水深のあるボートからのアジングにおいて、以前から気になっていたベイトフィネスの効果のほどを試してきた。
ボートからの釣りになるとポイントにはギリギリまで接近できるが、水深は岸からの釣りに比べ非常に深くなる上に、層によって様々な潮の流れが存在する事が多い。
そうなると、飛距離より如何にアジの遊泳層を効率よく攻める事が出来るか‥が重点になる。
水深が有る事を考慮するとある程度のウェイトが必要なため、ベイトでも対応し易くなってくるのは当然だ。
そこで今回はフロロ2.5lbの直結でジグヘッド単体2g前後と、5Bのスプリットショットシンカー+0.9gジグヘッドの2パターンを試してみた。
CIMG1407

レンジは約20m。
潮上へ15mほどキャストしてから フリーフォールさせていく。
その際に少しサミングしながら気になる層はゆっくり沈め、反のが無ければ沈下速度を上げるためサミングをやめる。
よりナチュラルな動きや速度を演出できる面において誘いの効果は期待通りだったが、アジの口切れやラインブレイクを回避するためのドラグ調整が今回使用したリールでは少し扱い辛く感じた。
2.5lbのラインが切れない程度でドラグが滑るようにセッティングするとドラグレバーはかなり緩くなり、ハンドルを回そうとした時に指が当たっただけで狂ってしまう。
それにドラグが滑っている時にスピニングリールのように音が出ないので、巻いていても寄せれているのか出されているのかが判断しにくい時があったのも事実だ。
かと言って釣りにならない程では無い。
この辺りは専用の機種が出れば解決は早いのだろうがチューニングする方法などが有れば試してみたいと思う。
またフルパーミングすると力が入り過ぎる為か、アタリに反応し難い。
あくまでも軽く添えるように握る事がコツになるようだ。
ロッドに関してはやはりレギュラーテーパーの物が良い。
それもアジングをメインでやるなら張りは少し残す程度でかなり早目に胴にテーパーが移行していくバリアブルテーパーが良いだろう。
DSC04833

今回の釣行では潮があまり動かなかったが、引っ張る潮が強い程ベイトの能力は更に発揮できると思う。
まだまだ試してみたい事は山ほどあるが、まず1つ言えることはベイトタックルで釣るという楽しさは格別であるということだ。