2016年12月06日

ちょっと真面目に柔術することにした

先日の柔術出稽古で、手首を痛めたけど、
なんとなくできそうな感触は得た。
そこで、溜め込んでいた湿布を貼り続けて、
今日二回目をこなすことができた。
初日は3日ほど筋肉痛が続いたが、
今日はほどほど60%というところに抑えておいたので
大丈夫ではなかろうか。
これくらいのゆったり目にして緩和しよう。

休んでいる間は週に二回、
仕事に復帰してからは週一くらいは行けないかな、と。


とりあえず少し背水之陣っぽく、
減量用プロテインも買ってみた。
ちゃんと減らせるかしら・・・。

【送料無料】ザバス SAVAS ウェイトダウン ヨーグルト風味 1.050g (50食分)×2個セット (プロテインシェーカー1個プレゼント)★税抜5000円以上で送料無料★激安祭【smtb-s】
【送料無料】ザバス SAVAS ウェイトダウン ヨーグルト風味 1.050g (50食分)×2個セット (プロテインシェーカー1個プレゼント)★税抜5000円以上で送料無料★激安祭【smtb-s】  

2016年12月02日

久しぶりに「そうりの食卓」

日記を検索したら1年以上ご無沙汰だったのか、
久しぶりに「そうりの食卓」へ。

今日も美味しい。
平日だからかお客さんは少なめ。
だからサービスも行き届いていて、
一皿食べ終わったらタイミングよく次が。
満足満足。

これで、車じゃないアクセスが叶えば最高なんだが。。。  
Posted by keentf at 21:52Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2016年12月01日

柔術出稽古してみた

実は今日から休職した。2ヶ月の予定。
まぁ、それはよい。
よくはないが、しょうがない。

頭のリハビリを兼ねて、何か運動をせねばと思い、
できることは散歩くらい。それではいかん。
病院の帰り道に電車を使わずに1時間歩いて帰ってきたが、
それだけでは足らない。

ということで、
旧知のエストレーラ柔術道場の山口さんにお願いして、
出稽古させてもらった。
柔術まともにするのは10年ぶりくらいじゃなかろうか。
30代なかばだった記憶が。

ブラジリアン柔術の技術で、
結局スパーで体が覚えてたのが
上からだと膝をこじいれるパス、
下からだとスパイダーガードからのスイープ、
ただコレだけ。
でもまぁ、技術はゼロにはならないのね。
なんとなく身体は動く、体力があるあいだは。
そう、柔術スパーは、動けている間は有利不利関係なく楽しい。


で、恐ろしいくらいに基礎体力がない。
昔もなかったけど、今の無さは異常。
週一くらいで、
パラエストラ北九州なり
エストレーラ柔術道場なりで
ちょっとでも練習して、
なんとなく動きを思い出したいなぁ、と考える次第。



・・・まずは体重落とそうか。  

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』入門かつ実践の書

■『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』森岡毅
副題で「成功を引き寄せるマーケティング入門」とあるが、その通り。
ある意味で本当にマーケティングの入門書。javascript:void(0)
クセはあるし、脱線もあったりするけども、そこを含めて興味深く読める。
今の自分にとって、戦略と戦術との差異は言われなくてもわかっているが、
それでも、内容を平明に書かれていると、読んでいて気持ちがいい。

以下、印象に残ったフレーズ。
P.33
“マーケターの仕事は、会社のお金の使い道や従業員達のあらゆる努力を、消費者にとって意味のある価値に繋がるようにシフトさせること”
P.108
“成長する会社とは、人的資源を成長させ続けることができる会社のこと”
P.127
美しい戦略というのは、相手と自分の特徴の差を、自身に有利になるように活用できている
P.133
戦略(Strategy)とは、目的を達成するための資源配分の選択のこと


後半で日本礼賛の章があるけども、そんなに偏ってはない、と思う。
本人が阪神淡路大震災を神戸大学の学生時代に体験していて、
その時の光景が語られたりしているが、
やはり日本の礼儀正しさ、奥ゆかしさ、節度、遵法精神というのは貴重なんだなと。


  
Posted by keentf at 21:34Comments(0)TrackBack(0)読書感想 | ビジネス

2016年11月24日

京都の代わりに友泉亭公園

実は昨日の映画の前に京都の紅葉は観に行けないので、
せめてということで、
黒田藩ゆかりの友泉亭公園へ。
2年前に来てるんだよな。
あの頃は車があったが、今はないので電車とタクシーとを乗りつなぎ。

やはりお手軽に雰囲気を味わえる池泉庭園。
車、あったほうが楽だけど・・・。

IMG_3475











IMG_3474











IMG_3473









寒かったので、急遽となりのイオンでニットを買ってしまった。
何という旅行先のようなテキトーな購入よ。  
Posted by keentf at 21:39Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2016年11月23日

映画『この世界の片隅に』再見(字幕版)

映画『この世界の片隅に』を字幕版で再見。
日本語アニメの字幕版ってのも珍しいけど、
広島弁とか戦争用語とかが頻出するからサポートになるのだろか。

前回から10日間か。
その間ずいぶん気管支炎で死んでたので、
そんなに経ってる気がしない。

やっぱり普段の生活の積み重ねなのに、
その重層感がクライマックスまで続く。
とんでもない作品。
岡田斗司夫がアニメの箸の持ち方のマニアックさを採り上げてたけど
そんなこだわりが随所にあるんだろう。
ファンが観て、感動して、
マニアが観て、感涙して
プロが観て、脱帽するような、そんな映画なんだろうな。
少なくとも映画評論誌は絶賛みたいね。


img-02






ツイッターでも沸騰してる
ツイートで、「観た人がどんどんツイートするというゾンビ化」とか見て笑う。
自分もそうなっているもんな。

もっともっと、多くの人々が観てくれますように。  

2016年11月22日

とにかく映画『この世界の片隅に』を観てほしいので

観てもらうために、
色々リンクを貼る。

映画『この世界の片隅に』が満足度ランキング第1位!

一般上映でも拍手喝采、アニメ監督や作家らも絶賛する話題の映画『この世界の片隅に』って?

ヤマザキマリのblog『この世界の片隅に』

みんなのシネマレビュー『この世界の片隅に』

 一回行ったが、
 もう一回行くだろう。


岡田斗司夫ゼミ11月20日号
「『この世界の片隅に』誰もが評論を諦める高難易度作品を語るよ!!」
  

2016年11月20日

11/20(日)昼夜公演ライブビューイング「みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート」

■「みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート〜未来のセンターは誰だ?〜」
やっぱり福岡は都会なんで、
ライブビューイングで昼夜公演とも映画館で鑑賞。
結局、2日連続合計4公演か。
11/20昼公演@ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
11/20夜公演@Tジョイ博多

今日のベストは北川綾巴。もうコレ間違いない。
苦手だったはずの演技を選択して、そしてあの出来栄え。
そりゃ単独絶賛されるわ。鳥肌立ったもん。
10分と言わず、30分、60分と観たい。
ようやく、北川綾巴完全覚醒なんじゃなかろうか。
AKB49で演技が好きになったのかな?やっておくものだな。
あれを観られなかったヲタは、かなり可哀そうだ・・・。

次点で古畑奈和。
サックスは想定の範囲だったけど、
その後の『10クローネとパン』での表現力が絶品。
北川綾巴居なかったらトップよ。でも今回ばかりは相手が悪い。
それくらい、綾巴は絶品だった。

そうそう、松井珠理奈が夜のトリとして、
トリ前は斉藤真木子、
その前は矢方美紀だろうと思ってたら、
まさかのその2人のあとにトリ前で小畑優奈!
自身のセンター曲である『キスポジション』はともかく、
そこからAKB48、NMB48、HKT48、NGT48、乃木坂46、欅坂46の
それぞれ代表曲メドレーというのは驚いた。
そして最後に、可愛い子がもっと可愛く見える『ハート型ウイルス』という、
これは誰が考えたんだ???
本人だとしたら企画力がありすぎて怖いし、
運営だとしたら大物後継者扱いじゃないか?
昨日の昼公演で熊崎晴香が太刀打ちできてなかった『サイレントマジョリティ』、
ゆなながやるとそれなりに見えるというのが、残酷というかなんというか。

あ、珠理奈は、予想通りの横綱相撲のダンスメドレー。
圧巻ではあるのだけど、圧巻でしかない。
“圧巻”の語源で例えれば、たしかに答案の一番上なんだけど、
答案そのものを超えてはいないというか。
一番高いレベルでまとまってるんだけど、まとまってるで終わってる気がした。

他では・・・あ、山田樹奈の『16人姉妹の歌(チームS ver)』はよかった。
また聴きたいというか、観たい。
樹奈は『Dear J』でも果敢に珠理奈に攻めていたと思う。勝ち負けはともかく。
あと、荒井優希の断髪式はなかなか唐突過ぎてすごかった。
やっぱりあの子は変わってるなぁ。



さて、昇格発表もされた
全国ツアーも継続すると、一応言った。
これからどうなるSKE48、と半分他人事のように書いてしまう。  
Posted by keentf at 23:19Comments(0)TrackBack(0)SKE48/AKB48など 

2016年11月19日

11/19(土)昼夜公演ライブビューイング「みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート」

■「みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート〜未来のセンターは誰だ?〜」
福岡は都会だから、ということでもないが、
ライブビューイングで昼夜公演とも映画館で鑑賞。
11/19昼公演@ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
11/19夜公演@Tジョイ博多

寝過ごして、キャナルシティの映画館にタクシーで乗り付ける。
なにやってるんだというところだが、
もし名古屋まで観に行ってたら、ということでお金は納得させ。
まともに見たのは昼公演の8人目、末永桜花から。
おーちゃん、選曲も構成も、悪くなかった。
とりあえずタクシー代出しても惜しくなかったなと思える程度に
初っ端から感じさせてくれた。

さて、今日だけで考えると、
 MVP:大場美奈
かなぁ・・・。でも野間口徹という反則技使ってるか。訂正。
会場のヲタが一番優れていたような気がする。
メンバーごとにサイリウムの色をきちんと変えて、
どのメンバーにも惜しみない声援とコールと。
あれは誇らしい、いつものSKE48ヲタだ。

あ、
夜公演の東李苑がパフォーマンスとしては群を抜いてた。
生歌、生演奏であのレベルを発揮できるのは、さすがアズマリオン。
でも、ちょっと、残念なことに、
すべての分野で、多少なりと乃木坂46生田絵梨花に負けてる気がする。
歌も、ピアノも、ルックスも、トークやバラエティ対応能力も。
生田絵梨花のレベルが高すぎるだけな気もするけど。
彼女はいつまで乃木坂46なんて檻に閉じ込めた自分でいるんだろう。

メンバー全体の選曲や構成的に、
乃木坂46への憧れというか、羨望というか、
コンプレックスというか、が見え隠れした。
あとは欅坂46への。
熊崎晴香・・・、正面からサイレントマジョリティ歌いにいっちゃいかん。
あの土俵では、どうやっても平手友梨奈には勝てない
SKE48のセンター目指したいというのなら、そこで頭をひねらないと。
その意味では欅坂46の2枚目「世界には愛しかない」を全て英語で、
しかも生歌でやってのけた後藤楽々のほうが優れていると感じた。
後藤楽々は、全部生歌英語ってのは、攻めてていいな。
あれは痛快というか、感嘆した。
特技の英語でと言っても、
全部生歌はなかなか選べるものじゃない。

10分だけのソロコンサート、何処かに突き抜けないと。
何人もの次世代メンバーが、球を置きにきたような構成にしてて、それじゃいかんだろ、と。
ファンや関係者の想定外をやってのけないと、話題にはならないし、
話題にならなければ、結局は村内の出来事。
あと『わるきー』選びすぎ。
まぁ、ソロ曲として、使いやすいんだろうなあ。

8期生お披露目。イマイチ感じない。
新しいもの好きじゃないからなぁ。
来年くらいに気になり始めるのかしら。



夜公演からの帰りは博多駅からやはりタクシー。
めっちゃ贅沢なことしているけど、チケット代、タクシー代で10,000円しない。
じゃあ、体調も良くないし、コレくらいのことは許容しよう。  
Posted by keentf at 23:25Comments(0)TrackBack(0)SKE48/AKB48など 

2016年11月13日

映画『この世界の片隅に』素晴らしきアニメ化

■映画『この世界の片隅に』
公開2日目の鑑賞。
素晴らしい出来栄え。これは観てよかった。

自分が知らない戦前戦中、
そして終戦の生活とやるせなさが
これ以上ないくらいに表現されていた。
こうの史代の独特の画風が、うまくアニメになっていて。
そして、彼女の画では表現していなかった、艦船が素晴らしかった。
戦艦大和なんて、ため息が出たよ。
あの絵、全景を壁に飾りたい。
Csb9f1NUMAAiC-v

  続きを読む

2016年11月06日

『坂野惇子』薄い本だがあらすじは知れた

■『坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」』歴史読本編集部&青山誠
この10月からの連続テレビ小説のモデルである、
子供服ファミリアを創業した女性の人生を綴った本。

この本だけ読むと、良家のお嬢様が、
運と人脈に恵まれて
高価な子供服ブランドを立ち上げて成功した、としか読めないのだが・・・。
もう少し端折らないでほしかったが、
まぁ、あらすじはわかったので良しとしよう。

この流れで、半年の連続テレビ小説にするとしたら、
どんな波乱万丈を作るんだろう・・・。
別にテレビを見るわけではないが、そこだけ気になる。


  
Posted by keentf at 22:22Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2016年11月04日

高橋ひろさんのこと:186 そして来たる11/04

たまちゃんが福岡までやってきたので夕食へ。
福岡というか、北九州市でのIngressのイベントに参加するために、らしい。
相変わらずの行動力よ。

ホテルクリオコートの和食屋「赤らく」の個室で
鶏の水炊きを食べながら、
アイナメの唐揚げを食べながら、
さまざま、主にIngressのことを話す。

食後、Ingressのミッションを軽くこなしに博多駅から天神まで歩く。
軽く、だからな。これガチ勢の怖さよ〜。
なお、お土産にもらった崎陽軒のシウマイは明日おいしく頂く予定。


さて、北九州は小倉に宿がある彼女と別れて
自宅の風呂で聴くのは、高橋ひろ『華麗なるone step』。
そう、今日は11/04。命日。
『華麗なるone step』 と 『待ち合わせ』 は
もっといい環境で収録させてあげたかったな。
こんな上から目線で言えるのも、彼の享年を超えたからこそ。  

2016年11月03日

『売国』まぁ、陰謀論だけど、あるんだろうなぁ

■『売国』真山仁
未だはびこるアメリカの手先論、
その魔の手は日本の宇宙開発産業にまで・・・
という本。

まぁ、1980年代の国産戦闘機FSX構想が潰されたときのように
こういうことはままあるんだろうなぁと普通に受け入れられる。

自分が読んだ真山仁の作品は、どれも裏の世界をまことしやかに描いている。
まことしやかに、というか、たぶんそうなんだろう。
そこが面白いところでもあり、予想を超えないところでもあり。

娯楽書籍としては充分に面白い。
それ以上かと問われると困るけど。

売国 (文春文庫)
真山 仁
文藝春秋
2016-09-02


  
Posted by keentf at 16:43Comments(0)TrackBack(0)読書感想 

2016年10月30日

『峠』30年間、何度読んでも色褪せない

■『峠』司馬遼太郎
初めて読んだのは14歳のときだったか、中学の読書感想文に出した記憶がある。
河井継之助という越後長岡藩という小国出身の若者が、
いずれ自分が宰相になるという根拠のない自信をもとに自分を磨き上げ、
激動の幕末維新期に宰相職に就き、
考え抜いた、行動し抜いた結果、越後長岡は灰燼に帰した、という
あまりにも誇り高く、あまりにも残酷な物語。

人生で影響を与えられた5冊に入れるだろうこの本、
やはり再読する対象にせざるをえない。
(ちなみにあとは『銀河英雄伝説』『燃えよ剣』『戦争の法』『危機管理のノウハウ』といったところか)  続きを読む
Posted by keentf at 17:10Comments(5)TrackBack(0)読書感想 

2016年10月25日

インフルエンザ

予防接種の注射を打っただけで38度を越す熱が出た。
いかがなものか。
この状態はインフルエンザに罹患しているものではない。
言い張る。  
Posted by keentf at 21:49Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2016年10月24日

日記。

帰宅してすぐ、自宅の真下でセコいネズミ取りの赤ランプ。
一旦停止する必要がないのに、標識があるから取り締まる。
夕食前に、ゲンナリするもの見せられるものよ。

今朝ゴキブリが出たということで、
「アースゴキブリ ホウ酸ダンゴ」を水回りを中心に張り巡らす。
追い込まれると、地雷原のように張り巡らすしかない・・・!

アース製薬 アース ゴキブリ ホウ酸ダンゴ コンクゴキンジャム 16個入〔ゴキブリ対策〕
アース製薬 アース ゴキブリ ホウ酸ダンゴ コンクゴキンジャム 16個入〔ゴキブリ対策〕  
Posted by keentf at 22:59Comments(0)TrackBack(0)その他雑記 

2016年10月23日

病気はある日、帰ってくる

実は只今、「うつ」状態でございます。
ブログには書いてこなかったけども、
ちょうど3年前の2013年10月に発症して、
ようやく会社に戻れたのが2年半前の2014年4月。
そこからおっかなびっくりやってきていて、
ようやく寛解っぽくなってきたかな、
 (寛解:ガンでいうところの治癒的な単語)
と思っていたところに
この再発症。
ちょいと困っております。
  続きを読む
Posted by keentf at 22:57Comments(5)TrackBack(0)その他雑記 | 京都

2016年10月15日

村上春樹三部作を再読しつつ

別にノーベル賞の時期というわけではないけども、
しばらくは再読の期間にしようと思って。
ビジネス書にしても、小説にしても。

ビジネス書は『HARD THINGS』から、
そして小説は、村上春樹三部作から。
11年前か、初めて読んだのは。
彼の文体と世界観は、やはり独特、唯一無二。
自分が何者でもないことを思い出させ、
しかしそれに苦悩せずにすむような、
そんな読後感をもたらしてくれる。

そんな中でも、彼の描く世界では、
ひとは真摯に思いつめると、自殺にたどり着く。
そんなものなのかもしれない。
どこまでで踏みとどまるか、それが重要。

風の歌を聴け (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
2004-09-15






  
Posted by keentf at 23:24Comments(2)TrackBack(0)読書感想 

2016年10月14日

高橋ひろさんのこと:185 アニソンであれなんであれ

90年代・男性ボーカル限定!アニメファンが選ぶ「もっとも好きな90年代のアニソン(男性Vo)」TOP20!

なんであれ、ひろさんの情報を見ることができれば、それはそれでよいのだ。
ありがとう、Googleアラートさん。  

2016年10月10日

キックボクシング

地元の駅前で
アマチュア&プロのキックボクシングの大会

無料ということもあり、結構観客もいた。
IMG_3443







テントとか、リングとか、場所の調整とか、
もろもろの準備、大変だったろうなぁ。
参加費5,000円・・・100人参加しても50万円にしかならないとなると、
ペイするとは思えないもんなぁ。
格闘技人気盛り上げのためとはいえ、すごいことだ。
頭が下がる。
地元協賛とかでなんとか帳尻合わせできているのだろうか。


それにしても、柔術や修斗の大会でもそうだけど、
ところ構わずタバコを吸うのはいかんよな。
マナーの悪さだけは、格闘技で受け入れられないことだ。
あの行儀の悪さ、見苦しさ。
ああいうのを見るたびに、格闘技への哀しさ、
そして嫌煙家の傾向が強くなってしまう。
同じことが、草野球や運動会の大会でも見られるものなんだろうか?