2012年04月

2012年04月14日

栄中日文化センター・刺しゅう教室のおしらせ。

桜もあとほんの少し。
先日会ったアメリカ人の女の子が
日本の桜を見るのは初めて、とってもきれい!!!
とめちゃくちゃかわいく
飛び跳ねて感動していたのが印象的でした。笑

ほんとこの季節、電車に乗って外を見てるだけで
ぜいたくだなーという気にさせられますね。

そんなぜいたくな季節も過ぎた来週から、
名古屋・栄の中日文化センターにて、
刺しゅう教室が始まりますよ!
1ヶ月に1回、3ヶ月のコースです。

あと少しだけ空きがありますので、ご案内しますね。


〜4つのステッチでできる刺しゅう〜
  かわいい刺しゅう入り小物教室  
  
  @名古屋・栄中日文化センター

中日文化センター刺しゅう講座1


中日文化センター刺しゅう講座2


 4〜6月 第3木曜日 夜 6:30〜8:30
 参加費: 3ヵ月分 6,300円
 材料費: 5,700円

  4つのステッチを覚えるだけで、
  可愛らしい作品が出来上がります。
  毎回、基礎のステッチの練習から始めるので、
  初めての方でも安心して受講できます。
  4月から始まる3ヵ月講座です。


内容としましては、
1回目に基本のステッチからリンゴの木の刺しゅう。
2回目リンゴの木の刺しゅうの入ったポーチの仕立て
    〜花の刺しゅうへ
3回目花の刺しゅう完成〜鍋つかみへの仕立て

という流れです。

あと少し空きがありますので、
もし、ご興味のあるかたがいらしたら、
ぜひご参加ください。

わたしの図案での教室はけっこうめずらしいです。
また、刺しゅうの針目はとってもかわいいんだからーってな話を
さんざん聞かされること請け合いです!笑

締め切りは4月17日18:00まで。

お申込みはコチラ!(←click!)
※ 下から4番目あたりをごらんください。

------------------------------

そのほかのおしらせ♪
プチmozi3
Kecil - Pohon for children's day !! vol.13 final !
”井上アコのライブ刺しゅう × タカラモノ123 のフォトセッション”(←click!)

2012年04月10日

Kecil -Pohon for children's day !! vol.13

桜も見ごたえ満点になりましたね。
そのあとは新緑の季節がやってきます。
そして、もうひとつ、やってくるのは……???

今年もこの季節がやってきました!
毎年恒例、東京・国立でのアグレアブル*ミュゼさんでのこどもの日イベント。

今年はタカラモノをキーワードに、
ステキなかたたちとのコラボレーション企画でお贈りいたします。

mozi3プチ


Kecil-Pohon for children'sday !! vol.13 final !
〜こども服のクチル・ポホンと
  happy photo project 「タカラモノ 123」がお贈りするこどもの日〜
                          協力:フェリシモ しあわせの学校(←click)   
   
   2012.5.5 (sat.)・6 (sun.)
   at  アグレアブル*ミュゼ(←clicik!)  / 国立市中2-19-93 61ビル1F   
         ※移転にともない、新店舗のご案内もしていますが、
            今回は、旧店舗での開催です。
            お間違いのないよう、お願いいたします。
 
  
   参加費:無料 
   持ちもの:たいせつにしているタカラモノ    要予約


  いつも、国境を越えたたくさんのこどもたちの笑顔と楽しい空気を
  写真に写しこんでいるフォトグラファー・回里純子さん。
  そんな回里さん率いる「タカラモノ 123」(←click!)プロジェクトとの
  コラボレーション企画が実現しました。

  ちびっこたちにタカラモノの絵を描いていただき、
  それを井上アコがその場でハンカチにちくちくと刺しゅう。
  そのあと、タカラモノproject率いるフォトグラファー回里純子が、
  こどもたちとタカラモノを一緒に写真にパチリ。
  撮影した写真は後ほどプリントしてプレゼントします。
  一度で二度おいしい時間を、ぜひ体験しにいらしてください。

  タカラモノフォトセッションの過去のイベントのようすはコチラ(←clicik!)
  井上アコの過去のイベントはコチラ(←clicik!)


  参加者全員にライブ刺しゅうしたハンカチと、
  撮影した写真一枚をプレゼント!
  (写真撮影のみの参加もOKです。
   後日プリントを郵送、データは差し上げられません。ご了承ください)
  会場で撮影した写真を展示いたします

  招待人数
  各日10名様程度
   (定員になり次第締め切らせていただきます)

  参加資格
  ・大切にしている「タカラモノ」を持参できる小学生までのお子様
   (タカラモノは会場に自力でお持ちいただけるもの。ただし、モノには限りません)
  ・イベント当日に会場にお越し頂ける方
   (事前にご相談の上、時間を指定させていただきます)

  応募方法
  応募ご希望のかたは コチラ




この春、同じ国立市内ではありますが、
移転されることが決まったアグレアブル*ミュゼさん。

15年過ごしてきた旧店舗の最後は、
13年続いたぽぽんちゃん(わたしはアグレさんではこう呼ばれています。笑)の
イベントで締めくくりたい!となんともありがたいお言葉をいただき、
それならば、と
回里さんやフェリシモ・しあわせの学校さんにもご協力いただき、
とてもステキな企画が実現することになりました。

かわいいタイトル文字を書いてくれたのは、
毎年毎年足を運んでくれるイラストレーター・石坂しづかさん。
たいせつな友だちでもあります。

そして、とても残念なおしらせが。
13年続いた「Kecil - Pohon for children's day !!」も
今回を持ちまして、最後、とさせていただきます。

わたしの活動方法も少しずつ変わっていってることもあり、
服作りのかたちも、定期的な展示会というよりオーダーメイドのほうへ、
そして展示会も不定期に行なっていく予定です。
また、刺しゅうイベントにも力を入れていく予定ですので、
アグレアブルさんとも、ちがったカタチでつながっていけたら、話しています。

クチル・ポホン(インドネシア語でちいさな木の意)と名づけたこども服を
アグレさんで13年、文字通り大きく育てていただきました。
アグレさんのテラスでたくさん実らせたあったかい実を
今度はもっと広く大きく分けて行きたいと思っています。

わたしにとってはみなさまとの楽しい思い出がいちばんのタカラモノです。
ほんとうにみなさま長い間おつきあいくださり、ありがとうございました!


このタカラモノ project さんとのイベントは5・6日ですが、
わたしは3日からアグレさんにいつものごとく張り込んでおります!
13年の感謝の気持ちをこめて、
ちびっこの絵をライブ刺しゅうしたハンカチをプレゼントいたします。
新緑の国立、最後のテラスでお待ちしておりますので
みなさん、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

ではでは、お会いできるのを楽しみにしています♪

2012年04月07日

15周年記念「シアワセのカタチ」展。

いつもなかよくしていただいている、愛知・刈谷のお花屋さん、Bloom。
そのBloomさんで、なんと15周年記念の特別企画展が
昨日から始まっています。

日頃、Bloomの店主、香里さんが大切に大切にしているお仕事のひとつ、
ウエディングをテーマに開催される企画展。

そんないろんな意味でおめでたい企画展に参加させていただいています。

シアワセのカタチ展


Bloom 15th anniversery
 シアワセのカタチ展(←click!)      
   4/6(金)〜4/14(土) * 4/8(日)も0pen
   10:00〜18:00 
 

  ウエディングをテーマに
  Bloomの「今」とBloomが自信をもっておすすめできる
  モノづくりのプロたちによる「シアワセノカタチ」
  ウエディングを考えているおふたりのために。

  だけでなく、様々な年代のかたにも・・・
  何かを感じてもらえたらと。

  *参加

  井上アコ[kecil-pohon] (ドレス・こどものドレス・リングピロー) /
  galerie P+EN (ドレスイメージフォト) /
   創る人芽里 (ドレス) / AKI NARUJi (ニットアクセサリー)/
  天野ミサ(ヘッドドレス・ネックレス) / 染め花Horry (染め花コサージュ) /
  眞了[atelier taffeta] (hanatama 刺繍) /
  
  浅岡千里(ウエルカムボードetc...)/
  lifart...(フレグランスキャンドル) /
  
  coffee Kajita(焼き菓子とコーヒー豆のギフトセット) /
  horieco+ (焼き菓子) / bonnieux(引き菓子セット)/

  Bloom(装花・ドライフラワー アクセサリー)


東京では今ではごく普通になっている自分のこだわりのウェディング。
愛知、とくにこの刈谷のある三河地区では、
まだまだ一般的ではありません。
会場のほうとも問題も少なくなく開かれてないのが現状。

そしてまた、いざ、こだわりの結婚式ができるとなったとしても
そしたら誰にお願いすればいいのか、憧れだけで具体的には全然わからない。

そんなひとのために、なにかお手伝いがしたい、との香里さんの思いにグッときて、
参加を決めさせていただきました。

Bloomさんに展示していただいたドレスは、
15年以上前、それこそ東京でこだわりのウェディングが流行り始めたころ、
友人とウェディングドレスを作る仕事をしていたころのドレスです。

wedding dress


わたしがデザインして、相方の友人がパターン・縫製。
素材はシルクシャンタン。

今でもクラシカルで、
着るひとが袖を通して初めて個性が出るというような、
シンプルな好みは変わりません。笑

ぜひぜひお近くでごらんいただけたら、と思います。

そして、自分ならこんなのが着たいというのが浮かんだら、
ぜひオーダーも可能ですからね、Bloomさんにお声をおかけください。

ほかにもさまざまなかたが参加されていますよ。

みなさま、刈谷のお近くに行かれた際には、
ぜひぜひお立ち寄りください。
シアワセが、いっぱいで、お待ちしております♪

そして、Bloomさん、
いつも手を抜かない全力投球な15周年、
おめでとうございます!
これからも応援しています。