2020年08月01日

【当面固定】高橋ひろさんオフ会のご案内

(当面トップ記事を固定しておきます)

−−−−−−−−−−
■高橋ひろさんファンのオフ会開催のご案内
 日程:2020年08月10日(月/祝)
 時間:だいたい13時〜18時
 場所:大阪ないし神戸あたり
−−−−−−−−−−

詳細は随時このブログサイトでご案内、更新していきます。  
Posted by keentf at 17:12Comments(2)高橋ひろさんのこと 

2020年02月23日

サ道にハマりたくても

奥さんが三連休中日の日曜だというのに
会社の付き合いの飲み会だというので、
こっちは先週も行った那珂川清滝に、今度は夕方から行くことにした。
テレビで見たヒャダインさんのサウナへのはまり方が、よほど印象に残っているらしい。

先週は13:30のバスに乗り、14:00に到着し、15:55のバスで帰ったのだけども、
今日は15:10のバスに乗り、15:40に到着し、18:55のバスで帰るというちょっと長時間滞在。
持参したのは『花神』司馬遼太郎の下巻。

入ってみると、今日は子ども連れが多い。
(今日は三連休の真ん中ということだからか)
普段は価格高めなのでほとんどいないんだけど。
まぁ、子どももはしゃいで騒いで、というのには遭遇せずにすんだので良し。
しかしなかなか混雑していたのには、少し閉口。

岩盤浴は静かな雰囲気をかろうじて維持できていたが、それでも利用客は多かった。
先週が少なかったのかもしれないけど、居心地よかったなあ。

休憩室で読書に入るも、少し騒々しくて進まず。
まぁしょうがない。こんな日もあろう。

駅に戻ってきて、夕食どうしようかと少しさまよう。
ステーキ屋「うえすたん」はせっかくの風呂後でニオイがヤダなあと思ってやめて、
寿司屋に行こうとするもカウンターが満席っぽく、
かつタバコ吸いがいそうに見えたのでこれも断念。

けっきょく近所のスーパーで肉買って家で焼く。
火傷して右手の人差し指が水ぶくれ。タイピングする今も痛い。
台所に油が回ってしまったのでクイックルワイパーする。あぁ面倒くさい。
なんか歯車が狂った一日になったなあと慨嘆しつつ、溜まっているニュース番組をながら見。
コロナウイルス問題でなんか来月のコンサートも危ういな・・・。

花神(上中下) 合本版
司馬 遼太郎
新潮社
2015-06-05

  
Posted by keentf at 22:18Comments(0)その他雑記 

2020年02月22日

RIZIN21をGYAO!でMMAだけ観る

総合格闘技RIZINをGYAO!のPPVで。
2,000円だが、今回は高いとみるかどうか。
個人的にはちょい高いかなあと思わないでもないが。

キックボクシングルールの試合は見ずに、総合(MMA)の試合から観戦合流。
一昨日にディスプレイが壊れてしまって昔のを急遽繋いでいるので、
画面の大きさや、画質が残念。21インチがこんなに小さく感じるようになるとは。
24インチって大きかったんだなと、
Amazonで23.8インチのものが15,000円で売ってるのをスマホで見つつ考える。
少しの間これで耐えるけども、結局買っちゃうだろうなあ・・・。

さて、大会はなかなか好試合続き。
地方大会らしくKOと一本勝ちのだったり、判定でも見ごたえある内容だったり。
金原正徳が負けてしまったのは驚いたが、相手がビクター・ヘンリーだしなあ。
メインイベントは朝倉未来が見事に勝って、
時期挑戦者に名乗りを上げた朴光哲との4月の試合、となったが、
なんというか、朝倉にとってハイリスクローリターンだな、よく受けたな。


さて、リングの上での柔術エキシビジョンは、
自分がやってたから面白いけど観客はどうなんだろうな。
まぁ浜松地方大会だからアリか。


  

2020年02月21日

『峠』再読

今回。読んだのは再読だけども司馬遼太郎『峠』。
2016年にも再読して以来か
内容は覚えているんだけど、
司馬遼太郎の筆致、描き方、文体を再度咀嚼するために読む感じ。
河井継之助を、陽明学の体現者として、悲劇的に描くことで
芯がある、軸がある物語になっている。

上中下巻を読み終わるまでに
10日間くらいかかったんだけど、
読後感の清々しさとともに、
映画大丈夫だろうなぉぃ、という思いが強く。
まだ今年2020年のいつ公開かが発表されていないのも不安要素。
映画の2時間で陽明学を説明しつつ物語を進めるってのは無理があると思うし、
としたら、軸のない時代劇みたいな惨状になっちゃわないかなあと・・・。
まぁ、現時点で発表されていないということは、今年下半期の公開なのかな。

峠(上) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
2003-10-25


峠(中) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
2003-10-25


峠(下) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
2003-10-25

  
Posted by keentf at 22:30Comments(0)読書感想 

2020年02月18日

オフ会も発表したところで今年の旅行日程を整理しよう

さて、8/10オフ会もついに発表して後には引けない。
さらに松井珠理奈卒業コンサート9/26-27@名古屋もある。
近々では3/14-15高柳明音卒業コンサート@横浜アリーナもある。
整理してみよう。

03/14-16:東京(飛行機はマイルで取ったが宿代とコンサート代がかかる)SKE48
 ⇒コロナウイルス問題でコンサートが中止になったらどうしよう
07/未定:沖縄(社員旅行・・・中止にならないかな)
08/09-10:大阪(新幹線往復代と宿代と食事代とがかかる)高橋ひろ
09/26-27:名古屋(新幹線往復代と宿代とコンサート代と食事代と)SKE48
11/04-05:東京(去年のリベンジで、とんぼ返りででも行かねばなるまい)高橋ひろ
 ⇒もっともこれは今年11/04にあればの話だけども

こりゃGWにどこか行けるお金はないね。
夏季休暇にどこか行けるお金もないね。
(8/10にくっつけて休んでしまおうかな)
9月のシルバーウイークも同様だね。

今年の旅行は1月の広島と併せ考えるともう6回なわけで、
さらに上積みするのはなかなか厳しいと言わざるを得ない。
マイルをすり減らして、体力は温存しつつ、今年を生きていきまっしょい。
これで株価暴落したりしたら、もう余分なお金はないな。  

2020年02月16日

サ道には程遠くも

昨日行こうと思っていたスーパー銭湯『那珂川清滝』へ。
金曜夜になんとなく見たサ道(サウナ道)が気になってたのだ。
ブランチをパン屋のイートインで済ませ、最寄駅の大橋駅まで歩き、
無料送迎バスで現地に。
今日は岩盤浴を試してみることにした。

とりあえず身体を洗い、
露天風呂でしばらくゆーったりして、
多少頭がボーっとしたところで、岩盤浴へ。
サウナより暑くなく、ジンワリと汗がにじんでくる。
水を時々飲みながら10分寝て
3分クールダウンして、また戻って
10分横臥して、を
3回繰り返して満足して出る。
岩盤浴の追加料金は半額で600円だったか、
それなら価値あるかなぁという程度。
1,000円は出さないかなー。

また温泉に戻り、露天風呂で再度ボーっと。
ここの露天風呂は湯温高めで、冬場にも心地よい。
小雨パラつくなか、気持ちよくボケていられる。
結局2時間くらい裸で居てから、服着て休憩室へ。
あ、ほとんどサウナには入らなかったな。
畳に寝転がり、遠くに子どもの叫び声を聞きながらスマホをイジり、本を読む。

都合3時間くらい滞在して、帰りのバスに。揺られて30分で最寄駅、10分歩いて帰宅。
昨日今日と、なかなか有意義な休日であった。

さて、オフ会の記事を書かねばなるまい。
もう半年切ったしな。  
Posted by keentf at 17:09Comments(0)その他雑記 

2020年02月15日

スーパー歌舞伎兇魎僂燭、アレは。

12時に嫁が会社でチケットをもらったというLINEが。
今日の今日での夜公演チケットだが、博多座だという。
演目というか、モノは『スーパー歌舞伎供嵜携 オグリ」』
市川猿之助が手掛ける、スーパー歌舞伎なるものである。
まぁ経験だということで、歌舞伎をよく観に行っている母親と一緒に行くことに。

ランチは先週食べた奴寿司で食べる。やはり満足感高い。
これはいいところを見つけたなあ。プチ贅沢。堪能。
帰宅してしばし寛いでから、出発。
手元にウーバータクシーの1,500円初回無料クーポンがあったからそれを使おうとしたら、
操作を間違ってクーポン入力前にタクシーを呼んでしまう。
これで無駄に1,500円使ってタクシーで行くことに。
まあよかろうとあきらめるのが変に大人になってしまったところか。

中洲川端の駅近くの『鈴懸』でチケットをもらう代わりに手土産を買い、
嫁の会社前まで行き、チケットをもらう。
1F席、これは値段高そうだなあ。
チケット代だと思えばタクシー代も手土産代も諦めようかという気になった。
ネットで見たら18,000円の席だった・・・。2枚で36,000円かいな。

博多座現地で母親と合流。
慣れている母親を追って歩く。16:30開演、20:30終幕、間に30分と20分の休憩があるという。
4時間公演なのか・・・ハズレだったらたまらんなぁと、AKB48公演を思い出すが、
世間で知られたスーパー歌舞伎、大丈夫だろうと思いなおす。
幕間用に弁当も買い、無料のロッカーに入れて、席に着く。
通路そばで良席。これくらいのチケット運が今度のSKE48コンサートでもあればいいなあと思う。


さて、スーパー歌舞伎供嵜携 オグリ」である。
歌舞伎自体が初心者だからなんとも言えないが、
これは演劇に歌舞伎風味が付いたものであり、
歌舞伎が主ではないじゃろ?というのが正直な感想。
面白くないかと言えば面白いのだ。
歌舞伎よりも観客に寄っているというか、
楽しませようという演出や演技に満ちていて、
想像している歌舞伎よりずっと見やすい。
もともと時代劇好きな身としては、言葉に不自由もないからそう感じるのかも。
とにかく、観てよかったと思う。
経験としてもグッド。
ワンピース歌舞伎も観ておけばよかった。チケット取れなかったろうけど。

IMG_0301






あらすじはこちらのブログがものすごくわかりやすくて感嘆モノ。
特に説教くさい部分が、この歳になるとなかなかしんみりきてイイ感じ。
若いころにはわからなかったよなあ。
生命の大切さというか、生きつくす重要性を、
理性ではなく感情に訴える場面は、なかなかクルものがある。
幕間に弁当を食べながら、考えることしきり。

あと、博多座の舞台装置は本当に素晴らしい。


それにしても、上演拘束時間240分、うち休憩30+20分というのは、興味深い。
正確には
 一幕50分
 休憩30分
 二幕50分
 休憩20分
 三幕90分
だったようなのだが、
退屈を感じずに、集中力を欠かずに観られる設定として良いのだろう。



先日書いたように、2020年代に楽しむ「何か」を探すなかで、
演劇という沼もありなのではと、ちょっと思った。
クラシック音楽というのも考えてみたけども、今更知識が追いついていかないし。
じゃあ演劇はどうなんだというとアレなんだけど。
  

2020年02月08日

高橋ひろさんのこと:211 茫洋とオフ会の計画を記すよ

いやいや半年も先のことをと思わないでもないけども、
東京オリンピック後の株価暴落を考えると予算にも事欠くけども、
ここに来てくれる高橋ひろさんファンの方にあらかじめお伝えしておきます。

−−−−−−−−−−
オフ会開催のご案内
 日程:2020年08月10日(月/祝)
 時間:だいたい13時〜18時
 場所:大阪ないし神戸あたり
−−−−−−−−−−

ホントにまだ半年先のことなので、内容は未定です。
決まっていることは、東京ではなく近畿圏であること、
当日中に私が福岡まで帰らにゃならないので18時には解散するということ、くらいでしょうか。
内容は2013年11月3日のように演奏オフを絡ませるかどうか、ご参加メンバー次第かな。
あれからもう6年以上経っているというのか・・・と自分のブログ見てビビッてたじろぐ。
あの演奏オフ楽しかったなあ。
集合までのドラマチックな流れもよかったなあ。
立ち食いそば屋を出た瞬間に集団に出会ったのを思い出すよ。
あのころ乳児だった子供たちがもう小学校行ってるんだよ、歳取るわけさ。



取り急ぎ、ご参加表明はこちらのブログコメントでお願いします。
すでに私の連絡先をご存じの方はそちらからでも結構です。
また場所や企画のアイデアなんかをいただけたりすると助かります。
近畿圏にはいつ行っても土地勘がないし、
東京でやってるオフ会だってパセラの力がないと軸が決まらないし、
(いま検索して大阪にもパセラがあることは確認しましたが)
私個人の引き出しには、開けても何も入ってないのですよ。へへへ。


さて、動き出すぞ。
自分のオリンピックは東京じゃなくてこっちだな。  

2020年02月07日

SKE48松井珠理奈の卒業の報に接し

SKE48松井珠理奈が卒業を発表
いつか来る日ではあったし、
それはもはや待たれていたことでもあった。
しかしながら確報に接すると、やはり感じるものがある。
48グループの、終わりの終わりを感じる。
いつが終わりの始まりだったかは、いろいろ思うけれども。

さて、
09/26(土)27(日)卒業コンサート@日本ガイシホール
これは行くこと確定したが、
おそらくはその日で自分もSKE48ヲタ卒業であろう。
『glory days』は、終わるのだ。


自分のSKE48推しの10年の中で、
4年間くらいは珠理奈一推しだったし、
その後も3推しの中には居続けた。
いま推しているのは都築里佳ではあるが、
良くも悪くも、珠理奈は聖域であり続けた。


今日、SHOWROOMでの配信での珠理奈の姿を見たら、
「あぁ、もう卒業せねばならなかったな」
と感じざるを得ないのだけれども。(自分が自分が、の姿な)
もう壊れているなあ。比較して松井玲奈の偉大さを思い知る。

あぁ、脈絡ないこと書き殴ってるなあ。


ホント、
2000年代はPRIDEと高橋ひろで過ごした期間だった。
2010年代はSKE48で過ごした期間だった。
2020年代は何を追っていけばよいのか?これから探す旅に出なきゃならん。  

近所の寿司屋に入る

金曜の夜、嫁は会社の人と飲み会、
さて夕食をどうするかということで、
入院していた時に出会った人が美味しいと言っていた、
駅近の『奴寿司』に入ってみた。
おまかせが2,500円。これでよかろう。
後期高齢者であろう大将が握ってくれたのは
中トロに始まり、ヒラメ、かんぱち、いか、クルマエビなど、
いちいち美味しい。
これは当たりであろう。
おまかせが一周して、もう一回頼むことにして堪能する。
とても写真撮る雰囲気ではない街の家族経営寿司屋さんなので
画像はないわけであるが、
2,500円×2=5,000円でとても満足の寿司を食べられた。
これ、たぶん、月に一回は行くだろう。  
Posted by keentf at 20:07Comments(0)その他雑記 

2020年01月27日

月曜から恩師に会って

月曜から定時上がりして恩師と食事@西鉄天神福岡駅の上のアテニヨル。
食べ物の味は、まぁ、こんなものだろう。
再訪するかといえば、しないけれどもさ。

持参した本は『読みたいことを、書けばいい。』
あと、むかし勧め忘れてたらしい『峠』を猛プッシュしつつ。
この本は人生三指に入るというのに。

明日は有給休暇。職場ではインフルエンザ大蔓延中で仕事にならん。  
Posted by keentf at 22:54Comments(0)その他雑記 | 読書感想

2020年01月26日

『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』

■『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司
うすうすはわかっていたけど、明示されると恐ろしいこと。
日本のいびつな人口体系がもたらす近未来を、
現実感をもって示してくれている本。
2017年発刊だったかな、今更感はあるのだけど、読んどかないとなぁとなって。

帯を読んだだけで怖いよ。
 2020年:女性の半数が50歳超え
 2024年:全人口の3人に1人が65歳以上
 2027年:輸血用血液が不足
 2033年:3戸に1戸が空き家に
たった10年ちょっとでこれだ。
そりゃ不動産なんて買ってられないと思うし、
日本の将来を悲観したくもなろうというもの。

事象だけでなく対策も書いてあるけども、
こちらはまぁ、そうだね、という感じで、
ウエイトが高く、驚きも大きいのは前半。

おそらくは福岡市は日本で屈指の「生き延びられる地方自治体」だと思うのだけど、
この本を読む限りは、それでも逃れられないのだろうと強く感じさせる。
じゃあ、どこ行けばいいのよ、という話だが。
じゃあ、どう日本を改革すればいいのよ、については、
もうあきらめないと、と今の政治を見ていれば思わずにいられない。
政治的に、国家的に
プロジェクト進めないといけないのに、
オリンピックという空虚を選んでしまったからなあ。
この東京オリンピックのせいで、東北の復興は間違いなく遅れているし。
(もっとも、被災都市をすべて復興すべきとは思えないドライな自分もいるが)

話がそれたが、とにかく現実を直視できる本。恐ろしいよ。


  
Posted by keentf at 20:52Comments(0)読書感想 | その他雑記

2020年01月24日

8/10は東京オリンピック閉会式翌日

8/10は東京オリンピック閉会式翌日、なのらしい。
東京に行こうにも宿代が恐ろしいことになってた。
ケタ間違えたかと思ったくらい。

そういうわけで、大阪とかを考え中。どうかなぁ。
大阪も余波を十分受けてるかなあ・・・。  

2020年01月18日

『昭和天皇物語』大正天皇の晩年に迫りまくって

■『昭和天皇物語』5巻 能條純一
大正天皇の晩年に迫りまくってて、
右翼から文句言われないだろうなと不安になる描写はさすが。
山県有朋、原敬とも明暗を描きわけ、読み甲斐があると思わせる。
もう5巻、まだ即位前。
このままだと大作になる予定だろうが、
著者ももう60歳超えているから、どこまでいけるか。
単行本で読むのがとても楽しみ。
本当は連載で追うべきなんだろうけど。


  
Posted by keentf at 18:23Comments(0)読書感想 

2020年01月13日

『平成史』深いんだか深くないんだかの対談

■『平成史』佐藤優 片山杜秀
著者の二人が平成元年から31年までを、出来事をテーマに語る企画。
もうちょっと芯を食った一冊だと思っていたら、
大きく語られる内容についてはちょっと肩透かしの部分もあり。

平成といえばということで、
 ・バブル崩壊
 ・1.17阪神淡路大震災
 ・地下鉄サリン事件(オウム事件一式)
 ・小泉劇場
 ・3.11東日本大震災
 ・第一次、第二次安倍内閣
 ・天皇制とは
というのが大きなテーマ。
期待した3.11関係では、
民主党政権だったから、野党の自民党は協力した。
自民党政権だったら、野党は協力しなかったのではないか?という言及があって、
その可能性はあるなあ、どうなんだろうなあ。
脱原発については、推し進めると核兵器を作れなくなるから、できない、という論拠で、
正しい正しくないはともかく、国際情勢を考えての一つの理論ではある。
しかし、阪神淡路大震災もそうだけど、
自民党政権じゃないときに大天災が、というのは、
本当に自民党はめぐりあわせがいいという気もする。

後はいつもの佐藤優の自分語りがあったり。
(国策捜査で長期間拘留された件)
天皇制について、今上天皇や現上皇がどういう考えであるかを推しはかるくだりがあって、
これはなかなか難しい問題だけども、そもそも興味があまりない自分に驚いたり。

本の内容より、「これを読んだとき足が痛かったんだよなあ」という記憶になりそう。

平成史 (小学館文庫)
佐藤 優
小学館
2019-05-02

  
Posted by keentf at 15:31Comments(0)その他雑記 | 読書感想

2020年01月10日

足を引きずる一週間。

仕事が始まっても、左足小指の腫れは引かず、
医者に行けども折れてはないとのレントゲン。
しょうがないから会社に行く一週間。
帰りに二回タクシー使ったが、
ようやくだんだん大丈夫な気がする状態まで。
正月早々やってしまったと思うが、
今年は用心しろよと神か仏かが忠告してくれたとでも思おう。
去年も一昨年も用心して生きてきたつもりなんだけどな。
  
Posted by keentf at 21:38Comments(0)その他雑記 

2020年01月04日

広島旅行3日目:1/4

■3日目:1/4

10時前に起床。
足の状態は少し悪化。靴履くのが痛い。
明後日からの仕事が思いやられると思いながらチェックアウトして行動開始。
あ、チェックアウトはカードキーを箱に入れるだけの至ってスムーズ。
きた時のあの混雑はなんだったのか。
よほどタイミングが悪かったとみえる。

広島駅から今日は呉へ。快速で30分。
ポケモンGOしてたら着いたよ、くらいのレベル。
一路、『てつのくじら』館へ。大和ミュージアム横、呉駅から徒歩5分。
IMG_0280
  続きを読む
Posted by keentf at 22:24Comments(0)その他雑記 

2020年01月03日

広島旅行2日目:1/3

■2日目:1/3

起きると両足首が痛くて満足に歩けない。
特に左足の小指がずいぶん痛い。
駅ビルのビックカメラでサロンパスを買い、両足首と小指に貼るも、満足に歩けず。
高齢者のような速度の歩みでのろのろと。
やってしまったなぁ。
  続きを読む
Posted by keentf at 22:00Comments(0)その他雑記 

2020年01月02日

広島旅行1日目:1/2

年始の広島旅行。
宮島、呉に行くのだ。

■1日目:1/2
10:30出発。
タクシーから新幹線で一路広島へ。
1/2、まだ連休半ばだから自由席で問題なく座れる始発駅たる博多。
1時間で広島へ。
ホテルに荷物を預けて、さて宮島へ。
宮島口駅まで路面電車でまた1時間。
船に乗って15分もかからず、宮島(島の方)到着。
IMG_0265
  続きを読む
Posted by keentf at 23:30Comments(0)その他雑記 

2020年01月01日

元旦はゆったり

10時前に起きて、しばらくDiablo2して、
ブランチという時間にお茶漬けを食べて、会社に行く。
さりとてしなければならない作業は30分で終わり、
初売りは明日からの天神がガラガラなのを確認して帰宅。

またゲームに戻り、夕食を食べ。風呂に入って今ここ。
ダラダラとしたゲーム生活は今日まで。
明日からは広島旅行である。

というわけで、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。  
Posted by keentf at 22:11Comments(0)その他雑記