展示会レポート!

2015年10月17日

「おとなの服、こどもの服」展、あとわずか!

兵庫・芦屋のスペースRさんでの二人展、
「おとなの服、こどもの服」

image
image


10日からスタート、
残すところ2日となりました。


今回はほぼほぼ同じことを職業としている
ソーイングデザイナーの
坂内鏡子さんとの二人展。



坂内さんは、たくさんのソーイング本を出版されていて、
シンプルながらも、
とにかくラインのきれいな服がたくさんです。

image

image


今回、わたしがブラウスやシャツ、チュニック系が多かったので、
ワンピースが多かった坂内さんとは
バランスが合ってちょうどよい感じ。

image

image

わたしのコーナー。
人気のチュニックブラウスや
ガウチョパンツを作りましたよ。

image


ふたりの作品は、受注制となりますが、
(お渡しは約1ヶ月)
すぐお持ち帰りいただける小物類ものも。

image



そして、ふたりにご縁のあるかたや、
関西を拠点に活動されてるアンティークのcoconさんや
グリーンのVestitaさんにも参加していただき、
にぎやかな展示会場となりました。

image


前日の設営から、東京より坂内さんも来てくださって
わたしも心強くふたりで飾り付け。


スペースRの松田さんと、そして
大阪からは
アンティークのcoconさんも。

coconさん、
アンティークの素敵なものを
続々と飾り付けされていく中、
今回ご参加のCherry Red Peacesのアクセの設営も
coconさんがしてくださいました。

image

とーってもステキなcocon×チェリレコーナー。
チェリレさんのアクセサリーの持つ魅力が、
アンティークと合わさると、
またより輝きだすようでびっくりです。


image


ちびっこコーナーには
レジンで作ったかわいいサイズの
かわいいアクセサリーたち。
ちびっこたち、とりこになる。^ ^

image

そして、
坂内さんのお友達のりんごちゃんこと
赤峰清香さんの帆布バッグ。
ちっちゃいの、おっきいの、各種ありまして、
自分の持ち物の量に合わせて選べます。
カメラバッグも!
image


そして、今まで、何かと絡ませていただくことが多いmarutoさんに
今回はお菓子をお願いしました。

image


お味をご存知のかたは、
わたしが在廊させていただいていた2日間で、
おいしくてみんなにあげたいから、と
爆買いされておりました。
おいしかったから、と
2日間通ってくださったかたも。
marutoさんファンのわたしも
これはとってもうれしい出来事。

関西を拠点にアンティークを扱ってらっしゃる
coconさんコーナー。

image


image


オリジナルの貝で作られた
ひつじちゃんのブローチがかわいくて、
わたしのブラウスにも思わずちょこんと。

この空間に、最後、
文字通り花を添えて下さった方のは
vestitaさん。
グリーンのリース、 かわいい植物、
壁にもドライのブーケ。

image

書籍コーナーの上も、
あっというまに華やかに♪

スペースRさんは、
1Fはカフェ。

ビル中漂ってる、
おいしそうなにおいのもとはコレ。笑image


2階は雑貨屋さん、そして3階は
今回お世話になってるギャラリー。

一度に楽しめるビルです。

日程も残りわずか。
ぜひ時間をかけて楽しんでいただけたらと
思います。

わたしはもう行けませんが
作品たちがお待ちしております♪
よろしくお願いします!(^ν^)

















http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=727

kecilpohon at 11:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年06月02日

お洋服と写真アルバム受注会終わりました。

東京・西荻窪の松庵文庫さん(←click !!)にて、

「大切な人に贈る
お洋服と写真アルバムの受注会」

無事終了いたしました♪
たくさんのかたに見ていただき、
うれしかったです。
ありがとうございました。
お忙しい中駆けつけてくださったかたがたも!
ほんとうにありがとうございました。


松庵文庫さん、初めてでしたが、
とても落ち着ける場所。
緑も程よくあって、
古い日本家屋はやっぱいいですね♪

image
松庵文庫入り口
中はお庭の見える、ステキなカフェです。




image
入ってすぐの小部屋での開催。


image
今回のプロデューサー、小澤典代さん(←click !!)の、
このピンクの服、おとなも着てみたい〜
という一言で
おとな用にも起こしてみました。
おとな用は、他の生地で作る際に
想像がしやすいように
あえて白で。

image
想像がしにくいこどもたちにはあえて柄物で。


image
いつもいつもステキな生地を作ってらっしゃる
CHECK&STRIPEさんの生地から
選んでいただきます♪


ご自分で選んだデザインと生地が、
どんな風に料理されて出来上がるか、
しばらくのあいだ、楽しみにお待ちくださいね!



さて、今回の小澤企画のテーマ。
お洋服と写真とアルバム。
この3つには「思い出」という共通項が。

写真でのご参加は、
ほんっとうに優しい
いろんな気持ちをとじこめた写真を撮られる
高橋京子さん(←click !!)。

image


京子さんとは、じつは22年前に一度お会いして以来、
そのときぶり。
共通の友達の結婚式ででした。
そのころ、わたしは
友達とウェディングドレスの仕立て屋を始めたばかりで
その第一号ドレスの結婚式。

そのときに出会ったステキな京子さんだから、
印象も憧れもすごいものでした。

その京子さんとこういうカタチで22年ぶりの再会。
しっかり作品を拝見したのも初めて。
お人柄にしかと触れたうえで、
改めて作品を拝見すれば、
それはそれは説得力ありすぎです。

人物のありのままの表情をやさしく捉えてる写真。
こどもたちの生き生きした表情が
そこにはあります。

安心できる場所だからこそ出せる表情。
京子さんだからこそそんな空気を瞬時に作れ、
ひとのやさしい部分を
写真に写し込めるんだろーな、なんて
しみじみ感じました。



そして!そんな写真を日常に楽しめるよう
カタチにしてくださる、
コラージュ作家・製本作家の永岡綾さん

image


イギリスで製本の技術を学ばれ、
ひとつひとつ丁寧に手製本された作品は
手にするほうも気持ちがピシッとします。

今回、接客していておもしろかったのは、
綾さんの作品にご興味を持たれたかたが
男性が多かった、ということ。
それもちゃんとしたカメラを下げてらっしゃる男性。

そこのあたり気になり声をかけてみると、やっぱり!
このご時世でもやはり
写真とアルバムは密接な関係にあるようです。
あとはそのスカッとした仕上がりから、
男性でも受け入れられるクールさが
ある綾さんの作品。

外がキリっとしてる分、
いっしょに並んでたかわいいモチーフでかわいく中をまとめると
またまたオリジナルなものができそう!

綾さんのちゃんとした写真がなくて
すみません。
こちら (←click !!) でもどーぞ!


今回の京子さんと綾さんとのコラボでは、
表紙をすてきな生地にしたり、
リボンをつけることによって
柔らかさが加わります。

image
image


綾さんのカルトンや蛇腹のアルバムに
京子さんの生き生きとした写真が加わったものを飾ると、
目に入るたびに毎日が楽しくなっちゃうだろーな
なんて想像しつつ。むふふ。

これ、アルバム用にセレクトした写真以外の写真も
DVDに落としてつけてくれるそうです。
なんとも至れり尽くせり。

image



このなんともほんわかな気持ちがうまれる企画を立ててくださったのが
スタイリストでもあり、文筆家でもある
小澤典代さん

もう知り合って20年くらいになりますが、
わたしが17年前、こども服を始めた当初、
わたしの作る服を見て
「昔の懐かしい気持ちが蘇る」と言ってくれたことがありました。
お母さんが小澤さんのためにせっせとお洋服を手作りして
それを着るのがほんとうに嬉しかったとか。
そんな思い出を聞きながら、
手作りの服ってそんな作用もあるのか、
と気づかせてくれた小澤さんのひとこと。

このあったかい気持ちの思い出は、
なにかといろんなことが起こって
乗り切っていかねばならない大人になってからの、
底力となるような気がしてなりません。


この企画を小澤さんからいただいたとき、
すごくステキだなと思い、
参加させていただきました。
この3日間で小澤さんが会わせてくれた
京子さんや綾さんのお人柄に触れ、
シリーズ化熱望。笑

今回、第一回目だったので叶わなかったのですが、
ポホン服を着たちびっこを
京子さんが生き生きとした写真におさめてくださり、
それを綾さんがアルバムに仕立てたものを
オーダーしてくださったかたが
見るたび気持ちがほころぶ。

そんなことができるようになるとよいな、と
夢がむくむく。笑

きっと小澤さんの心の中には、
そんなイメージと気持ちがあったに違いありません。

今回、見てくださったたくさんのみなさま、
オーダーくださったかたがた、
いろんなことに対応してくださった松庵文庫さん、
そして今回協力してくださったステキな生地屋さん、
CHECK&STRIPEさん、
ほんとうにありがとうございました!

シリーズ化するとよいな〜。
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪


今回のおまけ♪
-----

やまざきさーん!
やまざきさん←click !!) ちのごはん、
松庵文庫さんでいただけました!!
カンゲキ〜。

やまざきさんとはレキシライブでの出会いで(笑)、
お人柄先行だったので、
やっといただけた〜〜♡
噛めば噛むほど味が出るのが楽しい、
おこめはほんとにおいしかったです。
松庵文庫さん作のお惣菜とのハーモニーは
また、格別♪
(ちょっと彦摩呂ちっくなコメントで失礼!!笑)
image


そして今回のちびっこズ。
遊びにきてくれたつむちゃんと。
相当〜おねむだったようで
抱っこされながら全身脱力加減が
かわいすぎでした。笑
image

京子さんに激写していただく。笑
こちらもカンゲキ。


kecilpohon at 10:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年12月05日

「フユ、クル」愛媛レポート!@Sa-Rah

ただ今開催中の「フユ、クル」。
愛媛は大洲市の、Sa-Rah (←click!!)さんでの
フェルトアクセサリーfeltico (←click!!)の
麻生順子さんとの二人展のため、
順子さんは神奈川から、
わたしは名古屋から、
ふたりで愛媛に行ってきましたよ♪

29日、土曜入りしたのですが、
Sa-Rahさんに在廊させていただいたのは
30日の日曜日。

お店の前には
クチル・ポホン(ご存じだとは思いますが、
わたしの屋号です。笑)の洋服に、
felticoのコサージュをつけた看板娘のジェニーちゃんが、
わたしたちを迎えてくれました。
2014-12-03-14-33-22









愛媛の、いや全国の人気ショップ、
Sa-Rahでの展示風景。
入ったら、オーナーの帽子さんが
ステキにディスプレイしてくださってた!!

image









帽子さんにお願いして、
いちいち(笑)わたしの服に、
felticoさんのブローチをつけてもらってます♪
これだけで違った服になるよね。

image









feltico×Kecil-Pohon 1.


image









feltico×Kecil-Pohon 2


image









feltico×Kecil-Pohon 3


じつは60'sを愛してやまないわたし。
音楽、映画、ファッション、
60'sテイストは大好物!!
なので、ウールのデッドストックの生地で
こんな服を作ってみました。
image









むふふ。おとなのも。



いいところにステキなモデルさんがいたので、
着てみていただきましょ!

(feltico麻生順子さんです☆)

image
















image










image














僭越ながら、わたしも登場。
なんでもないシンプルな服に、
felticoさんのブローチやコサージュ。

Sa-Rahさんで使っているリネンの生地を、
羊毛とからめ、オリジナルの素材で作っているそう。
ボリュームもあって、華やかなのに、
素材がとても素朴なので、華美になり過ぎず、
普段着にもちょっとつけるだけで
ガラッと気分が上がるfelticoさんの作品。

image











2014-12-01-16-11-58









↑こどもコラボコーナー。
むちゃくちゃかわゆいです♡
順子ちゃんとは色調があっているので、
打ち合わせなくてもいつでもしっくり。
わたしのワンピのスカートの色と
felticoのデイジーの色が合ってるのに
帽子さんが気づいてくださって、
絶妙コーディネート♪






そして、今回はわたしのライフワーク、
ライブ刺しゅうもさせていただきました。

下書きなしで、そのままちびっこたちの絵を
刺しゅうで模写します。

image











image











今回、日程がDMに掲載された日と変更になってしまい、
たくさんのかたにお問い合わせ、ご予約いただいたのですが、
みなさんのご都合は変更できず。
よって、体験していただけず、
ほんとうに申し訳ありません。

愛媛はSa-Rahさんのオーナー、
帽子さんのおかげで未知の土地ではなくなったので、
またすぐリベンジに伺いたい!!!


遠方からのお客さまが多く
Sa-Rahさんの人気加減が伺えます。
お足元が悪い中、
ご来店、ほんとうにありがとうございました!

Sa-Rah×feltico×Kecil-Pohonの3人は
思いっきりの雨女でございました…。

2014-12-01-15-12-40










晴れた翌日の定休日のSa-Rahさん。笑

ちょうど、リンネルの今月号は
松山特集がありましたね。

次回は遊びのほうのレポートもさせていただきます♪


Sa-Rahさんの「ひとりごと」も
ごらんください。
コチラ!! (←click!!)


feltico・麻生順子×Kecil-Pohon・ 井上アコ二人展
「フユ、クル」@Sa-Rah
12/7(日)まで開催中♪

----------

そのほかのおしらせ♪♪♪

2014-12-02-12-02-43








※刺しゅうワークショップのおしらせ。
@ao 代官山
←click!!




kecilpohon at 19:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年12月13日

遅ればせながら二人展無事終了。

ずいぶん経ってしまいましたが、
12月1日 (土)で名古屋での「冬の外あそび」展無事終了しました!
ほんとうにほんとうに
大きいひともちいさいひとも
たくさんのかたが来てくださり、
たくさんの光の入るカミヤベーカリーさんらしく
ほかほかとあったかい展示会となりました。

今回は、いつも原毛に近い色のものを使ってのニット作品を作る
石原真理さんとのコラボ展でしたが、
真理さん、こども服とのコラボと言うことで、
カラフルなものにも挑戦してくれた展示会でした。

画像1画像1













そして春夏モノおんなのわたしも、
「外あそび」言うことで
やっとこさ、アウターにも挑戦。

着てもらったとこもちょっぴり公開。

画像1














そしておとなのコートも。

画像1











納品したそばから、
その場にいらしたオーガニックカフェ・MAHANAの京子さんが
購入してくださり。
お似合いだったなあー。
ありがたいことです。

ふたりが初挑戦な展示会、
来てくださったたくさんのみなさん、
カミヤベーカリーの楽しいおふたり、
そして、ラブコールに応じてくれた真理ちゃん、
ほんとうにありがとうございました。

そして後日談。
休みの日にカミヤさんたちと
MAHANAで今開催中の「冬市」に行きがてら
コートを納品に行ったとき、カミヤさんが
「アコさん、預かって来ましたよ」と、
これをくれました。

画像1













作ったのは、毎週火曜日に歩いてひと丘越えて
カミヤさんにママとパンを買いにくるMちゃん5歳。

会期中はなにかと火曜日に顔を出していたので、
マリアコ展のときはいつもMちゃんと会ってました。

会期終わって最初の火曜日に
やっぱりやってきたMちゃん。
開口いちばん、
「あれ?あこちゃんは?」

「あこちゃんたちの展覧会は終わっちゃったから
あこちゃんはいないんだよ」
とカミヤさんが説明したら
あこちゃんにあげようと思って作って持ってきたと
このビーズで作ったりんごちゃんを渡したそう。

画像ではちょっとわかりにくいかもだけど、
中には赤だけじゃないビーズも使ってあって
輪切りになったとこなのかな、
それとも光ってるってことなのかな?と
こちらの想像力も掻き立てられる。

その前の週には赤や黄色になったきれいな葉っぱを束ねた
ブーケをもらった。

彼女の性格から考えると、
きっとあこちゃんにどれをあげるといいかな、と思いながら
拾ってくれたんだろーなと想像が付く。

ちょっとわたしの服作りとにてたりして。むふふ。

このまま今の感性も残ってるおとなに育ってくれたらなーなんて子にたくさん会います。

よし!
これにピンをつけてブローチにしようっと。

Mちゃんはじめ、
来てくれたちびっこたちも、
ほんとうにありがとうねー!

どこの展示会もそうだと思いますが、
展示会っていいですねえ。
たくさんのエピソードが生まれるんですもの。

kecilpohon at 14:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年11月20日

カミヤさん展、第二週目。

名古屋・本山のカミヤ・ベーカリーさんでの
「冬の外あそび」展、始まっています。

画像1画像1













ニット作家の石原真理さんとのコラボ展。

こどものものを中心に、
おとなのものもありますよ!

カミヤさんのとこの白い空間が、
ふたりの色遊びを引き立たせてくれています。

かわいいお客さまも来てくれました。

画像1













クリスマスとお正月は、
ずっとこの服を着てくれるそうです♪

展示してあるサンプルはワンサイズですが、
ご希望のサイズでお作りできますので、
お気軽に声をおかけください。

先週もお忙しいなか、
たくさんのかたがいらしてくださいました。
ありがとうございました!
今週わたしは、金・土とおりますので
ぜひぜひみなさんお誘い合わせのうえ
遊びにいらしてくださいね!
楽しみにお待ちしています。

さて、次はどのパン食べようかなーー♫
木・金・土はスープもあるよー。
わたしはパンもさることながら、
このスープにも目がないのです。むふふ。

kecilpohon at 07:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年06月15日

ぶなの木展、始まりました!

梅雨入りした名古屋。
の、はずなのに、そして雨女のわたしの個展初日なのに
昨日はとーーーってもさわやかな、いや、ちょっと暑いほどの
いい天気。

そんななか、愛知・東郷町にあるぶなの木さんにて
刺繍のあるこどもふく と おとなふく」展はじまりました。

ぶなの木エントランス


ぶなの木さんのエントランス。
木の扉を開けても、あら?外みたい。

建物もとても個性的で、遠くから見るとドームみたいにも見える。
そしてなかに入るとこれまたステキ。

建物の外も中も緑にあふれ、
そしてまわりも、ゴルフ場や田んぼに囲まれた
とてものどかな場所です。

田舎育ちのわたしには、こういうとこが落ち着くんだなー。

ぶなの木展示2012


そして、こんな感じで洋服たちが展示されています。

ここに並ぶと、わたしの服も背筋をピンと伸ばしているよう。
いろんなところに刺繍をほどこしてあるので、
こどもに戻った気分で、
ぜひ刺繍のある場所を探してみてくださいね。

大試着大会、大歓迎です♪

ぶなの木さんちのYちゃん(4歳)が、
ひまわりの刺繍ワンピが使われたDMを自分の胸にあてて、
鏡を見ていたとか。
もう、その姿を思っただけで、わたしうれしくて感動。

そのあと、たくさんお洋服が来たから、
今どれにしようか迷ってる最中なんだって。う、うれしい。


受注会とさせていただいているので、
納品を少しお待ちいただきますが、
その日を楽しみに、していてくださるととてもうれしいです。
わたしもその人が着て下さってるところを想像して
わくわくしながら作りますので!


そしてそして、ぶなの木さんではもうひとつのお楽しみが。
ぶなの木のおかあさんが焼く天然酵母のパンが、
これまたうまい!
ハイジの白いパンが、わたしのお気に入りです。
中にクリームが入ってるの。

昨日写真を撮る前に、
すでに食べてしまっていた……。
ま、それほどおいしいってことで。

6月22日(金)のこどもの絵を刺繍するワークショップ、
6月24日(日)のライブ刺しゅうも、
まだ空きがありますので、
ふるってご参加ください。
どなたかお好きそうなかたがいらしたら、
ぜひ教えてあげてくださいませませ。

明日あさって、午後からわたくしおりますので、
みなさんにお会いできるのを楽しみにお待ちしています♪

詳しくはコチラ!(←click!)


kecilpohon at 17:33|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年10月20日

2人展。

名古屋ミュシカ(←click!)での井口香里さんとの2人展、
「インテリア」が始まってます。
ミュシカ・インテリア展3


前日の搬入の日、ミュシカの店主マキさんもまじえ飾りつけ。

ミュシカ店内の奥にある小部屋を服と花で飾りました。
部屋の入り口には、香里さんがグリーンのアーチを。
いつもウェディングの飾り付けをしてる香里さんだから、手馴れたものです。

わたしの中では、ふつうの部屋、というのをイメージしていたのだけど、
香里さんのお花のおかげでサンルームのような、
とても夢のある空間になりました。
こまかいディスプレイはマキさんにおまかせ。

コケを使ったボールを上から吊り下げると…。
なんだか惑星が浮いてるみたい!
ライトに照らされてできる影もまたステキです。
ミュシカ・インテリア展1

マキさんのご主人のリヨタさんは、スウェーデン出身。
このコケとグリ―ンでいっぱいの部屋の中に入り、
「北欧の森と同じにおいがする」とひとこと。

初日に駆けつけてくださった、AさんとTちゃん親子。
小1のTちゃんがこの小部屋をたいそう気に入ってくれて
「このお部屋がわたしのお部屋だったらいいのに〜。」と
ずっとずっとこもってくれてたのはうれしかったなあ。
なにも知らされてないちびっこに、
ちゃんとコンセプトが伝わったってことですから!
Aさん、Tちゃん、いつもありがとうございます。

わたしの活動のもと、ベビードレス。
ミュシカ・インテリア展2

これはちょっとカジュアルにネルのベビードレスです。
でも刺しゅうだけは細かく。
ボンネット(帽子)には香里さんにリクエストした、
ちいさなちいさなコサージュを飾りました。

そして、コサージュをつけることを前提にデザインしたリネンのこども服。
ミュシカ・インテリア展5


そしてそれとリンクさせたおとな服。
ミュシカ・インテリア展4


襟ぐりで結んだリボンだけで止まってるコートワンピース。
face bookやツイッターでも紹介させていただいてましたが、
このウエストのリボンを取ると、また全然違った表情が現れます。
元気よく歩くと中も見えるので、
下に着る服は目立つ色や柄のものを合わせると楽しいかも。
お客さまのリクエストで、黒やグレーのリネンでのオーダーも可能となりました。
こういうところは、とっても流動的なクチル・ポホン。
お客さま、参加型です。笑

このほか、香里さん作のドライのあじさいを使ったステキなリース
(これ、わたしのかなりのお気に入り。)や、
北欧の森にもりもりある、きのこをイメージしたオブジェ?など楽しい部屋に。
七五三やクリスマスパーティーにも使えるような
かわいいコサージュ、繊細なため、一度しか使えないかも、ということで
とてもかわいいお値段のヘッドリボンなど多数。
普段全然乙女でないわたしたちが乙女な部分を総動員して作り上げました。
香里さんのお店のブログでのレポートはコチラ!←click!
ミュシカさんのレポートはコチラ!)

ぜひぜひ、みなさんにこの空間を楽しんでいただけたらうれしいです。

おまけ。
先月のマノマノさんでのライブ刺しゅうのときに来てくれたKちゃんとAちゃん。
Aちゃん、Teeシャツにチョコレートこぼしたなう!!な写真。笑
K&Aちゃんふつう顔

まるでほんとうの兄妹のようななかよしなふたり。
ライブ刺しゅうTeeシャツを着て、
ミュシカ展に来てくれたふたりということでぱちり。

あまりにもフツーだったんで、「笑って!!^^」とリクエストしたら、
Kちゃんはナイス笑顔!!Aちゃんは…。
K&Aちゃん笑って!

反抗期か、わざと笑うもんかという顔をしてくれましたよ!
この顔を見るたび、あこちゃんはぷぷぷ、と笑ってしまいます。

さあ、金曜日から、後半戦。みなさまのお越しをお待ちしております♪

*ミュシカ  : 名古屋市名東区高社 1-190 サンローヤル東山1F
         tel : 052-737-8601 open : 11:00 - 19:00
closed : 水・木


そして今日は中日文化センターでの刺しゅう講座。
3回コースの第一日目です。先生もがんばってきますよ〜。
みなさん、どんな作品を作ってくれるかなー?わくわく。

kecilpohon at 08:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年10月12日

作業着展始まる。

kamiyabakery展示2



さて、今日は、
名古屋・本山のカミヤベーカリーさんでの
「作業着展」初日。
たくさんのかたがたが入れ替わり立ちかわり、
来てくださいました。

パンもお昼過ぎには完売。


kamiyabakery展示1





やはりいちばん人気は、カミヤベーカリーの奥さま
あゆみさんのために作った
「カミヤベーカリーモデル」。
(画像が小さくてすみません。)



kamiyabakery展示3



またまた画像がわかりにくいですね!
この展示会限定で、カミヤさんとのコラボ企画、
パンバッグを作らせていただきました。
大と小のふたつ。白と生成りの2色展開。
こちらは来週、納品予定です。
(お店にはサンプルが置いてあります。)


また徐々に増えて行きますので、
ぜひぜひお楽しみください。

わたしはだいたい土曜は在店予定であります。
みなさんに会えるかな?

kecilpohon at 20:50|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2010年10月05日

ゾンネ展終了。

ゾンネ ガルテン・ウインドウ展が無事終了いたしました。
延長してまでも作品を置いてくださったゾンネさん、
そして、食材屋さんらしく、毎日入れ替わり立ち代わり
来店されお洋服たちを見てくださったみなさま、
ありがとうございました!

著書「ママとわたしのドレスブック」の表紙を飾ってくれた
Sちゃんがスタッフをしているゾンネさん。
スタッフのなかにも仲良くしてくれているひとたちが何人も。
アトリエが近いため、会期中ひんぱんに訪れるわたしに
オーナーの柿沼さんをはじめスタッフのみなさんが
いつも笑顔でとーーってもフレンドリーに対応してくれる。
ひとにパワーをいただくわたしには、
ゾンネさんはとても元気になれるところなのです。

ゾンネさんが取り扱ってる安全で新鮮でおいしいお野菜、そのほかの食材。
わたしの作る洋服も、それらと同じ、日常のものたちです。

いつもいつもたくさん着てもらいたいから、
着心地のいいカタチ、肌触りのいい生地、
たくさんの洗濯にも耐えうる縫製、
へんなこだわりはあまり好きではないけれど、
ここらへんのことはかなりこだわって作っています。

わたしの作る服は、おでかけのときに、というよりも
とにかく毎日毎日でも着たくなるようなものであってほしいと思っています。
こどもは気に入った服であれば毎日でも着るでしょう。
(自分もかつてそうだったように)
わたしはそこを目指しますよ〜。笑

お野菜と同じ空間のウインドウ展。
わたしの作る服にはとっても似合っているなあと思いました。

そして、意外にも?今回大人気だったネルとガーゼのおくるみ。

Kくんとおくるみ






先日出産されたばかりのOさん、
ご主人を遠隔操作して(笑)お買い上げくださいました。
実際にも会いに来てくださったのだけど、
おくるみに包まれた生後1ヶ月半のKくんの画像を送ってくださったので
ちょいとご紹介♪
お会いしたときわたしも抱っこさせていただきましたが
自分の作ったおくるみに包まれた赤ちゃんを抱っこするなんてカンゲキ〜。
Oさんファミリーほんとうにありがとうございました。

「オレ、ちっちゃいころ、これがないと寝れなかったんだよな〜」
とKくんが言ってくれるかどうか。笑
Oさんは画像下のほうに見える、おくるみ端っこのつまみ?が
とても気に入ってくださってるそうです。うれしい♪

そんなおまけもついた、ゾンネさん展、
みなさん、ほんとうにありがとうございました。
(そうそう、ゾンネさんのスタッフには音楽に造詣の深いひとがちらほら。
 店内に流れる音楽も、一味ちがったものばかり。
 そこのところも要チェック!)


来週からはまたまた「食」に関するところで、
今度は「作業着展」を。
今年は展示会づいてます。
どうかみなさん、おつきあいくださいましね。
またおしらせいたします〜。

kecilpohon at 23:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月07日

初夏のこども服と刺しゅう。

Aichi TOUR 終わりました。

わざわざ足を運んで、楽しんでいってくださったみなさん、
いつも同じ言葉しかでませんが、
ほんとうにありがとうございました。

こども服は愛知県東郷町のぶなの木さん、
5日のライブ刺しゅうイベントは同じく愛知県刈谷市のBloomさん、
5日なんて、掛け持ちできてくださるかたも。
2ヶ所で顔を拝見できたときは、なんとも感慨深く。

Bloomさんでは、スウェーデン帰りのお久しぶりな土井始子さん、
造園の加藤さん、加藤さんのご主人の鉄作家ハブさん、
最近いっつも会っているミュシカのリヨタさんと会えて、うれしくなり。

そしてたくさんの知ってるお客さま、
わたしの場合は、ちびっこも、か、
ほんとうにありがとうございました。

ライブ刺しゅう中、ちびっこ5人に囲まれたときは
どうなることかドキドキしましたがね。
5人の目がわたしの手に集中!!
慣れてるとはいえ、熱気にやられそうでした。笑

MちんTee









画像はMくん。
大好きなペネロペを。


そして、ぶなの木さんではゆっくりこども服をご覧いただきました。
おいしいパンと、おいしい飲みものと、
とっても心地のいい空間。
その中での展示。

5日なんて、先日の日記にも書かせていただいたように
KaoPoKさんに乗せてもらってはしごしたのですが、
(KaoPoKさんありがとう!!)
ぶなの木に着いたとたん、Oさんファミリーがお出迎え。
3月のミュシカさんでのこども刺しゅう教室に参加してくれた
Tちゃんとは久しぶり。
Tちゃん、わたしにできあがったティッシュケースを見せたくて
ずっと待っててくれたよう。お待たせしてごめんね。
5歳とは思えない出来栄え。すばらしい。
そして気に入った1着を選んでくれました。

それにしてもみんな好きなものを選ぶチカラは
小さくてもあるんですね〜。
1歳のAちゃんは、「どれがすき?」とママが聞くたび
ずっと同じのを指差してましたからね。すごいです。

そしてぶなの木さんでもライブ刺しゅう。
とってもしっかりしてる6歳のHくんは、
ぶなの木さんのお庭で見たとかげからヒントを得てこれ、
カメレオンを。
HくんとカメレオンTee





妹のHちゃんは、
ピンクのかわいいアップリケTeeを選んで、
ピンクの色えんぴつを持って、
なにを描いたか聞いたらば、
「うるとらまん〜♪」
ピンクのウルトラマンは初めてでした。


ライブ刺しゅうは、圧倒的に男の子の参加が多い。
わたしもちいさいときは男の子に間違われるくらいだったし、
今でも付き合いのある小学校時代の友人は男子ばかり。
みんな今でも女子扱いしてくれず。
そんなだからか、男の子とでも話の花は咲くのです。

育児の合間をぬって足を運んでくれた忙しい友人たち
(なんと10年以上ぶりの友人も!)にも感謝!

そして、楽しい企画をしてくれた、Bloomかおりさん、
ぶなの木のみなさん、
みんなで楽しい時間を味わえたことがとてもうれしかったです。
ありがとうございました。
(ぶなの木の真奈美さんとは、なんと歳は離れてるのに
 聴いてきた音楽、観てきた映画がめちゃくちゃ似てることが判明
 わたしたちにとっては、とても普通ですが、きっとマニアックです。笑)

Aichi TOUR は終わったけど、
まだまだあるよ。
今度は名古屋地区。
超ご近所さん、ミュシカさんでの北欧の生地を使ったお洋服の受注会
これはお待たせしました、おとなのかたも対象です。
わたしの作る服を、ぜひぜひ体験してみてください。
あなただけの1着を作りますよ。

またおしらせします。
ミュシカさんのブログのおしらせはコチラ!(←click!)

明日はフェリシモさんの講座、第2回です〜♪
どんな質問がとびだすやら、受けてたちますぞ。
むふふ。

kecilpohon at 22:19|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)