスを。

image

image

↑コレですね。

型紙づくりから完成までを
3回で駆け抜けます。

名古屋の課題は
出来上がりの時期を想定して、
手の込んだものになってますが、
夏はわりとかんたんな作りのほうが
涼しくていいですね。

それではみなさんでチクチクできるのを
楽しみにしています♪

◎オマケ◎

この夏、
友達に誘われてハーフマラソンに
初挑戦!
練習練習♪ と揖斐川堤防を走っていたのですが
ここに来て腰を痛めて撃沈(T-T)。
仮装で走れるほど
ユルーイ大会のようなので
せめて歩けるよう改善しとかねばーー





kecilpohon at 14:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月15日

母の日。

昨日は母の日でしたね。
みなさんはどんな母の日を
過ごしましたか???

よく、自分の誕生日が
ほんとうの母の日だ、
という言葉を耳にしますが、
わたしの場合、実際その日たちが
よく重なります。

昨日の母の日は
なんのご縁か、
たまたま偶然にも
わたしの生まれた病院の近くで
友達と会うことに。

そして、
最近は妹のように思っている友達たちのところに
ちびちゃんが生まれたりその予定だったり。
おととい、臨月のおっきなお腹に
手を当てさせてもらいました。

すごく待ってた赤ちゃんだったんだろうなあ
というのが感じられて
思わず胸が熱くなり
目頭まで熱くなってしまった。笑

わたしは予定日より2週間以上遅れて
生まれてきたそうで、
予定日だったGW前ごろから
父の仕事が多忙を極め、
父いわく、
GWもおちおち気が休まらなかったとか。

GWも明けた1週間後、
まかされていた大きな仕事が終わり、
若かった父に会社の社長さんが
お疲れさま、とばかりに
油だらけの手に
しっかり握手をしてくださったらしい。

そのことが嬉しくて嬉しくて
帰って母にそのことを報告し、
「もういつでも安心して産んでいいよ!」と
伝えた夜…

突然産気づいた!
長い道のり車にゆられ、
病院についたとたん、あっというまに
生まれたとか。笑

昨年の誕生日に父からその話を初めて聞き、
こどもって母親の状態を感じ取り、
ちゃんとタイミングを合わせて
生まれてくるのかもしれないなーと
自分のことながら思ってしまった。

なので、おととい会った
大きなおなかの友達に
赤ちゃんはきっとよほどのことがない限り、
いい〜タイミングで生まれてくるかもねー
楽しみだねー
なんて話していました。

そんな話をしてたからか、
昨日、
自分の誕生日の翌日の母の日に
うまれた病院を仰ぎ見たのは
感慨深いものがありました。

たまたまその場所に縁のある友達と、
そんな日に会うことになったのも
なーんかご縁を感じます。

命とご縁の不思議を
強く感じたこの3日間。

母と。
image

しあわせがにじみ出る
なんだか好きな一枚。


自分には残念ながら母の役割は
まわってこなかったのと
もう同世代の友達たちのこどもたちも
大きくなってしまった。

それにわたしがこども服を作り始めたころは
かわいいこども服が全然なかったけれど
今では既製服も、また、
手作りこども服も
かわいいデザインのものがあふれている。

そういうこともあって
こども服作りにも
正直モチベーションの盛り上がりに
いまいち欠けてたけどさ。笑


最近の妹のような友達たちの出産を機に、
またまた気持ちが上がってきましたよ♪

そして、わたしも作ってて楽しいこども服、というのが
確かにある。

これからも初心どおり、
こどもが着ていて楽しくなる服を
作ろうと思います。
みなさん、
どーぞよろしくお願いいたします!!


おまけ。
誕生日の当日は、
ダーにごちそうしてもらう。
けっこうなお料理だったのに
お腹が空きすぎて、
45分ですべてたいらげるという。
ほど遠く感じる
エレガントということば…(遠い目)笑

image



-----

おしらせ♪

「着ていて楽しくなる
こどもとおとなの服」展
←click!!
5/20〜31
at kokoti cafe

5/23 らくがき刺しゅうワークショップ
5/27 ライブ刺しゅう
もあるからね♪
お楽しみに〜〜(^3^)/~




kecilpohon at 17:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月05日

こんげつのライブ刺しゅうとWS@kokoti cafe

おひさしぶりの投稿です。
ご無沙汰してしまいました。

そして今日はこどもの日。
いい〜天気です。
みなさんGWはいかがお過ごしですか???

なんだか今年は春も短く、
すでに夏!!
ですがサラッとした空気はこの季節ならでは。
みなさんも存分に楽しんでくださいねー♪

で、そんな5月、昨年に引き続き、愛知は東山公園にあります
kokoti cafeさん(←click!!)で、
今年も展示会
「着ていて楽しくなる
こどもとおとなの服 vol.2 」をさせていただくことになりました。

※昨年のおしらせはこちら←click!! から。

それにともないおなじみの、
「ライブ刺しゅう」と
「らくがき刺しゅうワークショップ」を
させていただくことに!

わたしが刺しゅうするほうのライブ刺しゅうと
みなさんに
らくがき刺しゅうを体験していただく
ワークショップの2本立てです♪

取り急ぎ、
こちらのほうのおしらせを先に
させていただきます。

5.23 mon.
「らくがき刺しゅうワークショップ」
〜みんなのらくがき刺しゅうの入った、
 ワンハンドルのリネンプチバッグを作りましょう!〜

image


午前の部 10:00〜
午後の部 14:00〜
(だいたい2時間くらいです)
参加費: 3800円
持ち物: 糸切りばさみ、ボールペン
(インクの出ないものでOK)、
  あまり描き込んでない
4×4僂らいのちいさなシンプルな絵

生徒さんの作品たち
image


+++++


5.27 sat.
「ライブ刺しゅうがやってきた!
at kokoti cafe」
〜みんなの絵がそのままワンポイント刺しゅうに〜
 11:30〜16:30(最終受付15:30)

  ちびっこや、
元ちびっこのみなさんが描いた
  ワンポイントくらいの
ちいさなかわいい絵を
  井上アコが、楽しくおしゃべりしながら
  その場でTシャツやハンカチに
  下描きなしでチクチクと刺しゅうします。

  ※なるべく事前のご予約をおすすめします。
    ご予約を優先させていただきますが、
    空きがある場合は、
   飛び込みも大歓迎です♪
タイムテーブルはこちら↓
1. 11:30〜
2. 12:30〜
3. 13:30〜
4. 14:30〜
5. 15:30〜

参加費: 以下こちらで準備させていただいたものに
刺しゅうさせていただきます。
(以下刺しゅう代込みの税抜価格)

Tシャツ(90cm〜160cm)4200円〜
リネンハンカチ L)3300円 S)2800円
リネンテッシュケース2500円
リネンプチバック3800円 
リネンがま口4500円

image

image

Kちゃん4歳。
上はうさぎちゃん。
下はおばあちゃんちのワンちゃんで、
おばあちゃんにプレゼント。
Kちゃんの描いた
愛犬の絵入りのプレゼントだなんて、
おばあちゃんうれしくなっちゃうね!

image

Aちゃん7歳。
原画は1色だったけど、
いっしょに色を決定!
このがま口ポーチには
お金持ってるから
持ってる10円玉13枚を
入れるんだって☺️
お金持ちでうらやましい…
@コヅツミさん

image

トキオくん4さい。
おうちで描いてきた「はなぶさ」を
刺しゅう。
ママは他の絵がお気に入りだったけど
とっくんの希望をかたちに。
使う刺しゅう糸の色も
いちいちいっしょに決めました😊
@コヅツミさん



+++++

kokoti cafeはフィンランドが大好きな京子ちゃんのお店です。

京子ちゃん……
このカフェのお客さまはちびっこがたくさん。
というのも2階にはトムの庭という
楽しい絵本が揃う絵本屋さんだから。
そのちいさなお客さまは、
親しみを込めて京子さんのことを
こう呼びます。笑

とにかくちびっこが大好きな場所、
そして子育て中のママが、
こどものことも恐縮せずに(笑)
ゆーっくりできる場所。

そんな、おとなもこどもものびのびとできる場所で、
ぜひみなさんと刺しゅうを楽しみたいと思います♪


そして、ご予約・お問い合わせはこちら ←click!! か
このコメント欄に
お願いします♪

kokoti cafe
名古屋市千種区東山通4-8
TEL 052-734-7100
open 11:00-19:00 (Last Order 18:00)
close 木

image


ではではみなさん、
GW後半戦もあと少し、
たのしいGWをー♪

「着ていて楽しくなる
こどもとおとなの服」展のおしらせは
また後日〜〜(^3^)/


kecilpohon at 09:24|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2017年01月13日

刺しゅうもいいけどソーイングもね♪

予報通り、雪が降ってきた
三重県(名古屋寄り)です。
昨日から寒くなってましたね〜

さてさて、先週はライブ刺しゅうの謎に
せまってみました。

一針一針をたいせつに、と
さんざん書きましたが、
ここでハタ、と気づきまして。

わたしはご存じのとおり、
ライブ刺しゅうのほかに
作家としても洋裁のレッスンもしております。

その際、ミシンをかけるときは、
針の落ちるところを見るのではなく、
ゲージの線を見ながら縫うように伝えています。
つまり一針一針ととらえるのではなく、
縫い目を線としてとらえるように
アドバイスしています。
そうすることによって、
縫い目はまっすぐにかけられるわけです。

ライブ刺しゅうのときと
アドバイスが真逆。

わたしの刺しゅうはアナログちっくや
とにかく不器用な感じをたいせつにしてます。
が。
洋裁の場合は、手作りとはいえ、
手作り感を極力出さない、きれいに縫うコツ、
なんてのをお教えしています。

なので針の落ちるところは見ないようにしてね、と。

いろいろ追求していくと、
おもしろいことに気づくもんです。笑


さて、また2月より、
ヴォーグ学園名古屋校での
冬のレッスンが始まります♪
こちらはソーイングのレッスンです。

がしかし。すでにキャンセル待ちの
この事実…。
すみません、
どんなクラスなのかだけでも
チラとご紹介させていただきますね!
詳細はコチラ←click!!

そして今回のお題は…

image

image

↑バックスタイル

みなさんで作るのはこんなの。

前にリンネルさんで連載をさせていただいたときの一品に
ちょっと手を加えたものを作ります。

また「囲み」ですが、
製図からの3回コース。

わたしのクラスは、
「ミシンと友だちになる」ところから始めます。
なので、超初心者のかたでも
ウエルカムなのです。

また4月からの半年コースで
たぶん7月くらいからだと思いますが
させていただく予定なので、
ぜひご参加ください♪

ニュースは名古屋地区の雪情報で持ちきり。

全国でも今日明日と、
ほんと寒そうです。

みなさん風邪やインフルエンザには
気をつけて
楽しい週末をお過ごしくださいね 〜(^O^)/~








2017年01月06日

より原画に忠実に刺しゅうするには。

さて、前回のつづき。

ライブ刺しゅうにおいて、
いかに原画に近づけるにはどうしたらいいか、というお話でした。

image


答えはじつに簡単で、
それは
絵、全体をひとつにとらえるのではなく、
絵を一針一針の積み重ねととらえる、ということです。

わたしは下描きをしないので、
一針刺したら次の一針はどこに刺すか、ということを
集中して刺しゅうしています。
なので、昔取材に来て下さったかたに
「アコさんの目は絵と布のあいだをすごく行き来していますね」と
言われたことがあります。
そのときのわたしの答えが
「絵を何度も見て、絵の残像を生地に移している、というか…」
というようなことを言っていました。


image

著書本「井上アコのらくがき刺しゅう」←click!!では、
生地に下描きをしてそれから刺しましょう、と書いています。

まずは本に沿って基本を押さえてください。

そしてしばらく楽しんでいると、
自分でも実験してみたとおり、←click!!
あれ???なんかちがう!!ということが起こる場合もあります。笑

自分なりにやってみて、さらに
もっと近づけたい!
もっと喜んでもらいたい、びっくりさせたい〜と思ったとき
この、絵を一針一針の積み重ねと思ってやってみてください。

わたしはライブ刺しゅうをするとき、
ひとつの同じ絵でも
わりと素直な直線ならば、大きめの針目で、
しかし、細かいくねくねの線を刺しゅうするときは
かなりちっちゃなミリ単位の針目で刺しています。

この針目を一定にしないというのも
らくがき刺しゅうをリアルに刺すコツです。
アナログな感じがたまりません〜


image

今回の秋野不矩さんの鶏、
脚の爪の角度など、
ちょっとでも違えばまったく違う雰囲気になります。

目の玉の場所もしかり。
(画像をクリックすると大きくできるので
見てみてね!)

わたしは自分のことを「針目フェチ」と言っていますが、
とにかく刺しゅうの針目の一針一針が大好き。
うまく刺しゅうしようとしてない、いや、できないひとの
針目がかわいいと感じてしまいます。

刺しゅうのワークショップでは
とにかくみなさんそれぞれの好きな針目の大きさを知って
それを刺していると、
一針一針刺すたび、「かわい〜〜♡」となって、
いちいちいちいち刺しゅうが楽しくなりますよ!と
超〜〜マニアックなアドバイスをよくしております。

いやあ、そのことと、ライブ刺しゅうの極意(笑)が、
つながってるとは10年以上やってましたが
知りませんでした。笑

一針一針の針の進み具合をたいせつにしているので
結果、どんなタイプの絵もこなせたわけです。

下描きはあくまでもガイド。
そのうえで
原画をよく見ながら刺すとより近づけると思います。

基本は著書本で。
そして、さらに追求したいときは、
ぜひこの方法をやってみてください。

あ、あと、下描きをしないで
刺しゅうしてみるときは!!
「木を見て森を見ず」になりがちなので、
全体を感じながら一針一針。
たまに引いてバランスなど見ることをオススメしまっす!!

がんばってやってみてください〜。

刺しゅうしたのがだれかの絵だったら、
そのひとにサプライズでプレゼントするもよし。
きっときっとびっくりうれしい!に
なるはずです。

と、みなさんに丸投げしたとこで、笑
読んでくださってありがとうございました♪




2017年01月05日

あけましておめでとうございます。

あたらしい年になりました!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の干支は酉、ということで、
鶏の刺しゅうをしてみました。

image



わたしは絵を描けないので、
元ネタとして、秋野不矩さんの日本画に
勝手に色をつけて。笑

image


秋野不矩さん。
ちいさいころ毎月来ていた絵本、「こどものとも」の一冊、
ちいさなたいこ」の挿絵を担当されたかたでした。

おじいさんとおばあさんが
畑でたいせつに育ててるかぼちゃのひとつから、
楽しそうな祭囃子が聞こえて…云々
というお話で、
そのなかにミニチュアサイズのたいこが出てきたり
だんごが出てきたりと、
そのちっちゃいなにかを想像するだけで
胸がわくわくしていました。
何度も何度も母に読み聞かせてもらっていました。

ちっちゃなものが好き。
そのちっちゃいものをちまちま作る。
これはもうママでもないのにこども服を作りはじめた片鱗が
こどものころにもうあったわけです。笑

さて、この不矩さんの鶏の刺しゅう。
わたしはご存じのとおり、
ライブ刺しゅうと称して下描きをしないで
ちびっこをはじめだれかが描いた絵を
刺しゅうで模写してるわけですが、
昨年、念願の夢であった「ライブ刺しゅう」(らくがき刺しゅう)を一冊にまとめるにあたり、
(「井上アコのらくがき刺しゅう」自由国民社)←click!!
みなさんにも楽しんでいただくにはポイントを知らなくては、と
自分で何気なくやっていることを
刺しゅうしながら客観的に観察する、ということをやっておりました。

image

↑ごぞんじ著書本。笑

その後、そのくせがついてしまい、
自分の刺しゅうを自分で観察しながら、
どうしたらその絵をリアルに手刺しゅうで再現できるのかの研究に
最近じつにはまってしまって。笑

ちびっこのらくがきの刺しゅうから、
自分でもこわいもの知らずだなと思うのだけど
プロのかたのイラストまでライブ刺しゅうします。

全然プレッシャーも緊張もしません。

最近、なぜか、に気がつきました。


これを知っていれば、だれでもだれかの描いた絵を
リアルに刺しゅうできます。

ほんっとに簡単なことだと、たどり着きました。笑

だれかの絵を刺しゅうする。
これはあったかい気持ちもやりとりできます。

今年はみなさんにも
刺しゅうと、その気持ちのやりとりを
ぜひ楽しんでいただきたいので
年の初めからご紹介したいと思います。

が。
あまりにも長くなりそうなので、笑
また続きはのちほど〜〜♪

(なんかへんな広告の宣伝みたいな流れだな。笑)

とまあ、あいかわらずマイペースなわたしですが、
みなさんと楽しい時間を過ごせるよう
努力してまいります。
今年もいろいろと活動を通して、
みなさんとお会いできることを楽しみにしています!
今年もおつきあいのほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

みなさんにとって、
この1年が素晴らしい年となりますように♪