DSC04643

メバリングやアジングにおいてベイトキャスティングの必要性を問うと、良くも悪くも様々な意見が有るのは確かだ。
しかしこのタックルの必要性や可能性は否定できないと思っている。
キャスティング時のライントラブルのリスクを差し引いても尚‥。
ソルトウォーターフィネスにおいてベイトキャスティングの可能性と問題点について個人的にはこう思う。
●まず1つめ。
ピンポイントアタックによるキャスティングコントロール性能。
これはバスをやった事の有る人なら説明するまでも無いと思う。
多種多様なルアーをピンポイントに送り込むのにスピニングより遥かに精度が高い。
●2つめ。
今日のメバリングやアジングといったライトゲームの年々進化する傾向で、特にアジングとなるとロッドを1本で攻めて回るより2本・3本と持ち歩き使用するアングラーが増えてきた事。
リグによりロッドを分けるケースが多くなってきた事は、バスフィッシングのようなスタイルになりつつある程にこの釣りが開拓されてきたという事だと思う。
ナイトゲームに限らずデイゲームでも釣る事が出来るメソッドの発見や軽いジグヘッドでなければ釣れないという概念を覆す攻略法などに対応する点。
●3つめ。
ショアのみでなく、オフショアからの攻略時に特に有効になる水深のある激流エリアで、スピニングタックルでは出来ないフォール速度の無段階調整能力。
スピニングタックルではどうしてもスプールに掛けた指にラインが当たる時にブレーキが掛かるため、階段状に沈下していく傾向が有る。
クラッチを切った状態で極わずかなサミングを行い、フォール中のアピール時間を稼ぐとともにアクションを加えられ、フォール中のアタリを的確にとらえる能力の高さ。
使うルアーや状況によってこれは大きな差である事。
要するに新しいメソッド開拓への手がかりとなり、未知の領域への扉となる可能性。

さっと並べるだけで3つの有利な点が出てくる。
個人的にはこれにベイトタックルで釣る事に対する楽しさ‥というのも加わるのだが‥。
それに対して大きなリスクなのがキャスト時のライントラブルについてだ。
現在は軽量ルアーをキャストできる軽量スプールの登場と進化したブレーキシステム、それにハイギアの設定とドラグ性能の向上。
また海水への対応モデルの登場と、一昔と比べると遥かにトラブル回避能力も上がっている。
まだ改良の余地はあると思うが、これでも充分戦えるレベルになっていると自分は思う。
だから問題はこれに合わせるロッドに有ると言いきってみる。
実際にベイトキャスティングのライントラブル(キャスト時)を起こす要因は、ロッドの張りや弾力のバランスがルアーウェイトに対するリリースポイントのタイミングを狂わせている実態があり、このバランスを生み出すブランクがロッドの価値とトラブル回避能力を大きく左右するのだと‥。
ベイトロッドを改良してスピニングロッドにしてもそれほど問題は無いが、スピニングロッドをベイトロッドに改造すると飛ばなくなったりライントラブルが多発して使い難いという事に良くなるのはそういうところにある。
ソルトウォーターベイトフィネスは精巧に作られた物でなければ意味を成さないのだろう‥。
と言いながら、まだまだ今から試してみたい事は山ほどあるがちょっと興味の有るロッドが出て来たので送ってもらった。

DSC04655

ソルトウォーター用ベイトフィネスの開発に繋がれば‥と思いつつテストモデルとして使ってみようと思ったわけだ。
画像の物はバスロッドなのだが1.8gからキャストできるという事になっている。
リールとの相性も良く、実際セットしてみても1.8gジグヘッド単体で難無くキャスト出来そうだ。
そこは想定内の性能として、トルザイトリングの摩擦係数の低さによりブレーキシステムの能力が最大限に発揮されるであろう期待、それに比例する軽いルアーの飛距離だ。
特にこのベイトフィネスのモデル「エグザクトバラージ」は一番手元のガイドがトルザイトを組み込んだ新型ガイド「RVTG」が採用されていて無駄なラインスラッグの抑制は勿論、ライン角度による摩擦抵抗を更に軽減して飛距離を伸ばす工夫が組み込まれている。

DSC04644

ガイドの摩擦抵抗が減るという事は、その分を考慮したブレーキ強度調整を弱く出来るという事だから‥もう説明するまでもないだろう。
後は実戦あるのみだ。