2014年10月30日

『カウントダウン・メルトダウン』完全版を読みたい

■『カウントダウン・メルトダウン』上/下 船橋洋一
以前読んだ『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』と同様、
原発事故発生から数ヶ月の動きを描写したノンフィクション。
こちらも秀逸。圧巻。
東日本大震災を体験した者であれば、
あのときの日々の動きを思い出し、
どれほどの危機だったのかということに戦慄できる。
とんでもないタイトロープの上で、東日本はあの日々を過ごしたのだと。
逆にあのとき西日本に居た人だと、
この臨場感はつかめないかもしれない。
(それはいま福岡にいて、日々感じることでもある)

もちろん、ある危機的状況下での対応のケーススタディとしても非常に有用。
指導者の資質、組織のあり方、個人の腹のくくり方、生き方とかまで、
いろいろ考えさせられ、学ぶことができる。
単純に菅直人を非難していればいいわけではないこととか、
東京電力を悪者にしておけばいいというわけでもない。
どういう立場の人、組織は、
どういう対応をすべきで、どういう対応をしてはならないか、
その対応をするためには、どういう準備をしておかねばならないのか。
手放しで褒めて終わりの人も、
悪しざまに罵って終わりの人も、
この中には居ない。
それぞれの立場で、いろんな反省材料、賞賛すべき事項があるし、
単細胞的に断罪してスッキリ、というわけにはいかないことが、よくわかる。
特に当時の民主党政権に対する見方が変わった。
集団としてというよりは個人個人の印象が。


この本は2012年12月に発刊されている。
つまり今年8〜9月に公開された、いわゆる吉田調書は読んでいない状態で書かれている。
当然、吉田調書を資料として踏まえた増補版というか、完全版を書いてほしいなあと思う。
 (もちろん本当の意味での完全版なんて、誰も書けないのだけど)
これほどの筆致で書く著者が、あの吉田調書を踏まえて、どう書くのか。
ものすごく興味があるし、期待してしまう。





  
Posted by keentf at 20:18Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月28日

『WORK SHIFT 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図(2025)』

■『WORK SHIFT 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図(2025)』リンダ・グラットン
なんだかんだ併読しつつで、2週間以上読了にかかった。

要旨:
今後、人々の働き方には5つの要因が影響する
 『テクノロジーの変化』
 『グローバル化の進展』
 『人口構造の変化と長寿化』
 『社会の変化』
 『エネルギー・環境問題の深刻化』」
それを認識して主体的に未来を歩むか、
漫然と気が付いたらその未来になっているかの違いは大きい。
主体的に未来を歩むために必要な“シフト”が3つある
 『知的財産のシフト』
 『外部環境のシフト』
 『精神資源のシフト』
あなたはどうする?
−−−−−
ずっとわかりやすいものがネット上にあったのでリンク





とにかく意識高い人が生き残り、
そうでない人はどんどん厳しい社会に身を置くことになるよ、という話。
パーツ単位では既に知っていたり、本で読んだり勉強したりと見聞きしている内容でも、
ここまで包括的に系統だって読みやすく語られると、そりゃ刺激にもなるというもの。
2013年のベストセラーになるわけだ。  続きを読む
Posted by keentf at 21:52Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月26日

『ダイヤのA』熱いスポーツマンガは乗れば面白い

■『ダイヤのA』1〜43巻 寺嶋裕二
久しぶりに既に長編になっているマンガを一気読みして連載に追いつくなんてことを。
ネカフェで計7時間近く掛かっているから、1巻あたり10分弱?
試合の描写時は速度上がるけども、
グラウンド外での描写が秀逸。
主要登場人物たちの立たせ方とかはもちろん、
スパイス効かすための脇役にチラホラと存在感のあるキャラが居るのがいい。

あと、この作品は腐女子さまの間でもご愛用だと
いつかネットで見たような気がするが、
まぁわからなくはない(わかっちゃダメだろうが)。

強いて言えば、悪人、それも一癖二癖ひねった悪人がいないのが惜しい。
まぁ高校野球マンガは、
基本的に甲子園という目標、チームメイト、ライバル、競合校と
パーツはそもそも固定されているとは言えるのかな。




2015カレンダー ダイヤのA
c寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」製作委員会・テレビ東京
エンスカイ
2014-11-19

  続きを読む
Posted by keentf at 21:03Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月25日

TM NETWORKの木根尚登

「TM NETWORKの木根尚登がひとりでStill Love Herを演奏してみた」
こりゃ反則だわ。
40代オタクホイホイだな。オタクに限らずであってほしいが。

『Still Love Her』好きなんだよなあ。
TM NETWORKだと木根尚登が好きで、
3人がそれぞれ選んだベストみたいなのだと木根尚登バージョン持ってて、
今でも聴いているレベル。いいバラードばっかり。
(宇都宮が赤、小室が黒、木根が青、だったろうか・・・)




Naoto Kine Presents TMN blue
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2013-10-23

  

2014年10月24日

中古マンション(リノベーション済)物件を買って知ったこと:2

今回、業者がリノベーションした中古マンションを買ったのだけど、
そこでいろいろ知ったこと、思ったこと、わかったこと。

その1はこちら

−−−−−
■2.やっぱりペット可だと、
どこかの部屋の犬が吠えて、
部屋が近かろうと遠かろうと結局うるさい。

これまでペット可のマンションに住んだことがなかったので
あまり気づかなかったけど、小型犬で躾に失敗した子は
哀しいくらいにやかましく吠えて、それが響く。

室内だとそんなに聞こえない、と思っていたのだが、
躾に失敗した子を飼ってる飼い主だからか
あんまり気にせずベランダを開けっ放すので、響く・・・。
小型犬のあの高い鳴き声で2時間ぶっ続けで吠えるのが毎日、
しかも20-22時で固定となると、
 「まさかその時間ベランダ放置で散歩の代わりにしてるんじゃなかろうな」
という恐ろしい想像まで出てきてしまうというもの。
察するに、真上の階の老夫婦のところのような・・・。
うちはベランダ側の前にまたマンションがあるから、その壁に反響して見事に音がやかましいという。
室内犬だから静か、そんなことはないのだなぁ。


さて、うちは猫飼いたいけど、踏み出す勇気がない!  
Posted by keentf at 21:14Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月23日

中古マンション(リノベーション済)物件を買って知ったこと:1

今回、業者がリノベーションした中古マンションを買ったのだけど、
そこでいろいろ知ったこと、思ったこと、わかったこと。

−−−−−
■1.リノベーション施工済物件なら、その施工業者に購入前に会っておきたい

売主であるリノベーション業者には
契約時、つまりお金を支払う段階で初めて会ったのだけど、
できれば検討段階のあいだ、
事前に会っておくべきだったかも、と。
仲介業者として大手業者に窓口になってもらってたのだけど、
その人の印象が良くて、結構任せてしまっていた。

実際に売主に会ったときに、
その第一印象でいろいろピンときてしまうことがあった。
なんというかな、売るために表面を取り繕いそうだな、と。
その印象が的中していたことを、マンションに住み始めてから的中を悟る。
例えば、
トイレもフルリノベーションだったのだけど、
便器とシャワートイレのメーカーが違ってて、
それゆえかどうか知らないが形が合ってないからガタつくとか
(別にINAXの便器にPanasonicのシャワートイレが付いてても、きちんと設置できるなら問題ないんだけどさ。でもどうせどっちも新たに準備するなら、メーカー同一にして安いのを持ってくりゃいいんじゃないかと思うのだ)
ふすまやドア周りのヘリなどの隅々の塗装が雑だったり、とか。

そんなわけで、
細かいところで気を配ってない感じが目立つ結果を
ちょくちょく見つけてしまう日々に。
新築とは違うから工事途中で指摘したり、
引き渡し後にクレームつけたりしにくく、結局放置というかたちになってしまってる。

購入後に読んでためになったこういうページとか、
いくらでも検索で出てくるのだから
もっとあらかじめ勉強できたなぁ、と今になって思う。


次買うときはリノベーション前で買って、
自分で業者選定とかから備品検討までやると思う。
手間も面倒もかかるけど、それはそれで楽しいかもしれないし。
そのためのいい経験として今回を位置づけておく。
株とかの投資を始めた時もいい経験からスタートしているし、
まぁ、そんなものだろう。  
Posted by keentf at 22:13Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月21日

『悪名の棺 笹川良一伝』印象変わるが、それで良いのか?

『悪名の棺 笹川良一伝』工藤美代子
昭和のドンとかいろいろ言われていたあの笹川良一の評伝。
“あの”というのは、昭和に
「と〜じま〜り、ようじん、ひのよ〜じん」というCMで有名だったから。
もちろんそれ以上にいろいろあるのだが、
子供心の印象なんて、そんなものだ。




社会奉仕活動への赤心と、女性への度重なる想いとが共存する個性。
なんというか、スケールがデカイという言葉で片付けるには躊躇するものがある。

この本では、
笹川良一がお金を集める流れについては
「先物取引などで」とサラリと描かれているのだが、
そんなレベルじゃねえだろ、使ってる額は、という話で。
このお金の集め方、
日本船舶振興会を作る過程や、
それ以前の集金について踏み込まないと
本当の凄さというか、とんでもなさはわからないんじゃないだろうか。
実際問題、彼の人間力とというものは、
この本に描かれているレベルには全然収まってないだろう、と思うのだが。


  
Posted by keentf at 23:57Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

たまの外食

久しぶりに外食。
大橋の大衆焼肉「たまや」
二人で6,000円を切るというのは安い。
って肉を食べる量がどんどん減っているゆえでもあるけど・・・。

最近たまにしか行かないせいか、
どこに行ってもそれなりに美味しい気がする。
しかし、外食は疲れる・・・。
40歳過ぎて外食多い人々って、バイタリティ凄いな。

IMG_2153  
Posted by keentf at 23:50Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月20日

『マージナル・オペレーション』1-2巻 ゲーム能力でリアルを生きる?

■『マージナル・オペレーション』1-2巻 芝村裕吏/キムラダイスケ
シミュレーションゲーム(にまつわる記憶力)が得意な
ニート(っても失業直後なだけだが)が
中東の傭兵会社で戦術指揮を担当する、知らないままに、というストーリー。

なんとなくのイメージでは芝村裕吏
シミューレーションゲーム知識をこじらせた結果
ストーリーテラーになった、みたいな感じ。
そういう意味では佐藤大輔と近いのかもしれないが、若い分だけ読みやすい。
さらにアフタヌーン連載で、マンガとして完成度が高いのか、読みやすい。
こんな世界があったらなぁ。こんな世界に巻き込まれたらなぁ。
困るか。
いま毎月の連載で楽しみなマンガの一つ。










 『オールラウンダー廻』
 『KIMURA ~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~』
 『少女ファイト』
 『AKB49』
 『七つの大罪』
 『刃牙道』
 『キングダム』
 『修羅の門 第弐門』
 『四月は君の嘘』
 『げんしけん二代目』
 『マージナル・オペレーション』
 『アオイホノオ』
 『信長協奏曲』
 『ドリフターズ』
月刊、週刊問わず、
だいたい今の連載でコミックス化を待てずに読んでしまうのはこれくらいか。
その他はコミックスになってからネットカフェで読むのだけど。  
Posted by keentf at 21:43Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月17日

『評伝 ナンシー関』あのナンシー関の評伝をまじめに書くということ

■『評伝 ナンシー関』横田増生
消しゴム版画家、コラムニストとして
唯一無二の存在だったナンシー関の評伝。
青森のコンポレックスのある女の子が上京して物書きになって大成功して、
さりとて心の孤独はその成功と反比例するように増していって、
40歳前という若さで夭折。
いまだに彼女のようなスタンス、ポジションの後継者と目される人はいない。

アレだけ面白い、キレのある評論を
毎回毎回繰り出していたナンシー関の評伝を、
ここまでまじめに、普通にやってしまうというのは、いいことなのかどうなのか。
例えば浅草キッドの『お笑い男の星座』のようなスタイルで
彼女の評伝を書いていたら、どうなっていただろうか?

とはいえ、内容はしっかりわかる。評伝だしね。
わかるだけに、その直球っぷりが惜しい気がする。








  
Posted by keentf at 21:20Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月16日

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』

■『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』伊藤邦生
本の帯に書かれている
 ・持ち家、マイカーは借金と同じ
 ・年収が上がっても欲望も上がれば社畜のまま
 ・結局、銀行と建設会社のために働いているだけ
 ・「お金の奴隷」になるな、「お金の主人」になれ。
ということが過剰に描かれている一冊。

『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだ側の人からしたら、
内容は別に違和感ないはず。
日本人向けに、少し過剰目に書かれているだけ。

・他人のつくったストーリーに乗ってはいけない
・投資信託は個人が損をするようにできている
・不特定多数に募集をかけているものに乗ってはいけない
・分散投資は投資ではない

いまさらということではあるけども、
復習するのもいいことだ。


  
Posted by keentf at 20:30Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月15日

銀河英雄伝説xニッセン、第一陣到着

以前紹介した銀河英雄伝説 x ニッセン

スマホケースとTシャツとを買ったのだけど、
取り急ぎ、というか
1ヶ月経ってようやくというか、
Tシャツが到着。

写真










スマホケースは11月下旬だって。
それまでいまのを持ちこたえさせないと。  
Posted by keentf at 00:08Comments(0)TrackBack(0)読書感想 | その他雑記

2014年10月14日

ブログ始めて、もう12年

ブログというか、前身の日記サイトから含めると、
12年前から、書いている模様。
12年前は20代だった。
(ブログには2001年11月の高橋ひろさんの北海道旅行があるけど、
あれは後で付け足したもので、リアルタイムで書いたものじゃないから)

12年前ってWindows98SE使ってた気がする。
いまではスマホの普及で
3年後の新入社員はメールを使えない場合がある」なんていう可能性もあるらしい。
物凄い進化。
たしかに自分が学生の頃には考えもつかなかったことが、
今の若者には常識、空気レベルなのだろうなぁ。

それにしても、
mixiとかFacebookとかLineとかあったのに、
よくコレを続けてきたな、と思う。
一応匿名だから、Facebookに乗り換えなかったんだな。
正しい。



最近は
たまの旅行記と
読書備忘メモになっているけど、
それでも積み重ねておくことは
それなりに自分の中で意味がある、ことにしておきたい。  
Posted by keentf at 21:32Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月13日

『経営不在』『カネボウの興亡』数字を追うことの怖さ

■『経営不在 カネボウの迷走と解体』
■『カネボウの興亡』
仕事絡みでちょっとカネボウの粉飾決算事件周りを知る必要があり、図書館から借りてきた。

恐ろしいところは
 ・売上至上主義で、数字を合わせることを倫理観より上位にすること
 ・経営トップの考え、振る舞いで企業はどうとでもなるし、どうにもならないところまでいく
ということの非常に貴重な事例であること。

いやぁ、怖いねえ。怖い。





  
Posted by keentf at 14:24Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月11日

『逆転力』普通以上にビジネス書として優秀

■『逆転力』指原莉乃
とてもアイドルが書いた、考えたとは思えないレベルのビジネス書の内容。
ゴーストライターだとしても優秀というか、指原が書きそうな内容。
少なくとも、いまのところ指原が発揮しているパフォーマンスは見事に事実なわけで、
その裏付けとしてのこの本の内容は、リアリティがある。

AKB48グループでトップ取って、
しかもプロデュース能力でファンが舌を巻くという指原の考え方、振る舞いの一端を知ることが出来た。
SKE48でもプロデュースしてくれ、と言いたくなるこの切なさ。

普通の人が読むビジネス書としたら
下手な内容よりよっぽど説得力ある上に、役に立つ。
使えそうだもの、細かい内容とか、わかりやすく噛み砕いている感じ。

逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 Mook)
指原莉乃(HKT48)
講談社
2014-08-11


  

2014年10月09日

『I LOVE YOU』DVD映像は佳作揃い

『I LOVE YOU』
恋愛小説アンソロジーの映像化。
どこかのNET放送とかでやってたのかな。
携帯系の放送局関係が、こういう冒険をやってDVDで投資回収、という仕組みをやってるのかな。
いずれにしても、とてもありがたいことだ。  続きを読む

2014年10月08日

台湾旅行最終日

1日目はこちら
2日目はこちら
3日目はこちら
9時起床。
食事でマッタリ。
3日食べたが、やはり朝食とか、高級感。

集合13時までで、
もうあと行くところを思いつかないので、
近くの小籠包屋にでも行くかと歩き始めたところで後ろから声をかけられる。
同僚たちが同じ店に行くつもりで歩いていたら、見かけたらしい。
しょうがないので一緒に行って、軽く食事。
食事というより、名物を抑えに行った感じか。
お店は京鼎楼という、結構有名なところ。

IMG_2118






IMG_2117








その後は集合して免税店で1時間ほど潰して
そのまま空港へ。
免税店でウイスキーを買うかどうか迷ったけど
720mlを消費するのに数年掛かりそうで、
360mlが売ってないという状況を確認して、断念。
税金かかっても国内で買うわさ・・・。

現地時間17:25発、福岡到着は20:50。
(搭乗時間は2時間だけど、時差1時間)
無事に到着して、解散して終了。


もう台湾というか、中国圏はいいかな・・・。
香港といい、台湾といい、上海のあのバカみたいな活気ほどは驚きがなかった。
もちろん慣れたからなんだろうし、それでいいのだけど、
無理して海外、で中国圏を選択する必要はなくなったかな、というところ。  
Posted by keentf at 22:48Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月07日

台湾旅行3日目

1日目はこちら
2日目はこちら

9時起床。
すみやかに、素晴らしきビュッフェ朝食に向かう。
やはり素晴らしい。
もぐもぐ食べつつ本日の計画を練る。
といっても大した内容ではないけど。

ホテルで聞いて、タクシーで国立国父紀念館へ。
タクシーで200元かからなかったから700円くらいか。
やはり楽だ。

IMG_2096









ここは孫文を讃えている場所。外見は日本武道館みたい。
しかし敷地は武道館よりずっと広い。
公園があって、真ん中に建物。
でも一昨日訪れた中正紀念堂に比べると、こじんまりとしている。
このへんにはいろいろ政治というか、利権というか、権力闘争の匂いがあるな。  続きを読む
Posted by keentf at 22:44Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月06日

台湾旅行2日目

1日目はこちら。

ビュッフェスタイルの朝食。
去年のハワイの時よりさらに豪華。
おそらく人生で一番豪華な朝食ビュッフェだろう。
味もいいし、サービス、声掛けなどもなんか一流。

いつものようにというと哀しいが食べ過ぎつつ、さっさと出発。
フロントで故宮博物院への経路を聞くと、タクシーで1000円程度らしい。
上海といい、日本以外はタクシー安いな。
歩いて地下鉄乗ってバス乗ってとかしてるくらいなら、よっぽど楽。
車窓から景色は見られるしね。

  続きを読む
Posted by keentf at 21:35Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月05日

台湾旅行1日目

8:00集合。12人しかいないけど、みんな集まっている。
男は俺一人。おかげで一人部屋確定なのが嬉しい。
旅行は結構個人行動大好き派なので、
懸念はないというか、助かった〜という気持ちすらある。

フライトは2時間。
待ち時間やらを含めても12時(現地時間:時差は1時間向こうが遅い)。

  続きを読む
Posted by keentf at 23:32Comments(0)TrackBack(0)その他雑記