The Author : 梶本 林宏 (ROCK)


として活動中。  
 
TREASURE WORLD 楽天市場店を運営しながら、釣りというハンティングスキルについて日々鍛錬と理想を追及し続ける(自称)気まぐれアングラー。自論:海を知りたければ山に聞け。魚を釣りたければ地球と話せ。   
  
本ブログでは上記サポートを受ける各社製品を実釣を交えて紹介しながら様々な生物をハンティングしていく模様を綴ります。上記メーカー製品に関する質問にも可能な限りお答えします!お気軽にコメントください^^

中国、四国地方を巡回する際にせっかくなのでタックルを持って行く。なかなか釣りをして帰れるほど時間が作れない上に、まず体力の問題が出てくるというもの(^_^;)それでもせっかく噂に名高いフィールドに近づく事が出来たチャンスは逃したくない‥。先月もそういうノリで沖 ...

日本海でキジハタを釣っていると、セミエビ(ヒメセミエビ?)をよく吐きだすのを見かける。大きくなる種は伊勢海老にも劣らない大きさに成長し、高級食材として高値で取引されるようだが‥この小型の物を捕食しているのは間違いない。そしてこれがまた偶然にもJacksonのSEハ ...

梅雨入り直後の外洋沖磯へ。地元のアングラー曰く、曇りや雨の日は活性が上がり難いので厳しいかもしれないと‥。それでも日にちが無いのでやるしかないというくだり‥。前日の予報では曇りだったのが当日の朝になると一日中雨の予報になっておりこれまた不安になるという状 ...

ルアーの開設でよく耳にする「波動」という言葉。実はこの説明について少し気になる点があり、個人的には誤解を招く事を考慮し「波動」と言う表現を極力使わないようにしている。「波動」とは、釣りの世界では簡単に言えば水流の事を指していると思うのだが、それがベイトの ...

実は以前から例え方について少し気になっている事が有った。それはショアとオフショアの認識の違い‥。この表現には曖昧な部分があり、渡船を使って沖磯や沖堤防で釣りをするスタイルをショアとみなすかオフショアとみなすかという認識の違いが地域性でも偏る様なので考えて ...

個人的にずっと心待ちにしていたメタルジグがようやく上がって来た。ショアからもオフショアからも使えるメタルジグはまさに万能ルアーだが、今回はJacksonのメタルジグ‥ギャロップシリーズに新しく加わったスローフォールモデル。沖磯でもサーフでも頻繁にしゃくりあげるス ...

夏が近づき、待ちに待ったハタゲームのシーズンが始まります。今月遂に私の主戦力となるグルーパーロッド(ハイドアウトハンター)がリリースとなる事を前に、このロッド以外においても多点式小口径ガイド搭載モデルの最も注意すべき点と扱いにおける説明を改めてしておこう ...

4月に入り雪も解けた解禁直後の渓流へ釣行した際、民家の少ない源流域で救急車が更に上流を目指して走って行った。その時は何も考えず釣りを始めたものの、後で安全装備についての重要性を改めて知る事になった。川岸の草が枯れて横倒しになっている所ではその下に空洞や石の ...

殆どのアングラーが主力だと推奨するジグヘッドリグ。あらゆる状況でジグヘッドによるワームの釣りが無難と思われがちであると共に、確実性が高いという見方も否定できないのは確かだと思う。しかし、ジグヘッド単体を凌ぐ釣果を叩き出せるポテンシャルがメタルジグには有る ...

今回はガイドのフレームに使われるチタン素材(チタン合金)の特性についての説明を少し。今やルアーロッドの世界ではガイドフレームにおいてステンレスフレームとチタンフレーム、そしてカーボンと主に3種類のフレームが占めている時代。昔は樹脂の物もあったがこれは近年少 ...

↑このページのトップヘ