Midnight P books

ロボ乗りネオンちゃん
怒涛の忙しさの中しっかりプレイしてたけだまりです。

ガクトゥーンはカルコニ以来のカプ萌えでした。
感想は別記事に書きたいと思いますが、その前にファンアート。
無駄にデスクトップ画像サイズです。
サインペンで自由に描いてフォトショでペタッと塗るのが好き。

「人間らしい運び方してください!してよ!しろ!」とロボに懇願した結果、乗る。

ロボに乗る。

モフモフ。


デモムービーと体験版が公開されて、ますます期待度が上がっていくこのゲーム!
このシリーズは毎回OPがすばらしい。
ライアーソフトさんのゲームは、起動時に毎度OPが流れる所が良いですよね。
アニメのOPみたいで。



黄雷のガクトゥーン、デモムービーは上記。

あと、今、絶賛戦国無双に再熱中だったりします。
100万人の戦国無双を今更プレイしているので、最近の呟きがエロゲから離れていたりする……。
予定としては、2月にアサクリⅢ、無双クロニクルセカンド、ガクトゥーンをプレイする予定なので、2月はゲームレビューの多い月になると予想しています。


12~1月は、怒涛の用事ラッシュなので、ガクトゥーン記事をちょこちょこ載せる程度の更新になってしまうやも!

それでは、また!



本日は装甲悪鬼村正の三周年ですね。
自身も大好きなゲームなので、UST放送はとても楽しんで聴いております。
大好きなんですよ~!
装甲悪鬼村正は、本当に、値段以上の価値があるゲームだと思います。
贖罪楽しみにしています。

****

先日、池袋で宝くじの行列を見ました。
「そういえば、宝くじってやった事ないな~」と思って、自分も列に並んで買いましたよ宝くじ。
削るタイプの、スクラッチなんですけど。
(普通の宝くじだと絶対当選の日とか忘れて放置して無駄にするからと思って)
おばさんに、これ全部削るんですか~?とか聞きながらやりましたら、なんと、当たってしまいました。
400円が15000円に~!
あれ、当たったらその場でお金くれるんですね。
また見かけたら、買おう。

****

ニトロプラスダイレクト、無くなるんですね。
私はsweetpoolのポーチと村正ファンブックを買った時ぐらいしかお世話になっていないのですが、今度の販売サイトはどうなるのでしょうか?
新・販売サイト。楽しみです!


海老せんって美味しすぎて、たたみ一畳分食べられる気がします。

ただいま、ライアーソフト「黄雷のガクトゥーン」のイラスト企画に参加しようと、準備中なのですが
さっそく問題浮上。
どの子を描くか、選べない。

新作ガクトゥーンのHPやキャラクター、ムービーを見て、なんとなく昔の洋画のような雰囲気を得たので
「風刺画」的なイラストを描いてみようかな~と思っています。
世界名作劇場的なガクトゥーンも考えましたが止めました。
けだまりは、世界名作劇場のロミオの青い空が好きで唯一DVDBOXを買いました。
めちゃくちゃ関係無い。


*****

同じライアーソフトから出ている、平ぐもちゃん~戦国下克上物語~
が個人的にとても良い感じだと思っているので、同じ原画家さん、脚本家さんで他の歴史群像劇も見てみたいです。

原画家のLemさんはツイッターをやっておられるのですが(管理人のけだまりもフォローしています)
ライアーで配布していない、Lemさん製の可愛らしい平ぐもちゃんアイコンが可愛いのです。

平ぐもちゃんのハロウィンイラストやコンビニネタなどが見れてとても面白いです。
過ぎてしまいましたが、今年の夏コミに、平ぐもちゃんクッキーを出されていて、けだまりも現品を桜井先生のブースに立ち寄った際に見たのですが、これがとても可愛い。
茶色いクッキーがこっち見てる。
クッションもこっち見てる。

平ぐもちゃんムービーはこちら!



このテンポが堪りません。
和風なのに、カートゥーン的な感じ!

*****

海老せんについて語りたく思ったので本記事のタイトルに海老せんってつけたのに海老せんについて語る事が何もない。
どうしよう。


海老せんと平ぐもちゃんって色合い的に合うと思います。
海老せんに甘いものを挟んで食べると美味しいと聞いたので、カステラを挟んで食べる平ぐもちゃんとか妄想したのですが
「これ別々に食べても十分成立する味っていうか別々に食べた方が美味しいよね!」
とか平ぐもちゃんに言われそう。
「ていうかこの記事に無理やり海老せんの話題入れたいだけだよね!?海老せんと平ぐもちゃんが合うとか実はそんなに思ってないよね!?」
とか平ぐもちゃんに言われそう。
でもさぁ、Jリーグチップスとか、Jリーグとポテトチップスとくに関係ないけど成立してるし、私は思いつきでも、海老せん記事の予定調和で出た話題だとしても平ぐもちゃん海老せんのアイディアを推す。

けだまりは、平ぐもちゃん海老せんを応援しています。

無ければ作ればいいのだよ。
海老せん買ってくる。

※この記事と平ぐもちゃん海老せんはライアーソフト様とは一切関係ありません。




ゲームそこそこ好きな けだまり が、HD(はいだら)化したZONE OF THE ENDRESをプレイしました。

公式サイト→http://www.konami.jp/zoe_hd/

ZONE OF THE ENDRES(以下ZOE)はプレイステーション2で発売されたゲームです。
私は今回のPS3移植が初めてだったので、アマゾンでのレビューはあまり気にせず、楽しく遊べました。

ZOEとANUBIS、二つの内容がセットで3000円くらいの値段!安い!
ちなみに管理人のけだまりは、ANUBISの評判を聞いて買ったので、このHDに初代のZOEが収録されてい事を知りませんでした。(というかこれがシリーズものだという事も曖昧でした)
何故買ったって?

それは本作に出て来るロボット、オフィシャルフレーム(以下OF)が可愛かったから。

はい。

可愛かったからです。

この言い方、少し変ですが、私は動物(犬)好きなのです。
OFジェフティとアヌビスのビジュアルに一目惚れしました。
調べていくと(名前でも解るとおり)神話をモチーフにしている機体たちですよね。

あと主人公が褐色白髪の男性だったからです。
これも重要な萌えポイント。

そういえば、ニトロプラスの装甲悪鬼村正も「蜘蛛可愛い~。褐色白髪の娘(三世村正)可愛い~」という理由で購入したような。
なんて単純なんだ。
今でも蜘蛛正のぬいぐるみ化を待ってます。

話戻しますね。

とりあえず本作をプレイして思った事はアクション苦手でも大丈夫。
ストーリー全部見るのに一日あれば大丈夫。
(管理人のけだまりはZOE 4時間、ANUBIS 5時間でストーリーはクリアできたので、速い人はもっと速いのかな?)

ネタバレは極力避けますが、個人的に大ヒットだったので少し語ります。


とにかくZOEは、大好物の人間×人工AIな展開があって、けだまり的にはホクホクです。
少年のレオくんとOFジェフティに搭載された人工AIプログラムのADA、二人の交流が見ててとても微笑ましいのです。
ZOEのラスト、ADAの衝撃的な真実告白はぜひプレイしてその目で見てくださいな。

そしてANUBIS。
ZOEの続編。
新主人公、褐色白髪マッチョな男性「ディンゴ」さん。
もうこの主人公がカッコイイ。
ですが、けだまりは焦りました。
どうやらANUBISでジェフティに乗るのはレオくんではなく、ディンゴらしいのです。
当たり前だろディンゴが主人公なんだから。
買う前からわかってただろうディンゴが主人公なんだから。
「でも、ADAがディンゴに盗られちゃうじゃない!」
ADAがディンゴに盗られる!レオくんピンチ!最初はそう思ってましたが、いざプレイしてみるとディンゴさんの相手にはケンという女の子がきちんといました。(この二人のやりとり萌えた……)

そしてけだまり的に言うとディンゴさんはレオとADAのキューピッド役でした。

けだまり的に言うとなんで苦情受け付けません。

前回はADAの衝撃的な真実告白でレオくん驚愕でしたが、今回はADAの衝撃的な真実告発でディンゴさんブチキレします。
とにかくディンゴさんのブチ切れが良い味出してるので、ぜひプレイしてその目で見てくださいな。

さて、人物相関の感想だけでなく、機体の操作感想とかゲームのプレイ感想とかも書きますね。

本作はR2ボタンを一番使います。
PS2の時は押しやすかったR2ボタン。
PS3では深くなり、とても押しにくいという意見が多数です。
でもけだまりは、別に気になりませんでした。
むしろレバーみたいにR2ボタンぐいぐい押してロボット操作してる感が楽しかった。
私、今すごくジェフティを操縦してる。私はディンゴ。アイムディンゴ。
そんな感じでした。
ちなみに本作、大画面TVの前でバランスボール乗りながらプレイしてたのですが、浮遊感半端ない。
バランスボールオススメ。
バランスボールはZOEHDについてこないので各自購入してください。

あと、ZOEシリーズはフォントがとても見辛いです。
サブウェポンを選ぶ時なんか、ホーミングミサイルを出したいのにキャノン選択して初期動作で無駄に万歳したり、ゼロシフトで無駄に接近してしまったりと、かなりキモイ動きをしていました。

この見辛いフォントも、嫌いじゃないよ。

とても楽しかったゲームなので、PS2未プレイな方はぜひ。
はいだら~。


















このページのトップヘ