ZIL5 GO GO

バンテック ZIL5の詳細な情報を公開していくブログです。 

37年ぶりの同窓会に参加して心がタイムスリップしました。

先日、中学の同窓会がありました。
学年全体の同窓会だったんで、私の頃は8クラスで350名弱は生徒がいましたから、かなり大がかりな同窓会企画でした。

しかし出席率は30%には届かず90名程度でしたね。

中学卒業からは37年以上経ってますから、懐かしいと言うより「あんた誰?」って人もいましたね。

みんないいオッサンとオバサンになっていましたが、可愛かった小学生の頃から知っている幼なじみも多いんで、何か不思議な気分ですね。

4、5年前にも高校の学年同窓会があったんで、その時も思いましたが、外見は変わっても中身はあの頃のままですね皆さん。

今回の同窓会で嬉しかったのは、小学生のころに初恋をした女の子に会えたことですね。
成人式で会って以来なんで33年ぶりに会った彼女は、私の思い出の中の8歳の女の子のままに見えました。
少し話もしましたが、幸せそうで良かったです。

それから、中学で初めてお付き合いをした元彼女とも会えたのに感動しましたね。
中学卒業以来会っていなかったから、37年ぶりの彼女は、当時の私の見る目を証明するかのように可愛いままオバサンになっていましたね。
まだセーラー服が着れるんじゃないかと思うくらい(ちょっと大げさですが)若々しい彼女で、当時と同じ感覚で話せて楽しかったですね。

他にも会えて良かった人は沢山いましたが、3/4近くは出席していなかった訳で会いたかったのに会えなかった人も多くて残念でした。

同窓会は、身体も心も健康で幸せでなければ、なかなか参加出来ないものです。
自慢出来る人生でなくとも、いつも前向きの人生を過ごせるようにしたいなって思いました。




にほんブログ村

バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2

バンテックベタ誉め記事の第2段です。
前回はバンテックの製造ノウハウや販売体制を素晴らしいと言いましたが、今回はキャンピングカー自体、とくにZILシリーズについてです。
 
Point Blur_20180520_153021

私の愛車はZIL5ですが、バンテックのキャブコンにはZILシリーズとコルドシリーズの2系統があります。

20180520_110329

簡単に言ってしまえば、豪華版と廉価版ということになりますが、実はそんなに単純な棲み分けではないんですね。

バンテック的には、オプションフル装備のZILシリーズと、好きなオプションをチョイスして自分好みに仕上げるのがコルドシリーズと棲み分けてるみたいです。
  
20180520_110308

なので、基本的にはコルドリーブスにZIL5同等の装備を付けることも可能になります。
ただ、細部の仕上げなどはZILシリーズの方が細かく丁寧に作られているため、全く同じようにはなりませんが。

で、ZILシリーズの良いとことですが、装備を考えると他社と比べてかなり安いと思います。
確かに値段表だけを見ると高いのですが、まずバンテックの値段表は基本消費税込みの表示になっています。

20180520_110232

他社の大半は税抜き価格です。
800万の消費税は64万ですからね。
他社で800万と書かれていて、バンテックで850万と書かれていたら、実はバンテックの方が安いことになります。

必要ないと無駄になりますが、オプションがほぼフル装備での価格なのがZILシリーズですからね。
サイドオーニングやカセットトイレまで標準装備なキャンピングカーは珍しく、ZILシリーズのお得感はやっぱり高いでしょうね。

image

あと、バンテックのシェルはFRPの一体成型なのも良いですね。
雨漏りのリスクが少ないのと、コーキングの箇所が少ないので、汚れやすいコーキングの掃除が楽ですし、コーキング劣化によるみすぼらしさも少ないですね。

20180520_105905

あと、バンテックのキャブコンのデザインセンスは、ヨーロッパのキャンピングカーの質感に近いですね。
室内のスイッチ関係はヨーロッパのキャンピングカーに使われているものと同じですし、コンセントもお洒落なシンプルなもので家のコンセントのようなものと違っています。

20180506_100357

家庭用エアコンもZIL5、ZIL522はエアコンカバー付きでインテリアとの調和を図っていますし、いい加減なところは本当に少ないと思います。

あと、シャワーが標準装備なんでボイラーと60L程度の生活用水と70Lほどの排水タンクも標準で付いているのは他のビルダーのキャンピングカーにはあまり無いと思いますね。
シャワーを使うかは疑問ですが、水がたっぷり使えて困る人はいませんし、冬場にお湯がでるのは手洗いだけでも有り難いもんです。

image

とにかく、装備とその使い勝手を考えたときには、ZILシリーズの価格は決して高過ぎるわけではありません。
逆にお得な部類だと思います。

image

バンテック、それからZILシリーズが候補でいろいろ迷っている人がいたら、私は自信をもってお勧めします。


 

にほんブログ村

キャンピングカーの敵 バーコードをやっつけろ!

白い車の宿命だとも思えるバーコードの汚れですが、キャンピングカーはそれが顕著に出ますね。

白い面がとにかく多いのと車体がデカすぎてガレージなど屋内に駐車しづらいので、雨ざらしになることが多いですからね。

我がZIL5ももちろん野外での駐車ですから、雨に無防備ですね。

20180608_085135

なるべく洗車したくはありませんからコーティング剤で汚れの付着を減らしているつもりですが、しかし梅雨時期などの雨の多い季節にはどうしようもありませんね。
それに今年のような猛暑では洗車もなかなかやる気がしません。

梅雨時期は、洗うタイミングがなかなか見つかりませんよね。
今日は晴れていても明日からまた雨模様だったりしますから、洗いたくなくなりますよね。  

晴れの多い夏になればなったで、今度は暑すぎて洗車中に熱中症になりそうでやりたくなくなります。

20180520_170139

そんな風に躊躇している間にあの醜いバーコードがZIL5全体を覆います。

放っておくと更にバーコードが濃くなって汚れが染み込む感じがします。

バーコードが綺麗にとれるカーシャンプーを探し求めたり、バーコードが着きにくいコーティング剤を試したりと、キャンピングカーは常にバーコードとの戦いだと思いますね。

Point Blur_20180609_121256

バーコードや汚れがあまり気にならない性格だったら良かったのですが、凄く気になりますし大嫌いです。

そのせいか、車を何十台も乗り継いできましたが、キャンピングカー以外の乗用車で白い車を選んだことが一度くらいしかありませんね。

洗車は本当に面倒ですが、バーコードは放置すると落ちにくいので、気になったら部分的な水洗いだけでも心がけたいと思います。

Point Blur_20180609_121607

コーティング剤で保護していると水洗いだけでも結構バーコードは落ちるので、熱中症に注意しながら小まめにケアしたいと思います。




にほんブログ村
ギャラリー
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • バンテックユーザーから見たバンテック推し! その2
  • キャンピングカーの敵 バーコードをやっつけろ!
プロフィール

K-G

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ