2010年04月17日

高橋ひろさんのこと:114 高橋ひろベスト・コレクション発売記念イベント

4月17日。土曜日。
ついにお待ちかねの
高橋ひろベスト・コレクション発売記念イベントinポニー・キャニオン

13:15ごろ、会場に到着すると、既に15人くらいが待っている。
13:30には整理券配布開始。
俺は28番。周りで遅い人は66番とか。100人はいなかったかな。
しかしまぁ、みんなワクワクした顔で開場を待っているのが微笑ましい。
平均年齢は…言うまい。
まぁ、20代ではない、ような気がする。

13:45くらいかな、10番ずつ並んで、順番に入場。
みんな落ち着いたモノで、別に前を押さえるわけでもなく、
めいめい程々の席に。俺は後ろの端っこへ。
むかしライブに参加していた頃から、けっこうこんな感じだったような。
池畑さんを見つけて、ご挨拶とお礼。
彼の尽力がなければ、このイベントも、CDさえ難しかったのではないか。


会場はイベントスペースらしく、普段は握手会とかやっているのだろう。
(流石に撮影&録音は禁止。というわけで画像なし)
無料のイベントなのに、飲み物まで用意してくれている。
500mlペットボトルとかではなく2Lペットボトルと紙コップの用意。
メーカータイアップなどではもちろんなく、
ただ単純に参加者の喉が渇くだろうという思いやりでの準備だろう。
スタッフも手弁当多数だろうに、この心遣いには感嘆。
変にシステマチックでないあたりに、イベントに賭ける思いを見た気がした。



さて14時、定時にイベント開始。
当時のメディアレモラススタッフだった
池畑さん、北川さん、富田さんを壇上に迎え、
司会を務めるカシミさん(どんな字なんだろ?)とトーク。
池畑さん北川さんは現在ポニー・キャニオンではない
別の音楽会社に所属しているのに、
その社名を出して参加するあたり、
「ひろくんのためならやるさ!」という強い想いが。
そう、彼らにとっては“高橋ひろ”は“さん”ではなく
ともに仕事をした“くん”なのだ。
池畑さんが、発売に尽力してくれたポニー・キャニオン上層部への謝意を。
彼としては、自身が数年も努力して、
というネット上の書かれ方に恐縮していたらしい。
(俺もそう書いていたね)
まぁ、彼も尽力してくれていた。
ポニー・キャニオンの人も尽力してくれていた。
それで良いじゃないか。ありがたいことです。

さて、壇上の三人はそれぞれ、
普段のひろさん、そしてステージに上がる前のスイッチが入るひろさん、
身近で見ていた感じてた姿を語ってくれる。
やはりファンは
凛々しい、カッコいい姿しか殆ど見てないだろうから、
彼らの語るひろさんは、やはり新鮮だったりする。
まぁ従卒に英雄無し、という意味合いもあるのだが、
彼らがひろさんの音楽性、スタンスに強いリスペクトを持ち、
またその才能に惹かれていることがよくわかるのだ。
なにより、4人ともひろさんのことを語るのが楽しそう。
俺がウダウダ書くまでもなく、これが全てかもね。

サプライズゲストとして、
ショーアップナイターのジングルをひろさんに依頼したニッポン放送のディレクターさん、
そして藤井青銅さんが壇上に。
それぞれが2000年代のひろさんとの絡みを語る。
ジングルと、いっこく堂の話。
音楽業界も不思議な縁で成り立っているんだろうなぁ、と思うような偶然を知る。
ここでディレクターさんがひろさんにもらったという音源を手紙とともに披露。
『キラリ君と波〜Story of 80's〜』『手紙』
インディースレーベル“TTレーベル”で発売されているものだが、
どうやらまだ確定前のデモバージョンらしい。
よりライブっぽい歌い方のひろさん。なつかしい…。


ここまでで50分。当初想定の倍らしい。
池畑さんがサービスしすぎるからだ(苦笑)。
トイレ休憩。女性陣は大変。長い列。



15時から再開。
ここからはこのイベントのために再編集されたらしい、
1995-96年の日清パワーステーションでのライブ映像が。
2006年1月30日の『高橋ひろを送る会』でも流れたが、
それで使用していない映像や、映像音声を再構成したものを、なんと70分!
司会のカシミさんも話していたが、ある種ライブだろ、こりゃ。

『夜明けのページボーイ』で感極まって涙を流すひろさんは凄かった。
『恋の病棟303』でずいぶんロックなひろさんは笑える(失礼)。
『新世界』はやはりひろさんのなかではちょい異質かなあ。
などと浮かんでは消えの想いとともに、映像は流れる。
それにしても、全部に大久保さんがひろさんのバックでドラムを叩いている。
また、女性コーラス(&タンバリン)の方も。
女声があるだけで、ライブでの選択がずいぶん広がっているよう。
俺が行くようになった1999年以降って、ほとんどなかったからなあ、女声。
一度だけだったかな、たしか。
そういう意味でも、95年頃のひろさんは環境に恵まれてたんだなと。

詳細は来られた人だけの胸の内に。
正直、文字でどうこう書いても、伝えられるものでもないしね…。
映像は、著作権やらいろいろ大変だろうで、
DVD化などには、非常な障害がある模様。
俺らファンは簡単に言うけども、そりゃ大変だろうな。
実際、この日清パワーステーションの映像があるだけで、
かなり貴重というか問題というか、そういうレベルらしい。


70分はあまりにも早く過ぎ、
再度3人壇上にてコメントを。
池畑さんが
「こうしたイベントは継続したい」との言葉が。
心強いねえ。
それまでこちらも何年でも待つし、きっちりブログは継続するってもので。
カシミさんからは、
CD、また着うたなどのダウンロード販売が好調である旨の報告が。
特にダウンロード販売は驚きの10万DL越えとのことで、
ちょっとしたヒット曲レベルらしい。
確かに単価300円としても3000万だからなあ。
ポニー・キャニオン社内でもそれなりの存在感を示せたとしたら、うれしいことだ。
(イベント後にこっそり営業トークかと確認してみたが、ホントらしい)
大人の考えとしては、やはりペイしないと次に繋がらないからね。
ひろさんファンもみなオトナな年齢(控えめな表現)。
こういう視点からも、なんとかプッシュしていきたいもので。




2時間半に及ぶイベントも16:30に終了。
みながめいめいいろんなスタッフにお礼を言いに駆け寄り、
なかなか撤収作業が進まず。申し訳ない。
そう言いつつ俺も池畑さんに再度ご挨拶、お礼を。
本当に、感謝としかいいようがないのだ。ありがとうございます、を。
そんな俺にも力強くイベントの何らかの継続を約束する彼。
そりゃこちらもブログ継続を約束。
みんな、出来ることをそれぞれ担当するものさ。

そんなわけで、イベントは無事に終了。



CD企画が進んでいるという情報が出てから今日までで約3ヶ月。
ひろさんが亡くなってから停滞していた時が、一気に動いた3ヶ月だった。
停滞している間に、そりゃ俺だってオフ会開催したりもしたけれど、
やはりなかなか、こうはいかない。
CDの発売。プロの、ひろさんゆかりの人たちによるイベント。
そこにマーケティング(?)、集客で少しでも役割を果たせていたら、嬉しいのだけど。





あ、これで終わりじゃないんだよ。
夜には、オフ会にも参加したのだ。
夜のオフ会についてはコチラ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/keentf/52116630
この記事へのトラックバック
=== 「高橋ひろ」の Google ウェブ アラート === 高橋ひろさん - わたしのブログ - 楽天ブログ(Blog) 高橋ひろさん. ... 4月17日(土)に、高橋ひろ??.
高橋ひろニュースアラート:4/26【Mr. Melody Factory】at 2010年04月26日 23:48
この記事へのコメント
5
管理人さま、はじめまして。
何度もこちらには伺っていましたが、初めてコメントを書かせていただきます。昨日のイベントレポート興味深く拝読させていただきました。高橋ひろさんを愛する方々が集まった素晴らしい時間だったようですね。
私は情けないながら、ひろさんの訃報を知って何度か楽曲を聴けなくなった期間がありました。
でも年末ベストコレクション発売の情報を知り、なんとなく時間が前に動き始めた気がしました。そして今日こちらでレポートを読ませていただいて心からひろさんの作品を楽しんで聴いていけるように思えます。
長々とすみません。
ありがとうございました。
Posted by はる at 2010年04月18日 16:57
5
詳しいご報告をありがとうございました。イベント参加できなくて すみません。カラオケなどで いつもひろさんを応援しています。これからもずっと。
Posted by 九州のはな at 2010年04月18日 19:23
>はるさま
コメントありがとうございます。
イベント、素晴らしい時を過ごさせていただきました。
これからもみんなでひろさんの音楽を聴いていきましょう!


>九州のはなさん
なかなか距離のことはありますよね。わかります。
カラオケ、ずいぶん曲数も増えたし、行く甲斐がありますね〜。
Posted by きいん at 2010年04月18日 23:57
きいんさま

当日ご挨拶できなくて・・・残念でした。入場の時、近くにいたと思います。私「9」でした。

annさんとは、握手しちゃいました!!うれしいかったです。帰り、歩道で集まっているみなさんに声をかける勇気が・・・出ませんでした。いまとっても後悔しています!またぜひオフ会お願いします!!
Posted by みょうばん at 2010年04月19日 10:02
あらま・・・お声がけいただければよかったのに。
いばりんぼさわぎんぼ、な私はすぐに分かったと思います(苦笑)。

かといって、
「俺が“きいん”です〜」
と声をあげるわけにもいかないので、なかなか。。。
Posted by きいん at 2010年04月19日 22:17
たぶん、新幹線の時間が冷静な判断を鈍らせました・・・。
乗り遅れたら、帰宅が遅くなって家族に殺される・・・と思いました(笑)

私のイメージでは、きいんさんは格闘技をされるマッチョなイメージなんですよ〜!!
でも、集まっていたみなさんの中に、マッチョな人いなかったような・・・。そもそも先入観が違ってました?
Posted by みょうばん at 2010年04月19日 23:44
「ポニーキャニオン楽天市場店の人たち」の店長さんのブログに、当日の写真がUPされています。

店長さんのコメントが、またいいですね。当日、きっとお会いしているのですね。どのお方だったのでしょうか??「ひろさんつながり」が広がっていきます。
Posted by みょうばん at 2010年04月20日 10:24
毎度毎度おすそ分けありがとう♪
ひろさんがいなくても時間は動いてるねんなぁ…なんて思ってしまいました。
ひろさんがいなくて、レコード会社もなくなってて、それでもそれ程充実した内容の
イベントって珍しいんじゃない?
また次がある事を願って☆…大阪で(爆)
みなさんお疲れ様でした!!
Posted by みどり at 2010年04月20日 18:14
>みょうばんさん
あー。。。
残念、しょせんはプロレスファンの私は、マッチョではないのです(苦笑)。
デブですね、うん。

「ポニーキャニオン楽天市場店の人たち」
愛に溢れていますね。トラックバック送信してしまいました。



>みどりちゃん
やっぱりけっこう珍しいんじゃなかろうかと思うよねえ。
大阪!?今期には行きたいんだけどねえ。
ま、また次だ!
Posted by きいん at 2010年04月20日 22:41
どなたか言ってましたが、ひろさんフィルムコンサートでしたね。

全国縦断(主要都市?)、フィルムコンサートって実現できないかしら?
あの映像・・・一回きりじゃ、もったいないよ〜。
せっかく作っていただいたのですから、もっと多くの方に・・・私もまた見たい!!
Posted by みょうばん at 2010年04月21日 05:49
正直、フィルム行脚って悪くないですねえ。
30人くらいの場所で。
いくつかの地域は、俺が管轄するけどなあ。
九州とか大阪とか、あ、北海道も捨てがたい。
Posted by きいん at 2010年04月21日 22:55
手弁当で、お手伝いするので・・・。
またCD買うし、DLもする。
いままで以上に、周りにプッシュする。

「好評につき」「熱い要望にこたえ」ってならないかしら??
どこでもいい。大人の事情も、なんとかクリアして。
このまま落ち着いてしまうのが・・・残念。
Posted by みょうばん at 2010年04月22日 06:44
そうですね。
必要なものは“継続する意志”ですかね。
Posted by きいん at 2010年04月23日 10:38