2014年11月20日

iPhone6にしました!データ消えて、生き返りました!

数日考えた挙句、また今日auに行って
「docomoはこれくらいの軽微故障は下取り扱いにしてくれるってさ」
とお伝えすると、なんとなくな空気ののち、下取りOKに。
お陰でその場で機種変更。iPhone6。黒い。

昼休み全て使って機種変更の契約を済ませ、
食事抜きで会社に戻る。
机の中にはカロリーメイトがあるのだ。


夜、帰宅して、さて・・・思わずPCに繋いでしまった。
ん・・・、同期するなあ。
あ、新しいiPhone6のデータでiTunesが上書きされてしまった!
なんという初歩的なミスを!

呑気にTV横目に梨食べながら片手間でやってたのを、
これはいかんと本気モード。
梨も脇に置き、TVも消し、グーグル先生に必死のお伺い。
何か復旧手段はないか・・・。
もしや、iCloudは前のバージョンのままではないか?


大当たり。
無事にiCloudにあった一昨日のデータで、ただいまiPhone6復旧中。
少なくともホーム画面とかアプリとかは、見慣れた前の状態に。
しかしアプリの復旧なのか、アクセスがもう1時間以上続いているが・・・。



大丈夫、だよな?



・・・2時間後、無事に全部のアプリが更新完了。
一時はどうなることかと思ったわ。  
Posted by keentf at 23:56Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年11月19日

iPhone、5sと6とどっちがいいのよ・・・

iPhone5がiPod状態になってからもう4日
いいかげん、機種変更か、
乗換かを決めなきゃならないのだけど・・・。

5sがサイズ的にはやはりいいんだけど、
docomoに乗り換えなきゃならない。
6ならauで機種変更ですむけど、高くつく。
さらにこの半分故障しているiPhone5を、
docomoは25,000円で下取りしてくれて、
auはしてくれないという。
でも、auならメールアドレスとか変わらなくてすむなぁ。

サイズを取るか、楽なのを取るか。
悩む・・・。週末までには決めて
まともな機械にしないといけないのに。  
Posted by keentf at 23:24Comments(2)TrackBack(0)その他雑記 

2014年11月17日

iPhone5壊れまして

はい、iPhone5が電波を拾わなくなりました。
wifiは拾うから、自宅での利用は大丈夫だけど、
外では使えない、コンビニとかで電波拾わないと。
なんかこの動き、香港とかを思い出す・・・。
モバイルwifi契約してない海外だと、コンビニとかの電波貴重。
(いろいろセキュリティ的に問題あるとしても・・・)

話が逸れた。
auショップに行ってもiPhoneはダメだというので
しょうがないから福岡天神のアップルストアへ。
勤務先から徒歩5分だから許せるが、
遠かったらこれだけでもうiPhoneチェンジしたくなる。
いまのアップルはアンチでも唸った過去の凄みはなくなってるし、
もうそろそろいいかな、と思ったりもする。
結果、アップルストアで30分待たされた挙句、2分で修理不能が判明。


でもデータとかあるから、今回は次もiPhoneかな。
でも6は大きくてイヤだな。
機種変更だと高くつくんだって。
こりゃ、auからdocomoに変えて、5s かな。
週末まで通話は不要なので、そこまでに探さないと。
そういうわけで、
いまこの時点でも、携帯はただのiPod状態。


それにしても、2年で機種変更させることを前提にした世の中って、ずいぶんヒドくなったものだ。
ノートPCレベルの端末機器を、
2年で交換させるという発想で金儲けなのか・・・愚かしいなぁ。  
Posted by keentf at 22:44Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年11月16日

『アンナプルナ南壁-7,400mの男たち-』英雄的な、しかし不思議なフィルム

ドキュメンタリー映画『アンナプルナ南壁-7,400mの男たち-』
「一人の男を救うために、世界10ヵ国の登山家が集結した。“生きること”を感じる、感動のドキュメンタリー」
内容はある意味、この一文で見事に言い表せている。
『登山家』という、ほとんどプロが居ない世界。
技術やマインドの問題ではなく、お金的に、居ないわけで。
そんな中で、それでも
登山家という人種がどんな覚悟と意識とを持っているのか、
よくわかる、すさまじいドキュメンタリー。
IMG_2199IMG_2200












ドキュメンタリー、しかも派手な内容じゃないからということだろう、
福岡での上映はKBCシネマという小さい単館。
100席くらいのが2つのシアター。
IMG_2201












そこで、2週間くらいかな、うち週末は2回含むくらい。
1日1回、昼間の上映ということで、
日曜12:55というコレ行ったら1日終わるじゃないか。
しかし、Facebookで知ってしまった以上、行かないわけにはいかない。
日曜をほぼ犠牲にして、車で20分くらい。

ここからネタバレ。
  続きを読む

2014年11月14日

『いっしょうけんめい「働かない」社会をつくる』まっとうなプレゼン

■『いっしょうけんめい「働かない」社会をつくる』海老原嗣生
副題で〜残業代ゼロとセットで考える本物の「エグゼンプション」〜とあるが、
ホワイトカラーエグゼンプションがどういう理由で出てきていて、
社会はどう利用すべきなのか、というのが
非常にわかりやすく書かれていて、納得感が強い。

少なくとも、ワークライフバランスとやりがいとの兼ね合いを踏まえて
人の働き方は二極化されるように社会は進むし、
 (というか進まないと破綻するし)
それを踏まえて自分はどうしたいのか、考えるべきだ、と。
このへんは先月読んだ『WORK SHIFT』でも語られていた内容で、
併せて考えると理解が進む。
皆が課長になれる時代は終わっているし、
そもそも皆が課長になれるような能力を持ってもいない。
現場能力とマネジメント能力とでは
必要スキルのベクトルが異なるなんて、
プロ野球でも見ててみんな知っているじゃないか。
なのにサラリーマン社会ではそれを求めるなんて、そりゃ矛盾だわね。
それを踏まえて、
自分はどうなりたいのか、
どういう立ち位置を目指して
キャリアとスキルとを積んでいくのか。
一つの会社に居続けるわけでもないし、
会社が雇用を守ってくれるわけでもないので、
客観的にそう考えるのはとても現実的というか、当然だと思うのだ。

自分は柔術で自営業や個人事業主の人と多く知りあえて、
視野が広がった認識があるけども、
まだそこまで危機感を持ってない人もいるわね。
今の会社でこういう話をするわけにはいかないけど。



それにしても、この本は新書だったけど、
プレゼンシートでの横書き150ページとかだともっとわかりやすかったろう。
というか、もともとそういう作りだった内容を
新書用に頑張って縦書きにしたような印象があった。
もっと横書きで、プレゼンシートのような書籍形式が広まってもいいのに
やっぱりネックは印刷というか製本過程なのかな?
これをスライドのプレゼンで、本人から語ってもらったりしたら
どれほどの説得力を持つことだろう。
映像売ってたら、買いかねないな。


  
Posted by keentf at 21:59Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年11月12日

高橋ひろさんのこと:175 温泉行く企画がありえたのか

いまさらだけど、
せっかくの11月、連休が2回もあるのだから、
温泉オフとかありえたのか!?
あの温泉、札幌から1時間だったのだから、
企画したらアリだったな。

2月は・・・車で1時間というのが無理だろ。
GWとかじゃないと厳しいな。
そう考えると、10月ないし11月が良いポイントだったなあ。残念。


結局1年なにもできてないな。
まぁ、また今度。
  

2014年11月10日

また新高梨をいただきましてな

新高梨とは、高知名産のものすごくデカイ梨。
大きさも凄いが、味も素晴らしいという。

今年もまた土佐から送られてまいりまして。
ウマウマと、嫁と食べることでございますよ。
ありがたやありがたや。

IMG_2186  
Posted by keentf at 22:54Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年11月09日

「闘裸男14」プロ修斗福岡大会_運営参加メモ

プロフェッショナル修斗公式戦 福岡大会「闘裸男14」
運営スタッフに参加してきたので、ちょいとメモ。
実は何かしらのプロ興行のスタッフとして参加したのは久しぶり。
2011年3月、震災直後の北九州大会以来。
あのときは運営のメインスタッフだったが、
ブランクもあるし、ということで今回はかなり下の方でサポート。
当日のみの関与という感じ。
そりゃ、じゃないと無理だわ。

当日は8:30集合。
開場が14:00、開演14:30という。
3年前と似たようなスケジュールだが、
19時までくらいの拘束10時間程度だから、実はずいぶん楽。
  続きを読む

2014年11月08日

『四月は君の嘘』 『高杉さん家のおべんとう』

四月は君の嘘
高杉さん家のおべんとう
どっちも大変面白く、先が気になるわけだが、
・・・次の巻が最終巻だと!!!
『四月は君の嘘』は次の11巻で、
『高杉さん家のおべんとう』は次の10巻で完結だという。

『四月は君の嘘』はいまアニメ放送中、
『高杉さん家のおべんとう』も去年くらいに何かに取り上げられて一気に有名になったよね。

4月は君の嘘








でもまぁ、
きっちりとシナリオ組んで、変な先延ばしせず、
物語として完成させるスタンスはものすごくいいな。





  
Posted by keentf at 22:10Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年11月04日

高橋ひろさんのこと:174 11/4。温泉行きたいねえ

8月で支笏湖とわかった北海道の温泉に行きたいなぁと思いつつ、
今年も11/4を迎えました。
高橋ひろさんが亡くなってから、9年か。
結構いろいろあったよ、うん。毎年思うけど。

ここんところSKE48に突っ込んでるけども、
ひろさんを忘れてるわけじゃないんだよ。
まぁ、もう血肉になってるもんねぇ。  

2014年11月03日

SKE48『リクエストアワーセットリストベスト242』祭りのあと:11/03

初日はこちら
2日目はこちら

SKE48のライブ参加して、後泊は久しぶりか。
これだけで非常に体調にやさしい。
ゆったりと起き、ゆったりとモーニング。
有名らしいウインナーコーヒー。
IMG_2171
  続きを読む

2014年11月02日

SKE48『リクエストアワーセットリストベスト242』二日目:11/02

初日はこちら
祭りのあとはこちら

2日目。
昼公演はチケット手に入らず、映画館での参加。
体力的にはかなり楽。まったり座って悠然と鑑賞できるし。
ホテルからタクシーで1000円くらい。
名古屋駅から徒歩10分の109シネマズ名古屋ってロケーションは不思議な映画館。
複合商業施設だし、大丈夫なのだろうか?
まぁ、こちらは映画館でもチケット取れただけ幸せ。
金曜日に先に名古屋入りしていた同行者が買っておいてくれた
都築里佳生誕Tシャツを着て、11時前に現場到着。
とりあえず併設のびっくりドンキーで小一時間、腹ごしらえして会場へ。


順位は50〜26位
41位『狼とプライド』
さすがにオリジナルメンバーいないし順位下がったなぁ・・・と思ってたら木崎ゆりあ登場!
予想してたとはいえ、やはり参加は嬉しいよねえ。
同じようなこと、昨日も書いたな・・・。
そして37位『羽豆岬』平田璃香子!
ホント、どうしてこんなに卒業生に思い入れるのだ味噌ヲタは。
大歓声、大声援、揃った爆音コール。
昨日から、やはり過去を背負って(悪く言うと引きずって)いくのがSKE48ファンだなと再確認。
いい空間だなあ。
あ、でも『涙の湘南』含めて、現地にいたかったな・・・欲張りにも、そう思う。
  続きを読む

2014年11月01日

SKE48『リクエストアワーセットリストベスト242』初日:11/01

2日目はこちら
祭りのあとはこちら

7:43博多発の新幹線に乗って、一路名古屋へ。
今回は普段より朝が早くて、いろいろしくじっている。
駅への到着がギリギリになったり、
携帯の電源ケーブルを忘れたり。

車内ではリクアワ2011のメイキング映像を見て過ごす。
会場は今回と同じ名古屋センチュリーホール
国際会議場がある大きな施設。
そう、今日の予行演習。
3年前、ラムネの飲み方公演の曲が席巻したとき。
そうだ、SKE48のライブ、このコンサートが初めてだったんだ。
とすると俺がファンになったのは2010年ということだろうか。
2011年6月の総選挙でハマったので、もう3年以上か。
結構長いな。
以前PRIDEにハマってた期間が2000年〜2006年くらいで、7年間くらい。
1ジャンルの盛衰がそれくらいの期間と考えたら、
あと3年くらいは楽しませてもらえるのだろうか。
しかし3年前の映像なのに、14歳⇒17歳での珠理奈の変わらなさに驚き。
逆に言えば、既にあの時点で完成していたがゆえに、
いまさらどうこうしてもブレイクしないんだろうなぁ、と感じずにいられない。
キラキラ感ではなく、落ち着きが目立つというか。
  続きを読む

2014年10月31日

『ドリフターズ』4巻 展開する物語の心地よさ

■『ドリフターズ』4巻 平野耕太
あれ、3巻は感想書いてないのか。
1巻2巻で絶賛した内容の勢いは止まらず。
いま、買ってきたコミックスを読了して、
その場でもう一回読むってほど面白くて深いのは、コレしかない。

動き出すキャラクター。
著者の歴史、人物への思い入れと
その表現の心地よい過剰さ。

織田信長が率いる鉄砲隊、
那須与一が率いる弓兵隊、
そして島津豊久、あの鬼島津が率いる歩兵本体という、
なんだこの「日本史全体で最強軍作ったらこうなる」の一例は、って。
そりゃ土方歳三の歩兵隊、
源義経の騎兵隊とか、歴史オタクは考えちゃうわな。
スーパーロボット大戦の歴史版といった感じか。



まぁ、3巻出てから1年半も掛かって4巻ということで、
完結いつになるんだ!?という怖さはあるが。
やっぱり『HELLSING』みたいに10年とか覚悟しておく必要があるのか?
1巻出てからもう4年、年に1巻ペースなのか・・・。


  
Posted by keentf at 23:10Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月30日

『カウントダウン・メルトダウン』完全版を読みたい

■『カウントダウン・メルトダウン』上/下 船橋洋一
以前読んだ『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』と同様、
原発事故発生から数ヶ月の動きを描写したノンフィクション。
こちらも秀逸。圧巻。
東日本大震災を体験した者であれば、
あのときの日々の動きを思い出し、
どれほどの危機だったのかということに戦慄できる。
とんでもないタイトロープの上で、東日本はあの日々を過ごしたのだと。
逆にあのとき西日本に居た人だと、
この臨場感はつかめないかもしれない。
(それはいま福岡にいて、日々感じることでもある)

もちろん、ある危機的状況下での対応のケーススタディとしても非常に有用。
指導者の資質、組織のあり方、個人の腹のくくり方、生き方とかまで、
いろいろ考えさせられ、学ぶことができる。
単純に菅直人を非難していればいいわけではないこととか、
東京電力を悪者にしておけばいいというわけでもない。
どういう立場の人、組織は、
どういう対応をすべきで、どういう対応をしてはならないか、
その対応をするためには、どういう準備をしておかねばならないのか。
手放しで褒めて終わりの人も、
悪しざまに罵って終わりの人も、
この中には居ない。
それぞれの立場で、いろんな反省材料、賞賛すべき事項があるし、
単細胞的に断罪してスッキリ、というわけにはいかないことが、よくわかる。
特に当時の民主党政権に対する見方が変わった。
集団としてというよりは個人個人の印象が。


この本は2012年12月に発刊されている。
つまり今年8〜9月に公開された、いわゆる吉田調書は読んでいない状態で書かれている。
当然、吉田調書を資料として踏まえた増補版というか、完全版を書いてほしいなあと思う。
 (もちろん本当の意味での完全版なんて、誰も書けないのだけど)
これほどの筆致で書く著者が、あの吉田調書を踏まえて、どう書くのか。
ものすごく興味があるし、期待してしまう。





  
Posted by keentf at 20:18Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月28日

『WORK SHIFT 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図(2025)』

■『WORK SHIFT 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図(2025)』リンダ・グラットン
なんだかんだ併読しつつで、2週間以上読了にかかった。

要旨:
今後、人々の働き方には5つの要因が影響する
 『テクノロジーの変化』
 『グローバル化の進展』
 『人口構造の変化と長寿化』
 『社会の変化』
 『エネルギー・環境問題の深刻化』」
それを認識して主体的に未来を歩むか、
漫然と気が付いたらその未来になっているかの違いは大きい。
主体的に未来を歩むために必要な“シフト”が3つある
 『知的財産のシフト』
 『外部環境のシフト』
 『精神資源のシフト』
あなたはどうする?
−−−−−
ずっとわかりやすいものがネット上にあったのでリンク





とにかく意識高い人が生き残り、
そうでない人はどんどん厳しい社会に身を置くことになるよ、という話。
パーツ単位では既に知っていたり、本で読んだり勉強したりと見聞きしている内容でも、
ここまで包括的に系統だって読みやすく語られると、そりゃ刺激にもなるというもの。
2013年のベストセラーになるわけだ。  続きを読む
Posted by keentf at 21:52Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月26日

『ダイヤのA』熱いスポーツマンガは乗れば面白い

■『ダイヤのA』1〜43巻 寺嶋裕二
久しぶりに既に長編になっているマンガを一気読みして連載に追いつくなんてことを。
ネカフェで計7時間近く掛かっているから、1巻あたり10分弱?
試合の描写時は速度上がるけども、
グラウンド外での描写が秀逸。
主要登場人物たちの立たせ方とかはもちろん、
スパイス効かすための脇役にチラホラと存在感のあるキャラが居るのがいい。

あと、この作品は腐女子さまの間でもご愛用だと
いつかネットで見たような気がするが、
まぁわからなくはない(わかっちゃダメだろうが)。

強いて言えば、悪人、それも一癖二癖ひねった悪人がいないのが惜しい。
まぁ高校野球マンガは、
基本的に甲子園という目標、チームメイト、ライバル、競合校と
パーツはそもそも固定されているとは言えるのかな。




2015カレンダー ダイヤのA
c寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」製作委員会・テレビ東京
エンスカイ
2014-11-19

  続きを読む
Posted by keentf at 21:03Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2014年10月25日

TM NETWORKの木根尚登

「TM NETWORKの木根尚登がひとりでStill Love Herを演奏してみた」
こりゃ反則だわ。
40代オタクホイホイだな。オタクに限らずであってほしいが。

『Still Love Her』好きなんだよなあ。
TM NETWORKだと木根尚登が好きで、
3人がそれぞれ選んだベストみたいなのだと木根尚登バージョン持ってて、
今でも聴いているレベル。いいバラードばっかり。
(宇都宮が赤、小室が黒、木根が青、だったろうか・・・)




Naoto Kine Presents TMN blue
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2013-10-23

  

2014年10月24日

中古マンション(リノベーション済)物件を買って知ったこと:2

今回、業者がリノベーションした中古マンションを買ったのだけど、
そこでいろいろ知ったこと、思ったこと、わかったこと。

その1はこちら

−−−−−
■2.やっぱりペット可だと、
どこかの部屋の犬が吠えて、
部屋が近かろうと遠かろうと結局うるさい。

これまでペット可のマンションに住んだことがなかったので
あまり気づかなかったけど、小型犬で躾に失敗した子は
哀しいくらいにやかましく吠えて、それが響く。

室内だとそんなに聞こえない、と思っていたのだが、
躾に失敗した子を飼ってる飼い主だからか
あんまり気にせずベランダを開けっ放すので、響く・・・。
小型犬のあの高い鳴き声で2時間ぶっ続けで吠えるのが毎日、
しかも20-22時で固定となると、
 「まさかその時間ベランダ放置で散歩の代わりにしてるんじゃなかろうな」
という恐ろしい想像まで出てきてしまうというもの。
察するに、真上の階の老夫婦のところのような・・・。
うちはベランダ側の前にまたマンションがあるから、その壁に反響して見事に音がやかましいという。
室内犬だから静か、そんなことはないのだなぁ。


さて、うちは猫飼いたいけど、踏み出す勇気がない!  
Posted by keentf at 21:14Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2014年10月23日

中古マンション(リノベーション済)物件を買って知ったこと:1

今回、業者がリノベーションした中古マンションを買ったのだけど、
そこでいろいろ知ったこと、思ったこと、わかったこと。

−−−−−
■1.リノベーション施工済物件なら、その施工業者に購入前に会っておきたい

売主であるリノベーション業者には
契約時、つまりお金を支払う段階で初めて会ったのだけど、
できれば検討段階のあいだ、
事前に会っておくべきだったかも、と。
仲介業者として大手業者に窓口になってもらってたのだけど、
その人の印象が良くて、結構任せてしまっていた。

実際に売主に会ったときに、
その第一印象でいろいろピンときてしまうことがあった。
なんというかな、売るために表面を取り繕いそうだな、と。
その印象が的中していたことを、マンションに住み始めてから的中を悟る。
例えば、
トイレもフルリノベーションだったのだけど、
便器とシャワートイレのメーカーが違ってて、
それゆえかどうか知らないが形が合ってないからガタつくとか
(別にINAXの便器にPanasonicのシャワートイレが付いてても、きちんと設置できるなら問題ないんだけどさ。でもどうせどっちも新たに準備するなら、メーカー同一にして安いのを持ってくりゃいいんじゃないかと思うのだ)
ふすまやドア周りのヘリなどの隅々の塗装が雑だったり、とか。

そんなわけで、
細かいところで気を配ってない感じが目立つ結果を
ちょくちょく見つけてしまう日々に。
新築とは違うから工事途中で指摘したり、
引き渡し後にクレームつけたりしにくく、結局放置というかたちになってしまってる。

購入後に読んでためになったこういうページとか、
いくらでも検索で出てくるのだから
もっとあらかじめ勉強できたなぁ、と今になって思う。


次買うときはリノベーション前で買って、
自分で業者選定とかから備品検討までやると思う。
手間も面倒もかかるけど、それはそれで楽しいかもしれないし。
そのためのいい経験として今回を位置づけておく。
株とかの投資を始めた時もいい経験からスタートしているし、
まぁ、そんなものだろう。  
Posted by keentf at 22:13Comments(0)TrackBack(0)その他雑記