2010年04月17日

高橋ひろさんのこと:115 イベント後のオフ会

このオフ会の前に開催された
『高橋ひろベスト・コレクション発売記念イベント』についてはコチラ



さて、16:30過ぎにイベントは終わり、
17時頃には流石に一旦現地解散に。
オフ会までは微妙に2時間近くあるから
大阪から来た組、東京組、いろいろあって、
俺はオフ会までの空き時間にキーボードを見たくて新宿へ。
ヤマダ電機が昨日4/16オープンだったので、
むしろヨドバシカメラは空いている?という甘い読みはあっさり崩れ、
土曜の新宿の夕方、混みまくり。
しょうがないから少し見て、19時過ぎにオフ会の会場へ。
会場は新宿御苑スタジオ。新宿御苑駅から徒歩2分。
新宿から歩くと15分ちょっと、だったかな。


24畳のL-studioに着くと、既に先着組が音楽機器の準備完了済。
まぁ、15分くらい遅刻したからな…。雑居ビル探すのに手間取った(言い訳)。


スタジオに入るのは実は初めてだったのだけど、
二重のドアなど、流石に防音はしっかり。
その影響か、携帯電波は全滅。でもなぜかWiFiは繋がる。
人数分の丸椅子、一部は背もたれ付きのがあり、
地面に座らにゃならないかとの懸念は回避。

参加者はなんと18名。男8名、女10名。
過去のライブは男女比=3:7くらいだったから、今回は男多めか。
ライブの時にそうだったらもう少し俺が楽だったのに、
という恨み言はヤメにして、
落ち着いたところでまずは自己紹介から。
トップを振られたので、オザナリでゾンザイで尊大な挨拶を(苦笑)。
参加者の皆様、「各自調査」とさせていただきました、
わたしのひろさんとの出会いはコチラでございます。
大変恐れ入りますが、ご査収いただければ幸いです。
さて、
みんなの話す内容を聞いていると、
2000年代でも、ライブや活動の情報が入ってこなかったとの声が複数。
なかなか考えさせられる。
今回のイベントも上方を入手出来ていない人がいる?という可能性とか。
また、
ライブが開催されていたときは年齢、金銭、地理的問題で参加出来ず、
ようやく制約が外れて参加できるようになったら訃報が、という方も。
あとは、生成りさんが話してたんだけど、
「ひろさんは綺麗な日本語を使う」
というのはハッとした。そういう表現があったか。


さて、その後はさとじゅんさんが準備してきた
簡易カラオケ音源や歌詞カードで熱唱大会。
マイクが3本もあるので、回せば結構みんな歌う。
俺もくぽくんと『ことほぎ』を歌っておく。
昼間のあのライブ映像を見ていると、歌いたいやら厳しいやら。

その後、参加者には演奏できるメンバーが複数いるので、
出来そうなものを選んで演奏&歌唱へ。
演奏(キーボード×3?ギター、ベース)で、
『ホワイトジーンズ』
『くちびるがほどけない』
など
演奏が得意な人達、
特にさとじゅんさんと重ちーさんはなんかいろいろ達者だったな。
なんかが何かは聞かないように。
カラオケと違って、共同作業色が強くなるので、
なかなか難しいというか、別の雰囲気が成立するものだな。
こういうオフは開催経験がないので、新鮮で面白い。
参加者として観察すると、いろいろとそれぞれの立ち位置振る舞いが見えたりもして。
あ、ちなみに、『吉祥寺』はずいぶん難しい。歌うことも、多分演奏も。


先にも書いたように、スタジオは今回はじめて利用したのだけど、
実はかなり安いな、頭割りで利用すると。
一人1,000円切ってたような。
まぁ各自飲み物を買うので、多少は上乗せされるされるが、
若い人とか、演奏&歌唱が出来る人に特に向いている。
(この場合の出来る人というのは、レベルはどうあれ披露出来る人ということ)
俺自身はどっちでもないけど、チャチャを入れられればそれはそれで。
居酒屋オフ会のようにダラダラ話すわけでないので、
そんなに親しくない人達にも敷居が低いとも言えるか。
あぁ、これこそいわゆるオフ会ではないのかね。ちょっと反省。




3時間はあっという間に過ぎ、もう22時前。
いそいそと機材片付けを行い、
行うみんなを俺は横目で見守り
(開始時にやってないと、どう片付けていいかわかんないのだ)
無事に撤収。


電車が迫っている人たちと順次解散しつつ、新宿へ。
もう少し時間があるような、残った8人で軽くコーヒーを。
通りすがりに新宿西口の『らんぷ』というコーヒー屋に。
おばあさん二人がやっていた、23時閉店というお店。
純喫茶とあるが、ずいぶん酒瓶ボトルが並んでいる。スナック!?
しかしメニューはコーヒーたちだ。

みんなが珈琲や紅茶を頼む中で、
annさんがブランデーティを。
「ヤン提督じゃないんだから」
と俺がツッコむが、もちろん誰も拾えず。
あぁ、くぽくんがいれば!

まぁそれは置いておいて。
まったりと半日に渡るひろさんデーの締めを語り合う中で、
よりにもよってカープファンのさとじゅんさんの横で、
 “『キラリ君と波』聴いてて思ったんだけど
  ラジオとカープって近いんだろう、マイナーで。
  もちろん山本浩二はメジャーかもしれんが、
  やっぱりカープって、ジャンルとして深夜ラジオに近くないか?”
という話を披露してしまう俺。
個人的にはものすごくしっくりするのだけど、彼はかなり悲しそうな顔をしていた。
さもありなん。
でも、九州人から見ても、
プロ野球セ・リーグマイナーを一身に背負ってるよね?広島カープ。



23:35、解散。
西口の先の方のホテルを取っている遠征組と別れ、大江戸線で帰途に。
半日は疲れたらしく、偏頭痛。ロクに酒は飲んでないのに。
これがひろさんの亡くなった歳にあと数歳、ってことだろう。



久しぶりの大人数オフ会だったけど、やはり楽しい。
参加者側はいろいろ感想があるだろうけど、
(尊大な態度は半分くらいは輪に巻き込むための演技ですよ)
(もう半分はダメダメな意味合いなのですが…申し訳ない)
やはり、ひろさんのことを語り合えるというのは、貴重な時間で。
また開催したいなと、思うわけです。



さて、宿題をお願いしている参加者の皆さん、よろしく。
終わり際にずいぶんと偉そうな口調でお話ししてしまったように、
やはりみんなで
“ネット上に少しでも多くのひろさんのことを増やしたい”のです。
手弁当で精魂込めてCDやイベントを推進してくれる旧スタッフの人たちへの
せめてのお礼の意味も込めて。
ちなみに俺はイベントとオフ会とのエントリ2つの作成で、
『ベスト・コレクション』2周しました。
2時間半掛かったってことだな・・・。

時間はそれなりにかかるけど、
みんながそれぞれ抱いている、
ひろさんへの強い想いに比べればたいしたことじゃない。
頑張ろう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/keentf/52116641
この記事へのトラックバック
=== 「高橋ひろ」の Google ウェブ アラート === 高橋ひろさん - わたしのブログ - 楽天ブログ(Blog) 高橋ひろさん. ... 4月17日(土)に、高橋ひろ??.
高橋ひろニュースアラート:4/26【Mr. Melody Factory】at 2010年04月26日 23:48