冬用タイヤに交換するときに、一旦外したTPMSですが、何故か前輪の2つだけ、印刷していた文字が消えてしまっています。

20181125_073905

たぶん、タイヤとホイールを掃除するとき、前輪の方がディスクブレーキの関係で汚れが酷くなるため、ごしごしと洗ってしまうからでしょうね。

ま、文字が無くても問題ないように思うでしょうが、このTPMSにはちゃんとそれぞれにポジションがあり、正確に決められた場所に設置しなければなりません。

20181125_074301

そのマークも消えてしまっているので困りものです。

RF、LF、RR、LR と各タイヤの位置のマークが入っているので、消えてしまうと何処に取り付けて良いのか分からなくなります。

幸い、薄くですが何とか読めるくらいの痕跡は残っていましたから今回は設置できましたが、完全に消える前に何か手を打たなきゃいけないかもしれませんね。

20181125_075521

TPMSの方は1年間使ってきましたが、何の不具合もなく、常に正確な空気圧を知らせてくれましたから、製品としての評価は満点です。
1万円以下で購入できて、この性能と安心感は素晴らしいと思います。

自信を持ってお勧め出来る商品なんで、「気になる方は是非Amazonへ」 と言いたいところですが、久々にAmazonを覗いたら、私の使っているTPMSは在庫切れとなっていて再入荷の予定は立っていないようです。

61E2vJVEPBL._SL1001_
中華製のTPMSでは、カムロードに使える高空気圧に対応したものが少ないので貴重なTPMSだったんですねどね。
購入を検討される方は、空気圧が8barまで対応したものにしましょう。 普通のは5barまでしか対応しませんからカムロードには使えませんよ。 注意してください。

今後もTPMSに頼りながら安全運転を心がけたいと思います。




にほんブログ村